今年も関東一円からいちご狩りに来られました。

平日は、いちご狩り日記をご参照ください

収穫量が増えましたので、1月6日までの追加ご予約をお受けいたします。

1月7日から1月16日までのご予約は、年明けの3日頃から受け付けます。

いよいよいちご狩りのシーズンがスタートしました。

今年は、9月の日照が例年の3割しかなく、章姫の不受精花が多発してしまいました。

従って、今週までのいちご狩りの章姫は、試食程度しか食べられません。

来週からは、章姫の3~4個目の花の実(小粒)がいちご狩りできます。

今年も珍しさで、ホワイトレディが人気です。

味的には、大きな紅ほっぺですね。

写真1.すっかり雪化粧した富士さん。

富士山は、雪が似合います!

161217-0

今年もご来館いただいた、原口様。

161217-1

写真2.大林様仲良くいちご狩りをされておられました。

161217-2

美人3人が館長を訪問してくれました。

一番末のお嬢さんが今年成人式だそうです。

15年前の小さい時を知っているので、皆大きくなり美人になったので

驚いています。

161217-3

今年のいちご狩りは、ささやかにスタート!

平日は、いちご狩り日記をご参照ください

12月26日まで、ご予約の定員に達しましたので,

12月26日までのご予約をお受けできません。

12月27日から1月9日までのいちご狩りのご予約受付を一時停止いたします。

12月20日頃から12月27日から1月9日までのご予約の受付を再開します。

いよいよ17年度のいちご狩りがスタートしました。

残念なことに、過去最低のいちご狩り人数となりました。 実は、9月15日に定植した

章姫の不受精を半分以上見込んでいたのですが、 実際には大半が不受精でした。

このため、急きょ12月1日からご予約されたお客様にキャンセルをして 頂くようにお願いしました。

幸い皆様、自然の影響なのでやむなしと、快くキャンセルに応じてくださいました。

再度お詫びもうしあげると同時に、心からお礼申し上げます。

 香港からからご予約されたお客様は、お断りできませんでした。

ご来館されてお話を聞いていると、昨年もいちご狩りに来られたそうです。

来月もいちご狩りに来られると話されておられました。

 当館にはもう1組香港からのリピーターがクリスマスにいちご狩りに来られます。

 

来週からは、なんとかいちご狩りも出来そうですが、人数は最小限に少なく致します。

特に、今年は章姫の粒が小粒ですのでご了承ください。  

 JR東海様の「さわやかウォーキング」がありました。

当館もコースに入っていたので沢山のお客様が立ち寄られました。

しかいし、皆さまお土産にイチゴがほしかったのですが、まだ収穫出来ていないので

10人ぐらいしかパックをご購入できませんでした。

それでも、お昼ご飯を当館の休憩場で召し上がられたり、アイベリーのジェラートを 召し上がられました。

送りの注文をされたお客様も少しおられました。

せっかく来られたので、1~2粒無料で試食用のいちごを差し上げましたが、

人数が多く、最後にはイチゴが足らなくなりました。

JR東海様の「さわやかウォーキング」のパンフレット。

いちご狩りハウスの入り口に看板を出しました。

お昼は、皆さん持参のお弁当を召し上がっておられました。

身延線ということもあり、静岡から来られた方も多かったです。

香港から来られました。

1月にまたいちご狩りに来られるそうです。

別料金(150)円のあかねっ娘(幻のももいちご)を召し上がって、是非香港で

作りたいとか・・・。館長は、「難しくて無理です」よと申し上げました。

やはりあかねっ娘(ももいちご)の美味しさはどこの国のお客様でもわかります。

あかねっ娘(幻のももいちご)の凄さに館長も驚きました。

毎日、脇芽取りやランナー取りや蕾取りに追われています。

平日は、いちご狩り日記をご参照ください。
いちご狩りは、12月10日から開園いたします。
12月26日までご予約の定員に達しましたので、

12月26日までご予約をお受けできません。

12月27日から1月9日までのいちご狩りのご予約受付を一時停止いたします。

12月20日頃から受付を再開します。

昨日は54年ぶりに甲府も東京も積雪がありました。
54年前の冬は、1月から3月まで非常に寒くなったそうです。
同じようになるか、疑問ですが・・・。

イチゴも少しずつ色ずき始めましたが、まだまだです。
12月10日には、いちご狩りが可能でしょう。
もう、かなりご予約が入りはじめました。

現在は、半夜冷処理の蕾を取ったり、ランナーを取ったり、脇芽を取ったりしています。
蕾に関して、今年は2番目の出来も順調で、1番目の蕾が咲いているのに2番目の蕾が出てきたようです。
今年は全般的に、どこも沢山の蕾がでているようです。

