いちごのお取り寄せ

お取り寄せ・通販・直売を開始しました。

 大変申し訳ありませんが、

12月8日から1月4日まで、ご予約の定員に達しましたので、

ご予約をお受けできません。

収穫量が増えましたら、12月20日頃に追加ご予約をお受けします。

昨日のイチゴの残留農薬検査結果合格を待って、通販を開始しました。

残留農薬の検査が終わるまで、当館は通販や直売を行いません。

お取り寄せ・通販をご希望のお客様は、こちらからお申し込みください。

http://ichigo-fruits.com/

今年は、スーパーで例年より早めにイチゴが店頭に並んでいるようです。

小さい粒のイチゴが多いようですが・・・・。

当館も今年の温かさで、イチゴの収穫が例年より7~10日早いようです。

残留農薬の検査は、ポジティブリスト制で色々な食品に残留農薬の検査を義務付けています。

おそらく、個人の自費で残留農薬を検査しているのは、館長ぐらいかもしれません。

平成18年5月29日にが導入されました。その内容を皆様にご紹介しておきます。

資料は、「(株)環境研究センター」のホームページより引用いたしました。

https://www.erc-net.com/syokuhin/nouyaku06.html

Q 1. ポジティブリスト制度とは?
A 1. 基準が設定されていない農薬等が一定量を超えて残留する食品の販売等を原則禁止する制度です。
Q 2. A1.の「一定量を超えて」の「一定量」とは?
A 2. 「一定量」とは「人の健康を損なうおそれのない量として厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて定める量」で、これを「一律基準」と言います。
Q 3. 規制の対象は?
A 3. 規制対象物質は農薬、動物用医薬品、飼料添加物で加工食品を含む全ての食品が規制対象食品となります。
Q 4. いつから規制が実施されるの?
A 4. 平成18年5月29日より実施されております。
Q 5. 一律基準が適用される場合とは?
A 5. 1.いずれの農作物等にも残留基準が設定されていない農薬等が農作物等に残留する場合 2.一部の農作物等には残留基準が設定されている農薬等が、当該農薬等に関する基準が設定されていない農作物等に残留する場合
Q 6. 一律基準の濃度は?
A 6. 国民の摂取量を踏まえ、一律基準によって規制される農薬等の摂取量が1.5マイクログラム/dayを超えることがないよう、一律基準として0.01ppmが定められました。

しかし、地方公共団体等による監視指導に際して用いられる分析法の定量限界により、一律基準最終案(0.01ppm)まで分析が困難と考えられるものについては、各分析法の定量限界に相当すると考えられる値が一律基準となります。

例)イプロジオン:0.05ppm、ホセチル:0.5ppm

Q 7. 規制の対象外物質とは?
A 7. 一般に使用されている農薬等及びその農薬等が化学的に変化して生成したもののうち、その残留の状態や程度などからみて、農畜水産物にある程度残留したとしても、人の健康を損なうおそれのないことが明らかである65物質が対象外物質として指定されました。

1.食品安全基本法第11条の規定に基づく食品健康影響評価により許容一日摂取量(ADI)の設定が不要とされた農薬等 例)アスタキサンチン

2.農薬取締法に規定する特定農薬 例)重曹

3.残留の程度等により人の健康を損なうおそれのないことが明らかである農薬等

例)尿素、マシン油、ビタミン類、銅、硫黄等

Q 8. 暫定基準とは?
A 8. 科学的な根拠に基づき定められている国内及び海外の基準等を参考に、食品成分規格として設定する基準です。
Q 9. 暫定基準はどのように設定されるの?
A 9. 暫定基準は以下の基準を参考に定められます。上位にあるものが優先となります。

1.コーデックス基準

2.コーデックス基準がない場合、登録保留基準

3.コーデックス基準及び登録保留基準がない場合、海外基準

上記の基準に該当しないものは、一律基準が適用されます。

例)農薬A

写真1.収穫した8種類のイチゴ。

写真2.出荷されるイチゴさん達。奇麗な化粧箱で出荷されます。

写真3.10周年記念で頂いた「苺の雫」の花が咲き始めました。

昨年は、管理が良くなかったので咲きませんでした。

今年は、頑張って良い花を咲かせました。

花房が3本もあります。

写真4.奇麗に咲いた「苺の雫」。今年の花は、見事です!

