いちご狩り

悔しいですが、今シーズンのイチゴ狩りを終了します。まだイチゴが有るのに残念です!

コロナの感染は、全国的に広がっていますね。

1週間後の感染が減ることを願っています。

悔しいですが、緊急事態宣言の延長により、お客様が激減したので今シーズンのイチゴ狩りを終了します。

まだまだ、イチゴは残っています。

昨年も今年もコロナの影響を受けて苦しい2年間となりました。

当館などは、少ないなりに営業できたので、良かったです。

レストランなどの飲食店や旅館などの観光業の皆さんは、大変苦しいとご察しします。

緊急事態宣言でお客様が来ないところは、苦しいのに休業要請をしていないという理由で、

補助金が出ないのは、不公平と感じています

本当に困っている人に、税金を使ってほしいですね。

館長は、積み立て金を解約したり、孫の積立て預金を解約したりして、経営資金を

確保したり、老後の積立資金を降ろして、運営資金として対応しました。

イチゴ園の経営は、3月から翌年のイチゴの販売やいちご狩りが有る前提で栽培し

1月から収穫を開始します。従って飲食業で言えば、1年分の材料を仕込んでスタートするのです。

急に販売が減っても、半年前に仕込んだ材料(イチゴ)は無駄になります。

特定の月の販売量が減ってもイチゴの栽培管理を止めることは、翌月のことを考えると止められません。

来シーズンは、コロナの感染が対策され、ワクチン接種が完了して、

今まで通りに経済が回ることを祈っています。

館長は、来シーズンに向けて準備を開始します。

1.5月は、親株の手入れ

2.6~8月は、苗取と育苗

3.8月末からの収穫の為の夜冷処理

4.9月は、花芽分化の確認と定植。

5.9~11月は、苗の生育。

6.12月上旬から主格開始。

親株も順調に生育して、ランナーから子供苗が出来てきました。

1.かおり野   6.1本/株

2.紅ほっぺ   8.1本/株

3.章姫     7.5本/株

4.ホワイトベリー  7.5本/株

4月5月の異常気象のなか、ランナーは、例年並みに出ていて、ホッとしています。

写真1。左側は、紅ほっぺの親株。右側は、章姫の親株。

    太郎苗は、根も出て苗取可能となっています。

写真2.両サイドとも章姫。順調にランナーが出ています。

写真3.左側がホワイトベリー。ホワイトベリーは、過去最高の出来栄えです。右側が、アイベリー。

写真4.左側が紅ほっぺ。右側が、かおり野。かおり野は、太いランナーが、出ています。

 

 

いちご狩り今週で終わりです!

12月からコロナ!コロナ!感染に気を付けているうちに、今シーズンのイチゴ狩りも

最終週になりました。

最後の最後まで、イチゴさん達は頑張って、皆さんをお迎えします。

写真1.順路1の章姫。頑張って甘い苺が沢山なっています。

写真2.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリーの3種類。まだ、ホワイトベリーも食べられます。

大型連休明けのいちご狩りは、イチゴも甘く、沢山あります。

大型連休もようやく終わりました。

当館は、完璧なコロナ感染対策をしていますが、心配はつきません。

館長は、お客様どうしの感染や、従業員や館長自身の感染が心配な毎日でした。

早くコロナのワクチンが広がり、感染が終息することを願っています。

昨日は、最高気温28度と6月中旬の天候でした。

当館のいちご狩りは、5月でも甘く、食べられる量も沢山あります。

5月で、練乳なしで食べれるイチゴいちご園は、少ないですね!

 

写真1.順路1の章姫。イチゴの量が少なくなった分、甘くなったり粒も大きくなります。

写真2。順路2の紅ほっぺ・かおり野・ホワイトベリー。まだまだ、頑張っています。

子供の日のいちご狩りの情報。ゴールデンウイークも終盤に入りました!

ゴールデンウイークのいちご狩りは、キャンセルの続発でした。

若干、ご予約をお受けできます。

当然イチゴは余りますが、仕方がないですね。

館長は、子供の日までイチゴが残るように、前半の人数制限していました。

最後のお客様までイチゴが残せてよかったです。

安心してご来館ください。

勿論、今週の土日も、イチゴは、残してあります。

写真1.順路1の章姫。小粒なので何時よりお客様のエリアを広くします。

写真2.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。こちらも比較的小粒です。

ゴールデンウイークのいちご狩りのスタートは、雨の中静かにスタートしました。

全国的にコロナの感染が、拡大してきました。

キャンセル料金不要なので、キャンセルはお早めにしてください。

今日は朝から天気予報通り雨が降っています。

ゴールデンウイークは、毎日晴れているような記憶がありますが、

気象庁によると、晴ればかりでなく、曇りや雨も多いそうです

緊急事態宣言で一都三県だけでなく、山梨のお客様からもご予約が少ないです。

ゴールデンウイークのいちご狩りは、静かにスタートしました。

昨年は3月から、いちご狩りができなかったので、今年は少しはましです。

当館は、ソーシャルディスタンスを保つために、例年よりお客様の人数を

減らしているので、お客様が減っても気になりません。

昨日、国立がんセンターから癌患者の10年生存率が発表されました。

館長が10年生きられる確率は、11.3%でした。

館長の10年生存確率があまりにも低いのに驚いた。(見なければよかった!笑い)

10年前より医学が進歩しているので、実際はもっと確率が高くなっていると

自分で慰めています。まずは、5年長生きすることを目標に頑張ります。

そして、やり残したことが無いように、自分がしたいことを決めて実施します。

写真1。順路1の章姫。少し量が減ってきました。お客様の人数が少ないので

問題ありません。

写真2.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。左側のかおり野が全体的に少なくなってきました。

4月末のいちご狩り状況。

コロナ感染拡大により東京に「緊急事態宣言」が出そうです。

5月連休のいちご狩りのご予約を緊急事態宣言の内容が明確になる月曜日頃まで止めます。

申し訳ありません。

4月末のご予約は、コロナの感染で減少しています。

来シーズンのイチゴ狩り用の親株は、順調に生育しています。

写真1.順路1の章姫。今週まではイチゴがありそうです。

写真2.順路2の紅ほっぺ・かおり野・ホワイトベリー。少し小粒になってきました。

写真3.左側が紅ほっぺの親株。右が章姫の親株。

写真4.両方とも章姫の親株。

写真5.左がホワイトベリーの親株。右がアイベリーの親株。

写真6.かおり野の親株。

初夏のような暑さのいちご狩りハウスは、ハウスミストで涼しくいちご狩り。

昨日から初夏のような暑さでハウスの外は、27度。

ハウスの中は、32度と暑くなっています。

当館は、下記のような設備で対策をしています。

1.遮光カーテン黒

2.遮光カーテン白(2重遮光カーテンは、少ない)

3.天窓で暑い空気を外に逃がす。大小2か所あり。(天窓の2か所は、少ない)

4.10分に1回のハウスミストで温度を下げる。(ハウスミストは、日本で数か所しかない)。

対策が出来ないイチゴ園は、暑さも大変ですが、暖かくて、イチゴが柔らかくなりすぎてしまいます。

当館も細心の注意を払いながら、温度管理をしてイチゴの品質と糖度管理をしています。

写真1.ハウスミストが出ている状態。暑いので、15分に1回を10分に1回に変更しました。

    回数が多くなるとハウス内の温度が低くなります。

 

雨の中、いちご狩りのお客様が沢山ご来館いただき、ありがとうございました。

今日も天気予報に反して、雨の量は少ないです。

コロナ感染でお客様が減り、雨の予報でお客様の足も止まり、

お客様が激減です。例年の半分ぐらいのお客様です。

明日は、予約も多く天気も良いので、少しは期待できます。

半額の感謝セールは、好評で完売に近い状態でした。

今日のいちご狩りもソーシャルディスタンスで、同じ列に1組しか

いちご狩りのお客様を入れません。

当館のコロナ対策。

写真1。今日は雨なので天井が開けられないので、換気が出来ません。

   雨の日は、当館の新製品ミストが、効果を発揮します。

   空気中に舞うエアロゾル化したコロナ菌をミストにより下に落とします。

 

 

いちご狩りのお土産に、!農薬ゼロのアイベリーやミックスジャムイチゴジャムが人気!

これまで、販売専用だったアイベリーの収穫量が増えてきたのアイベリーのジャムを作りました。

12月は1粒800円で販売されている農薬ゼロのアイベリーで高級なジャムが出来ました。

アイベリーは、果肉が真っ赤でかおりも良く、程よい酸味もありジューシーなので、

ジャムに適しています。

毎年、沢山の客様からご予約をいただいております。

明日から、直売を開始します。

イチゴジャムの作り方を、研究しています。

A案(新しいテスト)前日にヘタを取って砂糖漬けしたジャム。

B案(従来の方式)当日ヘタを取りジャムにする。

結論は、A案とB案はほとんど差も無いので、効率が良く衛生的な従来方式を

継続することにしました。

写真1.上が章姫。下がアイベリー。

    章姫は、果肉が白いので完熟にして赤みを出します。愛ベリーは、粒も大きく

    濃い赤みが有ります

写真2,B案;ジャムを作る直前に、ヘタを取ります。

写真2.A案:前日にヘタを取り,砂糖に漬けておきます。

写真3.A案;仕上がった、前日に砂糖漬けにした、アイベリーのジャム。

写真4.B案;従来通りの作り方で作ったアイベリーのジャム。

真5.左側がA案のアイベリーのジャム。真ん中がB案の従来方式のアイベリーのジャム。

    右側が、従来のミックスジャム(品種:章姫・紅ほっぺ・かおり野)。

 ミックスジャムは、果肉の赤実が少ないので、愛ベリーより赤みが少ないです。

 

4月中旬のいちご狩りは、最高の甘さ!かおり野は、過去最高の甘さ!

東京のコロナ感染は、急激な拡大モードに入ったようです。

当館は、コロナ対策を万全にしてお客様がコロナに感染されないように

お客様をお迎えします

このところの寒さと暖かさの寒暖の差と館長の技術で、イチゴは甘いです。

写真1.順路1の章姫。全体的に甘さをキープしています。

写真2.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリーは、沢山実っています。

    お子様には、ホワイトベリーが、大人気!

写真3は、順路1の章姫。ようやく葉が出てきたので、葉欠きをしました。

     ハウスミストの効果で、葉の色が濃い緑で元気です。

写真4.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリーも、良好な状態を継続しています。