昨日は「春一番」が吹きました。今日の「春2番」は、強烈でした!いちご狩りハウスでは、アイベリーのジェラートが沢山出ました。

  昨日は関東も春一番が吹きました。
昨年は、珍しく春一番が吹かなかったような気がします。
今日の春2番は、強烈に吹きいちご狩りハウスが飛ばされるのではないかと心配したぐらいでした。

 今日は久しぶりに、当館のオリジナルスイーツの「愛ベリーのジェラート」や「イチゴアイス」が沢山出ました。
 明日は、今日入荷したばかりの「愛ベリーのジェラート」が無くなりそうです。

 写真1.横塚様。今年はご兄弟といちご狩りに来られました。

 写真2.三原様。毎年来られて、今年で5回目ぐらいだそうです。
物静かなお二人なので、館長もお二人の記憶が全く残っていませんでした。覚えられなくてごめんなさい!

 写真3.小沢さんのグループ。仲がよく元気なお姉さん達でした。

3月の山梨のいちごりは、まるで春でした。バンダに蕾が出てきました!

  3月最初のいちご狩りは、まるで春のように暖かでした。

 英子社長が一昨年、能登の洋らんセンターから購入した、バンダが1年ぶりに蕾を付けました。
 この1年間は、水分多めの館長と少なめの英子社長とは、ショッチュウ喧嘩でした。
しかし、無事に蕾が出てきました。(どちらの方法が良かったか不明)。

 来シーズンの苗採り用の親株の定植も3分の2が終わりました。

 写真1.伊藤様。7年前に当館に来られた時は、まだご結婚されておられませんでした。今回は、可愛いお子様連れで来てくれました。
館長も嬉しいです。

 写真2.2本の蕾が出てきたバンダ。ピンク色の花が咲くのは、閉園の5月頃になるかもしれませんね?

 写真3.親株の定植中の寺田さんと穴山君。高さ2mに植えるので、
高い踏み台の上に乗ります。

山梨のいちご狩りハウスは、3月を前に春を思わせる暖かさ!定植苗に葉露!

  今朝から春を思わせる出来事が沢山あり、最高気温も17度と3月下旬の暖かさ

 いちご狩りハウスに行く前に、まず親株ハウスに行き親株の生育状況を確認。
 何と、もう葉露が沢山出ていました
これは、定植時の培地の水分状況良く仕上がっているのと親株が元気が良いことを示しています
 写真1.一昨日定植した紅ほっぺの親株。

 写真2.昨日定植したメリクロン苗の章姫の親株。

 いちご狩りハウスに行く途中、畑や周りの山々にかすみがかかっていました。
 写真3.遠くに富士山が見えます。

 写真4.日照が長くなり、ようやく寒さから解放され、元気に新葉が出てきたアスカルビー。太いランナーも出てきました
 3月末から4月は、期待が出来そうです。
来週から、一挙に葉欠きをします。

 写真5.いちご狩りハウスの外は、最高気温17度と3月下旬の暖かさ。いちご狩りハウスの中は、25度にもなりました
 イチゴを美味しくするために、急遽天井の大窓と小窓を全開にして温度を20度以下にしました。右(東側)は、大窓。左(西側)は、小窓。

山梨のいちご狩りもポカポカ陽気!「日本マルハナバチ」の密を新品に交換しました。

  昨晩から暖かく、夜は暖房器を使わなくて良くなりました。
堀コタツは、まだ使っています。
 お昼も、ポカポカ陽気でした。

 館長は、12月から初めて、お休みしました。
しかし、某テレビ局に届ける10種類のイチゴの出荷準備などで、完全休養とはいきませんでしたが休憩場のソファーでお昼寝をしたりして、精神的には楽になりました。

 1月26日に導入した日本マルハナバチ」に蜜をあげました
無くなった蜜を追加するようになり、日本マルハナバチ」の寿命が延びました。

 来シーズンの苗採り用の親株の定植。
今日は、章姫の親株の内、メリクロン苗の定植をしました
当館は、親株が先祖帰りするのを防止するために、定期的に親株をメリクロンに変えます。
 収穫に使った株からは、苗を採りません。

 写真1.メリクロン苗の章姫の定植が終わりました。
昨日定植した紅ほっぺより株が小さいです。

 写真2.「日本マルハナバチ」の巣の下の蜜が空になりました。

 写真3.新しい蜜に交換しました。

写真4.蜜の上に「日本マルハナバチ」を載せて交換が終わりです。
黒く見有るのが「日本マルハナバチ」です。
 購入後1ヵ月で、雌の「日本マルハナバチ」が、黄色いオスに変わり始めました。

来シーズンのいちご狩りの苗採り用の親株の定植を開始。今シーズン最後の寒波も今日で終わり。

  3月11日頃に、3月16日以降の追加ご予約がお受けできそうです。

 今朝も-5度と寒かった今日で今シーズン最後の厳しい寒さ(-5度以上)が終わりそうです。

 厳しい寒さを避けるために、来シーズンの苗採り用の親株の定植を遅らせていましたが、もう暖かくなると判断して、定植を開始しました
 11月~2月までの寒さで、親株の生育は例年より遅れています。

 イチゴの栽培が大変なのは、5月までまだ収穫が残っているのに
来シーズンの親株を植えるなど、来シーズンの準備を始めなけれならないことです。
 
この準備が出来ないと、良いイチゴが収穫出来ません。

 写真1.毎年ご来館の平野様。昨年は奥さまのお腹の中におられた礼輝(らいき)ちゃんも、今年はいちご狩りに参加しました。

 写真2.佐々木様のグループ。イチゴが美味しいと、館長を褒めてくれました。

 写真3.今朝の-5度で、親株用のベットにツララが出来ました
明日からは、無くなるでしょう。

 写真4.親株の内一番徒長気味の紅ほっぺから定植を完了させました。それでも、例年より苗は小さいです。

 

静岡テレビ「そこ知り」に当館が出演!山梨のいちご狩りも寒さがぶり返し!

  2月8日に収録した静岡テレビの「そこ知り」が本日の19時に放映されました。
 テレビを見たお客様からご予約のお問い合わせが多く入りました。
ゴールデンタイムの影響力は、大きいようです。
 イチゴの本場の静岡っ子も、多品種のいちご狩りには驚かれたようです。

 何より嬉しかったのは、館長が一時務めていた掛川工場や伊豆の馴染みの旅館から、「テレビを見たよ」とお電話を頂きました。

 写真1.今野様。今年で2回目のご来館です。

 写真2.久しぶりにスッキリ富士山が見えました。

山梨のいちご狩りもグループで来られるお客様が多くなりました。

  今週は日曜日が一番混雑しました
原因は、久しぶりに山梨県内のお客さんが多かったためでした。

 写真1.喜寿のお祝いでいちご狩りに来られた渕上様。
皆さんがお母様を中心に集まり、一致団結の姿がうかがえます

 写真2.明るい5人娘の小野様のグループ。
鼻に入れた、イチゴは食べたでしょうか?美味しそうに召し上がっておられました(笑い)。

 写真3.今シーズン3回目の小口様。おとなしいワンちゃんでした!

今日は、富士山の日で、いちご狩りも好天に恵まれました。

  今日は富士山(2月23日)の日でした。
富士山を撮影しようとしましたが、朝の内はモヤがかかっていて、
撮影できませんでした。

 写真1は、高橋様と大きくなった騎士(ナイト)君。2歳になる騎士ちゃんは、もう歩いています。館長は、外孫のような気がします。
 あかねっ娘(ももいちご)の前の記念撮影。

 写真3.佐藤様のグループ。会社のお仲間だそうです。

山梨のバリアフリーのいちご狩りに、介護施設(ナーシングプラザ三珠)の皆さんが来られる時期になりました。

  例年より暖かくなるのが遅れていますが、介護施設の皆さんのいちご狩りが始まりました。

 写真1.ナーシングプラザ三珠の皆さんがいちご狩りに来られました。偶然ですが、今日の写真には、昨年映られた方がおられました。
甘い、章姫が一番人気です!
 お帰りには、イチゴをお土産に沢山購入されておられました。

 写真2.愛知からご結婚記念にいちご狩りに来られた加納様。
お話をしていると、4月にはご出産予定とか。是非、元気なお子様をご出産ください。

 写真3.昨日まで他のいちご園からいちご狩りを断られて悲しんでおられた、荒井様今日は当館でいちご狩りが出来て、最高にお幸せなお二人でした!あかねっ娘(ももいちご)をゲットして、この笑みです