いちご狩り

ジャム用冷凍イチゴの残りが40Kgを切りました。イチゴの苗取りを開始しました!

ジャム用冷凍イチゴの残りが50Kgを切りました。

イチゴの苗取りの準備が、6月13日に完了しました。

今年の山梨は、空梅雨になりそうです。

日本の四季は「春・夏・秋・冬」から「夏・冬」の2種類の季節になりそうですね。

今日の甲府も、最高気温33.6度➡ハウス内気温37度と猛烈に暑いです。

当館のような、猛暑対策のハウスで37度ですから、他の普通のハウスでは、軽く40度超えに

なったと思います。

この暑さだと、従来の普通の挿し木では、とても活着しないでしょう。

さらに猛暑を避けるために頭上灌水を行うと炭疽病の多発を招くでしょう。

館長の特許の「葉無挿し木」は、この暑さでも何の問題もなく苗は活着するでしょう。

また、定植不要の「葉無挿し木定植」も問題なくできます。

従って、猛暑日であっても、苗取りの心配はありません。

しかしながら、人間は、この猛暑日のハウスの中の温度には耐えられません。

そこて、今年から1台のスポットクーラーを2台に増やして、人間が暑くないようにしました。

今日から12月上旬に収穫する夜冷処理のかおり野とアイベリーの「直接葉無挿し木」を開始しました。

来週からは、「葉無挿し木」の量産に入ります。

写真1.根を腐らせて抜くまでの時間が無かったので、カマでイチゴの株の根を除去しました。

写真2。カマで根を除去した穴を手で平らになるまで埋めました。

写真3.平らにしたヤシガラのベットに「ココプレート」を載せます。

写真4.点滴チューブで肥料を流しながらヤシガラの「ココプレート」を溶かして

    柔らかくします。昨年テストでこの方式を行い、良い結果が出たので、

    今年は、全ベットに採用します。

 

写真5.肥料を流すと、簡単に膨らみます。

写真6.点滴チューブが動かないようにスプーンでチューブを固定します。

写真7.ベットをマルク高く盛り上げてから白いマルチを張りました。

写真8.このエリアは、毎年自然花芽分化の早いかおり野の「直接葉無挿し木定植」を

   行います。「葉無挿し木定植」は、挿し木するだけで①水やり不要②定植不要(6キロもある

   トレイ)を運ばなくてもよいです。何と楽でしょう。

   すぐに挿し木が出来るように、ランナーピンを挿しました。

写真9.苗の仕上げ作業をする女性陣。黒い遮光と扇風機とスポットクーラで

   涼しく作業が出来るようになりました。

   月曜日からは、人数が増えるので、もう1台スポットクーラを増やします。

写真10.挿し木苗を約100本ぐらいトレイに入れて、ベットに挿しながら移動します。

    こちらは、光が欲しいのであまり、暗くできないので暑いです。

写真11.袋掛け前のシャインマスカット。摘粒が難しかったです。

4年目で粒も大きいです。収穫は、8月上旬以降になるでしょう。

栽培ハウスの株の除去が終わり、苗取りのトレイ(ココ入れ;肥料入れ;ランナーピン挿し)の準備が完了しました。

5月末から7月10日頃までは、1年で一番忙しく、体力を使う仕事で、毎日大変です。

株の除去や根の除去(カマで根を切る)は、男性の仕事です。

ポット抜きも男性で、ポットにココを入れるのは、女性です。

館長も男性なので、76歳の老骨に鞭を入れながら頑張っています。

肺癌の手術の影響は、息切れを除いて、ほとんどありません。

だんだん、副館長の穴山君に依存する割合が増えてきました。

館長は、来シーズンの栽培に関して、新しい技術を取り入れる計画に夢中です。

温暖化対策!異常気象対策(気温の乱高下)!さらなる糖度アップ!と様々な課題をクリアして

館長のモットー「最高品質に挑戦」を実施していきます。

口で言うほどやさしくはありません。

7月上旬の直接定植のベットの準備のうち、培地の熱湯消毒の準備が終わりました。

6月末の「葉無挿し木」の準備が明日で終わります。

親株の生育も順調です!

写真1。7月からの直接定植に備えて、栽培ベットの培地(ヤシガラ)を熱消毒しています。

写真2.10年に1回の培地を交換するために、株を除去しなければなりません。

   培地が軽くなるように乾燥させています。

写真3.左側が章姫の親株。右側が、かおり野の親株。

写真4.左側がホワイトベリーの親株。右側が紅ほっぺの親株

写真5.今年からテスト栽培する「スターナイト」。

写真6.今年からテスト栽培する「もういっこ」。

写真7.B棟西の挿し木に使うポットの準備が終わりました。全部の棟が

   終わるのは、今週末です。

写真8.挿し木の準備が終わったポット。今年は、最高の苗を作るために、

   高い肥料に替えました。穴をあけて肥料を入れるために、肥料代金が高い上に

   手間がかかりました。

ジャム用冷凍イチゴの販売を再開しました。残り約50Kg!

今年も沢山、ジャム用イチゴをご購入いただきありがとうございました。

ご注文いただいたお客様への発送が終了したので、販売を再開します。

ご購入をご希望されるお客様はグルメいちご館前田の販売のページから

お申し込みください。

ジャム用冷凍イチゴは、すぐにご使用できるようにヘタを取り洗浄してあります。

手間もかからないうえ、歩留まり100%です。

ご購入方法は、

1.当館に引き取り

2.代引き又は、事前お振込みでご購入

在庫が約50Kgなので、無くなり次第販売を終了いたします。

写真1.冷凍庫のジャム用イチゴ。真っ赤に熟したイチゴです。

ジャム用イチゴの収穫真っ最中!いちご狩りは、5月26日で終了しました。

12月から5月末までイチゴのご購入といちご狩りにご来館いただきありがとうございました。

ジャム用イチゴの販売も明日で終了になります。

今シーズンは、例年より贈答用のイチゴや直売が良く出ました。

いちご狩りも、沢山食べることが目的のお客様が減り、美味しいイチゴや、安全なイチゴを

お求めになってご来館されるお客様が増加しました。

イチゴの甘さも5月26日まで十分甘く、最後まで練乳なしで食べられて、お客様は、

満足されてお帰りになりました。

海外のお客様も当館の安全なイチゴと甘い香りのよいイチゴに感動されてお帰りになります。

お国によって甘い章姫が良いお国と紅ほっぺやかおり野のような硬めで、酸味と甘みの

バランスを重視されるお国も有ります。

今年は、4月にイチゴの収穫量が少し減ったので今、ジャム用と収穫しているイチゴは、非常におおきく、 

甘さもまだ十分にあります。

ジャム用イチゴは、3月から少しずつ販売していましたが、ご購入される量が、年々増えてきたので

イチゴの量が足らなくなりました。

仕方なく、5月末のいちご狩りのお客様を減らしながら対応しました。

利益を上げるのなら、ジャム用イチゴの販売より、いちご狩りが一番良いです。

従って、今日から明日までジャム用イチゴの収穫に追われています。。

今年からドライフルーツ用のイチゴの販売も始めました。ドライフルーツのイチゴは、ジャムよより片目で

なければなりません。

また、素材の甘さや美味しさが反映されるので、当館のような、レベルの高いイチゴでないと

ドライフルーツのイチゴの良さが出ません。

当館は、今年も12月から収穫を開始するので、何時までも栽培を続けずに、早く苗取りの準備を

始めなければなりません。

今年のイチゴの出来栄えであれば、6月まで収穫できそうですが、12月収穫に向かって今日からスタート

します。

写真1.収穫が終わったばかりの順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。まだまだ

   大きな実がなっています。かおり野がちょうど大粒がなり始めていますが、赤くないイチゴは、

   全て破棄します。

写真2.イチゴの株を除去して、炭酸ガスのホースを外し、マルチを外しました。

    5月24日に12分の一、イチゴの株を除去し、根を鎌で除去しました。

写真3.まだまだ、大粒の章姫。甘いのでそのまま、食べてしまうお客様もおられます(笑い)

写真4.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリーのジャム用イチゴ。

   ジャムにしても粒々感が残り、コクのあるいちごジャムが出来るので人気が有ります。

写真5.ドライフルーツ用のいちご。少し若めでなければなりません。つぶれそうなイチゴが使えません。

    使用される量が多いので大きなコンテナーに入れます。

写真6.27日は、株の除去➡マルチの除去➡根の除去を三分の一しました。

今シーズン最後のいちご狩りも多数のご予約ありがとうございます!

5月26日まで若干の追加ご予約をお受けできます。

5月連休に工事した、猛暑対策の効果が少しずつ出てきました。

3~4月まで若干収穫量が少なかった分、今月末まで大粒のイチゴが収穫できそうです。

幸い、まだ練乳なしで食べられるほど、イチゴは甘いのでほっとしています。

勿論、1~3月のような甘さはありませんのでご了解ください。

ジャム用イチゴも館長の予測以上に収穫できています。

もう、来年の苗取りの準備を開始しています。大変申し訳ありませんが、来週で株を除去するので、

ランナーを除去していません、食べにくいでしょうがご了承ください。

写真1.順路1の章姫。まだ大粒が多いです。

写真2.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。紅ほっぺの粒が大きくなり始めています。

    白いイチゴも食べられます。