未分類

ゴールデンウイークの前半は、異常気象や3月の寒さによる収穫時期の遅れにより想定以上に収穫量が減少しました。

ゴールデンウイークの後半のいちご狩りのご予約の受付は、収穫量が明確に判断できる4月29日以降に行います。

ゴールデンウイーク前半は、イチゴの収穫時期の遅れや異常気象の影響で収穫量が減少しそうです。

恥を忍んで、お客様に真実を公表しますので、ご理解ください。

収穫量の減少の大きな理由は、

1.3月のマイナスの気温により収穫時期が約1週間遅れた。

2.異常気象の影響が予想以上に大きくなり、収穫量が減った。

最悪の事態を想定して、通常の4月・5月の収穫量の3割3分ぐらいと見込んでいましたが、

館長の見込みより減少して、2割5分ぐらいに減りそうです。

従ってゴールデンウイークの前半のご予約いただいたお客様の中から、いちご狩りが出来ない人数分だけ、

キャンセルをお願しています。

キャンセルをお願いしたお客様には、大変申し訳ありません。

館長も2月後半からお客様にご迷惑をお掛けしないように頑張ってきましたが、技術力不足と想定を超える

異常気象でこのような結果になりました。

また、ゴールデンウイークの前半の客様のキャンセルをできるだけ少なくするために、

1.直売を4月19日から5月7日までお休みにしてイチゴを残す。

2.イチゴ狩りのご予約は、4月15日から減らし20日の土曜日15人;21日の日曜日は、ゼロにする。

出来るだけゴールデンウイークの前半にいちご狩りが出来るようにしましたが、それでもイチゴが不足。。

この館長の判断は、この1か月、悩みに悩んだ結果の苦渋の選択です。心からお詫び申し上げます。

今シーズンの異常気象は、8月の猛暑に始まり、9月10月の温暖化、12月から2月までの温暖化、3月の極端な

寒さ、さらには、3月の寒さや4月の気温の乱高下と目まぐるしく変化しています。

この半年の異常な気温は、10年から50年に一度と言っても過言ではありません。

従って異常気象によるイチゴへの影響は、様々であり、比率もまちまちです。

比率がバラついた理由は、9月の定植時期の株の大きさや、収穫スタート時期のバラツキ、

ハウス内の日当たりの良し悪し、収穫時期や収穫量のバラツキなどかもしれません。

異常気象の現象は、下記の写真でご説明いたします。

写真1.正常な苺の写真。

写真2.1個目のイチゴが異常に大きく、2個目以降は小さくて食べられないので収穫期間が1週間で終わる。

写真3.不受精で収穫できない。

写真4.受精しても写真のように1個目から小粒になり。食べられる量が激減。

館長も脱サラで25年間栽培していますが、今回の異常なほどの収穫量の減少は想定できませんでした。

この温暖化の現象は、過去に経験が無ければ見抜くことは難しいです。

つきましては、キャンセルのお願いをさせていただいたお客様には、ご理解をお願い申し上げます。

また、キャンセルをお願いしなかったお客様は、いちご狩りが可能なのでご安心ください。

しかしながら、イチゴの粒は例年に比べて小さいイチゴも有りますので、ご了承ください。

大きいイチゴも有ります。

また、ゴールデンウイークの後半のお客様は、いちご狩りのご予約を少なくしてあるので、

今後キャンセルをお願いすることは無いのでご安心ください。

ゴールデンウイークの後半のイチゴ狩りは、ご迷惑をおかけしないように、収穫量が明確に把握できる

4月29日頃以降に追加ご予約をお受けします。

写真1.収穫量が減少の理由1.通常は、1目か少し大きくて、順次小さくなりながら1か月から1.5か月

収穫できます。この正常な株が、少ない。

写真2.収穫量が減少の理由1.1個目のイチゴが異常に大きく、2個目以下の実が極端に小さくなる。

   このため、収穫可能ののは、1個目だけの1週間に限定されて、残りの3~4週間は収穫が出来ない。

写真3。収穫量が減少の理由2.原因不明ですが、不受精で収穫できない。

写真4.収穫量が減少の理由3.原因不明ですが、受精しても写真のように1個目から小粒になり。

    食べられる量が激減。

写真5.見抜けなかった理由1.イチゴの株は元気でクラウンも太く、葉も大きく、葉の色もライムグリーンで

    とても弱ってイチゴが収穫できない株には、見えなかった。

 

