2016年 3月 の投稿一覧

いよいよ、春休みのいちご狩りがスタート。

 平日は、いちご狩り日記をお読みください。

大変申し訳ありませんが、4月5日~4月24日と5月5日は、ご予約の定員に達しました。
つきましては、4月5日~4月24日と5月5日は、ご予約をお受けできません。
土曜日と日日曜日は、収穫量が増えれば、2~3日前及び当日に追加ご予約をお受けいたします。

 

 

今朝は、中央道の渋滞もなく皆様ご予約の時間とおりいちご狩りに来られました。

皆さんがイチゴの甘さにお喜び戴けて館長としても、嬉しい1日でした。

 

今日の笑い話とお勉強???

あるお客様が、「父は胃を手術したので、ほとんどイチゴが食べれないので割引してほしい」との

お願いを受け、半信半疑で割引をしましたが、いちご狩りが終わってビックリ!

最後の最後まで、たくさん召し上がっておられました(笑い)。

この年にして、安易に人を信用しては、いけないと勉強になりました。

 

写真1は、今年2回目のご来館の坪野様。なかなかお名前とお顔が一致しなくてごめんなさい。

前回より、今日の方が美味しかったそうです。

160326-1

写真2.イチゴの実の種から葉が出ている珍しいイチゴを見つけました。

時には、花が咲くこともあります。

160326-2

スポーツクラブの皆さんが、大型バスでいちご狩りに来られました。

 平日は、いちご狩り日記をお読みください。

大変申し訳ありませんが、3月20日~4月17日は、ご予約の定員に達しました。

つきましては、3月20日~4月17日は、ご予約をお受けできません。

 

3連休のいちご狩りのピークを越しました。

本当にご予約をお受けできなかった皆様には、お詫び申し上げます。

来シーズンは、どんな異常気象になろうとも、大きな不作にならないように

元気で大きな苗を作り頑張ります。

イチゴさん達も、頑張ってご予約分の実をつけてくれました。イチゴさんに感謝!感謝!

中央道も、大した渋滞もなくいちご狩りに遅れるお客さんは、少なかったです。

 

今日のお客様は、グループでいちご狩りをするために1月以上前からご予約されておられました。

今シーズン、初めて大型バスでスポーツクラブの皆さんがいちご狩りに来られました。

今年は、大型バスでのご予約が少ないですね。

これから暖かくなると、色々な施設から団体でいちご狩りに来られます。

甲府盆地に来られる海外からのお客さんは少ないようです。おそらく世界遺産の富士山を目当てに

旅行スケジュールが組まれているのでしょう。

 

写真1.今シーズン初めて大型バスが来ました。

160320-1

写真2.いちご狩りの後に、イチゴアイスを召し上がられるスポーツクラブの

皆さん。いちご狩りは、ホワイトレディ―が一番お気に入りでした。

160320-2

 

 

11時から絶好のいちご狩り日和になりました。

 平日は、いちご狩り日記をお読みください。

大変申し訳ありませんが、3月20日~4月17日は、ご予約の定員に達しました。

つきましては、3月20日~4月17日は、ご予約をお受けできません

この時期になると、スケジュールの関係で午後のお客様がキャンセルされることも増えてきます。

最近感じることは、キャンセルを気安く考えている若者が増えています。

キャンセルの時は、必ずキャンセルのご連絡をお願いします。

 

 朝のうちは、強い雨が降っていましたが11時から急激に晴れてきました。

強い日差しのため、今日も遮光カーテンを閉めて暑さをしのいでいます。

写真1.川崎から来られた黒江様。

パフォーマンス豊かな皆さまでした。

160319-1

雪害時に義援金をいただいたお客様がいちご狩りに来てくれました。長野県からイチゴ栽培のご視察に来られました。

平日は、いちご狩り日記をお読みください。

 

大変申し訳ありませんが、3月13日~4月17日は、ご予約の定員に達しました。

つきましては、3月09日~4月17日は、ご予約をお受けできません。

 

今週は、ご予約を制限したので、当日の朝に少しお客様を受け入れました。

順調にいけば、来週もイチゴの不足を心配しないでよさそうです。

むしろ心配は、このところ曇りや雨が多く章姫の甘さが少し落ちてきていることです。

なにせ、太陽が出ないと光合成が出来ないのでイチゴの甘さは少なくなります。

 

 雪害時に義援金をいただいたお客様が多数いちご狩りに来られるようになりました。

義援金の内、お返しに贈答用のイチゴを選ばれたお客様は、当館に来られたことが無い方も多数おられました。

お返しにいちご狩りを選ばれたお客様は、リピータの方だほとんどでした。

2年前の義援金はお金に困っていた館長には、とても貴重で嬉しかったです。

改めて、義援金や寄付金をいただいたお客様に、心からお礼申し上げます。

 

長野県の「筑北村」からイチゴの栽培や無農薬のご視察に来られました。

栽培されておられる皆さんは、お若いので将来が楽しみです。

必要があれば、館長が出向いて指導することをご提案しました。

館長の失敗事例をお教えすれば、同じ失敗をしない分、早く成功するでしょう。

 

写真1.お客様でいちご狩りハウスがにぎわってきました。

プライベートエリア制なので、他の客様を気にせず時間の制限もなく、

皆さんのんびりいちご狩りを楽しまれておられました。

DSCN0039

写真2.雪害時に義援金をいただいた坂本様。

ひょんなことで、おめでたい話をお聞きしました。

心から祝福したします!

160313-2

写真3.長野県から無農薬栽培のご視察に来られた「筑北村」の

皆さん。栽培される方が若いので、将来楽しみです

160313-3