いちご狩りハウスのイチゴの株の除去が完了!

緊急事態宣言が、全ての解除されました。

福岡県の北九州市では、コロナウイルスの第2波が予測されるような感染者数が

多発しています。

余りにも早い第2波に驚くと同時に、第二波にならないないことを願っています。

緊急事態宣言が解除されましたが、コロナの恐ろしさを知った国民は、外出に慎重です。

館長なども外出には慎重で、外食に外出する気分になりません。

このコロナショックの影響をもろに受けた、観光業者さんや外食産業の皆さんの苦しみは

痛いほどわかります。

コロナショックは、日本中のあらゆる職種に影響を及ぼしています。

館長は出来るだけ、知り合いのお店屋さんからテイクアウトで購入することにしています。

当館も例外でなく、3月から外出の自粛の影響を受けいちご狩りのお客様が激減して、

数百万円の損失を受けました。

館長は、何時までも今シーズンのイチゴ狩りに固執せずに、来シーズンの復活に向かって

全力で走ります。

例年より早めにイチゴ園を閉園した分、来シーズンの準備を早く始めることにしました。

親株の手入れも盤石なほど、手をかけています。

写真1.株を除去したハウス。

天井から昨年導入したハウスミスト(ハウス冷房)が、威力を発揮しています。

ベットの上には、今年の糖度アップに威力を発揮した炭酸ガス供給ホースが有ります。

ハウスミストや株元炭酸ガス供給システムは、今シーズンお客さんからは、大好評でした。

来シーズンは、空中に浮遊するコロナウイルスを、このミストで除去するのに活用するつもりです。

2.炭酸ガス供給ホースは、作業の邪魔になるので、ベットの横に吊るしました。

これで、炭酸ガスを供給するホースの目詰まりを防止しました。

3.イチゴの株を除去した後に、ベットをビニールで包み、ベツトの中の温度を高くして、イチゴに

害のある菌や連作障害になる悪い菌を殺したり、害虫のたまごなどを殺します。

 

南国フルーツ果樹園の生育状況。ライチ・アボガド・ミカンが受精しました~

コロナウイルスの感染拡大防止で、今シーズンは閉園しました。

5月上旬の早い時期にイチゴ園を閉園するなど夢にも思いませんでした。

お客様が激減で、大きな赤字を抱えてしまいました

遠くの富士山の美しさが空しく感じます・・・・・。

でも、富士山は日本一の山!美しい!!!!!

富士山は日本や世界のコロナの感染状況をどう思っているのでしょうか?

今日は、何となく気が抜ける状況です。

イチゴ狩りハウスのイチゴさん達は、今シーズンで一番元気です!

大きな株で元気いっぱい生育しています。

大きな花も咲き、5月末には大きな実が収穫できるでしょう。

しかし、コロナウイルスの感染拡大が止まり、お客さんが沢山来ていただける

保証は何もないので、閉園します。

来週から株を抜かれるなど知らずに元気にイチゴを沢山ならせてくれる章姫や紅とかおり野・ホワイトベリー。

4月12日のライチ。ようやく受精して緑色の実が見えました。

この実は、館長が手で受精させたものです。このライチに関しては、日本マルハナバチより、館長の方が

上手に授粉させられました。

5月8日ライチの実が、緑色の実になり始めました。

今年初めての収穫の経験です。

昨年は、実が付いた状態で苗が来ました。

7月頃の収穫を目指します。

 

3月9日のアボガド(ハス)。館長が手で授粉させました。

授粉率が低いので実が生理落下してしまいました。

3月9日のアボガド(ズダノ)。手では、なかなか授粉させられませんでした。

日本マルハナバチも苦労していたようです。

5月8日。アボガド(ハス)。日本マルハナバチさん(2~3匹)のお陰で沢山受精して

実の生理落下があつても、実が残っているようです。

館長の師匠の「せきね農園」さんは、ミツバチが授粉しているようです。

木の下ほど実が残っています。栄養が沢山行くからでしょうか?????

5月8日。アボガド(ズダノ)。日本マルハナバチでもなかなか授粉しなかったのですが、

今日見ると嬉しいことに緑色の実が残っていました。

もしかすると、実が食べられるかもしれません。

5月8日。ミカン(せとか)。これは手でも簡単に受精させられます。

木が若いからなのか、実が生理落下してしまいます。

写真で見る限り、少し残っているので期待できます。

5月8日ミカン(晩白柚)。大きな実が残っています。これも手で授粉させました。

少し前まで、5~6個実が有ったのに、今日見ると1個しかありませんでした。

大きな実をならせたいです。

5月8日。ミカン(西南のひかり)。手で授粉しても日本マルハナバチが受精させても、

皆黄色くなって生理落下で実が落ちてしまいます。半ばあきらめています。

来年収穫出来ればOK!

 

 

 

ジャム用イチゴは、5月7日で終了しました。来シーズンも宜しくお願いします。

コロナウイルスの感染拡大で、

いちご狩りは、4月13日で終了。(三密ではないが、感染を防止するため営業を中止)

イチゴの直売は、4月24日で終了。(直接の接触を避けるために営業を中止)

ジャム用イチゴの販売は、5月7日で終了しました。

まだまだ、ジャム用イチゴのご注文が多く来ていますが、来シーズンに向けての作業が有るので、

ジャム用イチゴの販売は、終了させていただきます。

2月からお客様が激減する中を、沢山のお客さんからの温かいご支援により

売り上げが激減しても、何とか5月7日まで営業を継続できました。

ジャム用イチゴは、安いので収益的には赤字です。

しかし、ジャム用イチゴのお陰で、イチゴを捨てることなく閉園出来ました。

写真1.本日出荷するジャム用冷凍イチゴ。60Kgも今日の出荷で終わりです。

写真2.本日販売のジャム用イチゴの生。

 

イチゴの親株の生育状況。

いちご狩りは、4月13日から休園中。

5月の営業日は、5月7日と8日。5月14日だけです

お客様と当館の従業員や皆様のご家族のために、いちご狩りや直売などの

直接接触を避けております。

早く、コロナウイルの感染が治まると良いです。

当館などの農業は、在宅ワークが出来ないので、早く来シーズンの準備を終えて、

5月18日頃から2~3週間、全員が休園します。

6月上旬からは、来シーズンの苗取を始めます。

1.写真1は、イチゴ狩りハウスの章姫の親株。

写真2.いちご狩りハウスの章姫のテスト用親株。

   イチゴ狩りハウスの、挿し木テスト用の親株。

写真3.いちご狩りハウスのかおり野と紅ほっぺの親株。

    いちご狩りを早く辞めたので、いちご狩りハウスの親株を早くランナーを出しました。

写真4.育苗ハウスの親株。左がホワイトベリー。」右があかねっ娘(ももいちご)とアイベリー。

アイベリーとあかねっ娘(ももいちご)は、まだランナーがほとんど出ていません。5月に出るでしょう。

写真5.左があかねっ娘(ももいちご)の親株。右がかおり野の親株。

    かおり野は、ランナーの出が少ないです。

ヘルシーフードコンシェルジュの荻原彩子先生が、残留農薬ゼロ(無農薬)の取材とコロナウイルスの影響で苦しむグルメいちご館前田を応援に来てくれました。

大変申し訳ありませんが、「緊急事態宣言」によりいちご狩りは、

ゴールデンウィーク明けまで休園します。

今シーズンは、4月24日から休園しました。

「緊急時田宣言」でいちご狩りを休園した、当館を荻原彩子先生が、4月21日ご支援に来て

くださいました。

残留農薬ゼロ(無農薬)の難しさを荻原彩子先生に聞いていただきました。

帰りには、沢山ご購入いただきました。

そのご、取材に状況を、フェイスブックに投稿していただきました。

荻原彩子先生のサポータから、沢山のご注文を頂き、感謝しております。

された皆様と、記念撮影。

 

 

 

ゴールデンウィーク中も、いちご狩りは、休園します!直売通販は、頑張っています!

