イチゴ狩りは、12月9日からオープン;販売と通販は、12月1日より開始。章姫は、3回目の花芽分化開始。

イチゴの販売は、12月1日から開始

イチゴ狩りは、12月9日から開始。

大変申し訳ありませんが、1月15日頃までご予約の定員井達しました。

つきましては、。1月15日までご予約をお受けできません。

今年から山梨県の皆さんに当館の安全な残留農薬ゼロのイチゴを食べていただくために、販売を増やします。

従ってイチゴ狩りのご予約人数が減りましたので、お早めにご予約ください。

下記、館長の趣旨にご賛同を頂けけたお客様は、イチゴ狩りにいらしてください。

当館のイチゴ狩りは、食べ放題ではありませんお一人30~40粒食べれます。

1.食の安全に拘り、殺虫剤・殺菌剤などの農薬を使用していません。検査機関で残留農薬を確認済み。

2.イチゴ本来の美味しさに拘り、香りが良く練乳不要の甘いイチゴ。今年から科学的な栽培に加えて、

  有機農法も取り入れて、更なる進化を目指します。

3.プライベートエリア制は、何時にご来館されても同じ量が食べれ、他の客様を気にせずユックリ

  いちご狩り(45分)が出来る。

4.4種類のイチゴをお客様ごとのエリアに割り当て。

販売は、12月1日から開始。

今年も、殺虫剤・殺菌剤を使用しなかったので、検査機関で、残留農薬は検出されませんでした。

温暖化しかり、食の安全しかり、どんどん人間の環境や食の安全が危機にされされています。

お子様やお年寄りを農薬から守れるのは、栽培農家と販売業者とお客様です!!!!!!

今年は、紅ほっぺの芯止まりも、2%以下に収まりました。他の品種は、1%以下でした。

栽培状況。

1.2回目の蕾が出て来ました2.章姫は、3回目の花芽分化が、クラウンの中で発生しています。

年内に4回目の花芽分化が発生するでしょう。今年は、収穫時期が乱れることなく、規則正しく収穫できる

でしょう。従って、腋芽取や摘花や葉欠きを上手に行います。

かおり野やかんな姫の2か回目の大きな花が咲いています。12月末から1月15日頃は、大きく沢山の実がなりそうです。章姫も来週には、2回目の花が開花するでしょう。

写真1.11月10日に検査機関で残留農薬を検査しました。今年も残留農薬ゼロで、安全な苺を

    お客様にご提供できます。

写真2。い順路1の章姫。2回目の蕾が出始めました。

順路2の遅い夜冷処理の章姫。12月20日頃の収穫です。

写真3.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。紅ほっぺが少し実が大きく

    なっています。かおり野の収穫時期は、無処理のためまちまちです。

写真4.夜冷処理のかおり野葉、9月10日頃に出蕾して、大きな花が咲いています。

写真5.ホワイトベリーと愛ベリーも大きくなってきています。

 

写真6.かんな姫が大半です。1個目が小さいので、小粒は摘花して除去。

    しかし、小さい粒でも結構大きくなったようです。摘果しすぎました。

写真7.敵が後の遅い夜冷処理のかんな姫。摘果しすぎ(笑い)。

かおり野の一部が赤くなってきました。大半は12月20日頃です。

 

 

SNSでもご購読できます。

 

コメントを残す

*

CAPTCHA