農園案内

2週目のイチゴの苗採りが終わりました。最高の出来栄えの状態です!

コロナの感染が全国に拡大してきました。

館長は、ワクチンは2~3年。治療薬も2~3年かかると覚悟しています。

運さえよければ、手洗いや3密対策や、危険な場所に長くいかないなどすれば、

コロナにかからないと思っています(間違っているかもしれませんが)。

当館も安心してお客様がいちご狩りに来られるように、感染対策に3~4百万ぐらい投資する

予定です。お客様の安全は勿論、館長はサラリーマン時代のヘビースモーカーでした。

16年前に禁煙したのですが、時すでに遅しで肺気腫が小さいですが有ります。

従って、当館の感染対策は、練りに練って世界一にしようと思っています。

内容は、様々ですが対策が出来次第公開します。

館長が特許を取得した新しい苗取方法も、試作から5~6年。量産3年目で、

活着率の向上と効率向上で、苗取が楽になりました。

活着率大苗5%以下;小苗1%以下。➡明日調査が終わり次第ご報告します。

特に、苗取の様々な条件が確立されたので、その条件に沿うように苗取を

行えば、不良も出ないので気が楽です。

日本中で行っている挿し木の苗取は、苗取が終わり活着するまでの45日間は

毎年病気の心配が付きまといます。

昔の苗取は、その年の天候が、活着率と炭疽病の発生に大きく影響するからです。

 写真1.いちご狩りハウスで苗取。挿し木前の苗の仕上げ作業です。

扇風機でハウス内の空気を循環させて、コロナ感染の防止。

写真2.6月29日の大苗(挿し木後7日目)の活着不良。

今年は太郎苗も使用したので、大苗で根が出ていない苗が少し出ています。

今の所品種により変わりますが、1~2パーセント以下。

根が出ているが、クラウン部の腐食が始まっている苗も不良として除去。

写真3.7月1日の大苗(挿し木後9日目)の不良。

全体的にクラウンが腐食している。根が出ている苗も、腐食が早いので枯れてしまう。

写真5.中苗(挿し木後9日)の不良。

写真6.挿し木前に苗が黒く枯れている苗は、活着しにくい。

写真7.挿し木後13日目の不良。

根が出ていない苗が多い。もしかすると、チビクロキノコバエの幼虫により、

地中で根を食べられているかもしれない。」

全体的にクラウン部や根が腐食している。

特に、アイベリーやあかねっ娘(ももいちご)は、根の周りが黒いとすぐにクラウンが腐食する。

来年は、アイベリーやあかねっ娘(ももいちご)は、若苗で根の周りが黒くないものを使用する。

写真8.毎日どこかからトウモロコシが、届きます。

昨年は、トウモロコシが不作でなかなか手に入らなかった。値段も高かった。

今年は、豊作と同時にコロナでお客様が山梨に買い来ないので、どこの農家もトウモロコシが

余って困っている。当然、値段も安い。

 

 

 

南国フルーツや日本のフルーツの実が大きくなりました。

ついに、東京都のコロナの感染状況が、1日に120~130人に増えてきました。

テレビで様々な意見が出ていますが、これからは、コロナの感染が治まる方向にはないでしょう。

救いは、20~30歳の若者で、発熱も少なく重篤者が少ないことです。

まだ学校においてもクラスタが発生していない、高齢者まで感染が拡大していないことです。

私を含め70歳以上の高齢者は、コロナ感染を恐れ十分な対策をしています。

一部の高齢者が、昼のカラオケにはまっているようですが・・・・・。

館長も出来るだけ人が密集するような場所には、出かけないようにしています。

幸い、昨年フルーツのハウスを作ったので、ノンビリハウスで果物の観察と水やりなどの

お世話をしています。

最近感じることは、果物の栽培は貯金と同じで地道に果物の木を育てて、収穫を迎えることです。

年数を加えるごとに、果物の木が生育して大きく美味しい実が収穫できるでしょう。

写真1.実が大きくなってきた晩白柚。下の大きな実の横の小さい実は、先週除去しました。

右上の実は、少し黄色味みがかっているので、その内落下するかもしれません。

まだ樹が小さいので大きな実1個をならせるのが、精いっぱいでしょう!

実が大きくなってきたので、紐で上から吊るしました。

収穫時期は、10月頃?

写真2.先週摘花したせとか(ミカン)の実。摘花した分実が大きくなったような気がします。

この機の大きさでは、もう少し先でさらに、摘果しなければならないでしょう。

収穫時期は、12月頃か?温室栽培のため、もっと早いかもしれない。

写真3.沢山なっているグアバの実。昨年は3~4個しか収穫できませんでした。

沢山花が咲いたので、実も沢山受精しました。そろそろ、摘果の時期です。

今年は、収穫後の追熟時期の見極めをしたい。収穫時期は、8月頃。

写真4.アボガド(ハス)。7月に入ったので生理落下が止まるでしょう。収穫時期は12月頃。

写真5.大きくなってアボガドらしくなってきた実。実も枝が折れないように吊るしてあります。

    収穫時期は10~11月。

写真5.昨年、知人から委託された名前不詳のバナナ。今年は、何としても花を咲かせて実をならせたい。

しかし、花が咲いたら授粉はどのようにすればよいか不明。これから勉強。

写真6.昨年ネットで購入した島バナナ。2年目で実がなるのでしょうか???

樹は十分太く高く成長しました。相変わらず、新葉が垂直に立つのでハウスの天井に当たります。

バナナの葉は、幅広く大きいです。今まで見たバナナ園の葉より大きいです。

写真8.摘花したレモンの木。少し実が大きくなりました。

イチゴの苗取の前半が終了しました。新しく取得した館長苗取の特許は、作業が早い!

コロナウイルの第2波・第3波が心配されていますが、東京と北海道を除いて落ち着いています。

県をまたがる移動が可能になったので、首都圏から地方への感染が心配な状況です。

地方や観光地がどれだけ感染防止の対策を実施できたが、今後の拡大のポイントになりそうです。

山梨県も10日間感染者がゼロになり継続しています。

いつどこでクラスターが起きるか心配な毎日です。

今年の苗取は、準備が完全に出来たことと、館長が特許を取った新しい苗取が3年目を迎えた事により

苗採りが5日間の予定でしたが、3.5日で終わりました。

こんなに楽で早き苗取が終わったのは、20年間で初めてです。

1.様々な実験により、苗の活着率の低下の心配がなくなりました。

2.3年目で作業も慣れ、作業スピードアップに専念出来たので、例年より1.5倍の早さで

  苗取が終わりました。

3.今年の苗の出来栄えが良かった。

今年の苗は、95~98%の活着率でしょう。

このまま上手くいけば、章姫や紅ほっぺの苗が沢山余りそうです。

写真1.紅ほっぺの苗取。

3密を避けるよう2メーター以上離れて、苗を取っています。

下から順番に小苗➡中苗➡大苗と苗を取ります。4月から出来た太郎苗は、老化の為使用しません。

今年から、5月に出来た太郎苗は、使用します。

写真3.苗採りが終わった紅ほっぺ。4月に出来た太郎苗を残してあります。

6月に出ている若苗も残しました。

写真4.苗取の後に不要となった4月の太郎苗を除去しました。

その結果、6月に出来た太郎苗がたくさん残っています。

この苗は、万が一苗取に失敗した時にもう一度8月に苗が取れるようにしてあります。

8月上旬には、1株から10本以上苗が取れるようになります。

毎年、苗取が失敗しないので、失敗した他の農家さんが使用しています。

写真5.良い根が沢山出ている苗。

 

 

イチゴの苗取の準備が完了しました。南国フルーツも頑張っています!

全産業の自粛解除によりコロナウイルスとの共生が20日から始まりました。

観光産業や外食産業は、生き残るために、必死にコロナの感染拡大を防止する

ための対策を実施しています。

日本ほど几帳面にお店の隅々まで、対策を実施している国はないでしょう。

その分、第2波・第3波は、小さくなると館長は期待しています。

イチゴ狩りをメインの当館のような観光農園は、唯々コロナウイルス感染が拡大しないことを

祈るだけです。

特に小さな子供と高齢所を守ることを国や地方自治体に考えて欲しいです。

来シーズンの出来栄えを左右する大切な苗取が、来週から始まります。

苗を挿し木するココ(ヤシ殻)をトレイに入れる作業も18日で完了しました。

当館は親株からランナーの出が1週間遅れましたが、ランナーの出が遅れているのは

当館だけでなく、九州でも遅れているらしいです。

写真1.かおり野と章姫の挿し木するハウスです。

このハウスの作業は、7月3日で終わります。

果物ハウスの実が少しずつ大きくなってきました。

大きくなるにつれて、完熟した果物の収穫が楽しみになります。

写真2.大きくなってきた島バナナ。館長の誤算は、写真のように1.5M近い長さの新葉が、真っすぐ

上に伸びるので、もう新葉がハウスの3.5Mの天井につきそうです。下に垂れ下がれば問題ありません。

今後は下に曲がるよう手助けしなければならないでしょう。

写真3.右側の島バナナは、無事新葉が横に広がりました。

今度は、左の島バナナが天井に当たりそうです。

写真4.予定では、今年収穫できそうですが、花が咲くかどうか心配です。

太幹の横には、来年以降実をつける子供が出て来ました

写真5.大きくなってきた、パプリカ。赤いパプリカなのですが、なかなか赤くなりそうにありません。

早く食べたい!

写真6.大きくなってきたズダノ(アボガド)11月収穫。そろそろ、枝が折れないように上から紐で支えます。

奥に見える背の低いバナナは、今年こそ花を咲かせて実を収穫したい。

写真6.こちらはハス(アボガド)の実です。12月収穫予定。

写真7.沢山花が咲いていたので、実がなるか心配していましたが、今年は日本マルハナバチが頑張って

沢山実が付いています。今年は、収穫時期と追熟時期をマスターしたい。

写真8.実が大きくなってきた晩白柚、サッカーボールぐらいの大きさになるでしょう。

写真9.少し実が大きくなっきた「せとか」(ミカン)

写真10.実の数が少ない「西南の光」(ミカン)。

写真11.鈴なりになっているレモン(2本とも)。早く摘果しなければなりません。

写真12.今年も実を付けたアセロラ。残念ながら昨年は酸味が強かった。今年は甘くなるか?

 

 

イチゴの苗取の準備で、苗を取るトレイに土(ヤシ殻)を入れています。

 館長が心配していた通り、山梨県の10万人当たりのコロナウイルスの発生比率が、

東京、北海道、福岡に次いで4番目になりました。

東京に近く、観光がメインに件なので今後が心配です。

果物狩りは、開放的な環境なので少し安心できますが・・・・・・・。

来週からのイチゴの苗取の最後の準備として、イチゴの苗を取るトレイに培地(ヤシ殻)を

入れています。

この作業は、重労働のため1日300トレイの作業にしています。

写真1.ポットに培地(ヤシ殻)を入れる準備。

まず、両サイドに培地(ヤシ殻)を水に溶かして柔らかくします。

真ん中で両サイドから培地(ヤシ殻)を受け取りトレイに均一且つ硬めに培地(ヤシ殻)を

入れます。

両手で、培地(ヤシ殻)を硬く押し込みます。

柔らかいと保水力が少なくなり、育苗中に水不足が発生しやすくなります。

また、1トレイの穴40個に均一に培地(ヤシ殻)を入れなければなりません。

2回ほど培地(ヤシ殻)を押し込んだ後に、40個の穴の培地の量が均一の高さになるように

調整します。

 

写真3.培地(ヤシ殻)を入れた後に、挿し木が早く出来るように肥料と苗を抑えるランナーピンを

各トレイのポットに入れます。

コストを安くするためにコーティング肥料を入れます。白い大粒の個体です。

黄色は、苗を抑えるランナーピン。

今年は異常気象に耐えられるように、少し値段の高いコーティング肥料をテストで使用します。

おそらく、上の高い肥料の高価で苗が早く大きくなるでしょう。

20年前は、この肥料を使用していました。

一番初めに挿し木をするB棟西のハウス。

ここには、章姫・ホワイトベリー・紅ほっぺ・アイベリー・あかねっ娘(ももいちご)などが

挿し木されます。それぞれ品種により色が変えてありますので、品種を間違えて定植することは

ありません。

ここは、ホワイトベリー・紅ほっぺ・章姫の40サイズが挿し木されます。

 ここには、章姫だけが挿し木されます。

イチゴの親株の生育も良く、来週の苗取を待つばかりです。

ロナの感染状況も東京と大阪と北海道のグループ福岡や神奈川や山梨のグループと

それ以外の3グループに分かれて、それぞれ地域の特性からか発生件数が大きく異なります。

山梨県は、6月から1週間に3~4人と人口の人数の割には、高くなってきています。

山梨県は東京にも近く観光地も多いので、これからの感染拡大が心配です。

山梨県の財政が厳しいので「休業要請」をしても休業補償は出しませんでした。

山梨のパチンコ店は、休業要請に応じて全てのパチンコ店が休業しました。

休業補償をしなかったのは、全国で山梨と鳥取だそうです

観光立国山梨を自負している山梨としては、あまりにも悲しい処置でした。

国からもらう補助金はPCR検査設備やエクモなどの治療設備に投資するので

県民としては、第二波がきても少し安心です。

来週から来シーズンの苗取を開始します。

館長が開発し特許を取った苗取方式の量産は、今年で量産栽培3回目になります。

今年の5月15日から18日までの試作テストは、最悪条件を見つけるテストでした。

この4~5年は、最高の条件ばかり探してテストをしてきました。

今年は最悪条件でどのくらい苗が活着するか調べました。

梅雨時の苗取は、極端に暑い晴天と涼しい曇りの日が交互に来たりします。

この猛暑日と曇りの日の対応のために、今年から新しく黒の薄いカーテンを追加しました。

これにより、活着率も100%により近くなるでしょう。

今年の親株は、4~5月が涼しい日が多かったことと太郎苗に花が咲いたりで苗の数が少なかったので、苗取を1週間遅らせました。

写真1.紅ほっぺの親株。順調に生育しています。1株から20~30本苗が取れそうです。

写真2.章姫の親株。一部疫病らしき病気が出てしまいました。大幅に苗を除去して感染を防止しました。

太郎苗は使わないので、15~12本ぐらい苗が取れそうです。

写真3.左がホワイトベリー。右があかねっ娘(ももいちご)。アイベリーの親株。

あかねっ娘(ももいちご)とアイベリーのランナーの出が少なかったので心配していましたが、

親株の本数を多くしていたので、間に合いそうです。

写真4.かおり野の親株。毎年かおり野は、夏の暑さに親株が負けてしまうので、今年は親株を大きくして

夏の暑さに負けないようにしました。相変わらず、かおり野は、ランナーの出が良くないです。

写真5.万一の場合を考えて、予備としていちご狩りハウスに親株を植えてあります。

章姫の親株ですが、葉欠きも出来ており良い苗が取れそうです。

余った苗は、今年も新挿し木のテストに使います。

写真6.かおり野と紅ほっぺの予備の親株。

こちらは、育苗ハウスの親株に負けないぐらい元気です。

写真7は、サツマイモの挿し木の畑。恐るべし「サツマイモのつる」です。

真夏日が10日続く中元気に皆、芽が出ました。

イチゴの苗も、このように根が早く出て暑さに負けない苗であってほしい。

後ろに見えているのが、山梨環状伝導路。

この畑のすぐ後ろに、リニアの高架橋が出来ます。

昨日から、イチゴを栽培するベットの再生作業などを本格的に開始。

コロナの感染拡大ですが、感染者が出ない県は、本当に出ないですね。

岩手・鹿児島・富山などほぼ1月間出ない県が多くあります。

当館は、今週から本格的に作業を開始しました。

5月から6月5日頃までは、従業員の皆さんには、ほぼお休みしていただきました。

農業は、テレワークや1月間、完全休みなどに出来ないので、様々な補助が受けられなくて大変です。

写真1は。ココ(培地)盛前のベット。

イチゴの根をカマで2週間前に除去して、ベットに水を溜めてお湯による太陽熱消毒をしました。

細い根も腐らしています。

写真2.イチゴの根をカマで除去した穴。カマで2万本近い株を除去するのは、重労働で大変です。

写真3.手でカマで根を除去した穴を埋めて、平らにします。

 写真4.平らにしたベットの上にヤシ殻のココ(培地)を盛り上げます。

このヤシ殻のココは、インドとスリランカで作っています。

インドのココは、コロナの感染で都市封鎖されていたので、日本への到着が6月末に遅れています

スリランカのココは、少し早く6月5にに日本に届きました。

インドの都市封鎖でココの納期が遅れるのが分かったので、急遽スリランカのココを購入して

作業が間に合うようにしました。

4月末にココの納期遅れを想定して、メーカを変えたので作業が出来たので良かったです。

22日からの苗取にも間に合うように、スリランカのココを使います。

 

 

 

台風の追加対策を実施しました。もう災害は嫌だ!

今年の梅雨入りは、遅れそうです。

イチゴやその他の植物にとって試練の猛暑日の夏になりそうです。

緊急事態宣言が解除されてから、コロナの感染も少し状況が見えてきました。

コロナの感染も世界中で発生状況が異なったり、死亡率が異なったりで、発生率などの

差の原因が分からないことが多いですね。

この現象は、山中先生が「ファクターX」と呼び、まだ謎が多いと言われています。

キーワードは、遺伝子はいれるらしい!

国内において、発生する地域は連続的に感染が発生して、発生しない地域は発生が少ない

状況が続いています。

館長は、その地域の生活習慣や地域の特異性が影響しているのかもしれないと想像しています。

いずれにしても、北九州市・東京・神奈川・北海度が、早く安定して欲しいものです。

テレビも数字ばかり見て、多い、少ない事ばかり報じています。

館長的には、コロナ対策が上手に出来ているお店や、地域を報道して、全国的にコロナ対策が

拡大するようにしてほしいです。

 当館は、今シーズンの大型台風を想定して対策を実施しました。

台風は温暖化の影響で、年々勢力が大きくなっています。

つまり、これまで台風に耐えられたから今後も台風の勢力に打ち勝てるとは限りません

昨年、館長は沖縄のハウスの台風対策を調査に行きました。

沖縄は、けた外れに台風対策が実施されています

写真1.沖縄の台風対策の一例。

サイドの巻き上げカーテンが、台風の風で巻き上げられないように、太パイプで防止されていました。

ハウスの土台もコンクリートで固定されており、倒れたり飛ばされたりしないようになっていました。

写真2は、当館のハウス11棟。

19号台風の後、再発防止として80mの両サイドと真ん中の3か所に青の天井巻き上げカーテン抑えを付けました。

真ん中のメインのいちご狩りハウスは、18年の台風19号で、張り替えたばかりに新品のビニールが

飛ばされたり、めくられたりしました。

当館のハウスは、全長80mもあるので、天井巻き上げカーテンが、風でめくられ、その隙間から

風が侵入してどんどん膨らみ最後は、ビニールがはぎとられたり、ハウスが風で曲げられたりしました。

ハウスの場合、早くビニールが剥がれたほうがビニールの交換だけなので修理がが安く出来ます。

育苗ハウスのように、ビニールが残りハウスが傾く向くと修理が出来なかったり、建て替えになってしまいます。

写真3.全長80mのハウスの天井巻き上げカーテンの抑え3か所を5か所に対策しました

沖縄の対策を見て、2か所の青の天井巻き上げ抑えを追加しました。

まだ、不満足ですが今後、ビニールの張替時に対策します。

台風でハウスが破壊されると、定植したばかりの小苗が痛めつけられて生育が遅れたりして、

収穫量が大幅に激減します。

今年は、コロナによる大幅な売り上げが減りました。

来シーズンは、何とかこのコロナによる赤字を挽回したい。

しかし、来シーズンは、例年のようにいちご狩りが戻ることは、期待できません。

少しでもコロナの感染がへり、通常の生活に戻れることを毎日祈っています。

写真4.18年の10月5日の19号台風で天上のビニールがはぎとられました。

定植したばかりの苗も台風の風邪で茎が折れたり葉が飛ばされました。

その後の雨除け一飛ビニールでハウスの中が高温になり、イチゴの株が萎れたり大変でした。

館長が特許を取得したイチゴの新挿し木方式の準備を開始。今年は、活着率99%を目指す!

東京の感染者数も今日は34人から12人と減りました。

北九州市の感染も、少し安定化したようです。

私達は、第一波の時よりコロナ感染に対して、様々な対策をしています。

第2波は、必ず第一波より小さくなると信じて、感染対策を皆で実施しましょう。

コロナは、インフルエンザと同じなので、感染始まり当初言われたように

1.PCR検査を早くして重篤者や支社を減らす。

2.子供を感染から守る

と言う、基本的な考えで、経済とコロナ感染を両立させてほしい。

早いもので、今月中旬には、イチゴ栽培で一番難しい苗採りが始まります。

5年前から館長が開発した新挿し木方式も、量産化3年目になります。

昨年の苗の活着率を口授させて、誰でも99%の活着率を達成出来るように、

様々な条件の測定や設備の改善を行っています。

5月15日からの挿し木条件テストで最適条件を見つけました。

1.挿し木中の照度。

2.挿し木中の土壌水分

3.挿し木中の土壌温度

4.最適な苗の選別

さらに、当館の挿し木ハウスの改善の実施をしています。

苗取は、自然との戦争です。

1.晴れた日や曇ったり雨の日では、様々な条件が変わる。

2.太陽の光は、ハウスの弱いところから容赦なく侵入してきます。

3.散水条件も同じにしたつもりでも、必ず異なっています。

これらの、全てを対策して6月22日からの苗取では、99%の活着率を目標に頑張ります。

イチゴの収穫が無いので少し時間の余裕が出来ました。

1.リニアモーターカーで使用価値が少なくなった土地の有効活用で、

  水田から畑に変えて、サツマイモ栽培。

2.無農薬野菜と南国フルーツ栽培の試作ハウスの活用です。

 写真1. 6月1日にミニ耕運機で耕した後に、畝を作り黒マルチを張りました。

残り半分は、大豆を植える予定です。重労働の畝作りとマルチ腹が終わって、団欒する社長と副館長。

写真2.6月2日に挿し木した「安納芋」と「シルクスイート」です。

こあと、「べにはるか」と「鳴門金時」です。

秋には、楽しい焼き芋大会が出来そうです。

写真3.カインズで購入した、「べにはるか」

1週間間に挿し木した苗を抜いて持ってきました。

写真4.ネットで購入した「シルクスイート」。高い分、良い苗が入手できました。

2週間後が楽しいです。少し暑さが心配です。

 

いちご狩りハウスのイチゴの株の除去が完了!

緊急事態宣言が、全ての解除されました。

福岡県の北九州市では、コロナウイルスの第2波が予測されるような感染者数が

多発しています。

余りにも早い第2波に驚くと同時に、第二波にならないないことを願っています。

緊急事態宣言が解除されましたが、コロナの恐ろしさを知った国民は、外出に慎重です。

館長なども外出には慎重で、外食に外出する気分になりません。

このコロナショックの影響をもろに受けた、観光業者さんや外食産業の皆さんの苦しみは

痛いほどわかります。

コロナショックは、日本中のあらゆる職種に影響を及ぼしています。

館長は出来るだけ、知り合いのお店屋さんからテイクアウトで購入することにしています。

当館も例外でなく、3月から外出の自粛の影響を受けいちご狩りのお客様が激減して、

数百万円の損失を受けました。

館長は、何時までも今シーズンのイチゴ狩りに固執せずに、来シーズンの復活に向かって

全力で走ります。

例年より早めにイチゴ園を閉園した分、来シーズンの準備を早く始めることにしました。

親株の手入れも盤石なほど、手をかけています。

写真1.株を除去したハウス。

天井から昨年導入したハウスミスト(ハウス冷房)が、威力を発揮しています。

ベットの上には、今年の糖度アップに威力を発揮した炭酸ガス供給ホースが有ります。

ハウスミストや株元炭酸ガス供給システムは、今シーズンお客さんからは、大好評でした。

来シーズンは、空中に浮遊するコロナウイルスを、このミストで除去するのに活用するつもりです。

2.炭酸ガス供給ホースは、作業の邪魔になるので、ベットの横に吊るしました。

これで、炭酸ガスを供給するホースの目詰まりを防止しました。

3.イチゴの株を除去した後に、ベットをビニールで包み、ベツトの中の温度を高くして、イチゴに

害のある菌や連作障害になる悪い菌を殺したり、害虫のたまごなどを殺します。