 

館長のフルーツ栽培日記。今年から「シャイマスカット」とレモンの販売をします。ご規模の皆さんは、メールください。

今年から「シャインマスカット」と「レモン」の販売を格安で行います。

沢山のご注文をお待ちしております。

そのうち、販売の専門ページを作成します。

館長のフルーツ栽培も4年目に入りました。

今までは、特技「イチゴ栽培」趣味「イチゴ栽培」でしたが、幸いなことに

フルーツ栽培に目覚めました。

2020年の肺癌手術で体力が無い時期があり、栽培の遅れ(ブランク)が出てしまいました。

現在は、だんだんシャインマスカットが大きくなり、ハウスの半分近くを占めるようになったので、

かんきつ類やサクランボや梨が、自宅の庭に追いやれれています。

今年ののシャインマスカットは、樹も大きくなり大きな房が期待できそうです。

全体的には、昨年より10日間ぐらい早そうです。

昨年の栽培の経験から、今年は計画的に栽培を行い、今年も糖度18以上を目標に

頑張ります。昨年は、少し粒の色が黄色味ががったので、傘や袋の色を検討しています。

さらに、天井の黒遮光を活用しようと思っています。

写真1.大きな葉がびっしり出てきています。

写真2.昨日16日に「房仕上げ」を行いました。何と房の数は、454房ありました。

    館長的には、品質重視で250房を収穫しようと思っています。

ブルーのクリップは、房仕上げが終わって印です。

454房からどのようにして250房に減らすか考え中です。

    親戚や友人が楽しみにシャインマスカットを待っています。

写真3.鉢植えのレモン。今年も沢山実が付いているので、摘果します。

今年は、200~300個収穫できそうです。

写真3.地植えに変えたレモン。花が咲くのは、鉢植えより遅かったのですが、

   実が大きくなるのは、地植えが早いです。

写真5.今年こそ収穫したい「ライチ」です。花の数は、めちゃめちゃ多いです。

   蜜が多いのか、マルハナが毎日止まっています。

写真6.種なしスダチ。種が無い分沢山果汁が取れます。今年から外に出します。

写真7.A重油が高くなり暖房の温度を低くしたので、アボガドの実の数が減りました。

写真8.アボガドの実。

写真9.4種類のアボガドがあるのですが、品種により収穫時期が異なります。

ゴールデンウィークのいちご狩りのご予約状況。ゴールデンウイークの猛暑対策は、万全です!

ゴールデンウイーク前は、ごくわずかですがご予約をお受けしております。

4月27日と28日は、ご予約の受付を止めました。4月22日頃に追加ご予約を受ける予定。

ただし、収穫の遅れが出た場合は、お受けできません。

4月29日からは、ご予約をお受けします。

ゴールデンウイークのご予約状況。

今年は異常気象でイチゴの収穫が時期が、休んだり遅れたりで、4月27日に完全復帰するかどうかは

不明です。蕾と開花状況から判断して、27日は、最低通常時期の3分の1収穫できると判断して

いちご狩りのご予約をお受けしています。5月3日からは、最低従来の収穫量の半分は収穫できる計画です。

当館のご予約状況は、4月28日の日曜日が極端に多いです。

従って、4月28日のご予約が定員に達したので止めています。

4月22日に正確な収穫量が分かり次第、追加ご予約をお受けします。

4月29日以降は、ご予約をお受けしています

報道では、高速道路と新幹線は、5月3日~5月5日が上り・下りともピークらしいです。

来週の中旬から、ゴールデンウイークのスタートに備えて準備します。

今年のイチゴは、温暖化で収穫時期が狂ったりして大変困っています。

3月20日頃から急激に暑くなり、6月下旬の気温28度になってきました。今日は、28度を超すでしょう。

ゴールデンウイークは、軽く30度を超すかもしれません。

これからのいちご狩りは、暑さ対策がされていないハウスは、暑くて大変でしょう。

当館は、天窓を1棟に2か所設けたり、二重遮光カーテンにしたり、ハウスミストで冷たい水を

上から散布しています。

皆さんも、暑さ対策を実施しているハウスに行くことをお勧めします

今年は、暑さ対策として4月14日から2百50万円を投資して、ハウスの中を涼しくします。

完全とは言えませんが、やらないよりはよいでしょう!

この猛暑で病害虫が急増したり甘さが少なくなったりするので、大変です。

「無農薬栽培」と「練乳なしの甘いイチゴ作り」が難しいことをご理解いただけるお客様は少ないです。

皆さん、ほんとうに難しいのです!ご理解ください。

来シーズンのイチゴの親株の生育状況。

 今年は、3月の寒さで定植が遅れたのと、親株ハウスのビニールが突風で飛ばされたことにより、

株の大きさが小さく、ランナーのデモ少ないです。

6月の苗取りまでに頑張ってイチゴの親株を育てます。

写真1.章姫の親株。72%ぐらいランナーが1本/株出ています。

 

写真2.左側は、章姫の親株。右側は、かおり野の親株。

写真3.かおり野の親株。ランナーは、23%と少ないです。毎年ランナーの数は、少ないですが、

   今年は特に少なさそうです。

写真4.アイベリーの親株。南側は、ランナーの出が遅いです15%ぐらい。

写真4.アイベリーの親株。北側の方のランナーは出ています。

写真5.左側は、ホワイトベリーの親株。右側が紅ほっぺの親株。

写真6.紅ほっぺの親株。ランナーは、50%出ています。去年は、株が大きい割に、

   ランナーの本数が出ませんでした。

写真7.左側は、紅ほっぺの親株。右側が、スターナイトともういっこの親株。

写真7.スターナイトの親株。遅く植えた割には、早く大きくなり、ランナーの出は

    100%と良いです。

写真8.もういっこの親株。ランナーの出は、100%と良い。

  

 

 

 

今週のいちご狩りの状況。4月27日のいちご狩り再開に向けて順調にイチゴが生育しています。

4月26日までは、収穫量に合わせて少しずつご予約をお受けしています。

4月27日からは、ご予約をお受けしています。

4月27日のいちご狩り再開までの短期間は、いちご狩りは、イチゴの量に合わせて、

プライベートエリアを広く開けていますので、

ご予約されたお客様は、十分イチゴがあるので、ご安心ください。

もし食べたらない時は、順路2の高級品種の紅ほっぺやかおり野を食べてください。

4月になり天窓やサイドの巻き上げを開けました。

その分、11月から3月までの管理基準から4月以降は大幅に管理基準を変更しています。

しかし、今日と明日は、最低気温が3.5度と低くなり、イチゴが冬が来たと思わなければよいのですが。

当館は、無農薬のイチゴと練乳なしでイチゴを召し上がっていただいているので、

達成するために、管理には、非常に気を使うと同時に仕事量が増えています。

5月末まで「安全な無農薬のいちご作り」と「練乳不要の甘さを確保」するように

頑張ります。

4月27日のいちご狩り再開に向けて、毎日忙しい日々を送っています。

親株は、3月の寒さで例年より定植が遅れてたり、3月20日の突風でハウスが破損して

イチゴの親株が損傷した他t目に、例年より生育が遅れています。

少し心配なのは、今年のいちご狩りハウスのイチゴの株は、ランナーがあまり出てきません。

親株のランナーのデモあまりよくなさそうです。

写真1.順路1の章姫。少し小粒になってきました。ぽつぽつ大粒のイチゴも出てきました。

写真2.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。粒の大小はありますが、全体的になっています。

    食べたらないお客様は、高級品種の紅ほっぺやかおり野をたくさん食べてください。

4月上旬のいちご狩り。4月27日のゴールデンウイークから、完全復活するでしょう。

4月15日まで若干ですが、ご予約をお受けします。

4月27日からのご予約をお受けします。

4月27日以降は、5回目の大きな実が収穫できそうです。

今大きな花が咲き始めました。半月から1か月休んだ株は、4月27日頃から大きな実がなりそうです。

早ければ、」4月20日頃からなり始めるかもしれません。

今週は、全体的に少なくなり、ごく一部のエリアのみいちご狩りが出来ます。

来週は、販売を除きいちご狩りはお休みします。

写真1.一番沢山イチゴが残っているA棟です。来週は、残っていればラッキーです。

写真2.順路1の章姫。3番目に残っているB棟の章姫。来週はなくなるでしょう。

写真3.2番目に残っているD棟の章姫。来週の平日用です。

写真4.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。紅ほっぺを中心にまだ

   イチゴが残っていますが、かおり野から無くなりそうです。

   かおり野は、4月20日頃に復活しそうです。

写真6.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。そろそろ5回目の実が

出てくるかもしれません。