今年も残留農薬の検査結果、農薬は検出されませんでした。

コロナの感染も一部の地域で、若干増加が見られています。

岩手県は、10月10日から41日間、感染者ゼロです。素晴らしいです!!!!!

山梨県は、26日間連続ゼロです。

今年も当館のイチゴの残留農薬を検査機関に出しました。

検査結果は、19年連続残留農薬が検出されませんでした。

今年も安心して、お客様に安全で安心できる甘いイチゴをご提供出来るので

ホッとしました。

世界中が無農薬(残留農薬ゼロ)に向かっていますが日本は、まだ無農薬に関する要望は少ないようです。

10~20年前は、温暖化もあまり問題になっていませんでしたが、今は誰でも温暖化は

大きな問題と認識するようになりました。

早く、無農薬(残留農薬ゼロ)の食材が広まることを願っています。

今年のイチゴは、7月1日に苗取無で直接定植した「かおり野」は、過去最高の出来栄えです。

しかし、かおり野以外は、ほとんど大粒が収穫できません。

かおり野以外のイチゴは、8月13日から20日にかけての寒さで、1番目の実が3週間以上早く花が咲き、

小粒で11月の収穫になり、12月は、ほとんどイチゴがありません。

2番目の実は、10月の温かさで、出蕾が約20日遅れて、1月末から収穫開始です。

館長は、自然をコントロールして夜冷処理を行い、異常気象に対応していましたが、温暖化の備えは

十分でしたが、8月の冷夏に対する対策が不十分でした。

どんな理由が有っても12月~1月末までほとんどイチゴが収穫できない現状は、22年間で

一番の屈辱です。

毎年の当館イチゴをご利用いただいている、お客様の対応に全力を投入しています。

写真1.今年も残留農薬を検査しました。検査結果を公表します。

写真1。鳴沢村の道の駅から見た富士山。

写真2.山中湖の忍野村の「八州」さんから見えた富士山。

写真3.順路1の章姫。少しずつ小粒の章姫が収穫中です。全体の8割が小粒です。

写真4.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー(白苺)。かおり野は、

    11月13日から収穫出来ています。紅ほっぺは、11月22日から少しずつ

    収穫できそうです。大きい粒は、少なさそうです。

写真5.遅い夜冷処理は、まだ収穫できません。

写真6.遅い夜冷処理の順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー(白苺)。

    夜冷処理が遅い分、8月の冷夏の影響が少なくて、少し大粒が期待できそう。

写真7.お土産のかおり野。赤いイチゴはちらほら有ります。

写真8.夜冷処理のアイベリー。

写真9.お土産のホワイトベリー(白苺)。

写真10.手前がさちのか。奥がアイベリー。

 

 

 

12月のイチゴはかおり野のやアイベリーを除いて小粒です。

山梨のコロナの感染者は、16日連続ゼロです。

巨人は負けましたね。残念ですが、やはり岡本抜きと力不足の両方で仕方がないでしょう。

かし、ヤクルトは、ヒットが少ないのに効率的に得点をああげました。

これが実力でしょう。若い選手を育てながら戦いぬいた、高津監督さんは素晴らしい!

