2月末のいちご狩り状況

2月26日から3月2日までご予約をお受けできます。

3回目の実が昨年の異常気象で実が小さく3月の収穫量が少ない可能性が出てきました。

お客様にご迷惑をおかけしないために、3月の収穫量が明確にわかるまで、

3月までのご予約の受付を停止します。イチゴの量が分かり次第、ご予約の受付を再開します。

2月末のいちご狩りは、何とか問題なく出来そうです。

今週は、雨や曇りが多いので、17日と18日のお客様の人数を通常より減らしで、イチゴが残るようにして

イチゴ狩りエリアが真っ白にならないようにしました。

2月末のお客様は、ご安心ください。

3月に関しては、章姫の出来栄えが思わしくありません。その他の品種もよくありません。

これは、昨年の9月と10月の暖かい異常気象によるものと館長は推定しています。

当館は12月から収穫を開始してきたので、他のいちご園よりイチゴのなり疲れの影響が大きいかもしれません。

今年のいちご園のイチゴの生育状況は、1回目の実が1月以上長く収穫でき、2番目の実は大きいです。

しかしながら、3回目の実はほとんどのいちご園は良くないようです。

花が咲かない、花が咲いても実が極端に小さい。

館長も1月前以上からこの状況を蕾の大きさから予測して様々な対策をしてきましたが、

やはり異常気象の影響には勝てないようです。

3月に入りイチゴの実が収穫できる状況になったら、

A案  実が大きければ3月のいちご狩りのご予約の受付を再開する

B案  食べられないぐらい実が小さければ、一時休園をする。

    その時は、少ない人数ですが、すでに3月のご予約いただいたお客様にお詫びとお断りのメールを

    差し上げます。

いちご園のいちご狩りを停止したときは、4番目の実が収穫できる時期に、再開したいと考えています。

4番目の実が小さい時は、5番目の実が大きくなった時に収穫を開始します。

A案とB案の選択は、3月上旬に行います。

現在は、B案の可能性が大です。苦渋の決断になりそうです。

写真1.順路1の章姫。曇りとアマの予報を信じて、赤いイチゴが残るようにしました。

写真2.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。こちらも赤いイチゴが残るようにしました。

 

SNSでもご購読できます。