農園案内

猛暑日が継続する中、今シーズンのイチゴの苗採りが終了しました。

 

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。

今日も36.4度と10日連続で猛暑日が続きます。

今年の山梨は、日本最高気温にはなりませんが、コンスタントに暑いですね。

7日の章姫と紅ほっぺのポット受けの苗の切り離しで、今シーズンの苗採りが完了しました。

今年の苗採りは、猛暑日が続く中過去最高の出来栄えになりました。

14年の雪害によるハウスの倒壊や15年の過去最高のイチゴと2年連続収穫量が

激減しました。

リベンジをしようと従業員一同、最新の注意を払いながら懸命に苗採りをした結果でしょう。

ここで、安心すると必ず失敗します。

12月からの収穫を目指して、気を抜かずに頑張ります。

今年は、いちご狩りハウスを親株ハウスの代わりとして使用していたので、

9月上旬の定植までに急いで、いちご狩りハウスに戻さなければなりません。

写真1.アスカルビーの苗が届きました。

親株ハウスが無かったので、アスカルビーの苗を仕方が無く、購入しました。

しかし、運が悪いことに今年のアスカルビーの苗は、苗作りの農家さんのハウスが台風で

壊れたりして、タンソ病が入っているようです。

今月中にタンソ病に犯されている苗と無病の苗を選別せざるを得ません。

全ての株がタンソ病になっていたときは、来シーズンは、アスカルビーの

いちご狩りが出来なくなります。

到着したスカルビーの苗(7.5Cmポット)。

150805-22

苗の出来栄えが良くないので、タンソ病に罹病している苗を選別しながら、

苗の不具合を治しながら9Cmポットに植え替えました。

少し茎が赤くなっているのは、タンソ病の危険信号です。

150807-11

写真2.7月13日から挿し木した苗の1回目の葉欠きをしました。

150805-31

150805-32

写真4.7月22日から23日に実習生がポット受けした苗も、活着しました。

始めてポット受けしたので、活着しなかった苗もあります。

暑い中実習生の皆さん、ご苦労様でした。

150807-1

ベテランがポット受けしたあかねっ娘(ももいちご)の苗。全て活着しています。

150807-2

いちご狩りハウスの最後の親株。苗採り後全て除去しました。

150807-5

写真3.パイナップルの実が大きくなりました。

特に頭の部分の葉が多くなりました。

150807-4

 

イチゴの挿し木の苗が、完全に活着しました。

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。

5月のいちご狩りが終わり、苗採りが終わり、気がつけば、8月になりました。

8月末には、短日夜冷処理を開始して、花芽分化が起きる9月中旬に定植を開始します。

 9月中旬に定植する、ポット受けの苗の2回目の葉欠きをしました。

太くてしっかりした、新芽が出てきました。

一方、7月13日~17日に挿し木した苗が、完全に活着して、毎日36~37度の猛暑に

耐えています。

嬉しいことに、今年の挿し木の苗は、過去にないほど活着率が良いです。

品種により異なりますが、不良率は1~3パーセントです。

私達人間は、黒の遮光カーテンの下で、帽子を被り暑さに耐えていますが、

イチゴさん達は、太陽の日差しをもろに受けながら成長しています。

イチゴは、暑さに弱いと言えど、この環境で最長出来る生命力には、感心します。

写真1は、2回目の葉欠きが終わり古い葉もほとんどなくなり、病気や害虫も

少なくなっています。

150729-1

写真2.7月25日に完全に黒の遮光カーテンを除去しました。

150801-2

写真3.夕方に萎れていたかおり野の苗もしおれなくなりました。

150801-1

写真4.8月1日に完全に黒の遮光カーテンを除去しました。

150801-3

写真5.パイナップルの実が大きくなりました。隣は、来年に収穫が出来そうです。

150802-1

 

 

 

 

 

 

イチゴの苗に葉タンソらしい苗が見つかる。お二人の、2週間にわたる苗採りの実習が終わりました。

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。

  最高気温は、天気予報より少し低い36度となりました。

まずは、ポット受けの苗の水遣りを2人で約2時間行いました。

大半の苗は、自動灌水が出来るのですが、下記の理由で手灌水をしています。

1.全ての苗の水分量(ココの渇き具合)が均一でないので、目で見ながら給水量を調整。

2.苗の成長具合や病気のチェックをしながら給水。

案の定、章姫の苗にタンソ病らしい苗があり、別の場所に隔離しました。

 挿し木の苗は、黒の遮光カーテンをしているので、萎れることもなく元気です。

この時期、根が出て活着していれば、新芽が枯れずに伸びていきます。

先週の根の発根状況の通り、無事大半の苗が活着してきています。

 13日から実習に来ていた某企業の女性お二人が、実習を終えてお帰りになりました。

明るく元気なお二人のため、急にさみしくなりました。

しかし、この暑さの中、1日中同じ作業を根気よく頑張って習得してくれました。

イチゴ栽培の難しさや、苗の大切さを理解してくれたでしょう。

 パイナップルの実が大きく膨らんできました。

頭の部分の葉が、お店で販売されているパイナップルより、多いような気がします。

写真1.2週間の実習を終えたお二人。

女性は、日焼けが防止が命です・・・・・。

150722-5

写真2.13~15日で挿し木した苗。遮光カーテンをしてあるので、36度の高温でも

萎れずに元気です。

150725-1

写真3.15~17日に挿し木した苗。こちらも天井遮光カーテンを残してあるので、

萎れずに元気です。

150725-2

写真4.ポット受けの苗の1本1本を見ながら、渇き具合に応じて給水しています。

病気の苗もチェックしています。

150725-3

写真5.葉タンソらしい章姫。とりあえず、別の場所に移動して、他の苗に病気が移らない

ようにします。葉タンソは、9月ごろに出やすいので、葉タンソではないと思います。

万一タンソ病とすると、頭上灌水をすると他の苗に次々と転移していきます。

時により、全滅することもあります。

150725-4

隣の苗も、同じように葉にシミがあります。

150725-5

写真6.かおり野は、根も出て元気に新芽が出てきています。

150725-6

写真7.元気に新芽が出ている紅ほっぺ。

150725-7

写真8.パイナップルの実が大きくなってきました。

頭の葉が多すぎるような気がします。

150725-8

 

イチゴの挿し木苗の発根状況の調査結果。

 

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。

 今日から、関東甲信越は、梅雨明けです。

予報通り暑くなりました。

16日から18日まで雨や曇りのため、今日からの急激な暑さで挿し木して

まだ根が出ていない苗は、萎れてしまいます。

あまり萎れすぎると、翌日に復活できなくて枯れてしまいます。

どのタイミングで、天井の黒の遮光カーテンを追加するか、事前に検討しておきました。

苗が萎れても、出来るだけ太陽の光を入れないと、光合成が出来ずに根が出てきません。

挿し木後の根の発根状況の調査。

挿し木後の発根は、品種や親株から切り離しした苗の状態で異なります。

一番遅い発根の苗に合わせて、黒の遮光カーテンを除去します。

苗の萎れ具合で、8時過ぎにハウスの黒の天井遮光カーテンを降ろしました。

15日に挿し木した紅ほっぺが12時に萎れていたので、黒の天井遮光カーテンを追加で

閉めました。

写真1.17日に挿し木した紅ほっぺの根が、挿し木後2日目で1~2mm出ていました。

強い光で萎れています。

150719-3

写真2.上段は、14日に挿し木した章姫。挿し木後5日目で根の長さは1~2cmぐらい。

下段は15日に挿し木したかおりの。挿し木後4日目ですが、小苗は1~2cm予想以上に根

が出ていました。逆に大苗は、発根が遅いです。

左2本が小苗。真中2本が中苗。右側2本が大苗。

150719-4

写真3.13日に挿し木した章姫。挿し木後6日目で、根も3~4cm出ており、

もう強い日が当たっても萎れません。

150719-5

写真4.8時頃に15日に挿し木したかおり野が、少し萎れたので天井の黒の遮光カーテンを

7割がた閉めました。

150719-6

150719-22

写真5.西側のハウスは挿し木した日が16日と17日なので、8時に萎れ始めたので

黒の天井遮光カーテンを9割ぐらい閉めました。

150719-8

150719-31

写真6.12時に15日に挿し木した紅ほっぺが、萎れたので天井の遮光カーテンを

9割ぐらい占めました。

150719-11

150719-22

写真7.遮光しない時は、14時頃に萎れるのですが、今日は早めに遮光したので

14時には、どの苗も萎れずに立っていました。元気になったかおり野。

150719-9

 

 

 

 

 

イチゴの苗の挿し木が完了しました。パイナップルの花が咲いたよ!

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。

13日から挿し木方式による苗採りを開始しました。

来シーズンのイチゴの出来栄えは、半分以上イチゴの苗で決まります。

14年の雪害、昨シーズンのイチゴの不作と不満足な2年間でした。

今年こそと、苗採りに全力を投入しています。

親株ハウスと育苗ハウスは、南北棟から東西棟に変わったので、

挿し木の苗採りも条件が変わるので、最新の注意を払いながら進めています。

10日から猛暑日(35度以上)になり、挿し木の苗採りとしては厳しい環境になりました。

しかし、この猛暑を乗り切れば来シーズンから安心して苗採りが出来ます。

13日に挿し木した章姫は、15日まで萎れていましたが、16日には元気になりました。

16日から台風11号の影響で、雨と曇りで苗の萎れはほとんど無くなりました。

挿し木の苗は、おおむね順調に進み17日で予定通り終わりました。

苗の出来栄えも、過去最高に良い状態です。

しかし、油断をすると大失敗をするので、気が抜けません。

ポット受けの苗も枯れずに、元気に生育しています。

パイナップルも大きくなり、ついに花が咲きました。

写真1.親株から子苗を切り離しています。今年は親株ハウスが使えず、

いちご狩りハウスを使用したので、狭いですね。

150716-4

写真2.切り取った苗を挿し木しています。

150715-34

写真3.13日に挿し木した章姫の苗が、15日までは、昼間萎れて、翌朝には

元気に萎れが無くなります。これは昼間に萎れた章姫の苗。

150714-52  150714-53

150715-32

写真4.13日に挿し木した章姫の苗が、萎れなくなりました。

根が出て自力で水分を補給できるようになると、葉が平らになります。

150715-2

150715-11

150715-12

写真6.15日に挿し木したかおり野が、18日の昼間に少し萎れました。

明日には、元気に萎れが無くなるでしょう。

150717-1

150717-2

150717-3

写真5.17日に挿し木した来シーズンの親株。アイベリーやあかねっ娘(ももいちご)や

ホワイトベリーやアスカルビー。

150718-3

150718-4

150718-5

150718-6

写真6.13日から15日に挿し木したC棟東側と16日から17日に挿し木したC棟西側。

150718-12

150718-11

写真7.2~3回の葉欠きで古い葉が無くなってきたポット受けの苗。

150718-7

写真8.パイナップルの実が大きくなりました。

紫色の綺麗な花が咲きました。ミツバチがいないので、受粉しなくてもパイナップルが

食べられるか心配。

150718-0

150715-20

 

 

 

イチゴのポット受け苗を親株から切り離ししました。ハウスの再建作業の残作業も終盤に入りました。

 

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。

今週は、23日にからポット受けした苗を親株から切り離しています。

9日までは、雨で気温も低く日差しも弱いので、親株から切り離ししても、

苗が萎れることがありませんでした。

しかし、10日から34~35度の猛暑になり、苗が切り離し後は萎れるようになりました。

今年の苗は根の張りが良いので、翌日には苗が元気になりました。

無農薬を実施するために、すぐに葉欠きをして、葉に付着している

病害虫を葉もろとも廃棄し、駆除します。

写真0.遠くから見ても、パイナップルの実がよく分かるようになりました。

イチゴの実のように、下から順番に大きくなっていきます。

早く、花が見たい!

150712-1

写真1.23日ポット受けした苗を7日に切り離ししましたが萎れませんでした。

150707-1

写真2.いちご狩りハウスのポット受け苗を、育苗ハウスの運搬しています。

親株ハウスの再建が遅れたためで、来年からこの運搬は無くなります。

150708-1

写真3.親株から切り離ししたポット受け苗の葉欠きをしました。

150709-5

写真4.10日は35度近い猛暑でポット受け苗の章姫が萎れました。

150710-1

写真5.10日に萎れていた章姫の苗も11日の朝には、少し元気になりました。

150711-1

写真6.早速朝の5時半から章姫の葉欠きをしました。

150711-3

写真7.親株から切り離ししたかおり野のポット受け苗。

今年は、雨で涼しかったせいか、根の張りも良く不良の苗が少ないです。

150710-2

写真8.葉欠き後のかおり野のポット受け苗。

150711-4

写真9.ポット受け苗の6割の切り離しが終わりました。

150711-5

写真10.来週から挿し木の苗採りを始めます。

トレイに培地のココ(ヤシ殻)を入れ、肥料と苗を止めるランナーピンを前段取りとして

準備が完了しました。

150709-2

写真11.黒のサイドの遮光カーテンに巻き上げ式のクルクルを取り付けました。

まだ、難しい仕事と慣れないためにまだ、3分の1しか完成していません。

ハウス屋さんは、当館のハウスを完成させぬまま、他の農家のハウスの再建に

行ってしまったので、自分でクルクルを取り付けるしかありません。

150708-16

150709-22

150709-23

写真12.懸案であった短日夜冷処理の冷房装置を設置しました。

雨で地面がぬかるんでいるので、晴れるのを待っていたので完成が、

延び延びになってしまいました。

冷房装置。

150707-3

冷房装置のチラーの設置

ハウスの横の農道が狭いのでユニック車が入れません。

強引にチラーを釣り上げて、設置しました。

150711-11

クレーンを伸ばした時に、一瞬トラック本体がグラつきました。

あやうく、倒れる所でした。

150711-12

150711-13

 

 

 

イチゴの苗採りも中盤に入りました。

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。

苗採りも中盤に入りました。

6月21日にポット受けした章姫の苗も大きくなってきました。

来週には、切り離しをします。

 雪害からの復興が終了したと思っておりましたが、まだまだ完全には

復旧していませんでした。

まだまだ、完成までの道は長いです。

今年の梅雨は、例年になく雨量が多いので、新しい親株と育苗ハウスの周りの

排水が必要です。

自分たちで作った排水溝の修正を行っています。

完成は、梅雨が終ってからになりそうです。

 色々な農機具を入れる倉庫もようやく、移動してきました。

中身を移動してきて、不要なものを廃却しながら整理して倉庫の物を入れています。

 挿し木の苗採りが近づいてて来たので、育苗ハウスの遮光カーテンを取り付けテストを

始めました。挿し木の苗採りは、遮光による暗さが重要なので慎重に行わないと、

挿し木しても苗が活着しません。

写真1.かおり野のポット受け苗かおり野は、比較的ランナーの出が良くないので

苗が少ない所は、コンテナーを下に敷いて、苗の不足をカバーしました。

150625-3

苗の少ない所は、コンテナーを下に敷きました。

150625-2

写真2.ポット受けした紅ほっぺ。

苗の量は、ちょうど良い数量でした。

150702-4

写真3.ホワイトレディも苗が少ないので、コンテナーを敷いて、苗の不足を

カバーしました。

150702-3

写真4.21日にポット受けした章姫。

1日目は、強い日差しで萎れました。

150625-0

写真5.章姫のポット受けの苗が、7月3日(12日目)で元気に根付いています。

150703-1

写真6.親株ハウスと育苗ハウスの横の排水溝。

150702-11

防草シートを敷き、草が生えるのを防止と同時に、

水が流れやすいようにしました。

150702-12

150702-13

逆傾斜になっていて、水が流れなくなっています。失敗です。

梅雨が明けたら、修正します。

150702-25

写真7.育苗ハウスで挿し木の苗採りが出来るように、遮光カーテンを取り付け。

黒の遮光カーテンを取り付ける前の育苗ハウス。

150702-22

黒の遮光カーテンを取りくけ後。

館長の予想以上に明るくなりました。

今年は、この明るさで挿し木の苗採りをします。

150702-23

写真8.移動した農具を入れる倉庫。中身の移動や整理に追われています。

見た目以上に大きな倉庫です。

150702-24

写真9.今シーズン最後のイチゴジャムを作りました。

5月末に冷凍していたイチゴですが、美味しく出来ました。

色も香りも十分でした。

150703-3

写真10.パイナップルの蕾も大きくなり、パイナップルらしくなりました。

何処からつぼ実が出てきて、どんな花か楽しみです。

おそらく白い色の塊が蕾になるでしょう。

150703-4

 

 

 

 

 

 

 

イチゴの苗採りを開始。

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。

先週から5週間、連続で苗採りをします。

6~7年前までは、苗採りを2週間に集中させていましたが、

人手が集まらないのと、失敗すると取り返しがつかないので、

現在のような、分散型の苗採りになりました。

今年は、昨年の雪害の影響で、いちご狩りハウスを一時的に使用する

効率の悪い苗採りです。

先週は、穴山君や英子社長や嫁のお誕生会が集中していました。

今年は、もう桃が食べられました。

あいかわらず、幡野君の桃は美味しいです。

写真1.暑さ対策で導入した細霧噴霧器付の扇風機。

150623-2

写真2.章姫のポット受け。

150623-3

写真3.ポット受けした状態。

150624-1

写真4.今年は暑いのか、ポット受けした苗が1日目だけ萎れました。

150624-4

写真5.翌朝には苗が元気になっていて、ホッとしました。

150625-0

写真6.穴山君と英子社長のお誕生日を皆で祝いました。

150625-1

写真6.英子社長のお誕生日に、美味しい懐石料理を食べに行きました。

150625-4

雪害後、二人でユックリ食事をしたのは初めてです。

ウニと甲州牛のコラボ。

お料理は、食材も豊富なので、組み合わせや料理方法が多彩で、珍しい食べ方も

多いです。苺は、シンプルにその物の真の美味しさを追求しなければならないので、

難しいですね!

 

写真7.今年初物の桃です!

150626-1

真8.息子の嫁のお誕生会で、山梨で一番美味しいうなぎを食べに行きました。

博美ちゃん、お誕生日おめでとう。

韮崎市にある超人気店で、なかなか予約も取れません。

奮発してうなぎ3枚です。

昨年は、ハウスの再建の下働きをしたりしていて、苦しい毎日でした。

今年のように、家族とユックリ食事が出来るなんて、夢のようです。

150628-1

写真9.孫の光咲の光咲からお母さんへのメッセージ入りのケーキ。

150629-11

写真10.パイナップルの蕾がハッキリわかるようになりました。

150628-2

 

 

いちご狩りハウスの中の親株が順調に育っています。

 

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。

苗採りの準備が出来ました。

親株ハウスと育苗ハウスの再建遅れで、今年はいちご狩りハウスの中で親株を

育てています。

なんとか、例年並みか、少し遅れ気味で苗採りが出来そうです。

来シーズンの出来栄えを一番左右するのが、苗の出来栄えです。

今年こそ、過去最高の苗を作り、来シーズンのいちご狩りは過去最高の出来栄えに

したいと思っております。

写真1.誰もご来館されない入り繰りで、美しく咲いてお客様を待つ胡蝶蘭。

左は、12月の再建お祝いに頂いた、珍しい胡蝶蘭。半年後に花を咲かせました。

1年間で2回も花が咲くの珍しいです。

右の白の胡蝶蘭は、昨年の雪害から唯一1本だけ助かりました。

倒れたハウスの中で、マイナス7度に耐えた「ど根性」の胡蝶蘭です。

150621-0

写真2.いちご狩りハウスと親株と育苗ハウスの周りの田植えが終わりました。

今年から親株ハウスと育苗ハウスといちご狩りハウスが、近くなりました。

左は長さ78mのいちご狩りハウス。右は、41mの親株と育苗ハウス。

150621-1

写真3.章姫の親株。いちご狩りを止めて親株を定植した時期が異なるので、

ランナーの量がベットごとに異なります。

当然、苗採りの時期も6月23日から7月末まで異なります。

150621-11

写真4.紅ほっぺの親株。苗採りの本数も少ないので親株も少ないです。

150621-12

写真5.あかねっ娘(ももいちご)の収穫をいちはやく止めて、章姫の親株を定植しました。

あかねっ娘(ももいちご)は、今年の出来栄えが良くなかったので親株の生育が

遅れています。

7月末には、予定数が確保出来そうです。

150621-13

写真6.万一に備えて残した章姫の親株。

苗採りに失敗した時は、8月にこの親株から苗を採ります。

150621-14

 

究極のプライベートエリア内の多品種いちご狩りシステムに挑戦!

12月26日までは、ご予約をお受けできません。

27日以降のいちご狩りのご予約は、1週間前に受付いたします。

 今日は土曜日なのでいちご狩りハウスには、館長一人です。

残念なお知らせがあります。

 2月に雪害にあい12棟のハウスのうち10棟が全壊しました・・・・・・・・・。

それから10か月、ただひたすらに再建を目指すと同時に、12月の収穫を

目指して頑張ってまいりましたが、「これでもか!」と言うぐらいさまざまな

問題が発生しました。

残念ながら館長の力不足と天候の影響で、12月は過去最低の収穫量となりました。

イチゴの半分は、1月末の収穫に遅れました。

残りの半分は、今年の9月からの天気の影響でしょうか?

予想以上に小粒で、早く赤なっています。

そんな中で、再建にご協力いただいた皆様に感謝の気持ちを込めた「再建感謝際」を

12月14日に開催できることは、この上ない幸せです。

ただ、当館の再建をご支援していただいた皆様に12月から完全復活した姿を

お見せできないのが申し訳ないやら悔しいやらです。

なお、1月末からは、過去最高のイチゴが収穫できる見通しなのでご安心ください

義援金でイチゴやいちご狩りをお申込みいただいたお客様には、大変申し訳ありませんが

2月頃までお待ちください。

 

プライベートエリア内での多品種のいちご狩り

14年前の開園から2段ベットを駆使して、6~7種類のいちご狩りを日本で初めて

行いました。

プライベートエリア制も同時に導入。

今では、館長が作ったプライベートエリアが、じゃらんにも使われるようになりました。

 今回の雪害で、残った古い柱を再利用するために15Cmパイプを除去しました。

このため、いちご狩りハウスの天井が15Cm低くなり、2段ベットが再建できなくなり、

全て1段ベットに変更しました。

2段ベットが無くなり、ベットごとに品種を植えると4種類のいちご狩りになってしまいます。

よほど、7種類のいちご狩りから4種類へのいちご狩りに変更しようかと安易な

考えもありました

しかし、一度始めた7種類のいちご狩りを種類を減らすことは、後退です。

館長には、前進の一言しかありません!

そこで、同一ベットに異なる品種を植えざるを得なくなりました。

「トヨタかんばん方式」の「1個流し生産」を実施してきた館長ならでの発想で、

同一ベットに3種類の異なる品種を1本1本順番に植えて7品種のいちご狩りを

可能にしました。

同一ベットに3種類を植えることは、品種により栽培方法や株の大きさが異なるので、

栽培技術が無いと出来ません。

他のいちご園の皆さん、決してテストをしないで導入をすること失敗しますので、

ご注意ください。

館長もテストはしたのですが、様々な課題が残っていて、無理を承知でスタートしました。

 これからも永遠に解決できない課題も抱えております。

それは、ミツバチさん達が順番に受粉をしていくので、色々な品種と掛け合わさり

新品種のイチゴばかりになるかもしれません。かおり野・アスカルビー・かなみひめもどき

ばかりになるかもしれません(笑い)。

内田さんどうなるでしょうか?

何故館長は他の人が行わないこ難しい事(プライベートエリア制の多品種のいちご狩りや

残留農薬ゼロのイチゴなど)をするかと言えば、徹底的にお客様のニーズに

答えようと言う拘りです。

写真1.昨年までの2段ベットの4種類の栽培。

右上が紅ほっぺ。左上がかおり野。右下がアスカルビー。左下がかなみひめ。と

ベットごとに品種を変えていました。

写真2.今年の1段ベットの5種類の栽培。

赤い紅ほっぺの札のベットには、紅ほっぺとさちのかと2種類を栽培。

その隣には、かおり野・アスカルビー・かなみひめと3種類を栽培。

つまり、お客様は、順路2のエリアで5種類のいちご狩りが出来ます。

写真3.かおり野・アスカルビー・かなみひめが、1本ずつ順番に並んで

植えてあります。これぞ、究極の栽培であり、「トヨタのかんばん方式」の

「1個流し生産」を会社で実施してきた館長ならではの発想です。

お客様や私たちも品種が分かるように1本1本に品種のシールを

貼りました。

このシールを貼るだけでも、間違いが出ました(笑い)。

出蕾の時期が異なるので、自然花芽分化の今年は、収穫開始時期が

異なりました。

来年は、短日夜冷処理で収穫時期を出来るだけ揃えます。