2015年 10月 の投稿一覧

イチゴの1番花の出蕾状況。章姫に2番目の出蕾が見れました。

 

 

 平日は、いちご狩り日記をお読みください。

この所一段と寒くなりました。

早く暖房をしたいのですが、まだあかねっ娘(ももいちご)が完全に出蕾していないことと、

2番目の花の花芽分化が終了していないことから、まだ暖房等を出来ません。

仮に、暖房するとあかねっ娘(ももいちご)の1番花やその他の品種の2番花が

出蕾しなくなる可能性があります。

10月15日にいちご狩りハウスに入れたミツバチさん達1箱(8000匹)は、

未だ受粉活動をしません。

10月29日にいちご狩りハウスに入れたミツバチさん達1箱は、

その日から受粉活動を始めました。

同じ蜂屋さんから購入したミツバチさん達でも受粉活動を開始時期は、個体差があります。

毎日人間が受粉活動をしていたのですが、土日は人がいないので待ちきれずに

30日にマルハナバチを入れました。

しかし、皮肉なことに29日に入れたミツバチさん達が受粉活動を始めたので、

マルハナバチを購入したことが無駄になりました。

ほんの一部ですが、孫の光咲のために蕾を除去しなかったかおり野の

1番目の実がなり始めました。

当館のイチゴの出蕾状況。(11月2日~11月9日は、推定)

単位
  10月5日 10月13日 10月19日 10月26日 11月2日 11月9日
無処理 52 4 3 10 10 22
短日夜冷 13 18 43 20 3 3
半短日夜冷 10 27 17 30 10 7
もも 3 2 3 6 17 69
合計 21 15 21 12 13 18
2番花 蕾廃棄 蕾廃棄 一部蕾廃棄 21 15

1.10月3日~10月13日までに出蕾した蕾は全て除去したために、36%の

イチゴの株が無駄になりました。

2.無処理の株は、半分が10月3日までに出蕾して、除去したために無駄になりました。

残りの半分は、大幅に出蕾が遅れています。

やはり、9月1日頃定植の無処理の苗は、安定した収穫時期を得られないようです。

3.10月3日に蕾を除去したかおり野やアスカルビーが9月26日頃から

2番目の花の出蕾が見え始めました。

章姫の2番目の花は10月30日頃から出蕾が見え始めました。

4.11月2日頃の出蕾は、1番花の遅れて苗と2番花の早く出て来る苗とが

合計されて、30%近くの出蕾が期待できそうです。

5。遅れているあかねっ娘(ももいちご)は、一時今年中の収穫をあきらめていましたが、

夜冷と半夜冷の効果で、遅まきながら出蕾が見られるようになりました。

これで、12月末頃には収穫出来そうです。

しかし、不思議なことに夜冷処理と半夜冷処理の苗の出蕾が同時になっています。

6.出蕾がバラツイタリ、2番目の出蕾が早いことから、12月上旬からお正月までの

いちご狩りが可能になりそうです。

クリスマスのケーキ用イチゴも出荷できそうです。

写真1.ようやく受粉活動を始めたミツバチさん達。

今咲いている花にミツバチさん達が受粉。それまでの受精している大きな花の実は、

私たち人間が受粉をしました。

151030-3

写真2.今朝も元気に葉露を出しているイチゴさん達。

151030-2

写真3.10月3日に出蕾した章姫に2番目の花が出蕾。赤いマークは、10月3日に

出蕾したことを示しています。

151030-4

写真4.かおり野の1地番目の実を夢中になって食べる、孫の光咲。

粒も大きく、甘さもシーズン中より甘い感じがしました。

151030-1

 

 

 

 

今シーズンのイチゴのスタートは、スローライフで行きます!イチゴは急激に成長しています。

 

 

 

 平日は、いちご狩り日記をお読みください。

この土日の山梨・長野の天気は、天気予報に反して秋晴れでした。

この時期は、何かと忙しい季節です。

昨日は、長野のイチゴ屋さんと飯田の友人を訪問しました。

イチゴ屋さんは、タンソ病で苗が不足していたので、少し差し上げました。

14年の雪害時に応援をしていただいたお返しが出来ました。

この世の中、助け合いで持ちつ持たれつです!

飯田の友人は、14年の雪害以来、館長を激励してくれています。

この数週間は、館長が悩んでいるのをブログで見ていたようです。

とんでもないご馳走で館長を迎えてくれました。感謝!感謝!

今日は、孫の光咲のピアノの発表会と区民祭りがブツカッテしまいました。

区の役員のため、泣く泣く光咲の発表会は欠席しました。

さて、イチゴの生育状況は色々ありましたが、少しずつ改善されてきました。

花芽分化の狂いにより、出蕾の方は、品種によりバラバラです。

9月末の定植した頃は、8月に異常気象で秋を感じた小苗などにより、

館長は、テッキリ全ての苗が花芽分化を起こしていると早とちりして、

半短日夜冷処理の苗を9月28日から一挙に定植をしてしまいました。

基本は、毎年大半が同じ時期に出蕾することが、はっきりしました。

無処理の紅ほっぺと章姫は、10月5日で70パーセントが出蕾を止めてしまいました。

運が良ければ、10月末から11月上旬に出蕾をします。最悪は12月の出蕾になります。

短日夜冷処理のなえは、おおむね順調に70%が出蕾。残りの30%は9月末でしょう。

例外は、あかねっ娘(ももいちご)で、定植直後に1~2%出蕾し、そのごは 

出蕾の気配がありません。何とか例年並みに10月末に出蕾するように手を打っています。

9月28日から定植した半短日夜冷処理の苗は、70%が出蕾してしまい、

全て蕾を除去しています。運が良ければ残りの30%は10月26日以降となり

12月末に、収穫出来そうです。

半短日夜冷処理のあかねっ娘(ももいちご)の出蕾は、12月の収穫は難しそうです。

最終的な結論は、10月末の出蕾状況で明確になります。

現時点では、12月からお正月のいちご狩りは、出来る可能性が高くなりました。

12月末のケーキ用イチゴも供給できそうな感じです。

とりあえず、良い方向に向かっているので、一安心です。

イチゴの栽培は、無理をせずしっかり寒さにさらし、昼間の温度も下げ、肥料も低めで

葉欠きも少なめにして、じっくり株を大きくして実も大きくするスローライフに決めました。

来シーズンの紅ほっぺの親株が来ました。メリクロン苗です。

その他の問題点

1.購入したアスカルビーのタンソ病の枯れが止まり始めました。

2.鉄欠乏症の対策は、徐々に効果が出てきています。

  完全に完治していない苗もあります。

3.安い肥料への切り替えによる問題は未解決のため、とりあえず元の肥料に戻しました。

4.定植後1月に満たないうちに出蕾した蕾は、除去しています。

5.全体的な生育は、葉面散布の効果で、急激に株が大きくなりつつあります。

6.お客様に出荷した苗は、枯れも少なく皆さんに喜ばれています。

7.パイナップルの食べごろ(収穫時期)が不明でまだ食べていません。

8.15日に放出したミツバチさん達は、まだ受粉活動をしていません。

写真1.富士山の初冠雪。富士山の初冠雪以降は、台風が日本上陸しないそうです。

151013-0

10月15日に放出したミツバチさん達。

暖房機のそばで、巣箱を高くして寒い冬を少しでも暖かく過ごせるようにしました。

151015-1

16日に届いた来シーズンの紅ほっぺの親株。メリクロン苗です。(葉欠き前)

151016-1

葉欠き後の紅ほっぺの親株。

151016-2

17日に友人宅でご馳走になりました。

美食家の友人が選んで作った料理は、「珍しい鱧のしゃぶしゃぶ」下味は、何と贅沢にも

松茸でした。その他ヤマゴボウや長野しかない塩イカなど・・・・・・。

最高の料理ありがとう!

館長はすっか元気になりました。

151017-0

花の咲いた時期から判断するとそろそろ食べ頃です!

少し黄色実を帯びてきました。

151018-0

順路1の章姫。短日夜冷処理の章姫は、株も十分大きくなりました。

半短日夜冷処理の章姫は、まだ大きくありません。

151018-1

順路2の紅ほっぺ・かおり野・アスカルビー・ホワイトレディーは、

急激に大きくなり始めました。

151018-2

お土産エリアのかおり野・ホワイトレディー・紅ほっぺ。

151018-3

一番出蕾が遅れて心配なあかねっ娘(ももいちご)。

例年並みの10月末の出蕾を期待しています。

151018-4

お土産の夜冷処理の紅ほっぺ・アイベリー。

ようやくアイベリーに出蕾が見られました。

151018-5

来シーズンの親株と芯止まりの株の補植用苗。

3000本以上あります。

151018-6

鉄欠乏症のかおり野に少し緑色がもどってきました 。

151018-7

このかおり野は、新芽が出てくるまで鉄欠乏症の症状が消えないでしょう。

151018-8

 

 

 

 

イチゴの今週までの、早すぎる蕾を除去します。富士山に初冠雪。

 平日は、いちご狩り日記をお読みください。

最近は、めっきり寒くなり日の出も遅くなりました。

10月に入り、今年は昨年に比べて3度近く最低気温が低くなっています。

イチゴの自然花芽分化も進むでしょう。

館長は、12月のお歳暮の時期に大粒のイチゴ、12月末には、小粒のケーキ用のイチゴ、

お正月は大粒のイチゴのいちご狩りが収穫できるように、

毎年、12月上旬から収穫出来る夜冷処理の苗と

1月上旬から収穫出来る半短日夜冷処理の苗を準備して対応しています。

しかし、今年は8月の異常気象で花芽分化が早くなり、無処理のイチゴでさえ

12月上旬に収穫出来る苗になったので、今年は、短日夜冷処理と半短日夜冷処理の苗の

収穫時期の差が無くなりそうです。

可能性が少ないですが、お正月のいちご狩りが出来るように半短日夜冷処理の苗の

出蕾が10月末になることを祈る毎日です。

収穫時期を12月末から1月上旬に合わせるには、摘花や温度調節による収穫時期の

修正が少し可能ですが、一長一短があり難しいです。

いずれにしても、10月末までの出蕾状況で対応を考えなければなりません。

お歳暮用イチゴを待っているお客様、ケーキ用イチゴを待っているケーキ屋さん、

お正月のいちご狩りを毎年の行事にしておられるお客様の顔が思い出され、

何とかしたいと思う毎日です。

9月1日~10日頃の定植した自然花芽分化による10月5日時点のの出蕾状況。
1.章姫  45%

2.紅ほっぺ  30%

3.アスカルビー(今年は夜冷処理は無し) 45%

4.かおり野   92%(毎年夜冷処理は無し。出蕾は、例年並み)

9月15日から定植の短日夜冷処理や半短日夜冷処理の出蕾。

9月15日~25日の定植した短日夜冷処理の苗の10月5日時点の出蕾状況。

1.章姫   17%

2.紅ほっぺ  6%

3.あかねっ娘(ももいちご) 3%

4.アイベリー        0%

5.ホワイトレディー     0%

6.サラダイチゴ       0%

この数日は、出蕾時期が明確になった株から葉欠きをしたり、蕾を除去したり

しています。

蕾を除去すると2番目の蕾が早く出るので、少しでも早く蕾を除去します。

葉欠きをすると、病害虫が葉ごと除去できるのと、古い葉を取り除き新葉に

光が当たるようにして光合成を促進します。

更に古い葉を除去すると、イチゴさんも新葉を早く出そうとします。

新葉が早く出ると新葉の回転が良くなり順番待ちの2番目の蕾も早く出てきます。

写真1.富士山に初冠雪がありました。昨年より5日早いそうです。

残念なことに、写真に収めることが出来ませんでしたので、

昨日の写真をお見せします。

稲刈りは、来週でしょう。

151007-0

写真2.葉欠き前の無処理の紅ほっぺ。

151008-8

写真3.葉欠き後の無処理の紅ほっぺ。

151011-1

写真4.日照が少なくなってきたので、新葉と古い葉が光を奪い合っています。

151011-2

写真5.古い葉が無くなり、新葉が十分に光をもらえるようになりました。

151011-3

写真6.毎年、手で受粉しても綺麗に受精しないので、蕾の除去が遅れても良いと、

安心していましたが、ミツバチがいなくても風で綺麗に受精しています。

あわてて蕾を除去していますが、除去するのがもったいない気がします。

151011-4

写真7.除去した古い葉と蕾と花。

14日に来るミツバチさん達にも、少し花を残してあります。

151011-5

写真8.紅ほっぺの花。

151011-6

写真9.毎年出蕾が遅いアスカルビーの花が、こんなに咲いています。

151011-7