お知らせ

豪雪によるハウス倒壊被害 義援金のお願い

2014年2月14日、記録的な大雪に見舞われた山梨県。

この大雪に伴う山梨県内の農業被害総額は暫定で171億7300万円に上ることが、3月3日に開かれた県の豪雪災害復旧対策本部の初会合で報告されました。

内訳は、ビニールハウスなど農業用施設の倒壊が173ヘクタールで被害額は122億9700万円、果樹の幹や枝が折れるなどの樹体被害はブドウ(94.2ヘクタール)を中心に6億3800万円、農協の共選所の損壊が2か所で4億5千万円。このほか水産被害が1200万円。

当然、当園も大雪の被害を被りました。
いちご狩りハウス倒壊いちご狩りハウス倒壊

自慢のいちご狩りハウスが倒壊。それによる損失はなんと4千万円。あまりの被害の大きさに、いちご園を辞めようかとも考えました。

そんな中、たくさんのお客様からの温かい励ましのお電話やメールやブログのコメントをいただき、こんなにも館長のいちごを愛していただいているのだと、改めて再認識することができました。

再建への道はとてつもなく厳しい道のりです。それでも長年培ってきた館長のオリジナル技術を後世に残したい、皆様の気持ちに応えるべく、いちご狩りハウスの再建を決意しました。

現在、12月の再建に向けて、日々復旧作業を行っています。長靴の中に冷たい雪が入り、手も冷たくなり、体が痛くなっても、何も感じませんでした。むしろ、「なんとしても来シーズンは再起しよう」という気持ちがより強くなりました。

12月には、また皆様においしいいちごで笑顔になっていただけるよう、驀進いたします。

つきましては、勝手ながら皆様方に再建のための営農資金をご支援いただきたくお願い申し上げます。

  

***再建義援金のご支援のお願い***

運営資金については、銀行からお借りするのが非常に難しいのが現状です。
つきましては、皆さまから1口1万円の義援金を募集させていただきたいと考えております。
目標金額は、300万円です。

(1)再建義援資金:1口1万円(何口でも購入可能)
(2)有効期間:3年

再建義援金をいただいたお客様3年間に限り、下記のどちらかをお選びいただけます。

(1)贈答用イチゴ3年分
贈答用イチゴ(2,000~2,200円 送料740円は当館持ち)の宅配「3年分(1年につき1箱)」をご自宅にお届けいたします。
(2)いちご狩り料金+アイス or ジェラート3年無料
いちご狩り料金とイチゴアイスか、またはアイベリーのジェラート(400~500円)をセットで1人分を3年間無料にいたします。

  

***下記口座にて義援金を受け付けいたします***

■お振込先 ジャパンネットバンク 本店営業部
■普通口座 1576140
■口座名 前田 克己(マエダ カツミ)

■店舗所在地
グルメいちご館前田
〒409-3815 山梨県中央市成島1607
TEL: 055-273-3519

ご入金されたお客様は、必ずご希望の内容(贈答用の箱かいちご狩り)をご連絡ください。 
宅配については、基本的に日時のご指定は、お受けできません。
いちご狩りでお申込みいただいたお客様で、ご来館出来ない年は、イチゴの宅配に変更可能です。

  

***お見舞金又は再建寄付金について***

多数の皆様から、お見舞金や寄付金のお申し出が多くありますので、上記義援金とは別にお見舞金と再建寄付金をお受けいたします。義援金と区別するために、お振込口座を別にいたします。

■お振込先 山梨中央銀行 医大前支店
■普通口座 361560
■口座名 前田 克己(マエダ カツミ)

■店舗所在地
グルメいちご館前田
〒409-3815 山梨県中央市成島1607
TEL: 055-273-3519

  

厳しい「再建への道」は、当ブログで随時公開します。皆様に見ていただき、応援のコメントをいただければ幸いです。

2月14日と15日の雪で、いちご狩りハウスが倒壊しました。今シーズンのいちご狩りは閉園いたします。

平日は、いちご狩り日記をご参考ください。

いちご狩りハウスの倒壊状況は、いちご狩り日記をご参考ください。

2月15日と16日に丸1日に1.2mの雪が甲府に降りました。

豪雪地帯でも、1日に1M異常積もるのは、めったに聞きません。

過去最高は、52Cmですが、120年前から観測して最高の降雪量となりました。

悔しいことに、当館自慢の80M6連棟のいちご狩りハウスが、雪で倒壊しました。

2日間は、いちご狩りハウスの再建を図るべきか、65歳で引退するかを悩みました。

お客様の励ましのお電話やメールに、心から感謝しております。

お客様から、再建する勇気を頂きました。

現在は、まだまだやり残したことが沢山有るので、再建すべく頑張ります

 

そして、館長がいちご狩りの文化に取り入れた「多品種のいちご狩り」・「練乳なしの甘い

いちご狩り」・「残留農薬ゼロのイチゴ」栽培を穴山君を通じて後世に残したいです。

140216-1

 

 

140216-2

140216-3

140216-4

140216-5

140216-6

140216-7

140216-11

140216-12

140216-13

140216-14