大変申し訳ありませんが、「緊急事態宣言」により、5月6日までいちご狩りは、休園します。

5月6日以降も、「緊急事態宣言」が継続されれば、いちご狩りの休園は、継続します。

緊急事態宣言により、コロナウイルスの感染の拡大が少し止まり、

最悪の事態の「オーバーシュート」は、避けられたようです。

引き続き、外出自粛によりコロナウイルスの感染が、拡大しないよう日本全体で

頑張りましょう。

コロナウイルスの恐ろしさは、自分の命だけでなく他人の命まで奪ってしまうことです。

館長は、お客様の命やご健康を優先させていちご狩りを休園が、間違っていないと確信しています。

当館でのいちご狩りを楽しみにされていたお客様には、大変申し訳なく思っています。

すでに沢山のご予約を受けていたお客様も、快く「キャンセルのお願いをご承認」頂き

感謝しております。

また、キャンセルをされたお客様から、当館のことを心配されて、いちご狩りの代わりに

イチゴの通販のお申し込みをたくさんいただき、感謝しております。

写真1.順路1の章姫。お客様のご支援で、直売や通販や生のジャム用イチゴや冷凍ジャム用イチゴなどで

捨てるいちごは、1個もありません。

安いジャム用イチゴが主流のため、利益率は大幅に減りましたが、皆様の温かいご支援を感謝しながら

毎日を過ごしております。

写真2.葉欠き前の順路2の紅ほっぺ・かおり野・ホワイトベリー。

コロナが治まり、お客様がご来館されても良いように、今葉欠きをしています。

写真3.葉欠き後の順路2の紅ほっぺ・かおり野・ホワイトベリー。

きれいに葉欠きをして、コロナウイルスが終息してお客様がご来館されても

気持ちよくいちご狩りが出来るようにしています。

また、無農薬(残留農薬ゼロ)を維持するために、最後まで葉欠きは必要です。

生のジャム用イチゴ(無農薬)が山梨の皆さんに飛ぶように、売れています!

4月14日から4月24日までいちご狩りを止めました。

コロナウイルスの感染が、少なくなれば再開します。

苦渋の選択の結果、昨日から売り上げよりお客様・従業員・家族の安全と命を選び、

いちご狩りを止めました。

その結果、今日は安全と命を選んで良かったと思うと同時に、気持ちが楽になりました。

今年はコロナウイルスの感染拡大で、いちご狩りを早く止めたので、甘くて安全な良い

ジャム用イチゴが飛ぶように売れています。

なんて言ったって、お砂糖の割合が25パーセント前後です。

無農薬の香りも最高!

今年は、お買い得です。

冗談抜きに、1回目は食べてしまうお客様が多く、2回目から購入するのが

ジャムになるようです(笑い)

写真は、ジャム用イチゴ。何かジャムにはもったいないですね!

山梨のいちご狩りの金曜日は、ご来館がゼロでした!寂し~!

5月10日までは、営業します。

いよいよ、恐れていた事態が来ました。

4月の上旬と言うのに、4月10日の金曜日のいちご狩りのお客様がゼロでした。

コロナの感染の感染が関東地区に拡大したことが影響しています。

明日からの土・日のお客様も、通常の20分の一です。

胸を張って、通常の接触の8割以下になりそうです。

そんな中、嬉しい誤算は、当館の直売のお客様が増えたことです。

現在、いちご狩りから直売に切り替えています。

いちご狩りは、完熟にするのですが、直売は熟度7~8割で収穫します。

このため、切り替えには1週間以上かかります。

写真1.順路1の章姫。

写真2.順路2のかおり野・紅ほっぺ・アスカルビー・ホワイトレディー。

春休み最後の土日のいちご狩りは、ご予約少なく空いています!

 コロナウイルの感染か拡大で、いちご狩りは、ご予約が少なく空いています。

館長の予測以上にいちご狩りのお客様は、激減しました。

当館も、今週からイチゴが余る状況です。

今週のお客様のご来館状況で、イチゴ園を縮小するか、閉園するかの判断を迫られています。

サービス業と同じように、毎日、日銭を稼ぐイチゴ園にとって、厳しい状況が2月から続いています。

年間の給料が保証されているサラーリーマンや公務員の皆さんに比べて、

サービス業は、全く収入が保障されていないのです。

実は、館長も50歳までサラリーマンでした・・・・。

当館のいちご狩りは、栽培面積3000㎡、高さ4Mの広いハウスで天窓換気や換気扇もある、

密閉した環境では、ありません。

しかし、関東地区では、3「密」でない環境も外出自粛の対象になり、いちご狩りに来られないのでしょう

館長も今年で72歳になります。

万一、コロナウイルに感染すれば、致死率が10~15%の年代です。

お客様がコロナウイルに感染しないように、万全の対策を施しながら、

館長も、自分自身がコロナウイルに感染して死なないように頑張ります!

写真1.鈴なりの章姫。

写真2.順路2の紅ほっぺ・かおり野・ホワイトベリー。

 

 

 

いちご狩りの沢山のご来館ありがとうございました!中央道のチェーン規制や道路の雪が無くなりました。

季節外れのみぞや雪れで驚きました。

山梨は雨から一時みぞれに変わり、晴れました。

現在は、中央道にも少し雪が降ったようですが、チェーン規制は無くなりました。

明日は、中央道の状況などをご確認ください。

悪天候にかかわらず、山梨県を中心に他県から沢山のご来館ありがとうございました。

1.中央道の道路状況。

  https://roadway.yahoo.co.jp/traffic/road/1033006/map

.中央道のICのライブカメラ

http://dw.weathernews.com/dwc/web/menu.html