館長の肺癌手術の闘病日記。イチゴの夜冷処理を開始しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

肺癌手術から退院後2週間は、微熱が有り痛みも強かった。

手術から23日過ぎたころから、熱も下がり痛みが減ってきた。

今日は、食後3回の痛み止めは、飲み。1日3回の「とんぷく」は、1~2回に減らそうとしています

幸い痛みが減り、ハウスに行く時間が長くなり、食欲も増えてきました。

しかし、昨日のような最高気温37度だと、暑くてハウスに長い時間滞在できません。

今日は、涼しいので、ハウスの計画やまとめの仕事をしています。

9月中旬から8日間入院して抗癌剤の点滴をするので、体力を付けるために、

美味しいものをたくさん食べていますので、ご安心ください。

写真1.夜冷処理の苗。葉欠きも終わりこれからは、株を太らせるだけです。

    頭上冠水をしているので、茎が倒れています。

    乾けば、元のように茎が立ちます。

写真2.2番目に早い夜冷処理の苗。来週から夜冷処理に入ります。

写真3.一番遅い夜冷処理の苗。今は、株を太らせています。

写真4.無処理の苗。

写真5.退院後に咲いた梨「大天梨」。今頃咲いたので、受精をあきらめていましたが、

   手で授粉をしたところ、実が3個ぐらいなりそうです。

写真6.背の高い育苗ハウスに移動した、島バナナ。まだ天井まで余裕が合います。

写真7.入院前に挿し木した島バナナの苗。来年の収穫用です。右の苗の方が早く取りました。

写真8.アボガドの実が大きくなりました。もう市販されている物より大きいです。

    11月収穫予定です。

写真9.市販されていない、珍しいアボガド。黒くなったら食べられるそうです。

写真10.入院前に種を蒔いておいたレタス。いま野菜が高いので、従業員の皆さん喜んでお持ち帰りです。

写真11.ねぎも蒔いてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA