非常に残念ですが、4月1日から4月20日頃まで、いちご狩りを休止します。販売は、若干ですが継続します。

いちご狩りは、4月1日頃から4月14日頃まで休止します。

イチゴが収穫できそうな4月15日頃からご予約受付を開始します。」

4月22日以降は、今でもご予約をお受けできます。

館長は、2か月前から、異常気象によりイチゴの収穫量が激減することを予測していました。

2月前に咲いた蕾の大きさと花ビラの枚数から、2月後の実の大きさと収量を予測します。

館長の予測以上に収穫量が激減したため、2月前にご予約を受けた20~30人に、いちご狩りの

キャンセルをお願いすることにしました。期間は、4月1日頃から4月14日頃のお客様です。

今回の異常気象は、過去25年のうち一番影響が大きいです。

日本各地で、イチゴの収量の減収に沢山のいちご園が泣いています。

日本各日の気温は、様々なのですが、異常気象による収穫量の減少は、日本全国で起きています。

収穫時期の減少時期は、定植時期・収穫開始時期・定植時の株の良し悪し・地域差などで、

早かったり遅かったりします。

異常気象による不作の原因と現象

1.異常気象1(9月と10月の暖かによる収穫時期の遅れ。12月収穫が1月から2月に遅れた。

2.異常気象2(12月から2月までの暖冬)による2番目の実または3番目の実の収穫量の減少または、ゼロ。

当館は、異常気象1は、投資により免れて12月から収穫出来ました。

しかし、異常気象2の影響は、もろに受けて、3番から4番目の実の収穫がゼロに近い状況になりました。

異常気象の影響を受けない株は、ほんの数パーセントです。

異常気象2の特徴

1.1個目の実が、馬鹿でかい。

2.2~5個目のみは極端に小さくなる。

3.花芽分化していても、出蕾しないで蕾が出てこない。

4.1番目の実と2番目の実で、12月から3月まで長い期間収穫できた。

5.生殖成長のランナーや蕾に栄養を送らない(実にしか栄養を転流しない)。

12月から2月までの暖冬が、どんなメカニズムで、収穫量を減らしたかは、

今後、気象データなどを調査しないと分からない。分からないと来年も

同じ失敗をするかもしれない。

異常気象3.昨日3月20日は、26.6Mの突風により、育苗ハウスの天井ビニールが破けました。

詳しいことは、会う以降のブログでご報告します。

農業は、異常気象による減収を素直にに止め、異常気象から早く立ち直るしかありません。

館長は、現在出蕾している太い茎の蕾を早く収穫できるようにするしかありません。

通常は、現在の蕾が収穫できるようになるのは、30日後の4月20~27日頃です。

館長は、ゴールデンウイークに間に合うように頑張っています。

部分的には、4月20日頃に収穫できると予測しています。

写真1.小粒になってきた順路1の章姫。小さいながらも甘いです。

順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。小粒で甘い。特にかおり野が

    人気。

 

 

 

 

 

 

今週のイチゴ狩りと3月のイチゴ狩りについて。

4月上旬まで毎週月曜日に追加ご予約をお受けします。

館長の予測では、4月上旬まで追加ご予約は難しそうです。

やはり、12月から2月までの暖かさにより、12月から2月まで収量が多かった分、イチゴさんは、

3月と4月お休みしたいようです。

所謂、異常気象の影響による不作です。農業は、気象条件さえよければ収入は安定します。

しかしながら、この数年は、異常気象の連続に泣かされています。

不思議なのは、大阪のいちご園も山梨と同じように異常気象で小粒になったり収穫量が

激減したりしているそうです。

館長の収穫予想は、蕾が出蕾した時2月前から予測を開始します。約2月前からご予約を制限した分、

ご予約をお断りする人数は、3月21日から3月25日頃だけです。

4回目の実が遅れると、4月上旬のご予約にも影響しそうです。

収穫量が減った品種は、章姫が一番多いです。山梨では、章姫離れが起きそうです。

また、日照の少ないエリアが影響を受け、谷下が一番影響が大きいです。

さらに、今回の特殊な現象は、1個目と2個目が異常に大粒になり、なり疲れを起こしています。

甲府の2月は、例年の1.5倍ぐらい雨や雪が多かったのも

その影響が出ています。さらに今月3月は、最低夜温が零度を下回っています。

昨年の3月の最低気温は、5~8度でした。

館長は、これから昨年の8月から3月までの気温や日照時間を調べて、今回の異常気象の

原因を突き止めて来年の対策にしたい。

これからは、小粒になりますので、ご了承ください。

最悪、完全復活は、5月連休明けになりそうです。

写真1.順路1の章姫。小粒になってきました。異常気象の影響です。個理解ください。

写真2.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。かおり野や紅ほっぺの

   大粒がところどころにあります。全体的には、小粒です。

 

 

3月のイチゴ狩り状況。

11日まで追加ご予約は、終了しました。

3月は、異常気象により極端にイチゴの収穫量が減る可能性が強まってきました。

毎週月曜日に追加ご予約をお受けします。

イチゴの生育状況

 館長の予想通り8割近い株は、実が小さく困っています。

正確な数値は、来週中に明確になます。

3月15日までは、ご予約を受けたお客様のみイチゴ狩りが出来そうです。

3月16日以降は、まだ不明です。3月11日には、17日以降のいちご狩りの可否を決めます。

通常通りの大きさの実が収穫できるのは、日当たりが良かったり、着果負担が少なかった株です。

基本的に、どこのいちご園も1回目の実の後の2回目の実が極端に大きかった株は、

ほとんど3回目の実は、小さくてイチゴ狩りは出来ません。

スーパーには、2回目の大きな実がパックに入って売られています。粒が大きくて1パック5~6個と言うものも

あります。

館長の推定原因は、12月から2月までの異常な暖かさと、例年の1.5倍の雨の多さだと思っています。

しかし、この日照不足の中、お客様から甘いと好評かは、嬉しいです。

イチゴは、自分の判断で5月末頃までイチゴの花を咲かせられるように、半年間のイチゴの収穫量を

調整します。

館長は、2月前から全体に対策したり、3パターンの対策をテストしたりしていました。

その結果が来週中に判明するでしょう

本当は、全部実を除去して対策した方が早く回復します。

しかしながら、すでにご予約いただいたお客様を断ることは難しいです

実をならせながら少しずつ回復させる方法を選びました。

しかしながら、実が極端に少なくなる3月16日からは、全面休園になるかもしれません。

再開は、4月10日頃ですが、完全復活ではないので、お客様を沢山お迎えするのは、

難しいでしょう。

救いは、イチゴの株のクラウンがまだ、痩せていないことです。

イチゴの栽培において、3月に入ってもまだランナーが出てこないのは、不思議です

親株にも影響しなければよいのですが。

写真1.小粒ですがまだ実が沢山あるエリアの章姫。

写真2。小粒で実が少ないエリアの章姫。

写真3.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。紅ほっぺは、異常気象の影響が

   少ないと安心していましたが、全体的に良くなさそうです。ところどころ

   大粒のイチゴがあります。かおり野は、一番異常気象の影響が少ないです。

 

3月上旬のいちご狩り。先週は、雪の中沢山のご来館ありがとうございました。

3月3日までの追加ご予約を終了しました。

3月4日から3月10日までのご予約を若干お受けしましたが、9日と10日は、すぐに定員に達しました。

イチゴは、小粒になります。ご了承ください。

3月10日以降は、3月11日からご予約をお受けします。

3連休の最後は、山梨で雪が少し降りましたが、皆さんキャンセルもなく沢山ご来館いただき

ありがとうございました。じゃらんからキャンセルされたお客様3組も、「キャンセル料金に不要」の

処理が完了しましたので、ご安心ください。

過去20年間で、2回目の実が12月上旬kから3月3日まで収穫できるのは、初めてです。

イチゴの生育状況。

3回目の実は、下記理由で館長の予測通り少なさそうです。

0.2回目の実の1個目が異常に大きい。(イチゴの体力を使いすぎによるなり疲れ)

1.昨年の8月と9月と10月の温暖化の影響。(当館は、対策により回避しました。)

2.1月と2月の暖冬と2月の曇りや雨の多さ。(8日間も晴れの日が無かった)

3.2~3月の寒暖差の大きさ。(3月なのに3月3日と4日は、マイナス4度。さらに低くなる可能性あり)

などと考えられます。

いずれにしても、イチゴは、半年以上実をならせて子孫を残すので、自分の判断で、半年間の気候を察知して、

体力を温存します。

すなわち、定植時期や苗の大きさや収穫回数の差により、多少収穫が少なるなり、時期も

各いちご園により異なります。

当館は、3回目の実が3月上旬の予定でしたが、2月末の曇りの天気の影響で、3月10日頃に

伸びました。

館長は、3回目の実の花が咲いた1月末に、花の大きさが小さいことで、大きな実が収穫できないことが

予測出来ました。しかしながら、どれぐらいの比率で小さな実なるか、さらに章姫の影響が大きい。

など、不確定要素が多く、恥ずかしいながら、過去に例のない異常気象による不作のため、実が収穫できる

1週間前まで、わかりません。

3月9日からご予約の人数を減らしていましたが、予想以上に少なさそうなので、ある子供クラブ様の

ご予約を2月中旬にお断りしました。直前にお断りすると大変ご迷惑をおかけするので

苦渋の決断でした。大変申し訳ありませんでした。3月10日以降は、極端にご予約を取らなかったので、

何とか対応をしていきたいと考えています。

従って、3月3日以降は、

1.章姫の半分の収穫を諦めます。残りの半分は、実の大きさにより諦めます。

2.頼りの紅ほっぺやかおり野などは、弱っている株を助けます。

3.その他、品種や定植時期や1月末からの再作状況の効果などで、収穫の可否を決めます。

そのご、3月末の春休みには、例年の3割ぐらいの収穫量を確保して、いちご狩りを対応します。

運が良ければ、5月の大型連休に完全復活を目指します。

その他

英子社長は、手術の結果ようやく元気を取り戻してきました。皆さんにご心配をお掛けしました。

館長の肺癌は、手術後3年半、再発を免れています。

写真1.順路1の章姫。来週まで頑張っています。少し小粒になってきました。

写真2.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。全体的に小粒です。かおり野は、

   ところどころ大粒があります。甘さは十分です。

写真3.館長の左側の残った下葉の肺の写真。右側が半年前。左側が2月15日。

   手術後から黒丸の部分の癌が心配されていました。3年後の今回、先生のご判断は、

   癌ではないという診断でした。ようやくホットしました。

2月末のいちご狩り状況

2月26日から3月2日までご予約をお受けできます。

3回目の実が昨年の異常気象で実が小さく3月の収穫量が少ない可能性が出てきました。

お客様にご迷惑をおかけしないために、3月の収穫量が明確にわかるまで、

3月までのご予約の受付を停止します。イチゴの量が分かり次第、ご予約の受付を再開します。

2月末のいちご狩りは、何とか問題なく出来そうです。

今週は、雨や曇りが多いので、17日と18日のお客様の人数を通常より減らしで、イチゴが残るようにして

イチゴ狩りエリアが真っ白にならないようにしました。

2月末のお客様は、ご安心ください。

3月に関しては、章姫の出来栄えが思わしくありません。その他の品種もよくありません。

これは、昨年の9月と10月の暖かい異常気象によるものと館長は推定しています。

当館は12月から収穫を開始してきたので、他のいちご園よりイチゴのなり疲れの影響が大きいかもしれません。

今年のいちご園のイチゴの生育状況は、1回目の実が1月以上長く収穫でき、2番目の実は大きいです。

しかしながら、3回目の実はほとんどのいちご園は良くないようです。

花が咲かない、花が咲いても実が極端に小さい。

館長も1月前以上からこの状況を蕾の大きさから予測して様々な対策をしてきましたが、

やはり異常気象の影響には勝てないようです。

3月に入りイチゴの実が収穫できる状況になったら、

A案  実が大きければ3月のいちご狩りのご予約の受付を再開する

B案  食べられないぐらい実が小さければ、一時休園をする。

    その時は、少ない人数ですが、すでに3月のご予約いただいたお客様にお詫びとお断りのメールを

    差し上げます。

いちご園のいちご狩りを停止したときは、4番目の実が収穫できる時期に、再開したいと考えています。

4番目の実が小さい時は、5番目の実が大きくなった時に収穫を開始します。

A案とB案の選択は、3月上旬に行います。

現在は、B案の可能性が大です。苦渋の決断になりそうです。

写真1.順路1の章姫。曇りとアマの予報を信じて、赤いイチゴが残るようにしました。

写真2.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。こちらも赤いイチゴが残るようにしました。