クリスマスの、ケーキ用イチゴの出荷が最盛期!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

平日は、いちご狩り日記をお読みください

今日は最低気温マイナス1度、最高気温3度と言う寒い一日でした。

暖房用のA重油が例年の3倍ぐらいのスピードで無くなっています。

クリスマスケーキ用のイチゴが最盛期です。

いちご狩りのお客様は、大粒を好み、ケーキ屋さんは小粒を好むので大変です。

ケーキ用の小粒を探して、1日に1500粒を出荷するのは、難しいです。

今年は、クリスマスのケーキが売れる時期が20日~24日と昨年より23日に

集中しているようです。

写真1.今シーズン2回目のA重油の給油。12月は三回6000L(42万円)になりそう。

これから1月、2月と厳寒期を迎えるので、頭が痛い!

141219-2

写真2.ケーキ用のイチゴの収穫。イチゴに傷がつかないように

パックで納入するのでなく、平トレイで納入します。

当館のイチゴは、全体的に少し大きすぎ。

141220-1

写真3.お歳暮とクリスマスケーキ用の出荷が最盛期。

141218-3141218-4

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*