いちご狩り

イチゴ狩りのイチゴに蕾が出て来ました!

今年の10月は、29年ぶりの日照不足です。

1日平均2.2時間しか日が照りませんでした。

植物にとって日照時間は、車のガソリンと同じ役割です。

日照不足のために、イチゴの葉も例年より小さく、おそらくイチゴの花も

小さいと推定されます。

昨年も9月と10月は日照不足で、苗も小さく、出来栄えが良くなかったため

出蕾が早かったのですが、花が小さく実も大きくならなかったため

12月の収穫量は少なかったです。

今年は苗を大きく作り苗の出来栄えを大きくした分、花芽分化が昨年より

1週間遅れています。日照不足により出蕾も遅れました。

苗が大きい分、花も昨年より大きくなり、実も大きくなることを祈っています。

10月19日の出蕾状況の調査結果。

品種   10月19日 昨年
夜冷処理章姫   13 43
夜冷紅ほっぺ   1 33
ホワイトベリー   45 44
かおり野   1 57
アイベリー   0 65
あかねっ娘(ももいちご) 0 0
サラダイチゴ   0 0

調査結果

1.章姫は、館長の予測より空くし早かった。

2.今年は、じっくり夜冷処理をしたので、出蕾時期がそろいそう。

3.来週は、沢山出蕾することを、祈っています。

写真1.当館から見た富士山。今年も稲刈りが遅れています。

写真2.富士山もすっかり雪が積もり、美しくなってきました。

写真3.いちご狩りの順路1の章姫。手前のベットが夜冷処理。次のベットが半夜冷処理。

   定植の日時が異なるので、まだ半夜冷の章姫は、小さく感じます。もう1月もすれば同じに見えます。

写真4.いちご狩り順路2の紅ほっぺ・かおり野・ホワイトベリー。紅ほっぺとホワイトベリーは、

    昨年より苗が大きい分良さそうです。かおり野は、大きくなりすぎた分、花芽分化は遅れそうです。

写真5.少し大きめのかおり野。

写真6.苗が大きい分昨年より出蕾が、遅れています。しかし、株が大きいので来週

    大きな花が期待できます。

写真7.半夜冷のアイベリーとあかねっ娘(ももいちご)。予定通り、まだ出蕾が、遅れそうです。

写真8.久しぶりに2日間連続で太陽が出たので、イチゴの葉がピカピカ輝いています。

しかし、葉の大きさは、例年より1周り以上小さいです。

今年も12月からイチゴの収穫が開始です!(夜冷処理のイチゴの出蕾が、計画通り始まりました!)

イチゴの苗の育苗➡夜冷処理➡定植➡出蕾と毎年、天候に左右されながら、大きな

収穫時期の遅れもなく12月からイチゴの販売やイチゴ狩りを始めています。

今年は、8月の高温や9月~10月の日照不足と昨年同様と言うより、昨年以上に

栽培に天候が影響しそうです。

館長は、昨年のような栽培に悪影響を与える、異常気象を想定して

定植前までに苗を例年以上に大きくしたり、定植後の日照不足に対応できる

栽培条件を準備して、イチゴの不作を防止すべく対策を実施してきました。

1.イチゴは、一番最初の1個目が大きく、その後順番に実が小さくなります。

 そのために、当館はイチゴの収穫時期を変えて、何時も大きい実や小さい実が

  収穫出来るようにしています

2.イチゴは、6か月から8か月間収穫できるのですが、冬の日照が少ない時期は、1回目の

  収穫と2回目の収穫の間が空いてしまいます。

  その対策として、収穫時期のスタートを変えて、いつ来られてもイチゴが有るように

  定植しています。

3.従って当館は、4種類のイチゴ狩りができますが実際には8種類のイチゴを定植するのと

  同じように、定植時期を分けています。

毎年下記のような計画を立て栽培していますが、毎年出蕾を確認できるまでは、安心できません。

夜冷処理で収穫時期をコントロールする技術は、難しく山梨では、この技術を有するのは、当館だけです。

日本でも、イチゴ狩り園で、この夜冷処理技術を有するところは少ないでしょう。

嬉しいことに、今朝章姫やホワイトベリーに2ぱ%の出蕾が見られました。

昨年より約1週間ぐらいの遅れの出蕾になりそうです。

この原因は、異常気象対策で大きな苗に育ててから夜冷処理や定植を行ったためです。

イチゴの花芽分化は、苗の大きさ(大きいほど栄養成長で、生殖成長に入りにくい)や

気温の積算時間日照時間などが複雑に絡みます。

どうも、10月中は天気が悪く日照不足で生育が遅れそうです。

館長が準備した対策でどれだけ、異常気象が吸収できるかは、まだ不明です。

処理名 品種 定植日 1番出蕾 収穫開始 収穫終
夜冷処理 章姫・紅・ホワイト 9/22; 10/26; 12/16; 1/5;
半夜冷処理 章姫・紅・ホワイト 9/29; 11/2; 12/25; 1/15;
遅い夜冷処理 章姫・ 10/2; 11/9; 1/10; 2/5;
無処理 かおり野 8/7; 10/26; 12/16; 1/5;
無処理 かおり野 8/22; 11/2; 12/25; 1/15;
無処理 かおり野 8/30; 11/9; 1/10; 2/5;

写真1.花芽分化や出蕾状況を調査する実態顕微鏡。通常の顕微鏡に比べて実態顕微鏡は、

    高価なので、個人で持っている人は少ないです。

    従って、夜冷処理をしているイチゴ園は、近くの大学の農学部に花芽分化を確認して

    もらっているようです。

写真2.出蕾を調べたい株は、写真のように根を抜き、葉を除去してクラウン部の蕾を

    実態顕微鏡で調べます従って、この株は、死んでしまうので収穫できません。

写真3.クライン部を顕微鏡で拡大して花芽分化や蕾の有無を確認します。

    チューリップのような形状の蕾が確認できた時は、最高に嬉しいです!

今シーズンのイチゴ狩りの苗も順調に生育しています!

9月30日から10月8日までの予定で、抗癌剤の点滴に行ってきました。

抗がん剤の副作用は、館長の予測をはるかに超えた厳しいものでした。

抗癌剤の体への影響は、五感に出て来ます。

触感・しびれ・味覚障害・口内炎・暑さと寒さは、耐えるしかないようです。

睡眠障害や倦怠感や食欲減退などは、睡眠薬等を上手に使うしかないようです。

今まで、当たり前に睡眠できていたのが、今や上手に寝ることが仕事です。

昼間は、寝ない、出来るだけ昼間は動くことです。

館長は、抗がん剤治療中も仕事を続けようと思っていましたが、無理と言うことが

分かりました。今は、治療が終わる11月から1月までは、体調と相談しながら、

仕事をすることにしました。

今日現在は、左肺上葉の摘出手術の傷口も治り、痛みは全くなくなりました。

また、抗がん剤の副作用も少なくなり元気に仕事をしています。

まだ、治療が始まったばかりで、今後抗癌剤の体内への蓄積による

倦怠感・痺れ・食欲不振などに悩まされると思いますが、予定通り来年の1月まで頑張ってみます。

体力を付けるようにと館長の好物が届いています。

感謝!感謝!涙が出るほどうれしいです!!!!!!!

手術や抗癌剤の点滴入院は、事前に分かっていたので、本業のいちご狩りの苗の栽培や

定植は過去にないほど最高の状態に仕上がっています。

昨年は、8月の猛暑と9月~10月の日照不足でイチゴの生育が遅れたり、小粒になりました。

今年は、昨年の悪天候を予測して大きな苗を作り、日照不足対策も考えてあります。

しかしながら、今年の10月の日照不足は予測を上回るような悪天候になりそうです。

当館の世界最高の最新鋭設備と最高の技術で悪天候に対応していくつもりですので、

皆さん、ご期待ください!

心配は、花芽分化が遅れることです。最悪でも、今月末には、出蕾させなければなりません。

写真1.順路1の章姫(10月5日撮影)。

写真2.順路1の章姫(10月12日撮影)。 

写真3.順路1の章姫(10月14日撮影)。古い葉の除去も終わり、来週からの

    出蕾を待つばかりです。

    9月22日頃の葉は大きかったのですが、日照不足で新葉が小さいです。

    それでも茎は太いしクラウンも大きいですね!

写真4.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトレディー(10月12日撮影)。

写真5.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー(10月14日撮影)

かおり野は、生育が良すぎて花芽が遅れるかもしれません。

    紅ほっぺとホワイトベリーは、最高の出来栄えです。

    とりわけ、ホワイトベリーは、過去最高の出来栄え。

写真6.葉欠き前のかおり野(10月12日撮影)。

写真7.葉欠き後のかおり野(10月14日撮影)。  元気が良すぎるので、葉欠きを強くして

    樹勢を押さえました。

写真8.夜冷処理のアイベリー。

今年は、人気のアイベリーのジェラートやセミドライイチゴを作るために、

    アイベリーの量を増やしました。

写真9.半夜冷処理のアイベリーとあかねっ娘(ももいちご)。

 あかねっ娘(ももいちご)は、収量が少ないので今年も数量を減らしました。

写真10.飯田から届いたマッタケ。今年は不作と聞いていたので、諦めていました。

     昨年は、松茸が不作で国産が食べれませんでした。

写真11.神戸から届いた松坂牛。今日は松茸と一緒にすき焼きにします。

写真12.鹿児島から届いたさつま揚げ。館長は、鹿児島のさつま揚げが大好きです。

     食欲不振には、絶大な効果があります。

山梨のいちご狩りの金曜日は、ご来館がゼロでした!寂し~!

5月10日までは、営業します。

いよいよ、恐れていた事態が来ました。

4月の上旬と言うのに、4月10日の金曜日のいちご狩りのお客様がゼロでした。

コロナの感染の感染が関東地区に拡大したことが影響しています。

明日からの土・日のお客様も、通常の20分の一です。

胸を張って、通常の接触の8割以下になりそうです。

そんな中、嬉しい誤算は、当館の直売のお客様が増えたことです。

現在、いちご狩りから直売に切り替えています。

いちご狩りは、完熟にするのですが、直売は熟度7~8割で収穫します。

このため、切り替えには1週間以上かかります。

写真1.順路1の章姫。

写真2.順路2のかおり野・紅ほっぺ・アスカルビー・ホワイトレディー。

春休み最後の土日のいちご狩りは、ご予約少なく空いています!

 コロナウイルの感染か拡大で、いちご狩りは、ご予約が少なく空いています。

館長の予測以上にいちご狩りのお客様は、激減しました。

当館も、今週からイチゴが余る状況です。

今週のお客様のご来館状況で、イチゴ園を縮小するか、閉園するかの判断を迫られています。

サービス業と同じように、毎日、日銭を稼ぐイチゴ園にとって、厳しい状況が2月から続いています。

年間の給料が保証されているサラーリーマンや公務員の皆さんに比べて、

サービス業は、全く収入が保障されていないのです。

実は、館長も50歳までサラリーマンでした・・・・。

当館のいちご狩りは、栽培面積3000㎡、高さ4Mの広いハウスで天窓換気や換気扇もある、

密閉した環境では、ありません。

しかし、関東地区では、3「密」でない環境も外出自粛の対象になり、いちご狩りに来られないのでしょう

館長も今年で72歳になります。

万一、コロナウイルに感染すれば、致死率が10~15%の年代です。

お客様がコロナウイルに感染しないように、万全の対策を施しながら、

館長も、自分自身がコロナウイルに感染して死なないように頑張ります!

写真1.鈴なりの章姫。

写真2.順路2の紅ほっぺ・かおり野・ホワイトベリー。

 

 

 

コロナウイルス感染拡大の中、感染が出ていない地域を中心にいちご狩りの営業を継続してよいのか、迷っています。

首都圏の移動自粛要請で、急激に、キャンセルが増加!

イチゴ園を休園すべきか、迷っています。

ご予約のお客様を無視して、休園することは難しいです。

週末のお客様は、何人残っているか分からない状況です。

キャンセルのご連絡は、最低前日までにお願いします。

コロナウイルス感染が始まってから、ご来館のご連絡なしにご来館されないお客様が増えました。

国や都や県には、自粛要請だけでなく、下記対策をお願いしたい。

さもないと、自粛期間が長くなるだけのような気がします。

1.海外からの帰国者や外国人の14日間の完全隔離。(要請では感染者の増加は防げない)

2.PCR検査の拡大により、感染者を早期に発見➡早期隔離。

3.クラスターの起きやすいイベントなどの中止。

写真1.順路1の章姫。

 

写真2.順路2の紅ほっぺ・かおり野・ホワイトベリー。

 

 

コロナ感染がご心配なお客様は、ご遠慮なくいちご狩りをキャンセルください。今週のいちご狩り状況!

 ご予約は、4月3日まで入っております。

収穫量が増え次第、追加ご予約をお受けいたします。

コロナショックのなか、幸い沢山のお客様にご来館いただき感謝申し上げます。

当館も千人近いキャンセルがありましたが、何とか頑張っておりますので、

ご安心ください。

キャンセルされるお客様の中には、「キャンセルして申し訳ない。代わりにイチゴの通販を

お願いします。」とご注文をくださる心優しいお客様もおられます。

毎日、キャンセルされるお客様と新たにご予約されるお客様の整理をするために大変です。

お客様もご予約日の直前まで、ご来館をお悩みになっているようです。

前日のキャンセルは、当館にとって大変ですが、お客様にとって仕方がないご判断でしょう。

今週のいちご狩り状況

全体的に、昨年の異常気象の影響でイチゴの収穫量が減っています。

イチゴが少ない分、お客様には、通常より広いエリアでいちご狩りをしていただいております。

順路1の章姫。全体的に収穫量が少ないが、所々に大粒のイチゴが出て来ました。

順路2の紅ほっぺ・かおり野・ホワイトベリー。。紅ほっぺやホワイトベリーに、大粒が多いです。

  寮は少ないです。

 

館長の試作ハウスの果物の花が咲いてきました。

いちご狩りのご予約は、4月2日まで入っております。

毎日、コロナキャンセルが出た人数分や収穫量が増えた分を、ご予約を取っております。

コロナウイルスの感染に毎日悩まされる日々が続いています。

感染率を減らすのか、致死率を減らすのか決まらないうちに、毎日テレビで

大騒ぎですね。明日10日の政府の対策が注目されています。

何とか、早くコロナウイルスの感染が収まって欲しいですね!

毎日、コロナウイルスの感染が心配の中、館長の唯一の楽しみは、無農薬野菜と果物の

生育です。

暖かくなってきた分、果物の生育に変化が出て来ました。

昨年ハウスを建てたので、今年は全て初めて花が咲いたり授粉をさせたりします。

今年は、基本的に訪花昆虫を使わないで、手での授粉や風任せの授粉にトライします。

現在の所、運よく全て受精しています。

写真1.2月上旬に咲いたブルーベリーの花。

   ブルーベリーは、異なった品種や訪花昆虫が必要と言われています。

写真2.他の品種無し、訪花昆虫無しで受精したブルーベリー。

写真3.アボガドの花も館長が耳かきのふわふわした部分で受精させました。

    先端に受精した実が見つかりました。受精していると良いのですが?

 アボガドの花は、南国の木らしく沢山咲きます。沢山花が咲く分、受精は難しいと聞いています。

写真4.蕾が出てきたライチ。昨年は苗屋さんで受精した株が届きました。

   今年は、館長が受精させなければなりません。

   どんな花が咲くか不明!

写真5.ミカン{西南のひかり」。花が咲いてきました。

写真6.受精したミカン「西南の光」。ミカンやレモンは、手の人工授粉か簡単です。

写真7.ミカン「晩白柚」。蕾が大きくなってきました。

    1個は収穫したいですね。

写真8.手で受精させたレモン。1本に数百は受精しているでしょう。

    これから、摘果作業に入ります。

 

 

3月のいちご狩りがスタート!

大変申し訳ありませんが、3月27日までご予約が入っております。

収穫量が増え次第、追加ご予約をお受けします。

 毎日コロナウイルス感染問題が、テレビをにぎわす中、3月のいちご狩りが始まりました。。

館長は、毎日、自分がコロナウイルスに感染しないように、注意しております。

皆様におかれましても、コロナウイルスに感染しないようご注意ください。

微熱が有るときは、いちご狩りをご遠慮ください。

キャンセル料金は、無料です。

必ず、キャンセルの場合はご連絡をくださいね!

今週のいちご狩り情報

順路1の章姫は、3番目と4番目の切り替わり時期で、収穫量は少なくなっています。

列ごとの収穫量により、お客様のエリアを変えています。

例えば、イチゴの少ないエリアは、多いエリアより広いエリアをお客様にご提供します。

食べられる量は、平等になるよう館長が調整します。

写真1.順路1の量が多いエリアの章姫。

写真2.順路1の少ないエリアの章姫。左側は、来週から

写真3.順路2の紅ほっぺ・かおり野・ホワイトベリー。かおり野は、先週より増えてきました。

 

 

2月末のいちご狩りの状況。

大変申し訳ありませんが、3月14日から3月27日までは、ご予約の定員に達しました。

収穫量が増えしだい、若干の人数ですが、当日に追加ご予約をお受けいたします。

新型コロナの感染が心配な今日この頃です。

当館も、新規にご予約のお客様とキャンセルの客様が入り混じっております。

今日現在、館長の予測よりキャンセルが少ない状況です。

今週のいちご狩り状況。

先週に引き続き、順路2のかおり野が少ない状況でごめんなさい。

4種類のイチゴの収穫時期をそろえるのは、難しいです。。

7日頃からは、かおり野が食べられる分、ホワイトベリーが少なくなりそうです。

今年の異常気象の影響で、なかなか4種類の生育が同じになりません。

来週からは、お客様ごとのエリアを拡大して4種類が食べられるようにしたいと思っています。

他の農園のように章姫だけだと、非常に楽なのですが。

しかし、章姫だけだと、お客様が満足されません。

写真1.沢山なっている章姫。来週から2番目の実と3番目の実の交代時期になります。

    少し減るかもしれません。

写真2は、順路2の紅ほっぺ・かおり野・ホワイトベリー。左側のかおり野が少なくて、ごめんなさい