未分類

ジャム用イチゴの収穫真っ最中!いちご狩りは、5月26日で終了しました。

12月から5月末までイチゴのご購入といちご狩りにご来館いただきありがとうございました。

ジャム用イチゴの販売も明日で終了になります。

今シーズンは、例年より贈答用のイチゴや直売が良く出ました。

いちご狩りも、沢山食べることが目的のお客様が減り、美味しいイチゴや、安全なイチゴを

お求めになってご来館されるお客様が増加しました。

イチゴの甘さも5月26日まで十分甘く、最後まで練乳なしで食べられて、お客様は、

満足されてお帰りになりました。

海外のお客様も当館の安全なイチゴと甘い香りのよいイチゴに感動されてお帰りになります。

お国によって甘い章姫が良いお国と紅ほっぺやかおり野のような硬めで、酸味と甘みの

バランスを重視されるお国も有ります。

今年は、4月にイチゴの収穫量が少し減ったので今、ジャム用と収穫しているイチゴは、非常におおきく、 

甘さもまだ十分にあります。

ジャム用イチゴは、3月から少しずつ販売していましたが、ご購入される量が、年々増えてきたので

イチゴの量が足らなくなりました。

仕方なく、5月末のいちご狩りのお客様を減らしながら対応しました。

利益を上げるのなら、ジャム用イチゴの販売より、いちご狩りが一番良いです。

従って、今日から明日までジャム用イチゴの収穫に追われています。。

今年からドライフルーツ用のイチゴの販売も始めました。ドライフルーツのイチゴは、ジャムよより片目で

なければなりません。

また、素材の甘さや美味しさが反映されるので、当館のような、レベルの高いイチゴでないと

ドライフルーツのイチゴの良さが出ません。

当館は、今年も12月から収穫を開始するので、何時までも栽培を続けずに、早く苗取りの準備を

始めなければなりません。

今年のイチゴの出来栄えであれば、6月まで収穫できそうですが、12月収穫に向かって今日からスタート

します。

写真1.収穫が終わったばかりの順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。まだまだ

   大きな実がなっています。かおり野がちょうど大粒がなり始めていますが、赤くないイチゴは、

   全て破棄します。

写真2.イチゴの株を除去して、炭酸ガスのホースを外し、マルチを外しました。

    5月24日に12分の一、イチゴの株を除去し、根を鎌で除去しました。

写真3.まだまだ、大粒の章姫。甘いのでそのまま、食べてしまうお客様もおられます(笑い)

写真4.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリーのジャム用イチゴ。

   ジャムにしても粒々感が残り、コクのあるいちごジャムが出来るので人気が有ります。

写真5.ドライフルーツ用のいちご。少し若めでなければなりません。つぶれそうなイチゴが使えません。

    使用される量が多いので大きなコンテナーに入れます。

写真6.27日は、株の除去➡マルチの除去➡根の除去を三分の一しました。

今シーズン最後のいちご狩りも多数のご予約ありがとうございます!

5月26日まで若干の追加ご予約をお受けできます。

5月連休に工事した、猛暑対策の効果が少しずつ出てきました。

3~4月まで若干収穫量が少なかった分、今月末まで大粒のイチゴが収穫できそうです。

幸い、まだ練乳なしで食べられるほど、イチゴは甘いのでほっとしています。

勿論、1~3月のような甘さはありませんのでご了解ください。

ジャム用イチゴも館長の予測以上に収穫できています。

もう、来年の苗取りの準備を開始しています。大変申し訳ありませんが、来週で株を除去するので、

ランナーを除去していません、食べにくいでしょうがご了承ください。

写真1.順路1の章姫。まだ大粒が多いです。

写真2.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。紅ほっぺの粒が大きくなり始めています。

    白いイチゴも食べられます。

5月27日までのいちご狩りは、全てご予約の定員に達しました。冷凍ジャム用イチゴのご注文の受付は、停止しました。

12月から5月末まで、長い間ありがとうございました。

5月27日までご予約の定員に達しましたので、ご予約をお受けできません。

5月の大型連休も、無理をせずにいちご狩りの人数を少なくしたので、5月10日以降も

十分イチゴが食べられるようにしてあります。

バス旅行の団体様や海外のお客様が急激に入ってきました。

最後まで品質を保つために、ご予約の受付を停止しました。

コロナの時期にイチゴ狩りの客様が激減したときに、沢山のお客さまから冷凍ジャム用イチゴをご購入して

いただきました。

本来なら、高付加価値のいちご狩りや出荷にイチゴを回した方が良いのですがやはりコロナの時期の

恩を無視することはできません。

従って、半分以上を冷凍ジャム用イチゴに回しています。

当館のイチゴは、5月まで練乳なしで食べられるように、糖度が高くイチゴの香り良いので

年々、口コミで広がっています。さらに購入される量も急激に増えています。

一般家庭よりも、専門店の方が急増しています。

今年も異常気象で収穫量が減り、冷凍する電気代や人件費がアップしており、経営を苦しくしています。

当館も、4月からパートさんの人件費を5%アップしました。

写真1.順路1の章姫。少し例年並みの中粒になってきました。中粒の分、イチゴの数は

    増えてきました。

写真2.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。こちらも中粒が増えてきました。

写真3.収穫したジャム用イチゴの生。章姫は、粒が大きいのでお客様に喜ばれています。

写真4.生のジャム用イチゴは、今週で7割終わりました。残りは、冷凍のジャム用イチゴです。

写真5.時々お客様のご要望でナイターのいちご狩りも行っています。やはり、涼しくて

    イチゴも冷たく美味しいようです。

写真6.ナイターのイチゴは、まさに「赤いダイヤ」に見えます。

5月連休後のいちご狩りも沢山のご予約ありがとうございます。イチゴ狩りハウスの温暖化対策の改良が完了しました。

長い間ありがとうございました。

5月27日までご予約の定員に達しましたので、ご予約をお受けできません。

5月の大型連休も、無理をせずにいちご狩りの人数を少なくしたので、5月10日以降も

十分イチゴが食べられるようにしてあります。

コロナの発生時期から、お客様のご予約が直前になってきました。

エリアによれば、4月収穫を休んだイチゴの株は、大粒のイチゴが食べられます。

イチゴ狩りハウスの高温対策(温暖化対策が完了しました。

効果が出てくるのは、5月19日以降になります。

最近の気候は、気温の乱高下が激しく、イチゴ栽培においても高温対策がされていないハウスでの

栽培は難しくなりました。最高気温20度が有ったり、31度が有ったりする毎日です。

不思議なことに最低気温も10度を下回る日もあります。

今朝の甲府の最低気温は、6.7度でした。信じられません。

当館は、昨年の温暖化対策5百万円に加えて、今月2百円を投資して高温でも栽培でき、お客様も

他のいちご園に比べて4~5度低くなるようにしました。

写真1.順路1の章姫。全体的に小粒にになりましたが、ところどころに大粒が残っています。

写真2.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。全体的に小粒です。

 

 

 

ゴールデンウイークも終盤に入りました。沢山のご来館ありがとうございました!

5月5日は、若干ご予約をお受けできます。

5月7日から5月27日までは、全てご予約をお受けできます。

最近の2週間は、極端に暑い日が多く、ハウス内の気温を下げるのに大変でした。

ゴールデンウイーク中は、二重遮光やハウスミストでハウス内温度を下げたので、

お客様にも好評でした。

今年は、気温が高いので、毎日過熟取りに追われました。

幸い、沢山のお客様にご来館いただき感謝申し上げます。

お客様のご予約は、前半より後半の方が多かったような気がします。

また、コロナの頃から、直前ご予約が増えたような気がします。

しかしながら、いちご狩りのお客様は激減したようです。

当館は、観光地から離れているのでお客様の集客には苦労しました。

常連のお客様が沢山来られたので、何とか乗り切れそうです。

章姫も全体的に増えてきました。

写真1.順路1の章姫。甘くて好評です。大粒から中粒に切り替わり始めました。

写真2.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。大粒から中粒に切り替わり始めました。