2014年 4月 の投稿一覧

倒壊したいちご狩りハウスのベットの修理が、全て終わりました。高校時代の友人がボランティアに来てくれました。

平日は、いちご狩り日記をお読みください

土日は、この館長のブログをお読みください。

2月14日と15日の雪害状況

3月4日からいちご狩りハウスの解体と倒れたベットの修復を行って来ました。

毎日、6人で50日近くかかりました。

ベットから培地のココ(ヤシ殻)を取り出し、ベットの修復後にベットに培地のココ(ヤシ殻)を

戻す作業は、重労働で、館長には、予想以上に辛かったです。

これからの再建の作業は、業者がハウスを建てる作業と、私たちがいちご狩りハウスを

元に戻す作業があり、6月頃までは、多忙な毎日です。

資金面から、5月6月は、パートさんにお休みいただき、社長と穴山君と館長の3人で

再建の作業を進めます。

しかし、いちご狩りハウスの材料が入手できなくて、ハウスを建てる作業が

スタートできません。

連休明けにスタートできればよいでしょう。

今日は、嬉しいことに横浜から高校時代の友人がボランティアとして作業を手伝いに

来てくれました。

写真1.ベットの修復が終わったので、ハウスが立てやすいように、

通路やいちご狩りハウスの中をかたずけたり、掃き掃除をしました。

140425-4

写真2.すっかり綺麗になった、いちご狩りハウス。

早くハウスを建てたいものです!

140425-3

写真3.高校時代の友人には、残材の整理とプライベートエリアを区切るグリーンネットを

ベットの下に取り付けてもらいました。

このグリーンのネットでお客様が他のエリア(レーン)に無断で移動するのを防止します。

特にお子様は、隣のレーンに行きたがりますね!

140427-1

写真4.館長の高校時代の友人。直射日光で暑い中、ご苦労様でした。

恵良さんは、午前中暑さのためか体調が良くなかったようで心配でした。

午後には、直射日光と暑さに少し慣れてきたようで安心しました。

140427-3

写真5.今日は、ハウスの支柱を建てる穴を頑張って25穴ほど掘りました。

140427-2

いちご狩りハウスの南側半分のベットに培地のココ(ヤシ殻)を戻しました。

平日は、いちご狩り日記をお読みください

土日は、この館長のブログをお読みください。

倒壊したいちご狩りハウスの解体を始めた3月4日は、雪が降るほどの寒さでした。

しかし、気が付いて見れば、最高気温が27度近くにもなるほど暖かくなりました。

再建の作業は、館長の予測以上に作業が多く、体力を要する作業が多いので、

ナカナカ前にすすみません。

昨日は、疲労困憊の体を休めるべく、神様が恵みの雨を与えてくださいrました。

疲れていた筋肉や腰も少し楽になりました。

国や県・市からの補助金の内容が4月14日に明らかになりました。

被災した農家の希望に沿った対策内容で、ホッとしました。

15日の山梨放送(YBS)のテレビで、被災者を代表して県民の皆様に

再建の進み具合や、ご協力に対してのお礼を申し上げました。

いちご狩りハウスは、何時でも建てられるように準備が終わっていますが、

当初の予測通りハウスの部材が入ってこないので、着手できません。

4月28日頃にハウスの建築に着手できればよい状況です。

倒れた培地のココ(ヤシ殻)を入れるベットの復旧が終わりましたが、

そのベットに培地のココ(ヤシ殻)を戻す作業に時間がかかっています。

ようやく、いちご狩りハウスの南側半分のベットに培地のココ(ヤシ殻)を戻しました。

来シーズンの苗を採る親株は、寒さで遅れていましたが、すこし遅れを取り戻してきました。

子供を採るランナーは、例年より少し早めに出ています。

写真1.倒壊したベットの発泡スチロールを、廃棄処理場に移動。

 

写真2.廃棄処理場に廃棄したベットの発泡スチロール。

重量は無いのですが、大きいので運搬回数が多くなります。

140417-2

写真3.ベットから取り出した培地のココ(ヤシ殻)。

重量は、6~8Kgと重いので、ベットから取り出したり、戻したりするのが

重労働です。今回は、この塊を3000個以上出し入れします。

140417-3

写真4.ベットに戻した培地のココ(ヤシ殻)。

140417-4

写真5.ようやく南側半分のベットに培地のココ(ヤシ殻)を戻しました。

140417-6

 

 

 

 

いちご狩りハウスの倒壊した培地のココ(ヤシ殻)を入れるベットを建て直しました。

平日は、いちご狩り日記をご参考ください

6日にボランティアの皆さんに応援いただき、大変助かりました。

それから、アット言う間に1週間が過ぎました。

今種は、根の除去など色々な作業が入ってきたので、ベットの修復作業が

余り進みませんでした。

今月いっぱいは、修復したベットに培地のココ(ヤシ殻)を戻します。

更に、培地に残っている2万株のイチゴのクラウンと根を除去します。

いちご狩りハウスの部材の納入が遅れており、ハウスを建て始められるのは、

今月末になりそうです。

写真は、葉や茎を除去してもまだ元気なイチゴの株。

140407-1

写真2.鎌(カマ)を使い根ごとクラウンを除去します。

140407-2

写真3.育苗ハウスの破損をビニールを貼り補強しました。

苗採りが終わる9月末まで、この倒壊したハウスを維持せねばなりません。

140410-1

写真4.倒壊したベットは全て立て直しました。

今後は、取り出した培地のココ(ヤシ殻)を元に戻します。

140410-4

 

 

ボランティアの皆さんに2回目の応援に来ていただきました。

平日は、いちご狩り日記をご参考ください

20人近いボランティアの皆さんのご協力で、倒壊したベットの修復が大幅に進みました。

今日は、東京や静岡の皆さんが多いので、仕事の開始時間を10時にしましたが、

ほとんどの皆様が8時に来ていただきました。

今回のボランティアの皆さんは、いちご狩りのお客様や通販のお客様やジャム用イチゴの

通販のお客様と多種多様でした

今日の天候も、予報通り午後には急に寒くなり雹が降りました。

写真1.順路2のA棟の黒の防水シートをベットに敷いています。

140406-1

写真2.曲がって使えなくなった30メーターのパイプを外に運び出し。

沢山の人数だからこそ簡単に出来ました。

140406-2

写真3.10時の休憩には、昨日お見舞いとしていただいた、コーヒーメーカーを

使いました。暖かく、香りも良く本物に近い味は、皆さんに好評でした。

しかし、20杯のコーヒーを作るには、時間がかかりました。

140406-3

 

写真4.一時的にベットから取り出した培地のココ(ヤシ殻)を元の位置のベットの位置に

移動しました。ボランティアの皆さんは、台車を使わず手で運んだ方が早いと、1袋6Kgと

重い袋を一人で2袋から4袋持ち運んでくれました。

140406-4

 

写真5.急に空の雲が黒くなり、寒くなったら雹が降ってきました。

 

黒のシートに雹が積もりました。

140406-6

写真6.E棟北のベットに培地のココ(ヤシ殻)を入れています。中央の通路では、

取り外した部品を、部品の種類ごとに選別をし、再利用できるものに分けました。

140406-7

選別された20種類以上の部品。

140406-10

写真7.ベットに培地のココ(ヤシ殻)を入れて、床にこぼれたココ(ヤシ殻)を、

掃き掃除しました。

140406-11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

倒壊した順路2のベットの修復も終わり近くなりました。

平日は、いちご狩り日記をご参考ください

この所の雨や風の天候は、まことに異常なほど荒れ狂っています。

天井の無いいちご狩りハウスでは、雨や風で作業が変わったり、遅れたりします。

再生出来る部品で、イチゴの培地を入れるベットの修復をして来ましたが、

再生出来る部品が無くなってきたので、新品の部品を使い始めましたが、

やはり、消費税の駆け込みで部品の納期が遅れてきました。

一番心配していた、ハウスの骨材の納期が遅れていることです。

当館のハウスは、4月中旬から4月末に建て始める予定ですが、予定通り行くか心配です。

明日は、ボランティアの皆さんと順路2のベットの修復を完成させる予定です。

写真1.3月31日は、雪害で鶏舎の8割が倒壊した白州郷牧場にボランティアとして

鶏舎の解体に参加してきました。

同じ被災者として、白州郷牧場の皆さんの苦悩が良く理解できました。

白州郷牧場の皆さん、頑張りましょう!

140331-1

 

140331-4

写真2.ほとんど倒壊していた順路2のベットの修復が終わりに近づいて来ました。

明日には、ボランティアの皆さんと完成たせます。

140402-2

写真3.2月末に手配した、発泡スチロールや培地のココ(ヤシ殻)が入荷しました。

140403-1

 

140404-2