休憩場のニスの1回目を塗りました。
毎年、2~3回ニスを塗ります。

 昨日の雪で、富士山も完全に雪化粧!
161225-0

今年は、蕾が多いうえ不受精花もあるので、沢山の蕾を除去しています。
300株で2時間から3時間かかります。
161225-1

例年は寒くなり蕾が出たり花が咲くとランナーが出なくなるのですが、今年は元気なのかまだまだ、

ランナーが出てきます。
161225-2

毎年休憩場の丸太テーブルにニスを2~3回塗ります。
161225-4

給液装置のバルブが古くなり、給液が止まらなくなりました。
1個3万円のバルブを4個交換しました。当館のハウスの16年が経過してきており、毎年どこかしら故障や
破損で、修理が必要になります。
161224-3

 

いちご狩りの開園日は、12月10日です。通販と直売は12月1日開始。

  平日は、いちご狩り日記をご参照ください。

 いちご狩りは、12月10日から開園いたします。

12月1日から12月9日までのいちご狩りは、

 お電話090-7003-6866にお問い合わせください。

 可能になればお受けいたします。

 今日も朝から晴れの予想が、うす曇りのどんよりした天候で、日照不足が進行します。

そんな中、10月17日に出蕾した紅ほっぺが30日で赤くなり始めました。

出蕾から収穫までは、最低40日ぐらいないとあまり大きな実になりません。

章姫の10月17日頃の出蕾の花は不受精で実がなりませんでした。

こんな天候でも、イチゴの株は元気です。

12月10日頃のイチゴがの品種は、章姫・紅ほっぺ・かおり野・アスカルビーになりそうです。

12月15日頃からホワイトレディーが少し食べれるかもしれません。

12月20日頃は、全ての品種が食べれるでしょう。

1月4日頃から1月20日頃までは、章姫が少なくなります(今後の天候で前後します)。

 いちごは、1番目の実が終わり2番目の実が始まるまで14日~20日間収穫が空きます。

これがイチゴの収穫における宿命です。今年は夜冷処理と半夜冷処理のつながりが9月の日照不足により

上手にできませんでした。恐らく1月4日から20日頃は収穫休みになる可能性が高いです。

2番目の出蕾が見えればもう少し正確な情報が出せるでしょう。

今日は、飯田の友人が遊びに来てくれました。

今週は旅行や友人のご来館で、元気を沢山もらいました!

12月からの販売やいちご狩りに備えて、英気を養っております。

ようやく章姫の花の一部に八重の花が見れました。

相変わらず、元気に八重、十重の花が咲いているホワイトレディー。

今年は期待できそうです。

0月17日に出蕾した紅ほっぺの実が赤くなり始めました。

少し赤くなるのが早いのですが、実の大きさはそこそこの大きさがあります。

お客様がご来館され、急きょかおり野を販売しました。

今年から深いパック(300~350g)をやめて写真のような浅い平ハック(250g)に

変更予定です。

今年2年目の栽培でようやく要領がわかり元気なホワイトレディー。

あかねっ娘(幻のももいちご)も、元気です。

来シーズンのいちご狩り用の苗取りの準備が、着々と進んでいます。

12月1日からのイチゴの販売といちご狩りが始まるまでは、いちご狩り日記をお読みください。

 いちご狩りが5月30日に終わり、いちご狩りやジャム用イチゴのお問い合わせもなくなり、

精神的には楽な生活を送っています。

 しかし、苗取りの準備は、ココブロック(ヤシ殻)をつぶしたり、苗取りのトレイに詰めたりがあり、

体力を使うので毎日クタクタです。今日も筋肉痛です。

いちご園に関しては、3月から11月までの苗採りりから定植までの期間は、体力が必要です。

イチゴの販売や通販やいちご狩りを行っている12月から5月までは、メールや電話など

注文やいちご狩りの受付で、精神的に疲れます。

 特にこの2年間は、イチゴの不作でお客様がいちご狩りができるいちご農園を探したり、

2月前ぐらいまでご予約を入れたりで、ご予約をお断りするのに大変でした。

 

 来シーズンは、当館も雪害から完全に復活できるので、沢山のお客様をお受けすることができるでしょう。

さらに、様々な品質向上対策で、今まで以上に5種類の大きくて甘い安全な残留農薬ゼロのイチゴをご提供できるでしょう。

来シーズンからあかねっ娘(ももいちご)は、基本料金から外させていただきます。

いちご狩りのお客様全てに、あかねっ娘(ももいちご)をご提供するには、小さい粒もならさなければならないため、

あかねっ娘(ももいちご)に負担がかかり出来栄えもよくないことがあったり、収量にむらが出たりしました。

今後、あかねっ娘(ももいちご)は、1粒200円の別料金で最高のイチゴをご提供いたします。

お土産用の直売やあかねっ娘(桃イチゴ)だけの通販もメニューに加えようと考えておりますので、ご利用ください。

 

写真1は、トレイに入ったポットにココブロック(ヤシ殻)を入れ終わったB棟西側。

ポット受けした夜冷処理苗を置く短日夜冷処理室です。

160607-51

写真2.トレイに入ったポットにココブロック(ヤシ殻)を入れ終わったA棟西側。

挿し木した半夜冷処理苗を置くA棟西です。

160608-51

写真3トレイに入ったポットにココブロック(ヤシ殻)を入れ終わったA棟東側。

無処理苗を置きます。

160610-51

写真4.ココブロック(ヤシ殻)を入れる前に、トレイに品種別ポットを入れておきます。

当館の8種類のイチゴの苗が、混ざっても分かるようにポットの入りを変えてあります。

160610-52

写真5.トレイに入ったポットにヤシ殻を入れたら、順番に並べていきます。

1枚のトレイが約10Kgぐらいと重いので、台車で運び棚に乗せていきます。

この時、腹筋と腕の力が必要になります。

160610-53

写真6.ポットにココブロック(ヤシ殻)を手で詰めます。

3回ぐらい押し込んで、ココブロック(ヤシ殻)が、固まるようにします。

硬くないと苗を挿し木したときに苗が倒れてりして活着率が悪くなります。

160610-55

写真7.女性陣4人が、ポットにココブロック(ヤシ殻)を均一の硬さで詰めていきます。

160610-54

 

いちご狩りは、終了しました。来シーズンは、12月1日開園予定です。

平日は、いちご狩り日記をお読みください。

12月1日にいちご園を開園して、5月30日までの6か月間、イチゴをご購入いただいたり、

いちご狩りにご来館いただきありがとうございました。

心からお礼申し上げます。

 今シーズンもいちご狩りのご予約をお断りして大変申し訳ありませんでした。

2014年の雪害から再建を図り、来シーズンはようやく完全復活が図れそうです。

雪害からの3年間は、再建の難しさ、復興はもっと難しいことを身をもって経験しました。

皆様のご支援により、他のいちご園より復興を早くできそうです。

皆様のご支援により、今シーズンは、ようやく3年ぶりに少し黒字になりました。

深くお礼申し上げます。

来シーズンは、完全復活により沢山のいちご狩りのお客様を受け入れ出来るよう

頑張ります。

 いちご狩り及びジャム用イチゴの直売とジャム用冷凍イチゴの通販も、

本日をもちまして終了させていただきます。

 本日の作業は、南側(順路2)のイチゴの株を除去し、白黒マルチを除去しました。

写真1.後半頑張ってくれた順路1の章姫。

昨年の不作は、最後まで章姫が復活しませんでした。

今年は、3月後半から株が大きくなり、実も大きくなりました。

写真2.順路2の紅ほっぺ・かおり野・アスカルビー・ホワイトレディー。

紅ほっぺは、最後まで大きな実がなり、味もよくお客様を喜ばせました。

ホワイトレディーは、独特な香りでお客様の心をつかみました。

かおり野は、甘党には絶大なる好評を得ました。アスカルビーは、後半頑張りました。

写真3.順路2の株を除去しています。

写真4.南側半分のイチゴの株がなくなり、殺風景になりました。

今年のいちごさんたちは、よく頑張ってくれました。

 