お正月まで楽しめるでしょう。暖かいので花も早く咲きました。

ジャム用冷凍イチゴの残りが無くなりました。

 通販用のジャム用冷凍いちごの残量が、無くなりました。

 皆さんは、いちご狩りシーズンが終わり、館長もさぞユックリ休めるとお思いでしょう。

しかしながら、来シーズンに向け、

1.新方式の苗取の完成

2.いちご狩りハウスの欠点の改善

3.雪害時に再建したハウスの不具合対策

など様々な対策を実施するために定植が開始する9月上旬まで多忙な毎日です。

館長は、サラリーマン時代に生産技術の仕事をしていたので、ハウスなどの改善案は自分で考えます。

まだ、農業分野の施設関係の技術はおくれており、ハウス業者の技術料は少ないです。

今日は、親株ハウスと育苗ハウスの修理や不具合対策や改善策についてご説明します。

写真1.親株ハウスのC棟は2014年の雪害時に倒壊して2015年に再建しました。

雪害で山梨県の多数のハウスが倒壊したので、再建するハウス屋さんの忙しさは、半端ではありませんでした。

このため、再建したハウスのあちこちに不具合が出てきました。

ハウス屋さんのミスで、C棟の天窓が破れてしまいました。本来なら無償で天窓を付け替えてもらうのですが、

雪害時の忙しさの中では、ハウス屋さんの責任を追及することはできません。

今回の天窓の新品への交換は、仕方なく自費で行います。

写真2.雪害時は、資金がなく井戸も深さ20mしか掘れませんでした。

その結果、鉄分と硫黄分が多い水となり、イチゴに散水すると葉が茶色くなってしまいました。

ようやく、資金の出来たので新しく30mの深い井戸を掘りました。

今度の水は、鉄分などが少なく良い水が確保できました。

写真3.新しく井戸ポンプも交換しました。新しい井戸ポンプは、ヒーター付きで

真冬(マイナス10度)でもポンプが凍結しません。その分お値段も高いです。

写真4.右側が古い井戸水。真ん中が新しい井戸水。左が水道水。

新しい井戸水は、水道水ほど透明ではありません。この地域は火山が多いので

これ以上透明な水を探すのは難しいです。

幸い、ろ過タンクがあるので、ろ過して使います。

写真5.2016年に日照不足対策で育苗ハウスS棟を建てました。このS棟は夕方から早朝まで天窓を閉めるため

夜温が下がりません。新方式の苗取では、致命的な欠陥です。

そこで、天窓のうち南側を自動にして夜温が下がるようにしました。

さらに、昼間天窓が前回になるようにハウスを建てましたが、予想通り台風や雪に弱くなりました。

従って、天井の中心部を補強して、台風・強風・雪に強く改造しました。

南側(写真の左)を自動にして、北側(写真の右側)は、従来通り手動で開け閉めします。

お正月も開けて通販が増加してきました!

1月のいちご狩りの追加募集を行います。

大変申し訳ありませんが、
2月9日から13日までの全てのお時間が、
ご予約の定員に達しておりますので、
ご予約をお受けできません。 

  明日からは、本格的な寒さが訪れそうです。

いちご栽培にとって、大きなダメージにならないよう事前に対策が必要です。

今年のお正月も無事に終わりました。

10月の日照不足により小粒でしたが、イチゴの甘さがお客様をご満足させたようです。

1月末から2月になれば、イチゴの大きさも元に戻るでしょう。

 お正月も終わり、通販会社も仕事が始まり、通販も本格的に開始しました。

館長にとっては、つかの間の休みでした。

12月上旬からお正月までは、輸送業者の荷物の量が増え取り扱いが雑になり、

輸送のクレームが出やすいです。

当館も12月10日までに、輸送クレームが数件発生しました。

現在は、輸送クレームもなくホッとしています。

もしかすると、12月始めは、アルバイトの方が慣れないためイチゴが痛んだのかもしれません。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

明日からは、本格的な寒さが訪れそうです。

いちご栽培にとって、大きなダメージにならないよう事前に対策が必要です。

今年のお正月も無事に終わりました。

10月の日照不足により小粒でしたが、イチゴの甘さがお客様をご満足させたようです。

1月末から2月になれば、イチゴの大きさも元に戻るでしょう。

 お正月も終わり、通販会社も仕事が始まり、通販も本格的に開始しました。

館長にとっては、つかの間の休みでした。

12月上旬からお正月までは、輸送業者の荷物の量が増え取り扱いが雑になり、

輸送のクレームが出やすいです。

当館も12月10日までに、輸送クレームが数件発生しました。

現在は、輸送クレームもなくホッとしています。

もしかすると、12月始めは、アルバイトの方が慣れないためイチゴが痛んだのかもしれません。

普通に届けば、このように痛みもなく綺麗な状態で届きます。

リサちゃんのユーチューブを見てください。

https://youtu.be/L93EJmOVMms

写真1は、本日出荷のイチゴさん達。

普通に届けば、このように痛みもなく綺麗な状態で届きます。

リサちゃんのユーチューブを見てください。

https://youtu.be/L93EJmOVMms

写真1は、本日出荷のイチゴさん達。

イチゴの残留農薬210項目の検査の結果、農薬は検出されませんでした。今年も安全な無農薬栽培のイチゴをお届けいたします。直売と通販は開始しました。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

