山梨県

悔しいですが、今シーズンのイチゴ狩りを終了します。まだイチゴが有るのに残念です!

コロナの感染は、全国的に広がっていますね。

1週間後の感染が減ることを願っています。

悔しいですが、緊急事態宣言の延長により、お客様が激減したので今シーズンのイチゴ狩りを終了します。

まだまだ、イチゴは残っています。

昨年も今年もコロナの影響を受けて苦しい2年間となりました。

当館などは、少ないなりに営業できたので、良かったです。

レストランなどの飲食店や旅館などの観光業の皆さんは、大変苦しいとご察しします。

緊急事態宣言でお客様が来ないところは、苦しいのに休業要請をしていないという理由で、

補助金が出ないのは、不公平と感じています

本当に困っている人に、税金を使ってほしいですね。

館長は、積み立て金を解約したり、孫の積立て預金を解約したりして、経営資金を

確保したり、老後の積立資金を降ろして、運営資金として対応しました。

イチゴ園の経営は、3月から翌年のイチゴの販売やいちご狩りが有る前提で栽培し

1月から収穫を開始します。従って飲食業で言えば、1年分の材料を仕込んでスタートするのです。

急に販売が減っても、半年前に仕込んだ材料(イチゴ)は無駄になります。

特定の月の販売量が減ってもイチゴの栽培管理を止めることは、翌月のことを考えると止められません。

来シーズンは、コロナの感染が対策され、ワクチン接種が完了して、

今まで通りに経済が回ることを祈っています。

館長は、来シーズンに向けて準備を開始します。

1.5月は、親株の手入れ

2.6~8月は、苗取と育苗

3.8月末からの収穫の為の夜冷処理

4.9月は、花芽分化の確認と定植。

5.9~11月は、苗の生育。

6.12月上旬から主格開始。

親株も順調に生育して、ランナーから子供苗が出来てきました。

1.かおり野   6.1本/株

2.紅ほっぺ   8.1本/株

3.章姫     7.5本/株

4.ホワイトベリー  7.5本/株

4月5月の異常気象のなか、ランナーは、例年並みに出ていて、ホッとしています。

写真1。左側は、紅ほっぺの親株。右側は、章姫の親株。

    太郎苗は、根も出て苗取可能となっています。

写真2.両サイドとも章姫。順調にランナーが出ています。

写真3.左側がホワイトベリー。ホワイトベリーは、過去最高の出来栄えです。右側が、アイベリー。

写真4.左側が紅ほっぺ。右側が、かおり野。かおり野は、太いランナーが、出ています。

 

 

いちご狩り今週で終わりです!

12月からコロナ!コロナ!感染に気を付けているうちに、今シーズンのイチゴ狩りも

最終週になりました。

最後の最後まで、イチゴさん達は頑張って、皆さんをお迎えします。

写真1.順路1の章姫。頑張って甘い苺が沢山なっています。

写真2.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリーの3種類。まだ、ホワイトベリーも食べられます。

ジャム用イチゴの出荷を増やしています!冷凍ジャム用イチゴは、ご予約が有れば、7~8月に出荷出来ます。

コロナの感染は、拡大していますね。

緊急事態宣言の効果は、来週ぐらいから出てくれば良いですね。

緊急事態宣言で、県外だけでなく県内のいちご狩りのお客様も減りました。

冷凍ジャム用イチゴのご注文量は、124Kg

生のジャム用イチゴのご注文は、66Kg

年々口コミでジャム用イチゴのご注文が増えております。

人気の秘密は、イチゴの香りが良いことと、イチゴが甘いので、コクのあるジャムが作れます。

いちご狩りの人数も減り、ようやくジャム用イチゴの出荷が増やせそうです。

これからは、ジャム用イチゴを収穫してヘタを取り冷凍と時間との戦いです。

ご注文されたお客様は、もう少しお待ちください。

遅くとも、5月20日頃までにお届けします。

5月17日から24日の間で約300Kgは、ジャム用イチゴが取れます。

今年から、冷凍ジャム用イチゴは、当館で在庫を持ち、7月~8月の販売も

考えています。

写真1.冷凍中のヘタ取ジャム用イチゴは、約30Kg。

写真2.今年から入手した冷凍庫の月曜日から出荷する冷凍ヘタ取ジャム用イチゴが有ります。

    60Kgぐらいあります。

写真3.梱包が完了して,出荷待ちの冷凍ジャム用イチゴ。

 

大型連休明けのいちご狩りは、イチゴも甘く、沢山あります。

大型連休もようやく終わりました。

当館は、完璧なコロナ感染対策をしていますが、心配はつきません。

館長は、お客様どうしの感染や、従業員や館長自身の感染が心配な毎日でした。

早くコロナのワクチンが広がり、感染が終息することを願っています。

昨日は、最高気温28度と6月中旬の天候でした。

当館のいちご狩りは、5月でも甘く、食べられる量も沢山あります。

5月で、練乳なしで食べれるイチゴいちご園は、少ないですね!

 

写真1.順路1の章姫。イチゴの量が少なくなった分、甘くなったり粒も大きくなります。

写真2。順路2の紅ほっぺ・かおり野・ホワイトベリー。まだまだ、頑張っています。

子供の日のいちご狩りの情報。ゴールデンウイークも終盤に入りました!

ゴールデンウイークのいちご狩りは、キャンセルの続発でした。

若干、ご予約をお受けできます。

当然イチゴは余りますが、仕方がないですね。

館長は、子供の日までイチゴが残るように、前半の人数制限していました。

最後のお客様までイチゴが残せてよかったです。

安心してご来館ください。

勿論、今週の土日も、イチゴは、残してあります。

写真1.順路1の章姫。小粒なので何時よりお客様のエリアを広くします。

写真2.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。こちらも比較的小粒です。

ゴールデンウイークのいちご狩りのスタートは、雨の中静かにスタートしました。

全国的にコロナの感染が、拡大してきました。

キャンセル料金不要なので、キャンセルはお早めにしてください。

今日は朝から天気予報通り雨が降っています。

ゴールデンウイークは、毎日晴れているような記憶がありますが、

気象庁によると、晴ればかりでなく、曇りや雨も多いそうです

緊急事態宣言で一都三県だけでなく、山梨のお客様からもご予約が少ないです。

ゴールデンウイークのいちご狩りは、静かにスタートしました。

昨年は3月から、いちご狩りができなかったので、今年は少しはましです。

当館は、ソーシャルディスタンスを保つために、例年よりお客様の人数を

減らしているので、お客様が減っても気になりません。

昨日、国立がんセンターから癌患者の10年生存率が発表されました。

館長が10年生きられる確率は、11.3%でした。

館長の10年生存確率があまりにも低いのに驚いた。(見なければよかった!笑い)

10年前より医学が進歩しているので、実際はもっと確率が高くなっていると

自分で慰めています。まずは、5年長生きすることを目標に頑張ります。

そして、やり残したことが無いように、自分がしたいことを決めて実施します。

写真1。順路1の章姫。少し量が減ってきました。お客様の人数が少ないので

問題ありません。

写真2.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。左側のかおり野が全体的に少なくなってきました。

ジャム用イチゴの通販を本格的に準備開始。館長も73歳になりました。

緊急事態宣言が出ましたね。

是非、皆で基本的な感染防止ルールを守り、早くコロナの感染を減らしましょう。

今日は、緊急事態宣言で当日予約が1件も入りませんでした。

今シーズンで、当日予約が入らなかったのは、初めてです。

当然ゴールデンウイークのご予約も減るでしょう。

いちご狩りが減って余ったイチゴを販売します。

皆さん当館のジャム用イチゴを首を長くして待っておられました。

人気の秘密は。

1.甘くてイチゴが美味しい。

2.良い香りがしてコクのあるイチゴジャムが出来る。

3.冷凍イチゴは、ヘタを取ってあるので、手間がかからない。

4.冷凍イチゴは、歩留まりが100%と全て使える。

山梨県内のお客様に生のジャム用イチゴを20Kg(1回目は、食べる人が多い)

県外に冷凍ジャム用イチゴを31Kg

全国向けの通販の冷凍ジャム用イチゴは、まだ200Kg残っており、

ゴールデンウイーク明けから、生のジャム用イチゴや冷凍ジャム用イチゴを

本格的に出荷します。

今日は、冷凍庫の側面に付いた氷を除去して、速やかにイチゴが冷凍できるようにしました。

今年は、中古の冷凍庫を導入したので、冷凍が早く出来ます。

今日は、30kg冷凍庫に入れたので、あすkには、凍っているでしょう。

4月25日で館長も73歳になりました。

昨年は年男で良い年になる予定でしたが、最悪の年になってしまいました。

1.コロナの感染拡大で、イチゴ園を3月上旬で止めました。

2.コロナの感染拡大でインドネシアのバリ島に無農薬のイチゴ園を作るプラントが

  なくなりました。(1000万の指導料が得られなくなった)。

3.肺癌が発覚して8月14日に左の肺を半分除去し、1月まで抗癌剤を

  投与しました。

今年もコロナで苦しい状況が続いていますが、コロナの感染防止策が少しわかったので、

今年は、何とか頑張っています。

しかし、今回の緊急事態宣言は、とどめを刺されました。

収入が減るのは苦しいけれど、老後のたくわえを食いつぶしながら頑張れます。

毎年ご来館されるリピーターの皆さんにお会いできないのが、寂しく辛いですね。

館長も何とか、長生きして皆さんに安心で安全な苺を出来るだけ長く、ご提供したいと思っています。

今年の誕生日には、従業員の皆さんや孫たちからお誕生祝のケーキをいただきました

年をとっても、嬉しいプレゼントでした。

写真1.今日も富士山が美しく見えています。4月頃の富士山が一番雪が積もっていて

    美しいです。1~3月は、雨がすくなく、積雪も少ないそうです。

写真2.冷凍庫の周りには、氷が付着していて、冷凍能力が落ちています。

    冷凍したイチゴを中古の冷凍庫にいれて、冷凍庫を空にして氷の除去。

写真3.氷を除去した冷凍庫。

写真4.冷凍庫に今日ヘタ取してイチゴを入れます。イチゴとイチゴの間を空けて冷凍すると

    早く凍ります。

写真5.横にもイチゴを入れます。

写真6.2段目3段目にイチゴを入れます。これで30Kg入りました。

写真7。今までの冷凍庫から新しい中古の冷蔵庫に約40Kg移動させました。

真8.従業員の皆さんにいただいた、お誕生日祝いのケーキ。皆さんには、ご心配をおかけしています。

写真9.孫たちから頂いたケーキ。チョコレート味のスポンジでおいっしかったです。

    孫たちの為にも、長生きします。

 

4月末のいちご狩り状況。

コロナ感染拡大により東京に「緊急事態宣言」が出そうです。

5月連休のいちご狩りのご予約を緊急事態宣言の内容が明確になる月曜日頃まで止めます。

申し訳ありません。

4月末のご予約は、コロナの感染で減少しています。

来シーズンのイチゴ狩り用の親株は、順調に生育しています。

写真1.順路1の章姫。今週まではイチゴがありそうです。

写真2.順路2の紅ほっぺ・かおり野・ホワイトベリー。少し小粒になってきました。

写真3.左側が紅ほっぺの親株。右が章姫の親株。

写真4.両方とも章姫の親株。

写真5.左がホワイトベリーの親株。右がアイベリーの親株。

写真6.かおり野の親株。

イチゴジャム用冷凍庫が、届きました!ゴールデンウイーク明けは、沢山販売出来そうです。

日本全国でコロナの感染は、拡大してきました。

マスクなどの基本対策を行いながら、コロナに感染しないよう自己防衛をしましょう。

コロナの拡大でいちご狩りのお客様が減っても、冷凍ジャム用イチゴの販売で少しでも

損失を補填したいです。

昨年は、冷凍ジャム用イチゴを保管するために外部倉庫を借りました。

コスト高になるので、今年は中古の冷凍庫を導入しました。

新しい冷凍庫は、約70Kgぐらい保管出来そうです。

5月連休明けは、中古の冷凍庫70Kgと150Kgの従来の冷凍庫で販売を効率的に

行います。これからは、凍るまでの時間が勝負です。

写真1。トラックから降ろされる中古冷凍庫。思ったよりきれいです。

    安心しました。

写真2.設置が済んだ冷凍庫。4段の保管場所があり、16Kg*4段で64Kgぐらい

    保管出来そうです。

写真3.1段に2Kg*8袋で、16Kg。今度は腰を曲げなくで出し入れできるので、皆楽になったと

    喜んでいます。

写真4.従来の冷凍庫。腰を曲げないと冷凍イチゴを入れられません。仕切りが無いので、

    沢山冷凍イチゴが入ります。従来の冷凍庫でイチゴを冷凍してから、中古の冷凍庫に

    入れます。

初夏のような暑さのいちご狩りハウスは、ハウスミストで涼しくいちご狩り。

昨日から初夏のような暑さでハウスの外は、27度。

ハウスの中は、32度と暑くなっています。

当館は、下記のような設備で対策をしています。

1.遮光カーテン黒

2.遮光カーテン白(2重遮光カーテンは、少ない)

3.天窓で暑い空気を外に逃がす。大小2か所あり。(天窓の2か所は、少ない)

4.10分に1回のハウスミストで温度を下げる。(ハウスミストは、日本で数か所しかない)。

対策が出来ないイチゴ園は、暑さも大変ですが、暖かくて、イチゴが柔らかくなりすぎてしまいます。

当館も細心の注意を払いながら、温度管理をしてイチゴの品質と糖度管理をしています。

写真1.ハウスミストが出ている状態。暑いので、15分に1回を10分に1回に変更しました。

    回数が多くなるとハウス内の温度が低くなります。