果物と野菜ハウスのレイアウト変更。いちご狩りの時期に無農薬野菜狩りの検討。

ジャム用冷凍イチゴは、残り約50Kgとなりました。

お早めにお申し込みください。

来週から3週間は、苗取で忙しい毎日になります。

例年は、8~10人で2週間(10日間)、ビッシリ苗取を行っていました。

今年は、14日から2~3日間、21日から3日間。28日から3日間。その他1日間。

3週間にわたり、少しずつ苗取をすることにしました。余裕が出来ました。

勿論、コロナのクラスターの発生も考慮しています。

3年前から、館長は何か珍しくて美味しい果物や野菜の栽培を研究するのに、

暖房完備と遮光付試作のハウス(144㎡)を建てました。

3年間で色々な果物や野菜を作りましたが、暖房完備で作る価値のある果物が

少し見えてきました。

メインは、アボガド4種類とミカン系統4種類(晩白柚:西南の光:せとか;種無しスダチ)と

レモン2本とシャインマスカットと梨4種類(試作が終われば、自宅の庭に移動)。

サクランボ(紅秀峰;黄色いサクランボ;沙織、試作が終われば、自宅の庭に移動)

基本的には、美味しくて人気が有る果物で下記条件を満たすこと。

1.暖房を必要とする果物。

2.人気があり美味しい果物で、早生の収穫を目指す。

3.収量が多い果物。

やはり、差し上げて喜ばれる果物が居ですね。

寒い時期に、暖房するのでいちご狩りのお客様に無農薬の野菜をご提供したい。

収穫して袋に詰めるのは大変なので、無農薬野菜狩りをしたいと考えています。

今回の果物のレイアウトは、将来的に残す配置で並べました。

この配置で、果物の木の姿を作っていきます。

写真1。森のバターと呼ばれるアボガド4種類(ズダノ;ハス;ピンカートン;ベーコン)。

写真2。ミカン3種類(晩白柚;せとか;西南の光)。

    ポポー2種類(実がなっていないので継続するか未定)

写真3.レモン2本(約200~300個収穫する予定)。

   無農薬のレモンは、香りが良く瑞々しい。

写真4.梨4種類(ヤーリー;大天梨;新20世紀;ほしあかり)。

    まだ収穫出来ていないので、どれを残すか未定。

 

    右は、アテモヤ(森のアイスクリーム)。今年収穫できそう。

写真5.真ん中は、種無しスダチ(友人と美味しい松茸を食べる時に収穫)

 もう実がなっているが、また花が咲き始めた。

写真6.左がアップルマンゴー。右がライチ(タイ原産のジャカパッド)。

    3年目にして、水の管理が分かり木が大きくなり始めています。

    来年の収穫が楽しみ。

写真7.シャインマスカット。3年前に購入したシャインマスカットは、枯れてしまった。

   2年目のシャインマスカット。8月には、8房収穫できそう。

写真8.冬の暖房で、少し早めの収穫が出来そう。問題は、甘く出来るか?

真9.サクランボ3種類(紅秀峰;黄色いサクランボ;沙織)

    収穫できるまでハウスで育てて、美味しければ残す。

写真10.皆で収穫するミニトマト。品種位より甘い。

写真11.無農薬サラダ菜(レタス:パクチー;セロリー);

写真12.リニア新幹線がすぐ横を通るので、使い道のなくなった田んぼを畑に変えて、

   野菜を作って有効活用を図っています。昨年は水が多くて失敗。

   今年は、土を少し入れたので使えるかな?

 

イチゴの苗取の準備が完了しました。山梨のコロナ感染が拡大、ピンチです!

ジャム用冷凍イチゴは、まだ50Kgぐらい残っています。

館長が恐れていた、山梨県のコロナ感染が爆破的に拡大しました。

昨日の時点で、10万人当たりの感染者数が、全国で3番目に多くなりました。

高校や幼稚園や会社や飲食店とほとんどのエリアに、クラスターが拡大しています。

緊急事態宣言を出さないと終息しないかもしれません。

山梨県民の努力でコロナの感染が終息することを祈っています。

来週からは、10人で苗取をします。

万一クラスターが出ると、苗取が中止になってしまいます。

従業や館長は、コロナに感染しないように万全の注意を払っていました

所が、従業員の1名の保育園の先生がコロナに感染していることが昨日分かりました。

また、別の保育園では20人近いクラスターが発生しています

保育園の先生が感染した保育園に子供が通っている従業員には、

当館のクラスタを避けるために、申し訳ないのですが

しばらくお休みをしても楽ことにしました。

園児や従業員がコロナに感染しないことを願っています。

館長は、5月16日の閉園以降、外出をしていません。

外出したのは、ワクチン注射をするために6月6日に外出しただけです。

おそらく、館長はコロナに感染する確率は低いでしょうが、心配です。

いずれにしても、苗取が出来ないと来シーズンのイチゴ狩りが難しくなります。

当館の存亡にかかわります!

写真1は、章姫の親株のランナー。1株から11本前後ランナーが出ています。

写真2。左が紅ほっぺの親株。右が章姫の親株。

   紅ほっぺの親株の四郎苗が床に届いてきました。

写真3.両サイドとも章姫の親株。

写真4。左がホワイトベリー(白苺)の親株。右側がアイベリーの親株。

写真5.右側は、かおり野の親株。

写真6。A棟西の早期夜冷処理の苗場。12月上旬からの収穫予定。

写真7.夜冷処理の苗場。12月中旬に以降の収穫予定。

写真8.遅い夜冷処理の苗場。12月末からの収穫予定。

写真9.章姫の小苗の苗場。

写真10.大苗と小苗のポット比較。

    大苗は、9Cmポット。小苗は、7.5Cmポットに苗を取ります。

真11。今年もいちご狩りハウスの中で仕事をする館長のために、

     スポットクーラーが大活躍しています。

連日、外は33度と暑く、このクーラーが無ければ、ハウスに入れません。

 

親株の生育状況は、順調ですが、小苗の数は少なめです。

コロナの感染数の減り方が少なくなってきました。

強制力の無い自主規制が、主流の為これ以上の減少は難しいかもしれません

館長の肺癌の主治医の許可をもらって、昨日コロナのワクチンを受けてきました。

問診を完了するまで約30分、注射後の副作用監視時間30分。

合計1時間でした。混んでいる様子はありませんでした。

肩の痛みもほとんどありません。英子社長は、朝3時頃まで肩の痛みに

悩まされていました。

イチゴ栽培で一番神経を使う苗取が来週から始めます。

一番重要な親株の生育状況は、順調です。

1.小苗の数量は、少し少なめです。

2.1600本の親株の病気は、1本も病気はありません

3.苗の芽も例年より多めです。

先週から今週いっぱいは、苗取職場の準備を行っています。

1.ポットにココ入れ。

2.ポットに肥料入れ。

3.ポットにランナーピン(苗を固定するピン)を挿し木前に挿す。

写真1.左は紅ほっぺの親株。右側は、章姫の親株。

写真2。床に届いた三郎苗は、直射日光に当てないように、ベット下に

    移動させています。

写真3.両サイドとも章姫の親株。

写真4。床についた三郎苗。

写真5。左側は、ホワイトベリー(白イチゴ)の親株。

右側は、アイベリーの親株。

写真6.右側は、かおり野の親株。

写真7.並べたポットにココを載せる。

写真8.両手でココをポットに押し込む。2回押し込みます。

写真9.最後のポットの上面を平らにします。

写真10.完成したポットは、挿し木の棚に並べます。

写真11.ポットの隅に肥料を入れます。定植までに急ぐ場合は、高い粒剤を入れます。

写真12.挿し木から定植まで時間が有る場合は、安い粒剤を入れます。

写真13.完成したA棟東。

 

 

ジャム用冷凍イチゴの在庫が約60Kgと少なくなりました。

ジャム用冷凍イチゴの販売できる在庫が残り約60Kgと減りました。

山梨県のお客様も生のジャム用イチゴが無いので、ジャム用冷凍イチゴを

購入にご来館されます。

ご購入ご希望のお客様は、当館の販売のページをご参考ください。

グルメいちご館前田の販売のページ

コロナの感染状況は、沖縄を除いて減少しています。

山梨は、昨日21人と増加しており、心配な状況です。

館長は一番危険ないちご狩りのお客様の接待が5月16日で終わったので

一安心です。

明日は、第1回目のワクチン接種です。2回目は、6月27日です。

7月からは、安心して外出できそうです。しかし、マスクなど最低限の

コロナ対策は、継続します。

いちご狩りも終わり、少し果物と野菜の試作ハウスの手入れをする時間が出来ました。

アボガド4種類は、実がなり始めました。実が大きくなると、枝が折れるので、

枝を上から紐で吊るしました。

今年は、例年より実がなるのが早いです。冬に暖房したのと、今年の春の

温かさで、収穫が早くなりそうです。

写真1.3年前に購入したアボガド(ズダノ)。

    昨年は、摘果して10個ぐらいしかならせませんでした。

    今年は、今の所40個ぐらい実がなっています。梅雨時に生理落下で実が減ります。

写真2。アボガド(ヅダノ)は、大きな実がなってきました。11月には食べれるかもしれません。

写真3.アボガド(ハス)。今年は1月頃まで実をならせたので、実が少なく14個ぐらいです。

写真4.昨年購入したアボガド(ピンカートン)。一番早く花が咲きました。その分実も大きいです。

    実の外見は、ヅダノに似ています。

写真5.ピンカートンの実。もう大きいです。

写真6.昨年購入したアボガド(ベーコン)。花が遅くて、授粉が遅れていたので、実がならないと

    諦めていましたが、14個ぐらい実がなっています。

写真7.アボガド(ベーコン)の実。一番遅く花が咲いたので、実が小さいです。

ジャム用イチゴ(冷凍)の在庫が、80Kgと残り少なくなりました。親株の生育は、順調!

ジャム用イチゴの在庫が80Kgと少なくなりました。

ご予約いただければ、8月までのご希望の納期までお取り置きします。

親株の生育は順調です。まだ、1本も枯れません。

ランナの小苗は、三郎苗まで使えそうです。

一番下は、四郎苗ですが、6月14日までに根が出そうにありません。

6月21日からの苗取には、四郎苗が使えそうです。

写真1。左側が紅ほっぺ。三郎は、まだ床に届いていません。右は、章姫。三郎が床に届き、四郎苗が

    伸び始めています。

写真2。両方とも三郎苗が、床に届いています。

写真3。左側が、ホワイトベリー。三郎苗が床に届き始めました。

    右側が、アイベリーの親株。差売ろう苗は、まだ床に届いていません。

写真4。左側は、アイベリー。右側は、かおり野。三郎苗が床についています。

 

 

 

ジャム用(冷凍)イチゴの追加販売を開始します!

冷凍ジャム用イチゴのご注文を一時止めておりましたが、新に約100Kgの在庫が出来ましたので、

追加販売を始めました。

大きな冷蔵庫が無いので、ご自分で冷凍イチゴを保管出来ないので、当館で在庫を持ち

お客様のご希望の納期で納入して欲しいと言うご要望が多数ありました。

販売内容は、下記2種類になります。

1.即納をご希望のお客様のご注文の受付開始。

2.ご注文をご予約をいただき、8月末までのご希望の納期に納入。

  在庫が無くなり次第、ご注文の受付を止めます。

3.お申し込みは、下記アドレスからお申し込みください。

  ジャム用イチゴの販売

写真1.小型冷凍庫のジャム用イチゴ

写真2.大型冷凍庫のジャム用イチゴ。

    今日で完全にイチゴがこうりました。

果樹と野菜の試作ハウスの状況。

いちご狩りを5月16日に閉園して、6月14日からの苗取の準備を始めました。

少し時間に余裕が出てきたので、果樹と野菜の試作ハウスの状況をご報告します。

多機能で高級なハウスなので、そろそろあまり美味しくないとか量が少ないなど、

高級な試作ハウスに適さない果樹は、ハウスの外に出し地植えにします。

基本的に冬の暖房が必要で美味しい果物を残します。

写真1.昨年購入したピンカートン。アボガドの中で一番早く花が咲きました。

   もう実が大きくなり始めています。10~11月には、食べられるでしょう。

   アボガドは、梅雨時に実が生理落下します。沢山実が残ることを祈っています。

写真2.昨年購入したベーコン(アボガド)。

予想以上に沢山実がついています。

写真3.2年前に購入したズダノ。今年は蕾の摘果をせず沢山実をならせました。

昨年より早い収穫になりそうです。

写真4.ハス(アボガド)は、今年の1月末頃まで収穫したので、実が少ないようです。

写真5.幼いころから食べてみたいと思っていたぽぽー2種類。

写真6.ブラジルのジャポチカバ。甘い実だが、食べれる部分が少ないので、来年は露地栽培に

    挑戦。収穫期間も長いのが特徴。

写真7.晩白柚。昨年は木が小さかったので2個未をならしました。今年は少し株が大きくなったので

    5個実をならせることにしました。サッカーボールぐらいの大きさで美味しかったです。

 実が大きくなったので、実を上から吊るしました。

    大きくなったら、露地で栽培予定。

写真8.ミカンで西南のひかり。昨年は非常に甘い2個の大きな実がなりました。

    今年は小さくて良いので、沢山実をならせています。これから随時摘果します。

写真9.レモン南側。今年も沢山実を付けています。昨年は、館長が授粉しました。

    今年は、マルハナバチが授粉作業をしてくれました。

写真10.北側のレモン。これから随時摘果です。100個前後実をならせます。

写真11.1月から実をならせつ逗けているブルーベリー。孫たちに大人気。

写真12.マンゴー。1回花を咲かせたのですが、不受精でした。今回は受精させたい。

     しかし、水やりか何かで、枝が折れて無理かもしれない。

写真13.ライチ。今年は肥料のタイミングか、水やりの量の関係で花が挿しませんでした。

     水は、多い方が生育も良く新葉も沢山出ます。

写真14.アテモヤ。アボガドが、森のバター。アテモヤは、森のアイスクリームと呼ばれています。

   地味な花(蕾)らしいものが見えています。

写真15.種無しスダチ。飯田の友人と松茸を食べる時に使用しようと、スダチを植えました。

実が沢山なっています。

写真16.2年前に植えた、シャインマスカット。路地より少しでも早く収穫出来るように

     植えました。今年は7~8房収穫できそうです。

     忙しくて、白い小さい花を見落としたので、ほとんどが種有シャインマスカット。

 結構、大きな実になっています。

写真17.3日前に花が咲いたのでジベ処理をしました。この房だけ種無しに出来るでしょう。

摘果しないと大きな房になると聞いているので、この房は、テストで摘果しません。

写真18.島バナナは、木が大きくなりすぎて島バナナの木が枯れてしまいました。

     昨年は、大きくなると嬉しくてどんどん大きくさせてしまいました。

     今年は木を上に大きくしなくて、葉を14枚出させるように調整しています。

     成功するかは、来年分かります。来年失敗したら、バナナは諦めます。

写真19.昨年から大きく育てた島バナナ。このバナナは、失敗の可能性大。

 まだ一度も花が咲いていない。

写真20.孫の光咲が大好きな梨。大天梨は、実がつきました。

大きくて甘い実を期待しています。

写真21.英子社長が植えた、ニンニク。

写真22。一番出来栄えの良い、人参。人参は、高設栽培に適しているようです。

写真23.枝豆。ハウスの外だと、消毒しないと食べられません。消毒が嫌なので、ハウスの中に

     枝前を植えました。

 

 

 

 

イチゴの株を除去しています。

コロナ感染も、緊急事態宣言により少しづつ感染が収まってきているようです。

5月16日で閉園して、ジャム用イチゴを1週間で約200Kg取り終えました。

6月14日からの苗取に備えて、イチゴ狩りハウスのイチゴの株を除去し始めました。

イチゴの株は、まづ株を折って除去します。

まだ、かおり野や紅ほっぺは、実も甘く美味しいです。

来シーズンは、緊急事態宣言が無くなり、もう少し長く営業したいですね。

今年の株は、まだ元気なので株を折る作業が大変で、2日間かかりました。

これから、ベットの中に水を入れてビニールでベットをくるみ,ベットの中の水を高温にして

イチゴに有害な菌を殺します。

写真1は、順路1の章姫。株の大きさがそろっています。今年の株は、例年より大きいです。

   まだまだ、大きな実が沢山なっています。

写真2。順路2の紅ほっぺ・かおり野・ホワイトベリー。紅ほっぺが大きい実がなっています。

    かおり野もそれなりの実がなっています。どちなも、まだまだ甘いですね

写真3.株を除去したベット。

写真4.ベットからマルチを剥がしました。

写真5.順路1の章姫を除去した後の写真。今年も半年間収穫を頑張ってくれたので、

    無くなると寂しく感じます。

写真6.順路2の紅ほっぺ・かおり野・ホワイトベリの株を除去した後の写真。

今シーズン最後のジャム用イチゴの収穫を行いました。館長は、トレーニングを開始しました。

東京のコロナ感染も少し下がってきました。

このまま、下がり続けて欲しいですね!

館長は、抗癌剤の治療も終わったので、8か月ぶりに通常作業を開始しました。

これまでは、少し体を動かすだけで筋肉痛や肩コリになって困っていました。

先週から通常の作業を少しづつ開始しましたが、若干の筋肉痛はあるものの、

耐えられない筋肉痛や肩こりではありません。

今まで通り、通常の作業が出来て、動ける喜びを感じています。

今日は、ジャム用イチゴを全部取りました。

生のジャム用イチゴは、約100Kgと冷凍在庫用ジャム用イチゴは、80Kg収穫できました。

今年は、全体的に大きな実が多いですね。甘さもそれなりに、十分あります。

明日も、冷凍ジャム用イチゴの収穫が少し(50Kg)残りました。

親株の生育は、順調です。

まだ、1本も病気で枯れた苗がありません。

全体的には、三郎苗が床につきそうです。

6月14日からの苗取は、無病の良い苗を使えそうです。

写真1。お持ち帰りの生のジャム用イチゴ。今までで、一番良いイチゴです。

    この時期の章姫は、暑いので実が柔らかいです。写真は、紅ほっぺとかおり野です。

写真2は、冷凍ジャム用イチゴの紅ほっぺとかおり野。

写真3.冷凍しているジャム用イチゴ。約50kg出来ました。

    明日、残り50Kg出来そうです。

写真4.左側がホワイトベリー。右側がアイベリー。

写真5.左側が、アイベリー。右側が、かおり野の親株。

写真6。左側が、紅ほっぺ。節間が短いのでまだ、三郎苗が床に届きません。

    右側の章姫の三郎苗が、床につきそうです。

写真7.章姫の親株。

 

今シーズンのイチゴ狩りは終了しました。ご購入やご来館いただいたお客様には、感謝申し上げます。

コロナの感染も少し先が見えてきました。

早く感染が終息して、皆がワクチンを打つまで、低い感染レベルを維持して欲しいですね。

館長は、6月6日に1回目のワクチンを打ちます。

今年のイチゴ園は、12月からの緊急事態宣言に始まり5月末までの緊急事態宣言で

終わりました。

本当に苦しい6か月でした。

そんな中、お客様の通販や直売の購入やいちご狩りでご支援いただき感謝申し上げます。

詳しいことは、次回ご報告します。

現在は、ハウスの中を片付けたり、ジャム用イチゴの販売や冷凍保存に追われています。

さらに、来シーズンは、2年連続のコロナショックによる売り上げ減少を

挽回すべく、来シーズンの苗取の準備を進めています。

今年の春の異常気象が親株の生育に影響しないように、栽培に細心の注意を

払っています。

幸い、現在の所親株は、順調に生育しています。

今年は、親株が1本も枯れないので、苗取で病気も出ないでしょう。

写真1.左側は、ホワイトベリー(白イチゴ)。毎年、実をならして、白いイチゴか確認をしています。

    右側は、アイベリーの親株。

写真2。右側は、かおり野の親株。例年通り、ランナーの出は、他の品種より少ないです。

写真3.左側は、紅ほっぺの親株。ランナーの本数は多いですが、子苗と子苗の間の節間が短いですね。

    右側は、章姫の親株。次郎苗まで出ています。

写真4。両側章姫の親株。西側は、少し生育が遅れています。