クリスマスプレゼント用いちごとお歳暮用イチゴの出荷開始

12月~1月15日までのいちご狩りのご予約は、定員に達しましたので ご予約をお受けできません。

12月28日から15日のいちご狩りのご予約は、その週の1週間前に追加ご予約をお受けいたします。

(収穫量が少ない時は、追加ご予約をお受けできませんのでご了承ください)。

1月15日以降は、20年間で一番良い収穫量となるでしょう。

なぜなら、一番目の実が小さかった分、1月の2番目の花の実は大きく収穫量が良くなります。

お歳暮の苺が多い中、2日前からケーキ用のイチゴの出荷が始まりました。

つまり、20日から24日まで、お歳暮とクリスマスプレゼント用とケーキ用の3つが重なります。

それぞれイチゴのサイズが異なるので、仕分けや箱詰めが大変です。

ましてや、自然の物それぞれのサイズのイチゴの量を推定するのは至難の業です。

そして、イチゴの美味しい時期は、痛みを考えると1日しかありません。

今日は、今シーズン最高の出荷数でした。

何とか、24日までに計画通りに出荷できそうです。

テレビでは、ケーキ用イチゴの不足と価格の高騰が話題になっています。

ようやく出荷に間に合いました。クロネコさんの集荷を待っています。

 

クリスマスケーキ用イチゴの出荷開始!イチゴが不足で大変~。

12月~1月15日までのいちご狩りのご予約は、定員に達しましたので ご予約をお受けできません。

12月28日から15日のいちご狩りのご予約は、その週の1週間前に追加ご予約をお受けいたします。

(収穫量が少ない時は、追加ご予約をお受けできませんのでご了承ください)。

1月15日以降は、20年間で一番良い収穫量となるでしょう。

なぜなら、一番目の実が小さかった分、1月の2番目の花の実は大きく収穫量が良くなります。

 今日から、クリスマスケーキ用イチゴの出荷が始まりました。

例年ですと、ケーキ用のイチゴは楽勝で納入出来ました!

今年の12月は20年ぶりの不作のため、ケーキ用イチゴも不足気味です。

何とか、11月から栽培環境を変えて出荷が出来るよう頑張っています。

当館などは、たった3軒のケーキ屋さんにイチゴを供給しているだけで、不足気味です。

当館のケーキ屋さんは人気店で、飾り用のイチゴが多く、中に挟み込むイチゴも多いので大変です。

聞いたわけではありませんが、推測すると1個のケーキに8~12個使いそうです。

さて、今年販売されるクリスマスケーキは、イチゴが載っているのが少ないでしょう。

その理由は、下記の内容です。

1.栃木・群馬・茨木・千葉地域は、台風で相当ダメージを受けたようです。

2.その他の関東地区は、温かい秋の為に花が咲くのが遅れて、収穫が遅れている。

いちごの販売で難しいのが、大粒は、贈答用に使用。中粒はパック用。小粒はケーキ用です。

クリスマスの注文に対応するためには、いちごの花芽分化を調節して収穫時期をクリスマスに合わせ、

さらに粒の大きさを小粒に合わせなければなりません。

今年のように、4度の異常気象で下記の現象が多発。

①7月の長梅雨による日照不足で苗の生育遅れ。

②10月の雨や曇りの日照不足で不受精や小粒化。

③10月と11月の気温が1.5度プラスになり、収穫時期が早まつたり、小粒化。

④これからの24日までのクリスマス期間は、曇りが多く、苺が赤くならない。

どんな言い訳をしても、ケーキ屋さんは、お客様からご注文を受けているので

何とかケーキ用イチゴをお届けしなければなりません。

これから24日までは、針の筵です!

写真1.クリスマスケーキ用のイチゴ。小粒サイズ(30個/トレイ)。

写真2.クリスマスケーキ用イチゴ。大粒サイズ(24個/トレイ)。

 

人数を制限しながら、いちご狩りを開始しました。

12月~1月15日までのいちごがりのご予約は、定員に達しましたので ご予約をお受けできません。

12月28日から15日のいちご狩りのご予約は、その週の1週間前に追加ご予約をお受けいたします。

(収穫量が少ない時は、追加ご予約をお受けできませんのでご了承ください)。

1月15日以降は、20年間で一番良い収穫量となるでしょう。

なぜなら、一番目の実が小さかった分、2番目の花の実は大きく収穫量が良くなります。

他の農園はまだ、いちご狩りを開始していないようです。

当館は、細々といちご狩りを開始しました。

 館長の悪い予測があたり、12月の収穫量は、例年の25~50%です。

品種により差が大きいですね。

過去20年間で一番良くないです。

一番良くないのが、夜冷処理の章姫です。

まあまあなのが、半夜冷の章姫や紅ほっぺです。

8月上旬に定植したかおり野は、全体的に良いです。

やはり、10月の日照不足が、大きく影響しておるようです。

ともあれ、11月にご予約されたお客様のうち、小粒でもいちご狩りがしたいお客様のみいちご狩りをお受けました。

写真は、本日いちご狩りに来られた、須藤様のグループ。

お一人は、卒業論文の調査に来られtました。

ご満足いただけたようで、ホッとしました。

写真1.イチゴの収穫量を除き準備完了のいちご園。

写真2.順路1の章姫。少しイチゴの量も増えてきました。

    何時もの人数の4分の一しかいちご狩りが出来ません。

写真3.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトレディー。

かおり野と紅ほっぺは、良いですが、ホワイトベリーは、少ないです。

12月とお正月のいちご狩りについてのお詫び。

12月~1月10日までのいちごがりのご予約は、定員に達しましたので

ご予約をお受けできません。

12月28日からのいちご狩りのご予約は、毎週1週間前に追加ご予約をお受けいたします。

(収穫量が少ない時は、追加ご予約をお受けできませんのでご了承ください)。

12月に入り少し寒くなり冬らしくなってきました。

今年の異常気象は、山梨の農作物にももやブドウなどに大打撃を与えてきました。

県外では、リンゴを始め稲やミカンなどにも影響が多大です。

異常気象にも、農作物の収穫量をゼロにするような大雨や台風の襲来と

日照不足による農作物の生育不良や病気による収穫量の減など2種類があります。

当館も異常気象に負けないように、7月から苗を大きくしたり、8月に苗に冷房を掛けたりして

強制的に花芽分化を起こさせて10月20日頃に花が咲くようにして、

収穫は12月上旬にするようにしています。

しかし、今年の異常気象は桁外れに例年の累計日照や気温が変化しています。

過去にない大幅な気象の変化のため、実が小さくなったり収穫が減ることを

館長は、予測していました。

しかしながら過去にない変化の為、悲しいことに現在のような例年に比べて半分以下の収穫量を

予測できませんでした。

このため、少なめにご予約をお受けしたお客様には、事情をご連絡及びご説明して

お詫びすると同時に、下記2項目からお選びいただくことにしました。

苦渋の決断をご理解いただくよう進めます。

1.実が小粒で食べる量が少ないことをご承認していただく。

2.ご承認いただけないお客様には、ご予約をキャンセルしていただくことにしました。

最近は、異常気象による収穫量の変動が大きく、毎年館長も悩んでいます。

当館の収穫量が少なくなった原因をご説明いたします。

1.苗の育苗期間の7月は、日照時間が例年の半分しかなく、生育が遅れた。

2.花芽分化から出蕾までの一番重要な時期に、累計日照時間が昨年より35%も少なく、

  株の生育が出来なかった。このため蕾に栄養が行きわたらず、出蕾した花が不受精になったり、

  小さな花になり、実も小さくなった。

  (人間で言えば、妊娠中のお母さんが食べるものが少なくて、赤ちゃんに十分な栄養が

   行かなかったのと同じです)

3.9月と10月の平均気温は、例年より1.2~1.3度高くなり、

(1)夜冷処理をしないイチゴ園は、出蕾が遅れて、収穫時期が遅れている。

     (今年の紅葉が1月ぐらい遅れたのと同じ)

  (2)当館のような夜冷処理をして出蕾を早めたいちごは、生育不良で

     不受精や花が小さくなり、収穫減。

山梨県の過去5年間の気象情報のまとめ

過去5年間の日照時間
  15年 16年 17年 18年 19年 平均
7月 177.2 200.6 189.1 237 90 179
8月 173.6 199.5 146.5 225 192 187
9月 133.5 110.1 171.0 99 182 139
10月 231.0 136.9 115.7 191 125 160
過去5年間の平均気温
  15年 16年 17年 18年 19年 平均
7月 25.9 26.3 27.4 28.3 24.8 26.5
8月 27.2 27.1 27.3 28.2 27.9 27.5
9月 22.2 24.2 22.6 22.7 24.4 23.2
10月 17.2 18.2 16.5 18.1 19.1 17.8

現在のいちご園の状況は、2番目の元気な花が出蕾中です。

1月中旬から、例年以上に良い2番花の実が収穫できるでしょう。

何故なら、1回目の実が例年より少なかった分、2回目のみに余力が残っているからです。

写真1.順路1の章姫。実が少ない分イチゴの株が元気です。

写真2.順路2の紅ほっぺ・かおり野・ホワイトベリー(白イチゴ)。過去最高の株の仕上がり。

    でも、1回目の実は少ないです。

写真3.順路3のかおり野。唯一定植を8月中旬に行ったので、10月の影響が少なかった。

写真4.高級品種のアイベリー。

写真5.高級品種のあかねっ娘(ももいちご)。

 

 

今年も残留農薬ゼロ(無農薬)が、検査機関で証明されました。15年以上連続

 いちご狩りは、12月末までご予約の定員に達しました。

大変申し訳ありませんが、12月は、ご予約をお受けできません。

11月に当館の苺を検査機関に提出して、残留農薬を検査しました。

15年以上連続で、農薬が検出されませんでした。

農薬を使用していないので、当然の結果ですが、最近の資材に紛れ込んでいる場合もあります。

毎年ながら、結果が出るまで大学入試の結果を待つ心境でした。

早速、検査結果が出たので少し出荷を開始しました。

まだ、イチゴを出荷できるいちご園は少ないでしょう。

お客様は、当館の苺を首を長がくして待っています。

写真1.残留農薬検査結果

写真2.分析結果の総合成績書。

取り扱いが難しく、偽装できないように、検査機関から送付されてくる成績書のみ

複写の文字が消されています。

写真3.成分別検査成績書

写真4.成分別検査成績書

写真5.今シーズンの八出荷。

12月のイチゴ狩りの開園が遅れそうです。

 いちご狩りは12月7日頃から開始予定。

 通販は、12月1日頃から開始予定。

今年の9~11月の温かさと10月の日照不足(約三割減)により収穫時期が遅れています。

いちご狩りの12月のご予約は、12月1日から再受付します。

現在は、ハウスの掃き掃除をしています。

写真1.掃き掃除の前の通路。

写真2は、ケルヒャーの掃除機で最終仕上げ。

写真3.掃除が完了した通路。

いちご狩りの開園時期と人数を決めるのが難しいです。

                                               

今年は、9月と10月の高温と10月の日照不足の異常気象のため、収穫時期の判断が難しいです。

収穫時期を判断するのには、①出蕾時期②出蕾した花の大きさ③出蕾から収穫までの

気温(寒いか?暑いか?)④品種の差などを考慮して決めます。

例年通りの気候であれば、今までの実績からかなり正確に収穫時期と収穫量が決まります。

これから毎日、蕾や実の生育状況を見ながら、開園時期と人数を決めます。

12月前半のいちご狩りは、1~2週間前にご予約をお受けするようになります。

順路1の章姫。早く定植した夜冷処理は、半分以上不受精。遅く定植した半夜冷処理の章姫は、例年並みでしょう。

写真2.順路2の紅ほっぺ・かおり野・ホワイトベリー。こちらも夜冷処理は良くなく、

   半夜冷処理は例年並み異常です。

写真3.かおり野は、定植した時期により出蕾時期が異なっています。

早い出蕾時期の花は、不受精が多いです。

写真は、アイベリー。良い花が咲き良い実が収穫できそうです。天井のミストも効果を発揮しています。

写真5は、あかねっ娘(ももいちご)。遅い定植でしたので例年並み。

いちご狩りの時期が近づいてきました。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

1.当館の通販と直売は、12月1日頃から開始。

2.いちご狩りは、12月14日から開始。(収穫が早まれば、早くいちご狩りを開始)。 

 いつの間にか、11月も3分の一が終わりました。

11月はそれなりに寒いのですが、9月と10月の平均気温が例年より1~2度ぐらい高かったので

イチゴの花芽分化が遅れています。

夜冷処理をしないイチゴの自然花芽分化は、大幅に遅れています。

昨年に比べると収穫時期で1か月以上遅れているようです。

館長の予測では、年内にいちご狩りが出来る農園は少なく、

クリスマスケーキ用のイチゴは、収穫時期が間に合わなくなり昨年以上に入手困難になるでしょう。

さらに、10月の台風や大雨により千葉県。群馬県・茨木県や伊豆の国などは、ハウスや畑の浸水などで

収穫が出来ない農家が多いですことも、入手困難に拍車をかけるでしょう

当館は、夜冷処理をしたのですが。

1.夜冷処理の苗は、10月の日照不足で不受精果が多発。➡例年の半分以下の収量。

2.夜冷処理の2割が、10月の高温で収穫時期が1か月以上遅れる。➡2割が自然花芽分化と同じ時期まで収穫遅れ

などの問題が出ていますが、半夜冷処理のイチゴは、計画通り収穫時期と収穫量を確保できそうです。

甲府の2013年から今年までの平均気温比較

平均気温
  13年 14年 15年 16年 17年 18年 19年 合計 平均
7月 27.0 26.4 25.9 26.3 27.4 28.3 24.8 186 27
8月 28.5 26.5 27.2 27.1 27.3 28.2 27.9 193 28
9月 23.9 22.0 22.2 24.2 22.6 22.7 24.4 162 23
10月 18.6 17.2 17.2 18.2 16.5 18.1 19.1 125 18

甲府の2013年から今年までの日照時間の比較

日照時間
  13年 14年 15年 16年 17年 18年 19年 合計 平均
7月 192 198.1 177.2 200.6 189.1 237 90 1284 183
8月 234 136.2 173.6 199.5 146.5 225 192 1306 187
9月 205 176.8 133.5 110.1 171.0 99 182 1077 154
10月 129 179.0 231.0 136.9 115.7 191 125 1108 158
合計 759 690.1 715.3 647.1 622.3 752 589 4775 682
1日当 6.2 5.7 5.9 5.3 5.1 6.2 4.8    

問題点

1.今年の9月と10月の気温は、例年に比べて1~2度高いので、イチゴの自然花芽分化が遅れたと推定。

2.今年の7月と10月の日照は、例年より2~3割日照時間がへり、苗の生育や定植後の生育を

  阻害して、不受精果を多発させている。

当館の夜冷処理と半夜冷処理の株の出蕾状況。

  10月 10月 10月 10月 11月
  7日 15日 21日 28日 4日 合計 未出蕾
夜冷章姫 2 23 43 8 1 77 23
夜冷紅ほっぺ 6 20 33 6 1 66 34
夜冷ホワイト 11 25 44 8 2 90 10
自然かおり野 3 1 57 31 6 98 2
半夜冷章姫 4 2 1 28 54 89 11
半夜冷紅 1 1 0 6 82 90 10
半夜ホワイト 13 11 0 16 55 95 5
夜冷愛ベリー     60 24 10 94 6
半夜冷愛ベリ     0   90 90 10
夜冷もも     0 6 63 69 31
半夜冷もも     0   25 25 75

2月の親株の定植➡6月の苗取➡7~8月の育苗➡8~9月の夜冷処理➡9月の定植➡10月中旬の花芽分化と

計画的に進めてきたが、今年も異常気象に泣かされて花芽分化の遅れやバラつきが出てしまった。

しかし、無処理で自然任せのイチゴ農園に比べれば、夜冷処理により12月1回分多く収穫出来ることは、館長の

長年の技術と設備投資の結果と自分を慰めている。

更に、危機管理として夜冷処理半分と半夜冷処理半分に分けていることも、異常気象の損失を少なくしている。

遅れてた章姫(23%)と紅ほっぺ(34%)の出蕾は、クラウンの成長点を調査した結果

11月18~25日頃にやっと出蕾と判明。

約一か月~40日の遅れであり、自然花芽分化と同じになった。

写真1.遅れている章姫の株の茎を順番に取、花芽を見たところ次の新葉の次に蕾が出てくることが判明。

    何とか他のいちご園と同じ時期に花芽分化して出蕾します。

    大きい芽は、現在出ている新芽。小さい芽は現在見えている小さい新葉。

    その次に蕾が見えました。

写真2.クラウンの蕾の部分を拡大。目視でチューリップの花のような蕾が確認できた。

いちご狩りの開園時期が少しわかりました。

1.当館の通販と直売は、12月1日頃から開始。

2.いちご狩りは、12月14日から開始。(収穫が早まれば、早くいちご狩りを開始)。 

 いつの間にか、11月も3分の一が終わりました。

11月はそれなりに寒いのですが、9月と10月の平均気温が例年より1~2度ぐらい高かったので

イチゴの花芽分化が遅れています。

夜冷処理をしないイチゴの自然花芽分化は、大幅に遅れています。

昨年に比べると収穫時期で1か月以上遅れているようです。

館長の予測では、年内にいちご狩りが出来る農園は少なく、

クリスマスケーキ用のイチゴは、収穫時期が間に合わなくなり昨年以上に入手困難になるでしょう。

さらに、10月の台風や大雨により千葉県。群馬県・茨木県や伊豆の国などは、ハウスや畑の浸水などで

収穫が出来ない農家が多いですことも、入手困難に拍車をかけるでしょう。

当館は、夜冷処理をしたのですが。

1.夜冷処理の苗は、10月の日照不足で不受精果が多発。➡例年の半分以下の収量。

2.夜冷処理の2割が、10月の高温で収穫時期が1か月以上遅れる。➡2割が自然花芽分化と同じ時期まで収穫遅れ。

などの問題が出ていますが、半夜冷処理のイチゴは、計画通り収穫時期と収穫量を確保できそうです。

甲府の2013年から今年までの平均気温比較

平均気温
  13年 14年 15年 16年 17年 18年 19年 合計 平均
7月 27.0 26.4 25.9 26.3 27.4 28.3 24.8 186 27
8月 28.5 26.5 27.2 27.1 27.3 28.2 27.9 193 28
9月 23.9 22.0 22.2 24.2 22.6 22.7 24.4 162 23
10月 18.6 17.2 17.2 18.2 16.5 18.1 19.1 125 18
甲府の2013年から今年までの日照時間の比較

日照時間
  13年 14年 15年 16年 17年 18年 19年 合計 平均
7月 192 198.1 177.2 200.6 189.1 237 90 1284 183
8月 234 136.2 173.6 199.5 146.5 225 192 1306 187
9月 205 176.8 133.5 110.1 171.0 99 182 1077 154
10月 129 179.0 231.0 136.9 115.7 191 125 1108 158
合計 759 690.1 715.3 647.1 622.3 752 589 4775 682
1日当 6.2 5.7 5.9 5.3 5.1 6.2 4.8    
問題点

