館長の肺癌手術闘病日記(8月13日~8月16日)と入院中の果樹の生育状況

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今後、肺癌で手術される患者様に、少しでも手術後の状況が分かるように

書きました。少しでも参考になれば良いです。

8月13日の午前11時に入院手続き。

病院までの到着時間は、車で約1時間ぐらいです。

何時も明るく、よくしゃべる英子社長は、一言もしゃべらない。無言の20分でした。

手術は、14日の14時から16時頃と説明を受ける。

8月13日の14時から、手術担当の医師から、手術の内容について詳しく説明を受ける。

予想していたが、手術が難しいので、手術時間も長く危険度も高いことが分かった。

もうすべて、私の人生を先生にお任せするしかない・・・・・。

入院すると、コロナの感染の関係で、家族と言えど面会はできない。

先生から400人に一人は、手術により死亡する可能性があることを知った!

夜、急遽遺言状を作成。実印などないので正式なものではないが・・・。

72歳までの家族に対する感謝と相続争いの内容に書いた。

8月14日、前の手術2件が早く終わり予定より手術が14時半頃に始まる。

    ICUのベットは、異常に狭かった!

    脊髄横に2種類の麻酔薬が点滴できる中部を挿入した。

    その後、全身麻酔で、何も覚えていない。

    18時半ころ、先生と息子から手術の成功の説明があった。

8月15~16日4時頃前が覚める。いつも館長が起きる時間である。

    体は、酸素吸入器・心拍測定器・両方の手は、点滴チューブ。脇腹には、

    腹水(?)を出す2Cmぐらいのチューブ。尿道に排尿のチューブ。で固定されていた

    閉所恐怖症の館長は、体が動かせないとに対するストレスが増していく。

    病室に戻れるのは、早くて11時頃と聞いた。待てよ、7時間この体制で

    過ごすのか?羊が1匹・2匹と数えても時間は進まない。

    ICU室であっても、テレビが見れることを聞いた。

どんな時も、自分の希望を伝えると希望が叶うこともあります。

    看護師さんのご協力で、急遽ICU室のテレビを運んでもらった。

    これにより、10時の病室移動までの6時間を何とか過ごすことができた。

   病室は、ナースセンターに一番近い部屋であった。14日の手術の中で館長が

   一番危険であった証明である。

   点滴による麻酔で、想像以上に痛みがない。いや、皆無と一て良い。

   1日目から歩行訓練に入るが、痛みがないので苦にはならない。

ところが左腕や肩が筋肉痛のような激痛が走る。麻酔では効かない!

   先生に原因を聞くと、肺(上葉)の摘出手術中、左腕が邪魔なので左腕を

   吊っていたようです。

   しかし、これまで何気なく無意識で酸素を吸収するために、呼吸している。

   肺(上葉)を除去した今日は、意識的に呼吸回数を増やして酸素を補充する。

  ここで、初めて肺と呼吸による酸素吸収が、いかに重大かが分かった!

同時に、手術として大変なことも理解したと言うより、肺がんの手術を

  軽視していた自分に気が付く!

  痰は、少し血が混じるが問題ないそうだ!3~6回/日でるが、

  16年前にたばこをやめたことと、入院前に練習していたので、苦にはならなかった!

  毎日、レントゲン撮影に行く。待ち時間がないのが良い!

  遠い場所なので、車いす移動であった。

  痛みがないので、3食十分食べられた。

  食事も煮物・野菜・肉・おひたし。デザートの果物。どれも美味しく感じた。

8月17日からは、次回説明。

写真1.入院前に種を蒔いておいた野菜。レタスです。

レタスは、丸まるレタスと、丸まらないレタス。赤かぶ・こかぶ・ネギ。

館長の予想以上に大きくなっていました!

写真2は、ネギ2種類。

写真3.ソフトボールからハンドボールくらいの大きさに変化した晩白柚。

写真4.アセロラの実が沢山なってきました!酸味が強いので、誰も食べない!

写真5.突然花が咲いた大天梨。実が収穫できる可能性はほとんどないが、手で受粉しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA