イチゴの全ての品種に花芽分化が起きて、定植が終わり、出蕾を待つばかりです。

今年は、新しい設備と新しい方法で、夜冷処理を行いました。

夜冷処理は、収穫時期を分散させるために、(1)夜冷処理(2)半夜冷処理(3)遅い夜冷処理

(4)無処理(葉無直接定植のかおり野)の3段階に分けました。

つまり7種類*3パターン=21+1、合計22通りになりました。

各出蕾時期に合わせて作業や肥料濃度を変えなければなりません。

夜冷処理の難しさは

1.苗を同じ大きさに作る。

2.その年の天候を想定して夜冷処理開始時期を決める。

3.花芽分化を顕微鏡で調査して定植時期を決める。

4.花芽分化時期と定植時期の関係から出蕾時期を予測して作業内容を決める。

5.新葉が5枚になるように花芽分化を見極めて定植する。

6.定植時期が早すぎた場合と遅すぎた場合の処置をスムーズに行う。

現在の状況は、定植が1週間遅れた品種が。6パターン(27%)と率的には、少ないですが、

主力品種で数量が多い、章姫と紅ほっぺに集中しています。

定昇が遅れた理由は、新品種のかおり野で、予想以上に早く花芽分化した。新しい設備と新しい育苗方法を

導入したために、過去の夜冷処理機関が予想以上に変わってしまった。

毎年定植後4~5枚で出蕾させていたのですが、今年は新葉4枚で出蕾しそうです。

今日現在は、館長の予測より全ての品種の出蕾時期が遅れそうなので、助かるかもしれません。

かんな姫は、館長の予測より1週間遅れて何とかなりそうです。

来週の10月9日の出蕾は、予測より遅れて2~5%の出来になりそうです。

勝負は、10月16日に20%~70%の出蕾が予測されます。

20%以下になることを祈っています。

定植が終わり、床の掃除をしました。ケルヒャーの掃除機が大確約です。

床には、五味一つない状態です。しかし花が咲くと一挙に花びらで汚れてしまいます。

病がいちゅに関しては、今年もうどん粉病が出ていません。ここ何年もうどん粉病を見たことがありません。

ダニやアブラムシも毎週2回粘着くんを使用したことによりほぼゼロの状態になりました。

ミカンキイロアザミウマもゼロの状態です。

ハウスにホリバーを吊り下げて有害なミカンキイロアザミウマなどを調査していますが、今年は

1匹もホリバーに付着しないので、完全に駆除されていると推定。

今後は、外部からミカンキイロアザミウマの侵入が無いよう管理します。

これから花が咲き始めると、ミカンキイロアザミウマが居れば、増殖します。

何とか、5月末までミカンキイロアザミウマの発生を抑えたい。

苗の生育状況は、大きな苗の確保と細かい管理と新しい設備で過去最高の出来栄えです。

写真1.掃除前の通路。今年は三分の一のココ(培地)を交換したので、床に沢山の

    ココが残っていました。3000㎡の掃除は、大変です。

写真2.1週間がかりで、ゴミ一つ無いように掃除しました。

写真3.毎週2回らんーを除去して、少しでも成長点の花芽に栄養が行くようにしています。

写真4.今年は、ミカンキイロアザミウマやコバエも虫もほとんどいないので、付着しません。

写真5.ミカンキイロアザミウマが好む青色のホリバー。今年はまだ、1匹も付着しません。

写真6.ハウス全体がイチゴの成長につれて、緑色が強くなり、イチゴ農園らしくなりました。

   通路もゴミが残っていません。来週から随時、テーブルなどの整理を始めます。

写真7.夜冷処理の章姫。

写真8。半夜冷処理の章姫。

写真9.遅い夜冷処理の章姫。

写真10.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。

写真11.この列には、夜冷処理と半夜冷処理の紅ほっぺとホワイトベリが定植されています。

    つまり4種類の収穫時期が予定されています。

写真12.順路2の無処理のかおり野。昨年の出蕾時期は、10月末でした。

    今年の猛暑の夏は、何時になるでしょうか?館長の新しい設備の効果があれば、

    10月末までに出蕾します。

写真13.葉無挿し木の夜冷処理のかおり野。出蕾が始まっています。

写真14.葉無挿し木方式で苗取した半夜冷処理のかおり野。

写真15.葉無挿し木方式の苗で無処理です。生育が遅れていて、小さい苗です。

    1回目の収穫は、無理でしょう。

写真16.夜冷処理のかんな姫。出蕾が始まっています。

写真17.半夜冷処理と遅い夜冷処理のかんな姫。

写真18.夜冷処理のホワイトベリー。館長が開発した品種です」

写真19.遅い夜冷処理のホワイトベリー。

写真20.一番花芽分化が遅い夜冷処理のアイベリー。

写真21.半夜冷処理のアイベリー。

 

写真22.シャインマスカットの今年最後の収穫です。1房は孫の光咲の誕生祝に使います。

    1房は、館長の湯人の3回忌のお供えに使います。糖度20越えです。

 

 

 

SNSでもご購読できます。

 

コメントを残す

*

CAPTCHA