来シーズンのイチゴ狩り用苗の親株を定植しました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

3月29日までは、ご予約が入っております。

収穫量が増え次第、毎日追加でご予約をお受けします。

コロナショックによる損失を挽回するためには、今シーズンをあきらめて、

来シーズンのイチゴ狩りを頑張るしかありません。

今年も例年通り、育苗ハウスに苗を取るための親株を2月20日に定植しました。

イチゴを沢山収穫するためには、良い親株から良い苗を取らなければなりません。

特に、この3~4年、7~8月の育苗時期や9月の定植時期や10月の出蕾時期の

日照不足に悩まされています。

イチゴ栽培のの7月から10月は、女性の妊娠から出産までの重要な時期です。

館長が特許を取得した、新挿し木方式で無病の親株を定植しました。

親株が病期で枯れるようでは、良い苗を作れません。

近年、温暖化で真夏の暑さは尋常ではありません。この猛烈な暑さに耐える親株作りと、

炭疽病の出ない新苗取方式が、館長の武器です!

年も元気で順調に苗が生育しています。

今年は、親株を2株にしないで、1株仕上げにしてランナーから大きくて良い苗を

取る方向に変更しました。➡少数精鋭方式に変更。

沢山苗を取るときは、親株を2株仕上げにして、沢山ランナーを出します。

写真1.2月20日に定植した紅ほっぺの親株の葉欠きと脇芽取をします。

    葉欠きと脇芽取前の紅ほっぺ。

写真2.脇芽取取と葉欠き後の紅ほっぺ。

    病害虫の駆除には、古い葉を除去しなければなりません。

写真3.

右側が紅ほっぺ。左側が章姫。 

写真4.左側がかおり野。右側があかねっ娘(ももいちご)。

写真5.右側がホワイトベリー。左側がアイベリー。

写真6.元気に葉露を出している、かおり野。 

写真7.元気に葉露を出している、章姫。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA