イチゴの株を選別して、納期別に並べ替えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コロナも少し落ち着いた感があります。

8月に入り、日本は猛暑に襲われています。

人間も植物も動物も猛暑対策が必要です。

危険な暑さと呼ばれ始めました。

山梨は最高気温38度と久しぶりに日本最高です。

7月が雨などで6割減の日照不足になった分、8月に生育の遅れを取り戻さなければなりません。

昨日、PCR検査をして、無事コロナに感染していないので明日13日の

入院が認められました。

手術や内視鏡検査をする患者さん80人ぐらいが集まりました。

検査時間は、約1分ぐらいでした。検査をする人は、毎回手袋を変えていました。

この手袋交換時間が一番長いですね。

検査は、綿棒を結構、奥まで入れましたが、痛くはありません。

テレビでPCR検査が拡大できないことを聞いていましたが、

今日検査を受けて、何故こんな簡単なPCR検査が増やせないのか疑問に感じました。

館長が明日から入院するので、急いで何とか株の大きさ別に苗を分けて

それぞれの棟に分けました。

しかし、コロナの影響で小学校が短い休みだったり、お盆休みのため

従業員の休みが多いです。

さらに、猛暑で午後は作業ができないので休みです。

このため、仕事の遅れが目立っています。

一番早い収穫は、12月上旬で8月23日から夜霊処理を開始します。

とにかく、館長が入院中に夜冷処理を開始できるように準備しました。

写真1.12月上旬に収穫できるように8月23日から夜冷処理をするB棟西。

    当館で一番大きな株を集めました。さらに日当たりを良くするために、

    入れつ間隔に並べます。これで生育はさらに良くなります!

写真2.当館で一番遅い収穫開始で12月末を予定。この棟には小苗を集めます。

これから整理です。

写真3.当館で2番目に早い12月中旬から収穫開始。この棟には中苗が選ばれます。

   これからさらにサイズ分けと並べ替えを行います。

写真4.この棟は、納期の遅い苗が集まっています。

    小苗なのでもう大半が、1列おきに並べてあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA