イチゴの残留農薬ゼロ(無農薬)が、検査機関で認定されました。殺虫剤や殺菌剤を使用していない証です!

イチゴ狩りは、12月10日頃から少し前倒しされて、12月2日になる可能性が出て来ました。

もう少ししたら、イチゴ狩りの開始時期を決めます。

イチゴの販売と通販は、11月25日から開始予定。

10月末から11月上旬の暖かさの影響で、正直言って、イチゴの粒の大きさは、大きくありません。

理由は、定植直後の高温と、出蕾後の高温です。

館長的には、もう2番目の蕾が出始めたので、1月20日頃の収穫を楽しみにしています

イチゴ狩りに来られるお客様の中には、殺虫剤や殺菌剤の農薬を使用していないと思われているお客様が

おられます。イチゴは、栽培期間が長く野菜や果物の中で一番農薬を使用します。

館長は、脱サラしてイチゴの栽培を始めてから、お客様の安全を考えて、無農薬栽培にこだわり。

殺虫剤や殺菌を使用していません。皆さんに信じていただくために、毎年自費でイチゴの残留農薬を

検査してもらいます。今年も、当館のイチゴから残留農薬は検出されませんでした

皆さん、今年も安心して当館のイチゴ狩りを楽しんだり、ご購入ください。

2回目の蕾が、かおり野やかんな姫に続き、ホワイトベリーや章姫に出て来ました。

今年の紅ほっぺは、芯止まりが少なく2%以下でした。蕾は追っかけ2番が出ている株が多く

有ります。

これまでは、イチゴの株を大きくするために温度設定も高くしましたが、これからイチゴの

糖度を高くするために、昼間や夜温を昨年以上に低くします。

写真1.順路1の夜冷処理と半夜冷処理の章姫。例年より大きな株です。他のイチゴ園も

    大きな株になっているでしょう。

写真2.順路1の遅い夜冷処理の章姫。株は夜冷処理より小さいですが、花はこちらの方が

    良さそうです。

写真3.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。結果的には、一番遅く出蕾した

    「葉無し直接定植」の株が一番良いです。

写真4.左が遅い夜冷処理の紅ほっぺとホワイトベリー。右はら冷処理のかおり野。

写真5.左が遅い夜冷処理のかおり野。右が夜冷処理のかんな姫。

写真6.右がホワイトベリー。左がアイベリー。

写真7.右が相ネリー。左が遅い夜冷処理のかんな姫。

写真8.収穫中のかんな姫。

写真9.本ズワイガニが届きました。こんな高級な蟹をいただいて申し訳ありません。

    黄色いタグには、証明のプレートが付いていました。

写真10.館長の机が狭くなったので、リサイクルセンターで安く購入してきました。

 

 

イチゴ狩りの開始は、12月10日~25日になりそうです。2番目の蕾の出蕾が始まりました。

とうとう、山梨のインフルエンザの流行が、日本一になりました。残念!

11月7日は、100年ぶりに最高気温を更新して、28.4度と日本最高になりました。

今年の11月は、10月より暖かいので、夜冷処理のイチゴが予定より10~20日早くなりそうです。

原因は、11月の暖かさと、8月の暑さで苗の生育があまり良くなかった。

山梨の自然花芽分化は、大幅に遅れて11月中旬が開花でしょう。

当館は、夜冷処理の小さいイチゴは、無視して除去して2番目の実を早くならせます。

この暖かさでも、かんな姫は、糖度12ありました。酸味の無いチゴですね!

山梨の気候は、日本の最高気温にならなくても、常に上位になっています。

冬は寒いし、夏は暑いし盆地特有の寒暖差が激しく、イチゴ栽培には適さない地域です。

栽培管理は難しいですが、技術で克服できれば、イチゴの甘さ(日長が長い➡光合成が良い)と

(寒暖差で➡糖度が高くなる)のメリットがあります。

今週の栽培状況は、ランナー取が忙しいです。2番目の蕾が出蕾する2週間前から沢山ランナーが出ます。

太さも太いので2番目のイチゴは、期待できそうです。

2番目の出蕾が確認できたのは、かおり野とかんな姫です。顕微鏡での検査では、章姫の2番の蕾が

11月20日頃に出そうです。紅ほっぺは、1番目と2番目が近い、追っかけ2番が出ています。

館長が一番心配なのは、11月の暖かさで3番目の花芽分化が遅れることです。

11月20日頃になれば、顕微鏡で確認できるでしょう。

来週からは、摘花の作業を開始します。これが、細かい作業で大変です!

写真1は、順路2の章姫。夜冷と半夜冷とも計画より10日以上収穫が早くなりそうです。

     11月末頃から収穫予定。

写真2.両側の夜冷と半夜冷は、同じ時期の収穫になってしまいました。

写真3.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。こちらは、12月10日頃から

    12月15日からの収穫になりそうです。

写真4.左のかおり野は、1~2個目の花が咲いています。右側の紅ほっぺは、

    1~3個目の花が咲いています。

写真5.遅い夜冷の章姫は、12月末の収穫が12月15日になりそうです。

写真6.1~2個目の花が咲いています。

写真7.左側は、夜冷処理のかおり野。早すぎるので、枝ごと花を除去。

    もう2回目の蕾が、出て来ました。右側は、遅い夜冷処理の紅ほっぺ。

    1個目の花が咲き始めました。

写真8.夜冷処理のかんな姫。10月9日に出蕾した1個目の実が約1か月で収穫出来ました。

    8月の暑さと11月の温かさにより、30日以上前倒しになってしまいました。

写真9.来シーズンのことを考えて、少し花を残して収穫したかんな姫。

   この時期でも糖度が12度前後確保できるのが分かりました。

 

 

イチゴの全ての品種で、2番の花芽分化が確認できました。

甲府・中央市では、インフルエンザで学校がお休みになっています。

7月8月の猛暑の中、苗も病気が出ないで元気な苗が確保できました。

一番難しい夜冷処理もほぼ計画通りに仕上がり、順調に出蕾し、開花の真っ最中です。

定植後は、腋芽の出が多くありましたが、芯止まりの株が少ないです。紅ほっぺは、これから少し

出るかもしれません。

館長が考案して投入した新鋭設備も十分力を発揮しています。

まだ、暖房を使用していないので省エネの効果の確認は、まだです。

しかし今年の夏から秋にかけての暖かさは、異常ですね。各地で野菜の高騰が報道されています。

当館のイチゴも、予想以上に早い12月5日頃から収穫が出来るかもしれません。

この1か月は、新しい栽培方法の導入のための勉強が忙しいです。

今年は、必ずイチゴの生育が良くなり品質も向上するでしょう。

当館のイチゴのすべての品種の2番が確認できました。これから安心して、イチゴの生育が良くなる

栽培方法に変えます。今後の寒さで、どんなに生育を良くしても生殖成長から栄養成長に戻らないでしょう。

写真1.順路1の夜冷の章姫。2番の出蕾は、11月18日頃。

写真2.順路1の遅い夜冷の章姫。来週から花が咲くでしょう。2番の出蕾、12月末頃。

写真3.お土産用のホワイトベリー。そろそろ摘果の時期です。

写真4.無処理の順路2のかおり野。良い株葉すごくよく、小さい株は、予想以上に

   多いです。

写真4.順路2の紅ほっぺとホワイトベリー。遅く出蕾でしたが、開花は、

    章姫とほぼ同じ。例年より少し良い。

写真6.順路2の遅い夜冷の紅ほっぺとホワイトベリー。

 

写真5.夜冷処理のかおり野。

写真6.半夜冷処理のかおり野。

写真7.遅い夜冷処理のかおり野。

写真8.夜冷処理のかんな姫。

写真9.夜冷処理のアイベリー。

写真10.半夜冷処理の紅ほっぺ。

写真11.新しい栽培方法で、章姫の葉の色が急激に変わりました。

写真13.新しい栽培方法で、アイベリーの葉も変わりました。全ての品種の葉が、

     若返った用の緑色です。

写真14.夜冷処理のかんな姫とかおり野の2番目の出蕾は、7~10日後の

     11月14日頃です。

写真15。夜冷処理の章姫は、21日頃の出蕾でしょう。

アイベリーのイチゴを除き2番の花芽分化が来ました。

山梨は、8歳以下のお子様のインフルエンザが急増しています。

館長は、コロナとインフルエンザのワクチンが終了しました。注射後2週間以上なので、

効果がありでしょう。

肺癌の再発検査も無事終わりました。無罪でした。次回は4か月後です。

9月14日からの定植を開始して出来を確認し、2番の花芽分化もほぼ出そろいました。

夜冷処理の難しさは、(1)良い苗を作る(2)花芽分化時期の把握を間違えない(3)定植から出蕾までの

30日間は、ロケットスタート、所謂短期間でイチゴの苗に十分な栄養を与え、葉や蕾の生育を良く

しなけれななりません。(4)2番目の花芽分化が飛んで無くならないような栽培管理です。

今年は、8月から9月までの猛暑で花芽分化は遅れました。幸い2番目の花芽分化を遅らせることなく、

1番目の出蕾も良く、一部の品種を除き大きな花も出て来ました。

穫時期は、これからの5お日間の天候と出蕾した花の大きさで来ますので、12月10日~20日の

間でしょう。

ハウスの遮光カーテンなどの修理が完了しました。

今年は、従来の栽培管理手法に加えて、様々な省エネ対策や葉の働きを良くする葉面散布剤の導入や

土壌分析による不足成分の追加や根の働きを良くする菌なども導入します。

館長が考案した安い設備も日々使いやすいように改良しています。今は、様々な便利な測定器が

販売されているので、ネットで安く購入しています。

今週で館長が計画していた設備や資材は全てそろいます。

新しい設備や葉面散布剤などの効果の確認をするために、ブログには、写真を多くします。

やはり、効果の確認をするのには写真を残しておくのが1番です。

写真1.ようやくハウスの中も農園らしくなってきました。今年は感染防止看板は、少なくします。

写真2.順路2の章姫。ほぼすべての株に花が咲き始めました。2番目の花に向かっています。

写真3.葉面散布のお陰で葉が大きくなり、葉のツヤも良いです。

    過去最高の出来栄えです。

写真4.順路2の遅い夜冷処理の章姫。ようやくぼちぼち出蕾が、始まりました。

写真5.定植から30日が過ぎていないので、葉の枚数が少ないです。

   大きくなった少ない葉でよい花を付けなければなりません。

写真6.順路2の紅ほっぺ・ホワイトベリー。今年の紅ほっぺは、苗の時から生育が良く

   過去最高の出来栄えになるでしょう。紅ほっぺは、今週ほとんど出蕾するでしょう。

写真6.遅い夜冷処理の紅ほっぺ。まだ株は、小さいです。来週から出蕾が、

    始まります。

写真7.大きくなってきた順路2のかおり野。ほぼ出蕾しています。

写真8.夜冷処理のかおり野。まさに花盛り。早すぎて小さい花もあります。

写真9.半夜冷処理のかおり野。1個目の花が咲き始めました。

写真10.遅い夜冷処理のかおり野。小さかった苗のかおり野も、大きくなり

     出蕾も始まりました。

写真11.一番早く花が咲いたかんな姫。

写真12.奥がホワイトベリー。2~3番目の花が咲いています。手前が、サラダイチゴ。

 

写真13.夜冷処理のアイべりの出蕾が、来週始まります。

写真14.半夜冷処理のアイベリー。夜冷とほとんど出蕾時期が変わりません。

写真15.忙しくなる前に、イチゴ狩り用の看板を付けました。

写真16.少し大きな花が出て来ました。花びらは、7~8枚です

 

写真17.八重らしき花が咲き始めました。全体に少ないです。

写真18.秘密の死資材が届きました。両方で8万円ぐらいです。どんどんお金が出ていきます(苦笑い)。

いちご狩りのご予約が少しずつ入ってきました。今週から章姫を中心に花が咲きます。

今年もイチゴ狩りのご予約が早いです。12月のいちご狩りの開始は、これからの60日の天候で、

早くなったり遅れたりするので、まだ正確に決まりません。

予定は、12月10~15日頃を考えています。

ご予約が早いのは、タイや台湾やシンガポールや香港の海外のお客様と団体旅行のお客様です。

今年はいちご狩りのお客様を半分に減らして出荷を多くするので、ご予約は、お早めにお願いします。

当館は収穫時期を変えるために、夜冷処理➡半夜冷処理➡遅い夜冷処理の3段階に分けています。

幸い一番目の花芽分化は、館長の計画日より早くなったり遅くなったりで作業や管理が大変です。

今は、2番目の花芽分化が起きるのを待っています。昨日までは、夜冷処理と半夜冷処理の2番目の

花芽分化が起きました。遅い夜冷の花芽分化は、10月25日頃になるでしょう。

全ての株に2番目の花芽分化が起きたら、管理や作業内容を大幅に変えて、イチゴの生育が

一番良くなるような管理に変えます。それまでは、寒くてもハウスを閉められません。

暖房などの準備は、全て完了しました。

来週から、不要になった古い葉の除去や摘花や腋芽取を開始します。

一番難しいのは、「摘果してどれだけイチゴを残す」か決めることです。

イチゴの株の樹勢や花の大きさを見て決めます。

収穫時期の予測もしなければなりません。

世界初の、新しい寒さ対策の新兵器も準備完了です。テスト結果も良好です!

寒さ対策を効率的に行い、A重油の削減を図る計画です。

新しい先生も見つかり、今年のイチゴ栽培は、ご期待ください。

この先生は、館長が出会った指導者の中で最高の技術をお持ちです。指導を受けられるか、

微妙な儒教です。

写真1.富士山に雪が積もると、そろそろ煖房に時期になります。富士山も雪つもると、より

    美しく感じます。

写真2.順路1の章姫。この1週間で葉やクラウンが大きくなり、イチゴとイチゴの株の隙間が無くなりました。

写真3.今年は気合を入れすぎて、葉が大きくなりすぎたようです。葉の色も濃い緑だったので、

    肥料濃度を下げて給液量も減らしました。葉の炒り煮ピカピカと巣やがるので、元気な株と

    推定しています。イチゴは、光が欲しいので全ての葉が南側に向いています。

    つまり、カメラの方に葉が向いています。

写真4.順路2の遅い夜冷処理の章姫。10%出蕾です。来週全て出蕾するまでに、株を大きくしなければ

    なりません。寒いので生育は遅れ気味です。まだ定植して20日ぐらいなので、新葉が少なく

株と株の間が、隙間だらけ。

写真4.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。紅ほっぺに出蕾が、始まりました。

    新葉や株も大きくなっています。かおり野は、遅れ気味です。

写真5.余り出来栄えが良くないか順路2のおり野。

  

写真6.過去最高に元気な紅ほっぺ。少し葉の色が濃いので、肥料が多すぎるかもしれません。

写真7.夜冷処理のかおり野。こちらも葉が大きすぎて茎が倒れそうです。花が

   咲き始めました。

写真8.手前は遅い夜冷の紅ほっぺ。花芽分化を遅らせて遅く定植したので。

    まだ、イチゴの株が小さいです。10月末に10~20%出蕾予定です。

    早く暖かくして株やクラウンを大きくしたいのですが、2番の花芽分化が

    起きていないので、暖房出来ません。

    奥は、半夜冷処理のかおり野。来週開花でしょう。夜冷ぐらいの大きさの株にしたかった。

写真9.遅い夜冷処理のかおり野。株が小さいので自然花芽が早く、65%が

    23日で出蕾しました。この65%は、ほとんど収穫出来ないでしょう。

    それでも、22日間で小さい苗が大きくなった方です。

 

写真10.夜冷処理のホワイトベリー。ほとんど、開花し始めました。

写真11.夜冷処理のアイベリー。当館のイチゴの中で一番花芽分化が遅いです。

     十分大きな株に育っているので、1個目の花は、実が大きすぎて摘花します。

写真12.導入したマルハナバチ。今年も授粉を頑張ってもらいます。

写真13.章姫は、一斉に南(カメラ)の方に葉が向いています。

写真12.真っ先に花が咲いてきたかんな姫。

写真13.ほとんどの株の1個目の花が咲き始めた夜冷処理のかおり野。

写真14.1株に2枝が出て花が咲いています。これから1枝を枝ごと削除します。

写真15.この株は早く花が咲いたので、良い葉(光合成する)は、3枚しかありません。

     イチゴさんは、賢いので花が出る時の合図の葉を大きくして、少ない葉をカバーします。

     花が出る時の葉は、一番下の舌のような葉です。今まで、何故蕾が出る時に1枚の葉が出るのか

     わからなかったのですが、もしかしたら、葉の枚数が少ない時に出蕾した場合の、保険でしょう。

写真16.この時期が新葉に一番、葉露が出ます。葉露が出れば、確実に水分と同時に肥料を吸います。

写真16.新兵器の灯油タンクに灯油を入れました。20日から活躍中です。

写真17.先週収穫した椎茸は、アルミホイルで魚と一緒に食べました。

     ほくほくしてm歯ごたえが有り、今まで食べた椎茸で一番美味しかった。

写真18.またまた2個目の椎茸が出て来ました。今週末に食べれそうです。

     ラッキー!