山梨のいちご狩りハウスは、3月下旬から4月上旬の気温。保温カーテンの除去とサイドの窓を解放して外部の涼しい空気を取り入れ。

  昨日に続き、今日の最高気温は、3月下旬から4月上旬の温度でした。この暖かさは、今後も継続すると予測していちご狩りハウスの内部に有る保温カーテンを除去しました。
 夜には、気象庁から高温異常警報が出ました(プロとしては、少し遅すぎた感じ・・・。)

 さらに、外部から涼しい空気を取り入れるために、いちご狩りハウスの外周全ての窓を開けました。
 これにより、いちご狩りハウスの中は、22度ぐらいに出来ました。

 北側の冬眠中のミツバチに、少し動きがありました。
巣箱の中を涼しくするために、入り口の近くにミツバチが見えました。
 もう少しで沢山のミツバチが出てくるかもしれません。 

 写真1.あちこちのいちご園で断られて困っていた吉田様。
山梨のいちご狩り園は、今年の冬の寒さで、この時期として珍しくイチゴの収穫量が少なくなっているようです

写真2.今まで入り口のそばには、1匹のミツバチも見えなかったのが、今日は1匹見えました。涼しい空気を巣箱の中に送っているようです。早く沢山のミツバチさん達が巣箱の外に出てきて、働いてほしいです

 写真3.いちご狩りハウス内の保温カーテンを巻き上げて、窓を解放して外部から空気を取り入れ、いちご狩りハウス内の温度を下げて、イチゴが赤くなるのを遅らせて、甘さを確保します。

 写真4.いちご狩りハウス内の保温カーテンを手で巻き上げて、外部から涼しい空気を取り入れます。

いちご狩りハウスに人体に安全な生物農薬を散布(章姫エリア以外)。章姫エリア以外の葉欠き。

  仕事の合間に外へ出ると、珍しい形の雲が2個も見えました。
予報通り最高気温はグングン上がり、いちご狩りハウスの外は20度になりました。

 人体に安全な生物農薬の散布(章姫エリア以外)。
粘着くん(害虫の駆除)
ボトピカ(うどんこ病の予防)
 当館のいちご狩りハウス(3000平米)2万本の株に粘着くんを丁寧に付着させるためには、10時間近くかかります。
 最近は、より丁寧に散布するために2日間に分けて散布することにしました。
 館長の腰が良くならないので、全て穴山君に任せています。
最近、無農薬への執念は館長より穴山君の方が高く嬉しいことです。
物事の本質がわかってきたのでしょう。

 粘着くんで害虫の増殖が収まれば、楽な静電噴霧に戻したいです

 写真1.珍しい形の雲が2個も見れました。急激に暖かくなったからでしょうか?

 写真2.山梨の笛吹市から来られた白倉様。数年ぶりのいちご狩りだそうです。

 写真3.葉欠き前の順路2の下段(アスカルビーとかなみひめ)。

 写真4.葉欠き後の順路2の下段(アスカルビーとかなみひめ)

 写真 5。葉欠き後のあかねっ娘(ももいちご)。

 

来シーズンのいちご狩り用のアイベリー系統の親株を定植。人体に安全な生物農薬の散布(章姫;ハウス北側)。

  久しぶりにスッキリ晴れて、母が大好きだった富士山が綺麗に見えました。

 暖かくなる3月から、いよいよ無農薬の正念場が今年もやって来ました。
 寒い時期は病害虫の繁殖力が弱いのですが、20度を越すと一挙に病害虫の活動が活発になり、卵から成虫になる期間が急激に短くなります。これにより、繁殖力が大幅に増えてきます。

 この病害虫の繁殖力を抑えるために、生物農薬を散布しました。
粘着くん(害虫の駆除)
ボトピカ(うどんこ病の予防)

 昨日、章姫の葉欠きをしたので、葉の裏一枚一枚に粘着くんが付着しやすくなったので、害虫の駆除が大幅に期待できます

 今回は、今年の寒さで疲れたイチゴの株の回復を図るための葉面散布剤を使用しました。
 イチゴの株の回復剤を使うのは、今年が初めてです。
効果が出るか楽しみです。

 写真1.美しい富士山を見ると、元気が出ます。

 写真2.数年ぶりにご来館された吉村様。あかねっ娘(ももいちご)の美味しさに絶句!

 写真3、5年ぶりにご来館された「ふきのとう」様。嬉しいことに、館長のことを覚えてくれました。

 写真4.卒業旅行で来られた学芸大学のフットサルの皆さん。
日本の芸術家の卵です!

 写真5、葉欠き前の紅ほっぺ。

 写真6.生物農薬の粘着くんが付着しやすいように葉欠きした紅ほっぺ。

 写真7.アイべりー系統の親株の定植が完了。
右側があかねっ娘(ももいちご)。左側は、紅ほっぺ。

いちご狩りハウスの章姫の古い葉の葉欠き。

  明日の生物農薬(粘着くん)の散布に先駆けて、粘着くんの害虫駆除効果を高めるために、章姫の葉欠きをしました
 何故なら、害虫を駆除するために葉の裏、一枚・一枚に丁寧に粘着くんを手で散布するので、少しでも葉の枚数が少ないほど確実に散布できます。
 正直、もう少し葉を残しておいた方が、イチゴの甘さを確保出来たり実を大きくできるのですが、少しの辛抱です。
 しばらくすれば、元気な新葉に覆われるでしょう。

写真1.吉村様。毎年ご来館していただいております。
今日は、順路2が例年より甘く感じられたそうです。

 写真2.葉欠き前の章姫。

 写真3.葉欠き後の章姫。古い葉かなくなり、下の白いマルチが見えてきました。古い葉が無くなったので、新葉が十分光を受けられ大きくなります。

雛祭りのいちご狩りも盛大に終わりました。

  少し寒さが戻り、朝は-3度でした。
しかし、火曜日から最高気温が連続して高くなりそうです。

 写真1.沖縄からいちご狩りに来られた与那覇様。
昨日は富士山を堪能されたそうです。

 写真2.佐藤様のグループ。大きな愛ベリーの試食で皆さんご満悦。

 写真3.孫の光咲のお雛祭りのご馳走。
今年は、近くの有名な「若寿司」さんからお刺身を取り寄せました。

 写真4.孫の光咲は、ケーキのローソクの炎を消すのが大好きです。

昨日は「春一番」が吹きました。今日の「春2番」は、強烈でした!いちご狩りハウスでは、アイベリーのジェラートが沢山出ました。

  昨日は関東も春一番が吹きました。
昨年は、珍しく春一番が吹かなかったような気がします。
今日の春2番は、強烈に吹きいちご狩りハウスが飛ばされるのではないかと心配したぐらいでした。

 今日は久しぶりに、当館のオリジナルスイーツの「愛ベリーのジェラート」や「イチゴアイス」が沢山出ました。
 明日は、今日入荷したばかりの「愛ベリーのジェラート」が無くなりそうです。

 写真1.横塚様。今年はご兄弟といちご狩りに来られました。

 写真2.三原様。毎年来られて、今年で5回目ぐらいだそうです。
物静かなお二人なので、館長もお二人の記憶が全く残っていませんでした。覚えられなくてごめんなさい!

 写真3.小沢さんのグループ。仲がよく元気なお姉さん達でした。

3月の山梨のいちごりは、まるで春でした。バンダに蕾が出てきました!

  3月最初のいちご狩りは、まるで春のように暖かでした。

 英子社長が一昨年、能登の洋らんセンターから購入した、バンダが1年ぶりに蕾を付けました。
 この1年間は、水分多めの館長と少なめの英子社長とは、ショッチュウ喧嘩でした。
しかし、無事に蕾が出てきました。(どちらの方法が良かったか不明)。

 来シーズンの苗採り用の親株の定植も3分の2が終わりました。

 写真1.伊藤様。7年前に当館に来られた時は、まだご結婚されておられませんでした。今回は、可愛いお子様連れで来てくれました。
館長も嬉しいです。

 写真2.2本の蕾が出てきたバンダ。ピンク色の花が咲くのは、閉園の5月頃になるかもしれませんね?

 写真3.親株の定植中の寺田さんと穴山君。高さ2mに植えるので、
高い踏み台の上に乗ります。

山梨のいちご狩りハウスは、3月を前に春を思わせる暖かさ!定植苗に葉露!

  今朝から春を思わせる出来事が沢山あり、最高気温も17度と3月下旬の暖かさ

 いちご狩りハウスに行く前に、まず親株ハウスに行き親株の生育状況を確認。
 何と、もう葉露が沢山出ていました
これは、定植時の培地の水分状況良く仕上がっているのと親株が元気が良いことを示しています
 写真1.一昨日定植した紅ほっぺの親株。

 写真2.昨日定植したメリクロン苗の章姫の親株。

 いちご狩りハウスに行く途中、畑や周りの山々にかすみがかかっていました。
 写真3.遠くに富士山が見えます。

 写真4.日照が長くなり、ようやく寒さから解放され、元気に新葉が出てきたアスカルビー。太いランナーも出てきました
 3月末から4月は、期待が出来そうです。
来週から、一挙に葉欠きをします。

 写真5.いちご狩りハウスの外は、最高気温17度と3月下旬の暖かさ。いちご狩りハウスの中は、25度にもなりました
 イチゴを美味しくするために、急遽天井の大窓と小窓を全開にして温度を20度以下にしました。右(東側)は、大窓。左(西側)は、小窓。

山梨のいちご狩りもポカポカ陽気!「日本マルハナバチ」の密を新品に交換しました。

  昨晩から暖かく、夜は暖房器を使わなくて良くなりました。
堀コタツは、まだ使っています。
 お昼も、ポカポカ陽気でした。

 館長は、12月から初めて、お休みしました。
しかし、某テレビ局に届ける10種類のイチゴの出荷準備などで、完全休養とはいきませんでしたが休憩場のソファーでお昼寝をしたりして、精神的には楽になりました。

 1月26日に導入した日本マルハナバチ」に蜜をあげました
無くなった蜜を追加するようになり、日本マルハナバチ」の寿命が延びました。

 来シーズンの苗採り用の親株の定植。
今日は、章姫の親株の内、メリクロン苗の定植をしました
当館は、親株が先祖帰りするのを防止するために、定期的に親株をメリクロンに変えます。
 収穫に使った株からは、苗を採りません。

 写真1.メリクロン苗の章姫の定植が終わりました。
昨日定植した紅ほっぺより株が小さいです。

 写真2.「日本マルハナバチ」の巣の下の蜜が空になりました。

 写真3.新しい蜜に交換しました。

写真4.蜜の上に「日本マルハナバチ」を載せて交換が終わりです。
黒く見有るのが「日本マルハナバチ」です。
 購入後1ヵ月で、雌の「日本マルハナバチ」が、黄色いオスに変わり始めました。