夜冷処理の章姫や紅ほっぺは、1番目の花が早く咲いたので小粒になります。

かおり野は、7月1日に苗取無の直接定植のため、株が大きく生育していたので、

花が早くても7~8割がた大きな実が取れそうです。

館長は、イチゴの収穫時期を調整しようと20年間本を読んでテストしていました。

これまで、異常気象と言われながらもそれなりの収穫時期を目指していたので、

あまり大きな失敗はしませんでした。

今年は、例年になく収穫時期を早めようと計画・実施しましたが、予想しなかった8月の寒さで

イチゴの自然花芽分化が早まり、夜冷処理がさらに花芽分化を早めた結果、10月4日から11日に出た

花が小さく、章姫や紅ほっぺは、小さな実しか収穫できそうにありません。

イチゴの収穫時期をコントロールするには、

1.苗取から育苗期間の苗の大きさと肥料の管理➡2.夜冷処理の時期と期間と温度と肥料管理

➡3.花芽分化の時期の顕微鏡調査➡4.定植時期と肥料の管理➡5.2番目の花芽分化の肥料管理。

など、管理する項目が沢山あります。

基本的には、苗の大きさと肥料管理と温度管理になります。

今までは、花芽分化が10月15日以降だったのと、10月の温度が低かったので

2番目の花芽分化は、気にしないで自然花芽分化で問題ありませんでした。

しかし、今年は花芽分化時初期が8月14日頃で出蕾時期が10月4にちと早く2番目の出蕾時期が

早まり10月上旬になりました。

この10月上旬の平均気温が22度前後と例年より高く、2番目の花の花芽分化を遅らせたようです。

例年の10月上旬の平均気温は、15度前後です。

1番目の花の実を大きくするために、肥料濃度も高くしすぎたのも一因かもしれません。

来シーズンは、

1.異常気象(寒い時・暑い時)を考慮した夜冷処理。

2.育苗管理

3.花芽分化時期と顕微鏡調査の精度アップ。

4.2番目の花の花芽分化を顧慮した定植から収穫時期の肥料管理

など、様々な基本条件を見直し、12月~2月までの収穫時期をコントロールしたい。

個人的な話

 館長の肺癌(ステージ3)は、手術後1年を過ぎて、どこも異常なく過ごしています。

2~3日前、国立がんセンターが、癌の10年後の生存率を発表しました。

肺癌のステージ3の10年生存率は、13.5%でした。5年生存率は、21%。

10年前から昨年までの医学は進歩しているので、館長も発表の数値より

長く生きられると思いますが、現実をもう一度突きつけられました。

残り何年か分かりませんが、それまで失敗しない新しいイチゴの栽培方法を見つけます

写真1.11月11日に原油の高騰で困っているイチゴ農園として当館を取材に来ました。

    A重油は、昨年の69円/Lから100円/Lと3割値段が上がっています。まだ12月までに

    値段は上昇するでしょう。この値上がりによる損失は、50万円になるでしょう。

順路1の章姫。10月4日に出蕾した蕾は、全て除去したので、まだ赤いイチゴは少ないです。

写真2.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー(白苺)。

    10月4日の出蕾した一部の実が出ています。

写真3。遅い夜冷処理で収穫時期を遅らせる予定が、自然花芽分化で早い夜冷処理と

    同じになりました。2番目の出蕾が、11月22~29日と遅れるので

    葉の枚数を5枚に減らしました。

写真4.遅い夜冷処理の順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー(白苺)。

    遅く植えましたが、ようやく大きくなりました。

写真5。お土産のかおり野。実が赤くなり始めました。

写真6.お土産のかなみ姫とホワイトベリー(白苺)。

写真7.お土産のさちのかと愛ベリー。例年より大きな株に仕上げました。

    2番目の花が遅れています。

写真8.10月4日に出蕾した、かおり野。糖度は、13以上です。

写真9.10月4日に出蕾した、かおり野。糖度は、13以上です。

写真10.5年前に購入した「イチゴ大辞典」。もう一度読み直しています。

     722ページあり、写真やグラフで詳しく説明が有ります。

 

12月のいちごのサイズは、中サイズからパックサイズまでの収穫になりそうです!

東京のコロナの感染者数も極限の1桁まで下がりました。

下げ止まりから、何時また第6波が来るか不安です。

大阪や神戸が下げ止まり、少し増加傾向にあるのが心配です。

第5波の時は、大阪や神戸が下げ止まりの値が低く、いち早く感染が爆発しました。

山梨は、11日感染者がゼロです。コロナの入院者もゼロになりました。

これで、館長も病院に行きやすくなりました。

今日は、クライマックスシリーズの阪神巨人戦です。

昨日は、原監督が基本通りのオーダと作戦で無事に勝つことが出来ました。

岡本の怪我は、予想外でしたが何とか勝てました。やはり巨人には、人材が豊富ですね!

と言うことで、今週の土日は、阪神巨人戦が見たいので、イチゴ園はお休みにしました。

今日は、ノンビリブログを書いたり、果物の成長記録をまとめたりしています。

体調の方は、体力を使う仕事が無くなってきたので、酸素濃度が92から95ぐらいに

減ってきました。

肺活量を増やすために、今日からトレーニング開始。頚椎症による腕や足先の痺れを無くすために

首周りの筋肉を付けるようにトレーニング開始。

肝心のイチゴ園は、異常気象でイチゴの株が大きくなる前に花が咲き、9月の花芽分化形成時期の

高温で1個目の大きい花が不受精になりました。

と言うことで、12月の収穫は、大粒がほとんどなく、中粒からパックサイズになります。

1月20日頃からのイチゴの収穫は、12月が良くない分、過去最高に良くなる予定です。

11月中旬から、イチゴの収穫が始まるので販売先を探したり、有効活用を検討しています。

館長は、自然花芽分化に頼ると毎年収穫時期が遅れたり、早くなったり、遅くなったりするので、

自然花芽分化をコントロールする夜冷処理を導入しています。

温暖化で毎年8月から9月の温度が上昇していたので、今年も8~9月の温度が高いと思い込んでいました。

しかし、今年は8月~9月の温度が例年より低く、逆に10月の温度が高温になり

イチゴの自然花芽分化が早くなりすぎました。

失敗の原因

1.毎年温暖化で気温が上昇すると勘違いして8月の中下旬から夜冷処理をした。

2.8月と9月の夜冷処理中の昼間の温度が高すぎて、1個目の花が高温障害を起こし不受精になった。

3.日照不足対策が不十分で、大きな株に仕上げられなかった。

対策を考えて、来年の収穫時期を計画通りになるようにすると同時に高温対策を実施する。

写真1.順路1の章姫。イチゴの株は、過去最高に良いのですが、良い実は期待できません。

写真2。順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー(白苺)。

    少し良いのは、かおり野。予想以上に良くないのが紅ほっぺ。

写真3.遅い夜冷処理のつもりが、自然花芽分化で夜冷処理と同じになりました。

    章姫の株は、大きくなりました。

写真4.遅い夜冷処理の順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー(白苺)。

   このエリアのかおり野は、肥料を吸収しすぎて、栄養成長になり花芽分化が遅れました。

   今出蕾しています。

写真5.お土産のかおり野。実が少し赤くなり始めました。

写真6.今年から復活したお土産用の夜冷処理のさちのか。奥はアイベリー。夜冷処理の

    アイベリーは、過去最高の出来栄え。

写真7。お土産のさちのかと愛ベリー。

写真8.今年から復活したかなみ姫。

写真9。お土産用のホワイトベリー(白苺)。

写真10.かおり野の2番目の出蕾を調査。葉を1枚取るともう蕾が見えました。

     中心が1個目の花の蕾。下に小さく見えるのは、2番目の花の蕾。

     11月8日に800株ぐらい、出蕾予定。

写真11.今週もお誕生日の女性がいたので、ケーキでお祝いしました。

 

 

 

 

いちご狩りの12月のご予約が入ってきました。例年より早くイチゴの出蕾が全て終わりました。

東京のコロナの感染もまだ終息に向かっているようです。

幸い山梨県は、3日連続ゼロの続いています。どこまでもゼロが続いて第6波が来ないことを

祈っています。

ぼちぼち、12月のいちご狩りのご予約が入ってきました。

今年は例年より2週間ぐらい早いので、クリスマスやお正月のいちご狩りが出来るか、

まだ不明です。言えることは、1月20日頃からのいちご狩りは、過去最高に良いでしょう。

お歳暮には、丁度よいでしょう。是非ご購入ください。

10月4日に出蕾した株の2番目の蕾が早く出るように祈っています。

今日偶然1株2番目の蕾を見つけました。

10月4日に出蕾した章姫の株の2番目の花を顕微鏡で調査しました。

1.ランナーが出ていなくて、蕾を除去した元気な株の出蕾は、11月22日と例年と同じと推定。

2.ランナーが出ていて、蕾を除去した普通の株は、11月15日頃出蕾と推定。

3.実をならせている株は、11月8日頃の出蕾と推定。(今日1株蕾を見つけた)

今年は例年より2週間花が早いので、10月4日の夜冷処理の株は、1月の2回目の実が大きくなるように

蕾を除去しました。蕾を取ると2番目の蕾が遅れるかもしれないと、心配していましたが、心配通り

2番目の蕾の出蕾は、遅れそうです。理由は、蕾を取ることにより株が元気になり生殖成長が鈍り

栄養成長が影響して、出蕾が遅れるのかもしれません。

通常、9月に出た蕾の2番目の蕾は、30~40日で出て来ます。10月から11月の蕾は、

天候(寒さや日照)や株の大きさで2番目の蕾の出る日数が変わりそうです。

品種により異なり、アイベリー系統の約2~3割は、3~4週間で2番目の蕾が出ます。

館長は、この2番目の蕾を「追っかけ2番」と呼んで通常の2番と区別しています。

今年の芯止まり株の発生率

1.紅ほっぺは、例年より多く2%➡まだ増えるかもしれません。

2.章姫は、例年より少なく0.2%。

今週の作業は、かおり野の蕾取やかおり野・章姫などの脇芽取。元気な株の葉欠き。

写真1.順路1の章姫。蕾の出来を終えて花が咲き始め葉の大きさが大きくなってきました。

    今年もイチゴの葉がにツヤがり、ピカピカ光っています。

写真2.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー(白イチゴ)

    奥の列のかおり野は、葉欠きしたのでスッキリしました。紅ほっぺは、

    葉が大きくなってきました。

写真3。10月21日に定植した遅い夜冷の章姫も、大きくなりました。

写真4。遅い夜冷処理の順路2の紅ほっぺ・かおり野・ホワイトベリー。

    ポット植えしたかおり野は、元気良すぎて半分出蕾11月8日頃の出蕾

    になるでしょう。

写真5。8月25日に定植したかおり野。

写真6.手前が紅ほっぺ。奥がさちのか。さちのかは、夜冷処理が短かったので

    出蕾が遅れています。11月22~28日頃出蕾予定。

写真7.手前がさちのか。こちらは夜冷処理をしたのですが、株が元気良すぎて

    半分は、出蕾が11月22日頃に遅れそうです。

写真8.半夜冷と遅い夜冷のアイベリー。蕾が予定より早かったので、

    馬鹿デカイ大きい実が期待できません。

写真9.手前がかなみ姫。昨年購入した親株が炭疽病だったので、良い苗が採れませんでした。

    半分は、1月末頃に収穫です。期待して待ってください。

写真10.今年は館長が満足するような大きな八重の蕾が少ないです。

    つまり、全体的に大きな実が少ないでしょう。このアイベリーは、

   バカでかい実がなるでしょう

 

 

いちご狩りと通販とお歳暮は、12月1日から開始予定。

東京のコロナの感染は、誰もが予測できなかった人数まで激減しました。

万一のコロナ感染第6波にそなえて、今年も完璧なコロナ対策をします、

10月22日に対策完了。

当館のいちごの出蕾がほぼ終わりました。

館長の予測より1~2週間早かったので、

1.10月4日出蕾した花は、除去しました(約1000株)。茎は結構太いので勿体ないなー!

2.10月11日の花は花びらが8枚の花が少ないです。だんだん八重の花が増えてきました。

3.テストで定植したかおり野(600株)の半分が出蕾が遅れています。

4.購入したさちのかの苗は、夜冷処理をしなかったので花芽が飛び、出蕾しません。

他のイチゴ農園は、花が早くて蕾を除去したり、栄養成長が良く花芽分化が大幅に遅れて

いるようです。もしかすると、今年12月末は、イチゴが無くてクリスマスケーキに

イチゴが載らないかもしれません。

この原因を調査すると

9月 平均 最高 最低
2020年 24 29 21
2021年 22.7 27.7 19
1.3 1.3 2
10月 平均 最高 最低
2020年 17.9 22.2 14.8
2021年 20.6 25.8 16.4
-2.7 -3.6 -1.6

1.9月は昨年より寒く順調に花芽分化した。

2.10月は、昨年より暖かく、生殖成長から栄養成長になって、花芽分化しなかった。

館長も9月が例年より寒かったので、安心して肥料を沢山与えました。

その結果、夜冷処理した苗は、全て出蕾しましたが、自然花芽分化に任せた一部のかおり野(300株)と

さちのか(150株)の花芽分化が遅れています。

今後の肥料管理や温度管理を決めるためにイチゴの花芽分化の状態を調査しました。

1.章姫の2番目の出蕾の調査➡実態顕微鏡の調査の結果、「花房分化期」で11月23日頃

2番目の出蕾予定。10月4日の蕾は18日に除去。生殖成長をしている証拠にランナーが2本出ています。

栄養成長はランナーが出ません。

2.紅ほっぺの2番目の出蕾の調査➡「花芽分化初期」で11月末に2番目の出蕾予定。

出来が早すぎて不受精になった株を選びました。

3.遅れているかおり野の1番目の調査➡2枚の葉を除去したら、蕾が見えたので2週間後に出来予定。

茎が太く葉が緑色の元気な株を選びました。予想通り蕾が肉眼で見えました。

まず、葉を2枚除去すると肉眼でチューリップのような蕾が見えました。

葉を2枚取ると、肉眼で、チューリップのような蕾が、見えました。

葉が2枚出てくる2週間後に蕾が出ます。

4.自然花芽分化のさちのかの調査結果➡花芽未分化で出蕾が11月末➡収穫1月末。

栄養成長していそうな大きくて元気な株を選ぶ。

株からは、ランナーが出ていないので栄養成長を推定。やはり花芽分化はしていない。

やはり、夜冷処理の苗と直接定植のかおり野は、全て出蕾して、2番目の蕾も11月中には来そうでなので、

夜冷処理の重要性を感じました。

自然花芽分化に任せるかおり野などは、9月が寒くても10月が寒いとは限らないので

10月の気温が高い時は、肥料濃度を下げたり、給液量を減らさなければなりません。

10月8日からアイベリーやさちのかの電照を開始しました。

10月8日にハウスの掃き掃除を行いました。

ケルヒャーの掃除機の活用とエヤーブロワーの導入により、床清掃が早くなったり奇麗になりました。

ほうきとエアーブロアで床に散乱しているココを集めてから、ケルヒャーの掃除機で

ココを一気に集めます。

今年から採用したエアーブロアー。借りものですが効果絶大。来年は、購入予定。

10月10日孫の光平君の七五三。着物を着て嬉しそうでした。

10月18日から、10月4日に出蕾した株から、腋芽を取り始めました。

かおり野は、株の生育が良いので、腋芽も20Cmと大きい。

10月20日から脇芽取を始めた、章姫。かおり野よりは小さい17Cm.

10月20日の富士山。ほとんど雪に覆われました。

写真1.10月22日にセンター通路の飛沫感染ボードと休憩場のテーブルに飛沫感染防止ボード取り付け。

倉庫にしまっていたボードを設置。

説明看板の前の飛沫感染ボード。このボードでお客様とお客様及び館長と

お客様の飛沫感染を防止と同時に、2mのキープディスタンス。

対面するお客様の飛沫感染ボード。テーブルとテーブルの間の飛沫感染ボード。

エアロゾル化して空中に舞うコロナ菌を、ミストで叩き落します。また、湿度を高くすることにより

コロナ菌の寿命を短くします。

順路2の章姫。出蕾がおわり、新葉が手てきて株が少し大きくなりました。

順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー(白苺)。紅ほっぺが大きくなりました。

遅い夜冷の順路1の章姫。半分以上は早く花が来て、除去しました。

少し大きくなりました。

遅い夜冷の順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー(白苺)。

お土産のかおり野。過去最高の出来栄え。

赤色は、10月4日に出蕾して花が咲いています。

病気もなく全ての株が元気に生育。当館の特徴は、全ての株が同じように生育します。

お土産。手前が紅ほっぺ。奥がさ購入したちのか。

お土産。手前が夜冷処理した自家苗のさちのか。出蕾が開始しています。

奥は10月17日に定植した、アイベリー。出蕾から開花まで15日以上かかります。

10月22日と28日に定植のアイベリー。出蕾が始まっています。

10月17日に定植したホワイトベリー(白苺)。

10月18日に定植したサラダイチゴ。

 

いちご狩りの株に花が咲き始めました!早すぎる・・・・。困った!

コロナ感染も収束し、いまだに増加傾向にならないので一安心です!

東京で感染者が66人と低いですね。感染専門家でも予測できなかったです。

このまま、感染の拡大が起きないことを祈っています。

昨年は、肺癌の手術や治療などでイチゴ栽培も館長が納得できるレベルまで出来ませんでした。

今年は、過去最高の出来栄えを目指して苗取や育苗や夜冷処理と完璧にこなしてきました。

しかしながら、7月~8月の日照不足と8~9月の低温と言う2つの異常気象がイチゴの栽培に

悪影響をもたらしました。農業は天候に左右されるので仕方がありません。

館長は、異常気象が起きても影響が少ないように収穫時期を3段階に分けて計画しました。

しかしながら、

1.日照不足による苗の生育遅れ。

2.低温によるイチゴの自然花芽分化の前倒し。

異常気象に対して万全な対策をしてきたつもりでしたが、2個の異常気象が重なり花芽分化が

例年より2週間ぐらい早まりました。

この10年、温暖化によりイチゴの花芽分化が遅れることが有っても、早まることはありませんでした。

来年からは、花芽分化が早まることも頭に入れて栽培計画を立てることにしました。

自然花芽分化が早まったことにより

1.株が大きく生育しないうちに花が咲き、小さな実しか収穫できない。

2.収穫時期が11月末からスタートして、クリスマスやお正月にイチゴが収穫できない

つまり、1番目の花の12月の収穫は、あまり期待できない。1月中旬からは、例年より

大きな実が沢山収穫できる予測です。

館長が心配しているのは、(1)贈答用のイチゴを待っておられるお客様に何とか対応したい。

(2)12月末からお正月のいちご狩りを楽しみに待っておられるお客様を受け入れられない。

これから少しずつ色々な品種の花が咲いてきます。

咲いた花の大きさと咲いた時期により、約2月後の12月から1月の収穫時期を正確に把握していきます。

少しでもお客様のご要望にお応えできるように頑張ります。

写真1.何時でもお客様をお迎えできる状態にいちごハウスのじゅうんびを進めています。

    まずは、メイン通路と休憩場の清掃。

写真2.順路1の章姫。イチゴは蕾が出てイチゴの花が咲くまで葉は出て来ません。

    従って10月4日頃とイチゴの葉の枚数と大きさは変わりません。

    古い葉の除去が終わり、粘着くんでの害虫の駆除も終わりました。

    今年も5月まで生物農薬を駆使しながら、残留農薬ゼロ(無農薬栽培)を

    継続します

写真2.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー(白イチゴ)。

    ホワイトベリーや紅ほっぺは、先週より大きくなりました。

    かおり野は、苗取無の直接定植のため大きな株に育っているので例年より

    1~2週間早くても大きな実が収穫できます。

写真3.収穫時期を2週間遅らせよう足した遅い夜冷処理の章姫。定植を2週間遅らせたのですが、

    もう花が咲き始めました。株も必死に大きくしていますが、大きな実は期待できない。

写真4.収穫を2週間遅らせようとした、順路2の紅ほっぺ・ホワイトベリー・かおり野。

    かおり野以外は、もう花が咲き大きな実が期待できない。

写真5.お土産・お歳暮エリア。手前からかおり野、紅ほっぺ、さちのか。、アイベリー。

    アイベリーの一部を除いて、贈答用に使えそうです。

写真6.お土産。贈答用のエリア。手前からかなみ姫、ホワイトベリー・さちのか・アイベリー。

    ホワイトベリーを除いて、お歳暮や贈答用に使えそうです。

 

いちご狩りの苗に蕾が出て来ました。いちご狩りは、12月上旬から開始予定。

東京(138人の感染)や日本全国で、コロナの感染が激減しましたね。

インフルエンザをこのレベルに抑えるのも難しいのに、こんなにコロナが減るのは

不思議です。

第6波の感染が拡大しないように、みんなでマスクを付けたり手洗いを励行しましょう。

8月末からの寒さの訪れで、今年は秋の訪れが早いです。

館長は、イチゴの苗を夜冷処理(冷房処理)をしてイチゴの収穫を12月上旬にしていました。

今年は、秋の訪れが早い分夜冷処理の苗も早く花芽分化を起こして、例年より2週間ぐらい早く

収穫できそうです。

今年は、12月上旬から収穫を開始して、いちご狩りも12月上旬から開始します。

夜冷処理の苗は、定植後30日後ぐらいに出蕾するのが理想です。

今年は、定植後20~28日で出蕾し始めました。

良い八重の花が咲かない場合は、花と蕾を取ります。

館長は、夜冷処理と半夜冷処理と遅い夜冷処理の3段階に分けて定植しましたが、

3段明の苗の出蕾時期が、自然花芽分化によりほとんど同じになりそうです。

写真1.センター通路と休憩場の整理整頓をしました。2か月以内にいちご狩りが開始できます。

写真2.順路2の章姫。手前が夜冷処理の苗の章姫。その奥が半夜冷処理の苗。

    両方とも苗が大きくなっています。

写真3。順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。9月14日頃に定植した

    紅ほっぺとホワイトベリーも大きくなりました。奥のかおり野は、7月1日に苗取無で

    直接定植したので、大きな株になっています。出蕾が始まっています。

写真4.遅い夜冷処理の章姫。夜冷処理に比べてまだ株が大きくなっていません。

    しかし、もう自然花芽分化の影響で出蕾が始まって困っています。

写真5.遅い夜冷処理の順路2の品種でかおり野紅ほっぺ・ホワイトベリー。

    こちらも出蕾が始まっています。

写真6.お土産エリアのかおり野・紅ほっぺ・さちのか・アイベリー。

    遅い夜冷処理のアイベリーの定植が終わり、全ての品種の定植が

    完了しました。

写真7.お土産エリアのかなみ姫・サラダイチゴ・ホワイトベリー・さちのか・アイベリー。

    ぐんぐん大きくなっています。お土産の品種は、お歳暮の時期に丁度間に合います。

 

イチゴの定植苗が大きくなってきました。

 東京のコロナ感染は、皆の予測に反して大幅に激減しました。

緊急事態宣言の無力化を述べていた報道各社は、少しは反省すべきと感じてます。

なにわさておき、コロナが激減したのは良いことです。

悲しいことに山梨はコロナのクラスターが発生したりして、いまだコロナの感染が

収束していません。

私達は、ただひたすらにコロナの感染が収束するまで待ちます。

さて、イチゴの定植は、アイベリーの遅い夜冷処理300本を除いてすべて終わりました。

7~8月の日照不足の影響で小苗になったイチゴの苗は、館長の予測以上に元気に生育しています。

今年の苗の特徴は、良い苗と良くない苗の差が大きいことです。

人間で言えば、「貧富の格差拡大!}です。

日照不足の苗の対策の効果を確認しながら、残留農薬ゼロ(無農薬栽培)を進めています。

今年の当館のイチゴの花芽分化は、例年より2週間から1月くぐらい早まっています。

夜冷処理で花芽分化の早いイチゴは、10月5~15日に出蕾する予測です。

出来るだけ遅いことを祈っています。

写真1。昨日の雨で富士山に雪が積もり、ハッキリ積雪が見えました。

   毎年、富士山には、雪が一番似合いますね!

写真2.順路1の章姫。花芽分化の出来具合により9月10日から9月21の間に

    定植しました。出蕾は、10月5日~10月20日頃。

写真3.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。

    手前のベットは、夜冷処理の紅ほっぺ・半夜冷の紅ほっぺ・

    夜冷のホワイトベリーと半夜冷のホワイトベリー。

    奥のベットは、7月1日に苗取無で直接定植したかおり野。

    自然花芽分化のかおり野の出蕾は、10月5日~10月25日頃。

写真4.手前のベットは、夜冷処理の9月10日定植の章姫。

    奥のベットは、半夜冷処理の9月15日定植の章姫。

  定植が5日間の差でも、株の大きさがずいぶん以外ます。

写真5.9月21日の定植したおそい夜冷処理の章姫。

写真6.9月22日定植の遅い夜冷処理のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。

写真7.お土産エリアの品種。

    手前から「かなみ姫」・サラダイチゴとホワイトベリー・さちのか・アイベリー。

写真8。お土産エリアの

   かおり野・紅ほっぺ・さちのか・アイベリー。

写真9.1Kg2万5千円の飯田の松茸。今年は豊作らしいですが、まだ高値ですね!

    傘が開いているので、大きい方は松茸ご飯。小さい方は、焼き松茸。

    焼き松茸は、今年から友人と一緒に松茸を食べるために栽培を開始した、

    「種無しスダチ」を使います。

    しかし、悲しいことに友人は癌の闘病生活で一緒に食べれるません。

写真10.松茸ように栽培している、「種無しスダチ」

夜冷処理のイチゴの定植が8割がた終わりました。残り2割は、9月23日頃です。

東京のコロナ感染が収束に向かっています。

今回は、新規感染者が200以下になるよう皆で、頑張って欲しい。

山梨県も少し減り、一桁の感染者数になり始めました。

しかし、9月末頃から増加するのではと心配しています。

昨年、館長は8月14日に肺癌の手術を受け2月まで抗癌剤治療を受けていました。

このため、お客様には大変申し訳なかったのですが、イチゴの栽培に専念出来ませんでした。

今年は、癌の再発もなく体調も良いので、過去最高の出来栄えを得ようと頑張っています。

そんな矢先、日照不足と早い秋の訪れなどの異常気象により、イチゴの出来栄えがよくないかもしれません。

異常気象の影響を回避すべく対策をしてきましたが、対策の効果が確認できるまでの10月中旬までは、

心配です。

今年の7月からの異常気象の日照不足は日本中の農家を襲い、大不作を招いています。

異常気象が無ければ、農家ももっと安定した収入が得られるのですが・・・・・・・・・・・。

今日は、久しぶりに晴れました!今日から苗の生育遅れを取り戻さなければなりません。

ビニールハウス(温室)でも、晴れて太陽が出なければイチゴの苗は成長しません。

イチゴ栽培で、一番難しい判断を要求される定植がほぼ8割終わりました。

自然の成り行きに任せる農業であれば、何の問題もありません。

しかし、当館のお客様が12月から販売を待っているので、自然の環境変化に影響されないように

8月(夜だけ)から苗を冷房して花の咲き時期をコントロールして、収穫時期をコントロールします。

この8割の苗は、夜冷処理をしているので、自然花芽分化より早く花が咲き、収穫時期も

12月上旬から12月末頃の苗です。

残り2割は、12月末からお正月からの収穫用に、花芽分化を遅らせている苗の定植です。

今年の8月末から9月の最低夜温が例年より早いので、夜冷処理の苗も例年より

7~14日ぐらい早くなりそうです。

館長の栽培計画は、下記になります。

1.早期夜冷の苗は、10月15日頃に出蕾し12月5日頃から収穫予定。

2.普通夜冷は、10月20日頃に出蕾し12月10日頃から収穫予定

3.遅い夜冷処理の苗は、ほぼ自然花芽分化と同じで、10月末に出蕾し、12月末から収穫予定。

しかし、今年の早い秋の訪れの影響を受けて、7~14日ぐらい早くなりそうです。

夜冷処理(苗を8月から夜間冷房)による花芽分化を確認してから、定植を行います。

花芽分化の確認は、実態顕微鏡で確認します。

花芽を確認するために、苗のクランを切り離し小さな葉まで除去して花芽分化を確認します。

確認したイチゴの苗は、死んでしまうので収穫には使えません。

また、全数検査でなく抜き取り検査で2~3株のため、判断を間違うと花が早く咲いたり

花が遅れたりします。

また、実態顕微鏡が高価で買えないのと、花芽分化の確認が難しいので、一般的な農家さんは、

県の農業関係機関や農業大学にお願いしているようです。

館長は、20年前に脱サラしてイチゴ栽培を始めてから、即高価な実態顕微鏡だけは購入しました。

当館も自分で確認すると同時に、県の農業事務所にお願いして花芽分化を確認しています。

また、品種ごとの花芽分化の時期が異なるので、正確な情報を得るためには、全ての品種を確認します。

当館は、8種類*3段階の夜冷処理=24株を確認します。

写真1.実態顕微鏡でイチゴのクラウンを10~15倍に拡大して花芽分化の確認をします。

写真2.花芽分化を確認した夜冷処理のイチゴの苗。

写真3。花芽分化のステージの写真。(未分化と分化初期)

写真4.文化期と花房文化期

写真5.ガク片形成期と雄ずい形成期。

写真6.実態顕微鏡の写真が難しくて分かりにくいので、花芽分化のステージを絵にしたもので

    説明します。花芽分化初期を見つけるのは難しい上に、全てが分化しているか不明のため、

    文化初期と分化期の間で、花芽分化の確認をしています。がく片形成期初期からは、素人でも

    分かりやすいのですが、この時期に定植したのでは、手遅れで大きな実が収穫できません。

写真7.定植の作業の内、苗の運搬に時間がかかったので、軽トラをいちご狩りハウスの中に入れて、

    苗の運搬時間を半分以下にしました。

写真8。イチゴの定植が8割終わったイチゴ狩りハウス。

    ようやく、緑色が見えてきたので農業用ハウスに見えてきました。

写真9.順路1の章姫。

写真10.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー(白イチゴ)

写真11.右側が9月10日に定植した夜冷処理の章姫。

     左側は、新品種かなみ姫(8年前に栽培していました)

写真12.右側が9月12日に定植したさちのか。

     左側は、9月17日に定植した紅ほっぺ。

 

 

 

夜冷処理のイチゴの花芽分化が起きました。章姫から定植を開始しました。

ようやく、関東や山梨のコロナの感染が減ってきました。

このまま、皆で頑張ってコロナ感染を防止しましょう!

夜冷処理の章姫に花芽分化が、10日ぐらい早く起きました。

今年は例年より早く涼しくなってきたので、夜冷処理のイチゴも早く花芽分化が起きました。

富士山の初冠雪が昨年より25日早く、平年より20日早い初冠雪でした。

今年は、富士山の初冠雪の写真が曇りでよく撮影できませんでした。

農産物に対するこの秋の訪れの速さの影響は、何が起こるか分かりません。

イチゴに関しても、今後どんな障害が起こるか不明です。

推定されるのは、

1.芯止まり株の増加。

2.小苗の花芽分化促進。

3.更なる寒さにより、生育の遅れや、休眠。

今後異常気象の傾向を早く把握して、対策したい。

半夜冷処理の章姫も花芽分化が起きているようですが、5日ぐらい遅れて定植をする予定です。

今年の章姫の苗は、日照不足対策で鉢広げを行ったので、茎が倒れないしっかりした苗になりました。

定植しても茎が倒れることもなく、気持ちが良いぐらい元気です。

写真1。9月7日の富士山の初冠雪。朝早く撮影したので、雪がほとんど見えません

    その後、曇りで富士山が見えなくなりました。

写真2.9月9日に山梨県の中北農務事務所に苗を持って行き、実態顕微鏡で花芽を

    検査してもらいました。館長の実態顕微鏡は、30万円と安いので微妙な判定が出来ないので

    毎年、農務事務所にお願いしています。

    章姫は、花芽が来ていました。紅ほっぺは、まだでした。

写真3.育苗ハウスからいちご狩りハウスに、軽トラックで運搬します。

    距離で100mぐらいですが、1500本運ぶのに6人で1時間かかりました。

    今年の苗は、鉢広げして太陽の光を沢山当てたので、茎がしっかりしています。

写真4.昨年2020年は、葉の枚数も多く、茎も弱く曲がっています。

真5.章姫の苗、日照不足で、根の量が少ないです。根鉢から太い根が出てい居るのが

    理想です。

写真6.夜冷処理の章姫の定植が半分終わりました。

写真7. 定植が終わった章姫の苗。茎が倒れていません。

写真8.昨年2020年の章姫の定植後の苗。茎が倒れています。

写真8.横から見た章姫の定植後の苗。