イチゴの苗取の前半が終了しました。新しく取得した館長苗取の特許は、作業が早い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コロナウイルの第2波・第3波が心配されていますが、東京と北海道を除いて落ち着いています。

県をまたがる移動が可能になったので、首都圏から地方への感染が心配な状況です。

地方や観光地がどれだけ感染防止の対策を実施できたが、今後の拡大のポイントになりそうです。

山梨県も10日間感染者がゼロになり継続しています。

いつどこでクラスターが起きるか心配な毎日です。

今年の苗取は、準備が完全に出来たことと、館長が特許を取った新しい苗取が3年目を迎えた事により

苗採りが5日間の予定でしたが、3.5日で終わりました。

こんなに楽で早き苗取が終わったのは、20年間で初めてです。

1.様々な実験により、苗の活着率の低下の心配がなくなりました。

2.3年目で作業も慣れ、作業スピードアップに専念出来たので、例年より1.5倍の早さで

  苗取が終わりました。

3.今年の苗の出来栄えが良かった。

今年の苗は、95~98%の活着率でしょう。

このまま上手くいけば、章姫や紅ほっぺの苗が沢山余りそうです。

写真1.紅ほっぺの苗取。

3密を避けるよう2メーター以上離れて、苗を取っています。

下から順番に小苗➡中苗➡大苗と苗を取ります。4月から出来た太郎苗は、老化の為使用しません。

今年から、5月に出来た太郎苗は、使用します。

写真3.苗採りが終わった紅ほっぺ。4月に出来た太郎苗を残してあります。

6月に出ている若苗も残しました。

写真4.苗取の後に不要となった4月の太郎苗を除去しました。

その結果、6月に出来た太郎苗がたくさん残っています。

この苗は、万が一苗取に失敗した時にもう一度8月に苗が取れるようにしてあります。

8月上旬には、1株から10本以上苗が取れるようになります。

毎年、苗取が失敗しないので、失敗した他の農家さんが使用しています。

写真5.良い根が沢山出ている苗。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA