7月と8月の猛暑日にイチゴの苗も頑張って耐えています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コロナの感染拡大が止まりません。

オリンピックとは関係なく、夏休みと言う特殊な状況が拡大の原因でしょう。

昨年の甲府は、8月10日から8月末まで37度前後の猛暑日に襲われました。

今年は、梅雨明けが早く7月19日から22日頃までの第一波の37度前後の猛暑!

8月3日から8月6日頃までの第二波の37度前後の猛暑!

お盆頃に第3波の猛暑が来なければよいと願っています。

いちご狩りハウスの中は、黒の遮光や白の遮光を二重にしても、42~45度の高温になります。

猛暑日が続くので、毎日午前中で仕事を終わりにします。

7月の3連休や8月の3連休やお盆休みで、仕事が遅れ気味です。

現在は、培地のベットにヤシ殻のココを盛る仕事をしています。

苗の葉欠きが間に合わないので、館長と副館長は、午後14時から仕事です。

7月19日頃の猛暑で、苗に花が咲き始めています。

幸い、今の所芯止まり苗は、1%以下なので助かります。

これから、まだ芯止まり株が増えるかもしれないので心配です。

しかし、今年は苗の活着率が良いので苗が沢山余っているので安心です。

館長の特許の苗は、炭疽病などの病気が出ないので更に、安心です。

真夏の高温時は、葉からの蒸散が多いので、水やりが大変です。

館長の特許の苗取は炭疽病が出ないので頭上冠水が出来るので、水やりが楽です。

また、頭上冠水は植物にとって直接葉に水分が補給されるので、生育も良いです。

6月20日と7月1日に苗取無て直接定植したかおり野も元気です。

もともと、かおり野は高温に弱いのですが、館長の特許の方式で直接定植したかおり野は、

ハウス内の高温42~45度にも耐えられます。

点滴チューブで水やりが出来るので、病気の心配もなく手灌水も不要なので楽です。

写真1は、花が咲いてきた章姫。例年より花が咲くのが早いです。

   イチゴは子孫を残すために花を咲かせたり、ランナーを出したりします。

   従って、異常な高温が続くと、芯止まりなどの異常現象が出るので、要注意です。

写真2.夜冷処理の苗のハウス。

    頭上冠水の後は、葉に付いた水滴で葉が垂れてしまいます。

    でも、イチゴさん達も気持ちよさそうです。

写真3.葉夜冷処理のハウス。苗が小さい分、まだ葉が倒れません。

写真4.遅い夜冷処理のハウス。この苗は、もつと小さいので葉たれません。

写真5.手前の苗は、元気ようく少し早く大きくなりすぎました。

    これから苗が小さくなるように葉欠きをしたりして調節します。

写真6。苗取無て6月20日に直接定植したかおり野。

    ハウスの内の高温42~45度にも耐えて、元気に育っています。

ランナーは、万一の芯止まり対策と生殖成長を維持するために残します。

写真7.7月1日に苗取無て直接定植したかおり野。

    6月20日より少し小さい株です

真8.順路2は、1本間隔でかおり野を定植します。

    いちご狩りハウスも少し緑色が増えてきました。

写真9.館長が栽培したシャインマスカットが、食べられるようになりました。

    イチゴの花を見落としてジベ処理が遅れて、今年は種有です(笑い)。

    収穫時期が遅れて、糖度は19~22度でした。

    農協出荷は18度以上らしいです。

 甘いシャインマスカットが作れるか心配でしたが、予想以上に甘いシャインマスカットが

    出来ました。

    少し小粒です。栽培2年目なので仕方がないかも・・・・。

上の小さい2房は、通常の農家では、下の実を大きくするために除去されます。

    今年は8房しか収穫できないので、沢山食べれるように残しました。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA