館長の肺癌手術の闘病日記。イチゴの定植前の最後の仕上げに入りました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 コロナ感染も少し落ち着いてきた長で、館長も少し安心できます。

しかし、甲府には、感染者が多いので、。病院に行くとき以外は、出かけることはしません。

今日は、本当に改革を進める大臣が選ばれるか楽しみです。

館長の手術後の痛みも減り、昨日から3食後の痛み止めだけにして、1日3回のとんぷくを

止めています。激しいい痛みはないのですが、とんぷくを20日近く飲んでいたので、

飲まないと、いらいらします。中毒のようなものでしょうか?

このまま、痛みがひどくならなければとんぷくを止めます。

今、急に痛みが強く出て来ました。我慢!我慢!

イチゴの栽培は、1年で一番重要な苗取の仕上げと定植を迎えようとしています。

農作物は、「苗が半作」つまり、苗の出来栄えでそのシーズンの収穫量が決まると言われています。

しかしながら、栽培期間んが半年以上のため、イチゴの場合は、苗の出来栄えが6~8割影響します。

今年の苗も、

①7月の長雨による生育遅れ

②8月の猛暑(甲府は、22日間35度以上)でしたで、苗が弱ったり枯れた。

③9月は、昨年同様曇りの日が多く、苗の生育が遅れています。

作ノンノ失敗を生かして、今年は昨年のような異常気象を前提に、苗の栽培を行いました。

従って、今年は昨年より良い苗が出来ています。

これから定植に入るのですが、昨年同様秋が暖かく寒さが遅れているので、

イチゴの花芽分化が遅れそうです。

昨年の失敗を生かして、例年より早く夜冷処理を開始て、最低夜温が20度を切る9月20日頃に

イチゴの苗の定植をします。

写真1.9月21日の定植に備えて、倒れた枝の内容に葉欠きをしました。

    頭上冠水は、水やりが機械で自動的に行うので楽です。

    しかし、頭上冠水をすると、一部の茎が水の重さで枝が倒れます。

    従って、9月12日から、手間がかかる手灌水に切り替えました。

   元気良く育っている夜冷処理中の苗。

写真2.夜冷処理苗の章姫。8月30日のブルグより苗が、根鉢の外に出ています。

写真3.館長が開発した夜冷処理のホワイトベリー。太い直根が出ています。

写真4.紅ほっぺの夜冷処理苗。根が根鉢の外に沢山出ています。

写真5.アイベリーの夜冷処理苗。まだ根の出が遅いです。

写真6.章姫の10月1日に定植する半夜冷処理苗。じゅぶんねが出ていますが、10月1日までに

    もっと根を出させます!

写真7.紅ほっぺの半夜冷処理苗。

写真ン8.ホワイトベリーの半夜冷処理苗。

写真9.アイベリーの半夜冷処理苗。

写真10.章姫の自然分化苗。7月11日にベットに直接挿し木した苗。

写真11.章姫の自然分化苗。6月末挿し木。

写真12.7.5Cmポットの章姫。自然花芽分化苗。根鉢が小さいので、良く直」根が出ています。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA