いちご狩り

春休み最後の土日のいちご狩りは、ご予約少なく空いています!

 コロナウイルの感染か拡大で、いちご狩りは、ご予約が少なく空いています。

館長の予測以上にいちご狩りのお客様は、激減しました。

当館も、今週からイチゴが余る状況です。

今週のお客様のご来館状況で、イチゴ園を縮小するか、閉園するかの判断を迫られています。

サービス業と同じように、毎日、日銭を稼ぐイチゴ園にとって、厳しい状況が2月から続いています。

年間の給料が保証されているサラーリーマンや公務員の皆さんに比べて、

サービス業は、全く収入が保障されていないのです。

実は、館長も50歳までサラリーマンでした・・・・。

当館のいちご狩りは、栽培面積3000㎡、高さ4Mの広いハウスで天窓換気や換気扇もある、

密閉した環境では、ありません。

しかし、関東地区では、3「密」でない環境も外出自粛の対象になり、いちご狩りに来られないのでしょう

館長も今年で72歳になります。

万一、コロナウイルに感染すれば、致死率が10~15%の年代です。

お客様がコロナウイルに感染しないように、万全の対策を施しながら、

館長も、自分自身がコロナウイルに感染して死なないように頑張ります!

写真1.鈴なりの章姫。

写真2.順路2の紅ほっぺ・かおり野・ホワイトベリー。

 

 

 

東京・長野は、みぞれや雪の情報。安全第一!ご遠慮なくいちご狩りをキャンセルください。

現在、東京や長野県は、みぞれや雪の情報です。幸い山梨は雨の予報です。

安全第一ですので、ご遠慮なくキャンセルください。勿論、キャンセル料金は不要です!

キャンセルされる時は、電話でご連絡をお願いします。

当館は、外出自粛規制の中、山梨県を中心にコロナウイルス感染の少ない地域の

皆様からご来館いただき、お客様が少ないながらも頑張って耐えておりますので、

ご安心ください。

館長は、外出自粛で対応しにくい、病院などの院内感染や介護施設などの弱者の施設の感染拡大が

一番心配です。

1.甲府の天気予報(雨の予報)

https://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/19/4910/19201.html

2.大月の天気予報(9時頃にみぞれ予報)

https://weather.yahoo.co.jp/weather/19/4920/19206.html

3.中央道の道路情報

https://roadway.yahoo.co.jp/traffic/road/1033006/map

 

 

コロナウイルス感染拡大の中、感染が出ていない地域を中心にいちご狩りの営業を継続してよいのか、迷っています。

首都圏の移動自粛要請で、急激に、キャンセルが増加!

イチゴ園を休園すべきか、迷っています。

ご予約のお客様を無視して、休園することは難しいです。

週末のお客様は、何人残っているか分からない状況です。

キャンセルのご連絡は、最低前日までにお願いします。

コロナウイルス感染が始まってから、ご来館のご連絡なしにご来館されないお客様が増えました。

国や都や県には、自粛要請だけでなく、下記対策をお願いしたい。

さもないと、自粛期間が長くなるだけのような気がします。

1.海外からの帰国者や外国人の14日間の完全隔離。(要請では感染者の増加は防げない)

2.PCR検査の拡大により、感染者を早期に発見➡早期隔離。

3.クラスターの起きやすいイベントなどの中止。

写真1.順路1の章姫。

 

写真2.順路2の紅ほっぺ・かおり野・ホワイトベリー。

 

 

ジャム用イチゴ(冷凍)80Kgが、あっという間に完売!今後は予約販売になります。

31日までご予約が入っております。

80Kg有ったジャム用イチゴが、3日間でなくなります。

お客様は、待ち焦がれておられました!

多い人は、1回に20Kgも購入されます。

今年も、「イチゴが甘い」とか無農薬でイチゴの香りが良い」など

お客様から好評を得ております。

明日で、完売です。

今後は、注文販売となります。

出来次第発送いたします。

写真1.明日で空になるジャム用冷凍イチゴ。

ジャム用イチゴの販売を開始しました!在庫が無くなり次第、販売を中断します。

4月5日までご予約が入っております。

今年はコロナウイルショックによるキャンセルなどで、ジャム用冷凍イチゴの在庫が約70Kgが

例年より早く出来ました。在庫が無くなり次第、ジャム用イチゴの販売を中断します。

 ジャム用イチゴの販売を開始して10年以上になりますが、イチゴの販売やイチゴの通販に比べて

リピータ率が非常に高いです。

今年もリピーターや新規の客様から沢山のお問い合わせとお申し込みをいただいております。
  基本的にはご予約された方から発送いたします。

1.お申し込みは、お問い合わせからお願いします。

アドレス http://www.gurume-ichigokan.com/contact/#other

1.氏名

2.ご住所

3.お電話番号

4.必要数量(Kg)

5.ご希望の日時

2.ヘタを取り洗浄後冷凍したイチゴをお届けいたします。

  (1)料金800円/Kg

(2)お高く感じられますが歩留まりが100パーセント。

     ヘタ取の手間が省けるなど、一度ご利用になると

ご理解いただけるでしょう。

(3)イチゴの糖度が高いので、お砂糖は20パーセントと少なめでよい。

  (4)現在は、即納できます(在庫あり)。

  (5)イチゴの香りが良い。

  (6)完熟によりコクのあるジャムが出来ます

3.お支払いは、原則代引きでお願いします。

  (銀行振り込みは、発送前にお願いします)。

代引き手数料金は、330円~

4冷凍のためクール代金220円~が必要。

5.送料

 

関東 関西・北東北
5Kg 1150 1260
9Kg 1390 1500
10Kg 1610 1720

写真1.冷凍のジャム用イチゴをお鍋で解かします。

この時、イチゴの粒を崩さないように、お鍋を振るようにして解かします。

 写真2.灰汁が亡くなるまで根気よく,灰汁を取ります。

灰汁取りが少ないと、カビ臭く感じることがあります。

写真3.灰汁を取りの除いたら、イチゴ約4Kgに対して、レモン1個弱にします。

写真4.当館のジャム用イチゴは甘いので、お砂糖は20~25パーセントぐらいで十分です。

 粒々感を出したいときは、お鍋の底が焦げない程度にかき混ぜる。

 写真5.館長は、休憩の時、リッツにイチゴジャムを付けて食べるのが大好きです。

来シーズンのイチゴ狩り用苗の親株を定植しました!

3月29日までは、ご予約が入っております。

収穫量が増え次第、毎日追加でご予約をお受けします。

コロナショックによる損失を挽回するためには、今シーズンをあきらめて、

来シーズンのイチゴ狩りを頑張るしかありません。

今年も例年通り、育苗ハウスに苗を取るための親株を2月20日に定植しました。

イチゴを沢山収穫するためには、良い親株から良い苗を取らなければなりません。

特に、この3~4年、7~8月の育苗時期や9月の定植時期や10月の出蕾時期の

日照不足に悩まされています。

イチゴ栽培のの7月から10月は、女性の妊娠から出産までの重要な時期です。

館長が特許を取得した、新挿し木方式で無病の親株を定植しました。

親株が病期で枯れるようでは、良い苗を作れません。

近年、温暖化で真夏の暑さは尋常ではありません。この猛烈な暑さに耐える親株作りと、

炭疽病の出ない新苗取方式が、館長の武器です!

年も元気で順調に苗が生育しています。

今年は、親株を2株にしないで、1株仕上げにしてランナーから大きくて良い苗を

取る方向に変更しました。➡少数精鋭方式に変更。

沢山苗を取るときは、親株を2株仕上げにして、沢山ランナーを出します。

写真1.2月20日に定植した紅ほっぺの親株の葉欠きと脇芽取をします。

    葉欠きと脇芽取前の紅ほっぺ。

写真2.脇芽取取と葉欠き後の紅ほっぺ。

    病害虫の駆除には、古い葉を除去しなければなりません。

写真3.

右側が紅ほっぺ。左側が章姫。 

写真4.左側がかおり野。右側があかねっ娘(ももいちご)。

写真5.右側がホワイトベリー。左側がアイベリー。

写真6.元気に葉露を出している、かおり野。 

写真7.元気に葉露を出している、章姫。

コロナ感染がご心配なお客様は、ご遠慮なくいちご狩りをキャンセルください。今週のいちご狩り状況!

 ご予約は、4月3日まで入っております。

収穫量が増え次第、追加ご予約をお受けいたします。

コロナショックのなか、幸い沢山のお客様にご来館いただき感謝申し上げます。

当館も千人近いキャンセルがありましたが、何とか頑張っておりますので、

ご安心ください。

キャンセルされるお客様の中には、「キャンセルして申し訳ない。代わりにイチゴの通販を

お願いします。」とご注文をくださる心優しいお客様もおられます。

毎日、キャンセルされるお客様と新たにご予約されるお客様の整理をするために大変です。

お客様もご予約日の直前まで、ご来館をお悩みになっているようです。

前日のキャンセルは、当館にとって大変ですが、お客様にとって仕方がないご判断でしょう。

今週のいちご狩り状況

全体的に、昨年の異常気象の影響でイチゴの収穫量が減っています。

イチゴが少ない分、お客様には、通常より広いエリアでいちご狩りをしていただいております。

順路1の章姫。全体的に収穫量が少ないが、所々に大粒のイチゴが出て来ました。

順路2の紅ほっぺ・かおり野・ホワイトベリー。。紅ほっぺやホワイトベリーに、大粒が多いです。

  寮は少ないです。

 

館長の試作ハウスの果物の花が咲いてきました。

いちご狩りのご予約は、4月2日まで入っております。

毎日、コロナキャンセルが出た人数分や収穫量が増えた分を、ご予約を取っております。

コロナウイルスの感染に毎日悩まされる日々が続いています。

感染率を減らすのか、致死率を減らすのか決まらないうちに、毎日テレビで

大騒ぎですね。明日10日の政府の対策が注目されています。

何とか、早くコロナウイルスの感染が収まって欲しいですね!

毎日、コロナウイルスの感染が心配の中、館長の唯一の楽しみは、無農薬野菜と果物の

生育です。

暖かくなってきた分、果物の生育に変化が出て来ました。

昨年ハウスを建てたので、今年は全て初めて花が咲いたり授粉をさせたりします。

今年は、基本的に訪花昆虫を使わないで、手での授粉や風任せの授粉にトライします。

現在の所、運よく全て受精しています。

写真1.2月上旬に咲いたブルーベリーの花。

   ブルーベリーは、異なった品種や訪花昆虫が必要と言われています。

写真2.他の品種無し、訪花昆虫無しで受精したブルーベリー。

写真3.アボガドの花も館長が耳かきのふわふわした部分で受精させました。

    先端に受精した実が見つかりました。受精していると良いのですが?

 アボガドの花は、南国の木らしく沢山咲きます。沢山花が咲く分、受精は難しいと聞いています。

写真4.蕾が出てきたライチ。昨年は苗屋さんで受精した株が届きました。

   今年は、館長が受精させなければなりません。

   どんな花が咲くか不明!

写真5.ミカン{西南のひかり」。花が咲いてきました。

写真6.受精したミカン「西南の光」。ミカンやレモンは、手の人工授粉か簡単です。

写真7.ミカン「晩白柚」。蕾が大きくなってきました。

    1個は収穫したいですね。

写真8.手で受精させたレモン。1本に数百は受精しているでしょう。

    これから、摘果作業に入ります。

 

 

3月のいちご狩りがスタート!

大変申し訳ありませんが、3月27日までご予約が入っております。

収穫量が増え次第、追加ご予約をお受けします。

 毎日コロナウイルス感染問題が、テレビをにぎわす中、3月のいちご狩りが始まりました。。

館長は、毎日、自分がコロナウイルスに感染しないように、注意しております。

皆様におかれましても、コロナウイルスに感染しないようご注意ください。

微熱が有るときは、いちご狩りをご遠慮ください。

キャンセル料金は、無料です。

必ず、キャンセルの場合はご連絡をくださいね!

今週のいちご狩り情報

順路1の章姫は、3番目と4番目の切り替わり時期で、収穫量は少なくなっています。

列ごとの収穫量により、お客様のエリアを変えています。

例えば、イチゴの少ないエリアは、多いエリアより広いエリアをお客様にご提供します。

食べられる量は、平等になるよう館長が調整します。

写真1.順路1の量が多いエリアの章姫。

写真2.順路1の少ないエリアの章姫。左側は、来週から

写真3.順路2の紅ほっぺ・かおり野・ホワイトベリー。かおり野は、先週より増えてきました。

 

 

2月末のいちご狩りの状況。

大変申し訳ありませんが、3月14日から3月27日までは、ご予約の定員に達しました。

収穫量が増えしだい、若干の人数ですが、当日に追加ご予約をお受けいたします。

新型コロナの感染が心配な今日この頃です。

当館も、新規にご予約のお客様とキャンセルの客様が入り混じっております。

今日現在、館長の予測よりキャンセルが少ない状況です。

今週のいちご狩り状況。

先週に引き続き、順路2のかおり野が少ない状況でごめんなさい。

4種類のイチゴの収穫時期をそろえるのは、難しいです。。

7日頃からは、かおり野が食べられる分、ホワイトベリーが少なくなりそうです。

今年の異常気象の影響で、なかなか4種類の生育が同じになりません。

来週からは、お客様ごとのエリアを拡大して4種類が食べられるようにしたいと思っています。

他の農園のように章姫だけだと、非常に楽なのですが。

しかし、章姫だけだと、お客様が満足されません。

写真1.沢山なっている章姫。来週から2番目の実と3番目の実の交代時期になります。

    少し減るかもしれません。

写真2は、順路2の紅ほっぺ・かおり野・ホワイトベリー。左側のかおり野が少なくて、ごめんなさい