12月14日の「再建感謝祭」が盛大に終わりました。YBS(山梨放送)で雪害から再建したいちご狩り園としてニュースで報道されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
2番花の収穫が開始できる、1月末までご予約の定員に達しましたので、
12月20日から1月25日までのご予約をお受けできません。

昨日は、沢山の皆様がご来館され、盛大に「再建感謝祭」が開催されました。

いちご姫さん達もお祝いに駆けつけてくれました。

12月の師走でお忙しい中、再建にご協力いただいた約90人の皆さんが、出席してくれました。

10時からは、県内の皆様。

11時からは、県外の皆様と混雑を緩和する予定でしたが、館長の準備や進行具合で

様々な行事が遅れ気味で、11時の県外の皆様には、少しお待ちいただいたことを

お詫びいたします。

何せ、初めてのことが多く、沢山の皆さんに参加してもらおうと思いましたが、

時間が無くなり、全員の参加とはなりませんでした。

いちご狩りのお客様とは、1年ぶりの再会で懐かしく嬉しく感じました。

 拘りを持ったイベントのため、全ての内容が好評でした。

沢山のお祝いを頂き「再建感謝祭」を盛り上げていただきありがとうございました。

感謝の気持ちでご招待したのに、お土産を頂き心苦しい思いです。

1.お餅つき  (白州のもち米を薪で焚いたので、素晴らしいお持ちが出来ました)

(豆餅が特に好評)

(皆さんに参加していただく)

2.いちご大福 (大きなアスカルビーで作ったので、巨大ないちご大福になる)

(アスカルビーの甘さと酸味が、市販品と異なったの美味しさを引す)

3.ケーキ作り (お子様が自分で生クリームを塗りイチゴをトッピングが好評)

(有機卵のシホンケーキは、深い味わいを生み出す)

4.トン汁   (トン汁に入れた秋田のきりたんぽが、とろみを出し最高!)

(自家製味噌と秋田比内鶏のスープの2種類が好評)

5.焼き芋   (たき火で焼いたので、美味しさ倍増)

(紅あずまは、栗のような甘さ。紅はるかは、クリーミな甘さ)

10時半から山梨放送(YBS)の録画でさらに混乱状態に突入。

やっと落ち着き、館長が色々なものを食べられたのが、12時半過ぎでした。

夕方15時20分から、当館の「再建感謝祭」の状況が、YBSテレビで放映される。

テレビを見た知り合いやお客さんから、お祝いの電話が多数入る。

疲れがピークに達し、選挙の番組を見ながら寝てします。

従って、ブログなどかけなかった。

写真1.お祝いに駆けつけてくれたいちご姫さん達。

皆さんが到着すると、ハウスの中はパッと明るくなりました。

写真2.朝一番で、もち米を蒸す薪の釜(移動式)に火を入れる。

写真3.次に焼き芋を焼くための炭を作るために、たき火に火をつける。

写真4.餅つきを開始。先頭を切って孫の光咲が餅をつく。

写真5.お子様に大人気だったケーキ作り。

行列で、順番待ちが出来るほど。

写真6.孫の光咲も巨大ないちご大福作りに参加。

写真7.右から大きないちご大福。おろし大根餅・黄な粉もち・あんこ餅・

焼き芋など、お客様がバイキング方式で好きなだけ持っていく。

写真8.最後に豆餅をつく。

写真9.バルーン2種類がお祝いとして届く。

左は、イチゴのバルーン。右はキティーちゃんのバルーン。

写真10.お祝いとして見事な胡蝶蘭が届く。

珍しい色の胡蝶蘭。

写真11.可愛いお花も届く。

写真12.いちご姫さんから、貯金箱に入った義援金が届けられました。

沢山の皆様からの心のこもった義援金に感激。

この場をお借りして、お礼申し上げます。

翌日、貯金箱を開けました。お札も沢山ありましたが、写真のような

小銭も沢山入っていました。

この1円・5円などの小銭に、当館を支援しようと言う気持ちが

込められています。

義援金をくださった皆様に答えられるように、頑張ります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*