未分類

イチゴの親株の奇跡!3月20日から22日までの突風と氷点下2度の寒さにに耐えました!

いちご狩りの再開は、3月の寒さで4月20日過ぎになるでしょう。

いちご狩りの受付は、3月27日以降はお受けします。

3月20日から3月26日のいちご狩りの受付は、4月15日頃になります。

約1月の収穫休みで、ゴールデンウイークには、過去最高の大粒のイチゴが食べられるでしょう。

異常気象により収穫量が激減する中、3月20日に突風が日本全国を襲いました。

山梨県は、風速26Mと日本最高でした。

山梨県は、昨日3月31日は、最高気温が28.6度と5月下旬の暖かさで、これまた日本最高でした。

山梨県は、最高気温や突風が日本一と、良くないことが続きます。

3月20日は、館長たちがいちご狩りハウスにいたので急遽ハウスの天井を閉めてハウスは、無事でした

すぐに親株ハウスの走っていきましたが、すでに時遅し!ハウスの天井ビニールが突風で

破れていました。暖かい4月以降は、ハウスのサイドカーテンを開けておくので、天井から入った風が

下のハウスのサイドから逃げ出します。

しかし、今年の3月は寒く親株を植えたばかりなので、ハウスのサイドカーテンを閉めていました。

つまり、天井から入った突風が逃げ場がなく、天井のビニールを突き破りました。

さあ大変!天井から容赦なく突風が入りイチゴが萎れたり、マイナス2度の寒気にさらされました。

ビニールを張りたくても突風がやまないので、21日には、とりあえず、剥がれたビニールを

風でバタバタしないように切り取ってもらいました。

仮の修理として、22日に0.1mmの薄いビニールを張ってもらいました。

今週あたり、0.25mmの暑いビニールをを張り付けて終わりです。30~40万円の

損失です。

20日の夜は、来年の親株が突風やマイナスの気温で枯れてしまわないかと心配で夜も眠れませんでした。

幸い親株は、丸2日間の突風やマイナス2度の寒気に耐えてくれました。

現在は、毎日元気に葉露を出しています。しかし、イチゴはショックで新どまりになることがあるので

対策をして6月の苗取りに備えます。

今年の異常気象の対策の一つとして、暑い夏に元気な苗を作るために、今年の親株の栽培には、

科学的農法に有機的な農法を加えます。

写真1は、風で捲くりあがったビニールを切り取ってもらいました。そうしないと、ハウスの天井全てが

    破損して今います。強風の中、ハウス屋さんは、危険な作業でした。

写真2.風に飛ばされないように、作業は連係プレイでした。感謝!感謝!

写真3.濃い青の部分が突風で敗れた部分です。下の苗は、風で葉が萎れていました。

写真4.風で萎れた親株。何もしてあげれませんでした。

写真4.3月30日の親株。章姫の茎を短く、徒長しないような親株にします。

写真5.章姫の親株。茎も短く葉もしっかりしています。

写真6.左側が章姫。右側がかおり野。

写真7.かおり野もまだ、徒長していません。

写真8.左側がホワイトベリーの親株。右側が、紅ほっぺの親株。昨年は、

    紅ほっぺのランナーが少なかったので、今年は良い親株を植えました。

写真9.ミヨシさんが開発した「スターナイト」。来年良ければ、増やします。

 

写真10.「もういっこ」と言う品種。良ければ増やします。

 

4月7日日頃までいちご狩りは、継続できそうです。4月20日頃に5回目の実がなり始めます!

4月22日以降のご予約は、4月15日頃から受付を開始します。

ゴールデンウイークは、イチゴがお休みしたので、良いイチゴが食べられるでしょう!

館長がご予約の人数を減らしていたので、ご予約をお断りする人数が少なくて済みそうです。

とにかく、今年の異常気象による不作は、日本全国で発生していて、当館も3月末から4月20日頃まで、

ご予約を受けられない状態が続いています。

4月20日前後から4回目の実が収穫できるでしょう。今後の天候にもよりますが、正確な日時は確定

出来ません。逐次ブログで収穫状況予測をご報告します。

写真1.順路1の章姫。唯一異常気象の影響が少ない棟の章姫。

写真2.順路1の章姫。2番目に影響が少ないD東雄章姫。

写真3.3番目に影響が少ないB棟の章姫。2週間、いちご狩りはお休みでした。

    4月6日と7日のいちご狩りに復活です。

順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。紅ほっぺが頑張っています!

 

非常に残念ですが、4月1日から4月20日頃まで、いちご狩りを休止します。販売は、若干ですが継続します。

いちご狩りは、4月1日頃から4月14日頃まで休止します。

イチゴが収穫できそうな4月15日頃からご予約受付を開始します。」

4月22日以降は、今でもご予約をお受けできます。

館長は、2か月前から、異常気象によりイチゴの収穫量が激減することを予測していました。

2月前に咲いた蕾の大きさと花ビラの枚数から、2月後の実の大きさと収量を予測します。

館長の予測以上に収穫量が激減したため、2月前にご予約を受けた20~30人に、いちご狩りの

キャンセルをお願いすることにしました。期間は、4月1日頃から4月14日頃のお客様です。

今回の異常気象は、過去25年のうち一番影響が大きいです。

日本各地で、イチゴの収量の減収に沢山のいちご園が泣いています。

日本各日の気温は、様々なのですが、異常気象による収穫量の減少は、日本全国で起きています。

収穫時期の減少時期は、定植時期・収穫開始時期・定植時の株の良し悪し・地域差などで、

早かったり遅かったりします。

異常気象による不作の原因と現象

1.異常気象1(9月と10月の暖かによる収穫時期の遅れ。12月収穫が1月から2月に遅れた。

2.異常気象2(12月から2月までの暖冬)による2番目の実または3番目の実の収穫量の減少または、ゼロ。

当館は、異常気象1は、投資により免れて12月から収穫出来ました。

しかし、異常気象2の影響は、もろに受けて、3番から4番目の実の収穫がゼロに近い状況になりました。

異常気象の影響を受けない株は、ほんの数パーセントです。

異常気象2の特徴

1.1個目の実が、馬鹿でかい。

2.2~5個目のみは極端に小さくなる。

3.花芽分化していても、出蕾しないで蕾が出てこない。

4.1番目の実と2番目の実で、12月から3月まで長い期間収穫できた。

5.生殖成長のランナーや蕾に栄養を送らない(実にしか栄養を転流しない)。

12月から2月までの暖冬が、どんなメカニズムで、収穫量を減らしたかは、

今後、気象データなどを調査しないと分からない。分からないと来年も

同じ失敗をするかもしれない。

異常気象3.昨日3月20日は、26.6Mの突風により、育苗ハウスの天井ビニールが破けました。

詳しいことは、会う以降のブログでご報告します。

農業は、異常気象による減収を素直にに止め、異常気象から早く立ち直るしかありません。

館長は、現在出蕾している太い茎の蕾を早く収穫できるようにするしかありません。

通常は、現在の蕾が収穫できるようになるのは、30日後の4月20~27日頃です。

館長は、ゴールデンウイークに間に合うように頑張っています。

部分的には、4月20日頃に収穫できると予測しています。

写真1.小粒になってきた順路1の章姫。小さいながらも甘いです。

順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。小粒で甘い。特にかおり野が

    人気。

 

 

 

 

 

 

今週のイチゴ狩りと3月のイチゴ狩りについて。

4月上旬まで毎週月曜日に追加ご予約をお受けします。

館長の予測では、4月上旬まで追加ご予約は難しそうです。

やはり、12月から2月までの暖かさにより、12月から2月まで収量が多かった分、イチゴさんは、

3月と4月お休みしたいようです。

所謂、異常気象の影響による不作です。農業は、気象条件さえよければ収入は安定します。

しかしながら、この数年は、異常気象の連続に泣かされています。

不思議なのは、大阪のいちご園も山梨と同じように異常気象で小粒になったり収穫量が

激減したりしているそうです。

館長の収穫予想は、蕾が出蕾した時2月前から予測を開始します。約2月前からご予約を制限した分、

ご予約をお断りする人数は、3月21日から3月25日頃だけです。

4回目の実が遅れると、4月上旬のご予約にも影響しそうです。

収穫量が減った品種は、章姫が一番多いです。山梨では、章姫離れが起きそうです。

また、日照の少ないエリアが影響を受け、谷下が一番影響が大きいです。

さらに、今回の特殊な現象は、1個目と2個目が異常に大粒になり、なり疲れを起こしています。

甲府の2月は、例年の1.5倍ぐらい雨や雪が多かったのも

その影響が出ています。さらに今月3月は、最低夜温が零度を下回っています。

昨年の3月の最低気温は、5~8度でした。

館長は、これから昨年の8月から3月までの気温や日照時間を調べて、今回の異常気象の

原因を突き止めて来年の対策にしたい。

これからは、小粒になりますので、ご了承ください。

最悪、完全復活は、5月連休明けになりそうです。

写真1.順路1の章姫。小粒になってきました。異常気象の影響です。個理解ください。

写真2.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。かおり野や紅ほっぺの

   大粒がところどころにあります。全体的には、小粒です。

 

 

3月のイチゴ狩り状況。

11日まで追加ご予約は、終了しました。

3月は、異常気象により極端にイチゴの収穫量が減る可能性が強まってきました。

毎週月曜日に追加ご予約をお受けします。

イチゴの生育状況

 館長の予想通り8割近い株は、実が小さく困っています。

正確な数値は、来週中に明確になます。

3月15日までは、ご予約を受けたお客様のみイチゴ狩りが出来そうです。

3月16日以降は、まだ不明です。3月11日には、17日以降のいちご狩りの可否を決めます。

通常通りの大きさの実が収穫できるのは、日当たりが良かったり、着果負担が少なかった株です。

基本的に、どこのいちご園も1回目の実の後の2回目の実が極端に大きかった株は、

ほとんど3回目の実は、小さくてイチゴ狩りは出来ません。

スーパーには、2回目の大きな実がパックに入って売られています。粒が大きくて1パック5~6個と言うものも

あります。

館長の推定原因は、12月から2月までの異常な暖かさと、例年の1.5倍の雨の多さだと思っています。

しかし、この日照不足の中、お客様から甘いと好評かは、嬉しいです。

イチゴは、自分の判断で5月末頃までイチゴの花を咲かせられるように、半年間のイチゴの収穫量を

調整します。

館長は、2月前から全体に対策したり、3パターンの対策をテストしたりしていました。

その結果が来週中に判明するでしょう

本当は、全部実を除去して対策した方が早く回復します。

しかしながら、すでにご予約いただいたお客様を断ることは難しいです

実をならせながら少しずつ回復させる方法を選びました。

しかしながら、実が極端に少なくなる3月16日からは、全面休園になるかもしれません。

再開は、4月10日頃ですが、完全復活ではないので、お客様を沢山お迎えするのは、

難しいでしょう。

救いは、イチゴの株のクラウンがまだ、痩せていないことです。

イチゴの栽培において、3月に入ってもまだランナーが出てこないのは、不思議です

親株にも影響しなければよいのですが。

写真1.小粒ですがまだ実が沢山あるエリアの章姫。

写真2。小粒で実が少ないエリアの章姫。

写真3.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。紅ほっぺは、異常気象の影響が

   少ないと安心していましたが、全体的に良くなさそうです。ところどころ

   大粒のイチゴがあります。かおり野は、一番異常気象の影響が少ないです。