今シーズン最後のいちご狩りも、ナイターあり、海外のお客様りで、にぎやかでした。

 本日が最後の日曜日になりました。

明日の月曜日で、いちご園を閉園します。

来シーズンもよろしくお願いします。

今年も、様々な葉面散布剤や手入れのおかげで、最後までいちごの粒も大きく、

甘さも十分ありました。

来シーズンへの、自信となりました。

インドネシアの団体のお客様も、練乳をお出ししなくても問題ありませんでした。

写真1.昨日は、今シーズン最後のナイターでした。

ナイターのいちご狩りも、徐々にお客様に浸透してきました。

160527-100

写真2.団体の客様としては、今シーズン最後になりました。

インドネシアから今日羽田に到着して、栃木に行かれ当館に来られたのは、

夕方の5時でした。いわゆる、弾丸ツアーですね!いちご狩りの後は、

河口湖にお泊りになるそうです。

160528-1

皆さんお疲れで、イチゴを取ってきてから、テーブルで椅子に腰かけて

召し上がっておられました。

160528-3

写真3.皆さん非常に親近感があり、何枚もご一緒に写真を撮影しました。

160528-4

 

いちご狩りの人数は、5月中旬としては、過去最高になりました。

平日は、いちご狩り日記をお読みください。

 

5月20日ころとしては、いちご狩り人数が過去最高になりました。

他のいちご園が早く閉園したからかもしれません。

当館も5月28日で閉園予定です。

 

写真1.3年ぶりにいちご狩りに来られた田中様。

なかなか、ご予約が取れなくて今日来られました。

来シーズンは、もっとお客様が沢山お受けできるように、収穫量を増やします。

雪害の影響で収量が減るのは、今シーズンまでです。

160522-1

写真2.まだまだ頑張っている章姫。

160522-2

写真3.紅ほっぺを筆頭にかおり野やアスカルビーやホワイトレディーも健在。

160522-3

写真4.レモンのみが大きくなってきました。

160522-4

 

通販用のジャム用冷凍イチゴの在庫ができたので、即納が出来ます。

 昨日から、地元の皆さんには生のジャム用イチゴを大量に直売しています。

遠くの皆様には、冷凍のイチゴジャム用を4月末頃から通販をしています。

冷凍ジャム用イチゴの通販のお申し込みは、ホームページの通販からお申し込みください。

1.1Kg800円と割高に思えますが、歩留まり100パーセントで、ヘタ取りと洗浄が

不要なので、お得感があります。

2.冷凍ジャム用イチゴの通販のページ  http://www.gurume-ichigokan.com/hanbai/

3.お申込み及び、お問い合わせ先。    http://www.gurume-ichigokan.com/form/form01.html

写真1.地元の皆さんには、生のいちごをジャム用として直売しております。

4パック入る大きさの箱に入れると約2Kgです。

お客様の中には、1回目は生で食べてしまう方も多いです(笑い)。

写真2.通販用の冷凍ジャム用イチゴは、コンテナに収穫します。

写真3.収穫後全員でヘタを取り、綺麗に洗浄します。

傷んだいちごは、廃棄処分します。

写真4.ようやく冷蔵庫に約60Kgの冷凍ジャム用イチゴが在庫できました。

これで、当分即納体制ができて、一安心です。

解凍すれば、歩留まり100パーセントのジャム用イチゴになります。

 

今日も沢山のお客様が、いちご狩りに来られました。

日は、いちご狩り日記をお読みください。

今シーズン最後の賑わいでした。

今日は、キャンセルが多数出ました

沢山の人数なので、急きょいちご狩りを募集しても、埋めることはできませんでした。

こんなにキャンセルが出るのなら、昨日のお客様をお断りしなければよかった!

いちご園は、キャンセル料金を要求できないぐらい弱い立場なのです・・・・・・・・

昨日、ご予約をお断りしたお客様には、大変申し訳ありませんでした。

明日も、ご予約をお受けできそうです。

写真1、駐車場もお客様の車で一杯です。

160514-0

写真2.羽根様。あかねっ娘(ももいちご)がお気に入り。

来シーズンは、1月・2月の美味しい時にご来館ください。

 

160514-1

写真3.河野様のお嬢ちゃんは、館長の説明を良く聞いてくれました。

160514-2