1.今年の9月と10月の気温は、例年に比べて1~2度高いので、イチゴの自然花芽分化が遅れたと推定。

2.今年の7月と10月の日照は、例年より2~3割日照時間がへり、苗の生育や定植後の生育を

  阻害して、不受精果を多発させている。

当館の夜冷処理と半夜冷処理の株の出蕾状況。

  10月 10月 10月 10月 11月

  7日 15日 21日 28日 4日 合計 未出蕾
夜冷章姫 2 23 43 8 1 77 23
夜冷紅ほっぺ 6 20 33 6 1 66 34
夜冷ホワイト 11 25 44 8 2 90 10
自然かおり野 3 1 57 31 6 98 2
半夜冷章姫 4 2 1 28 54 89 11
半夜冷紅 1 1 0 6 82 90 10
半夜ホワイト 13 11 0 16 55 95 5
夜冷愛ベリー     60 24 10 94 6
半夜冷愛ベリ     0   90 90 10
夜冷もも     0 6 63 69 31
半夜冷もも     0   25 25 75
2月の親株の定植➡6月の苗取➡7~8月の育苗➡8~9月の夜冷処理➡9月の定植➡10月中旬の花芽分化と

計画的に進めてきたが、今年も異常気象に泣かされて花芽分化の遅れやバラつきが出てしまった。

しかし、無処理で自然任せのイチゴ農園に比べれば、夜冷処理により12月1回分多く収穫出来ることは、館長の

長年の技術と設備投資の結果と自分を慰めている。

更に、危機管理として夜冷処理半分と半夜冷処理半分に分けていることも、異常気象の損失を少なくしている。

遅れてた章姫(23%)と紅ほっぺ(34%)の出蕾は、クラウンの成長点を調査した結果

11月18~25日頃にやっと出蕾と判明。

約一か月~40日の遅れであり、自然花芽分化と同じになった。

写真1.遅れている章姫の株の茎を順番に取、花芽を見たところ次の新葉の次に蕾が出てくることが判明。

    何とか他のいちご園と同じ時期に花芽分化して出蕾します。

    大きい芽は、現在出ている新芽。小さい芽は現在見えている小さい新葉。

    その次に蕾が見えました。


写真2.クラウンの蕾の部分を拡大。目視でチューリップの花のような蕾が確認できた。

続きを読む

ゴールデンウイークのいちご狩りも終盤に入りました!

過去最高の10連休と言う令和のゴールデンウイークのいちご狩りは、残り3日間となりました。

館長にとってこの10日間のゴールデンウイークのいちご狩りは、大変です。

最後の3日間も、お客様にお喜びいただけるよう頑張ります。

何とか沢山のお客様をお受けしたいのですが、食べれれるイチゴの量が限られているので、

沢山の人数をお受けできず、毎日ご予約をお断りしています。

下手にご予約を受けると、ゴールデンウイークの最後のお客様のイチゴが無くなってしまいます。

いちご狩りのご予約のお問い合わせは、過去一番多いですね!

今年の山梨のいちご園は、不作の影響もあり沢山のお客様をお受けできない状況です。

今日は、明日からのゴールデンウイークの最後のお客様をお迎えするために、イチゴの過熟取をしています。

今日の最高気温の予想は28度の真夏日ですが、きっと28度を越して29度越えになるでしょう。

ハウスの中は、30度超えになりそうです。

章姫は、暑さで柔らかくなりそうです。ご了解ください。

この時期は、暑さでイチゴが過熟になったり、柔らかくなったりします。

涼しい1月から3月のイチゴと比較すること自体無理があります

写真1.数日前の雪もこの暑さで、富士山もすっかり雪が融けてきました。

写真2.順路1の章姫。一番実が柔らかくなります。

量的にも少ないです。

写真3.順路2のかおり野・紅ほっぺ・アスカルビー・ホワイトベリー。

こちらの品種は、ホワイトベリーを除いて実が固いです。

皆で過熟取をしています。

写真4.章姫の過熟を除去しました。

写真5.順路2の過熟を除去しました。