いちご狩りは、大変申し訳ありませんが、12月9日から31日までは、全てのお時間が、

ご予約の定員に達しましたのでご予約をお受けできません。

収穫量が増えましたら、順次追加ご予約を受け致します。 

 いちご狩りは、予定通り12月9日からオープンします。

 気がつけば、もう12月になりました。

つい少し前までは、いちご狩りを閉園して苗を作っていました。

 毎年、無農薬を証明するために残留農薬を検査します。

無農薬すなわち残留農薬ゼロは、非常に難しく大学教授の先生や農業試験場の先生にも無農薬は

出来ないのですよ!

今年も安全な無農薬のイチゴの「香り」・「甘さ」・「美味しさ」をご堪能ください。

本当は、無農薬の検査などしなくても「イチゴの香り」で無農薬かそうでなかが分かります。

一度、当館の無農薬の香りを味わえば、もう他のいちご園のイチゴは食べられません。

今日、残留農薬210項目の検査結果が出ました。

今年も残留農薬は検出されませんでした。もう10年以上農薬は検出されていませんが、

検査結果が出るまで、今でも大学受験の入試結果を見るような、「ワクワク・ドキドキ」と言う緊張感が有りました。

 農薬を使用しなければ、農薬が検出されないのは、当たり前です。

しかし、葉面散布剤や様々な資材から館長が知らないうちに危険な化学物質が混入されている

可能性があります。従って、毎年お金がかかりますが残留農薬を検査して農薬が無いことを確認しています。

後日、ホームページの「無農薬と環境」のページに掲載します。

 この残留農薬ゼロの検査結果が出ると、直売を開始します。

明日からは、通販を開始します。

現在の注文は、約150箱もあり早急に出荷しないとクリスマスのイチゴの出荷のピークを

乗り越えられません。

 今日の直売は明日が土曜日と言うことで好調でした。

通販も今年は例年より早くご注文が入っています。

他のいちご園の出荷が遅れているのか、当館の実績が評価された結果かは不明です。

いずれにしても、直売や通販が好調で嬉しい次第です。

 ハウスの外には、オープンが、お客様に分かるように旗を立てました。

旗を立てるのを待っていたかのように、パックや贈答用の箱が飛ぶように売れました。

 12月29日は、グルメいちご館前田の忘年会を「世界食堂」で行いました。

「世界食堂」さんは、オープンしたばかりですが、お安く美味しお店です。お酒を飲みながらお食事をすると

          楽しいですね!

「世界食堂」①営業時間  17時30分~21時まで。

      ②場所    甲府市住吉5丁目3-6

      ③電話番号  055-244-8780

写真1.残留農薬の検査結果がメールで届きました。勿論、残留農薬ゼロでした。

後日、ホームページの「無農薬と環境」のページに掲載します。

写真2.いちご狩りハウスの前にイチゴの旗を立てました。

新しい旗なので綺麗で目立ちます。

写真3.11月29日の忘年会は、全員で7人参加しました。「世界食堂」にて。

写真4.世界食堂の素敵な店構!

写真5.世界食堂の中にカウンターもあります

壁にはお料理のメニューとお値段が出ています。

どれもお安くリーズナブルでした。

写真6.美味しいお料理の数々。一手間や二手間もかけたお料理で、美味しかったです。

知り合いなので、量はサービスで増やしてくれました。

通常は、これより量が少ないかもね・・・・・・。

ジャム用イチゴの通販は、在庫30Kgが無くなり次第終了します。

JUGEMテーマ:地域/ローカル

ジャム用イチゴの販売は、終了いたしました。

来シーズンも宜しくお願いします。

土・日の暑さが嘘のように涼しくなりました。

今朝の富士山は、雨を予測するような傘雲がかかりました。

今、外は少し小雨です。

22日に閉園して2日間で、ジャム用イチゴを300Kg収穫しました。

200Kgは、毎年お世話になっているジャム屋さんに販売しました。

残りは、地元のお客様に生で販売しました。

通販のジャム用イチゴは、即納できるようにしました。

しかし、残り30Kgになりましたので、ご注文はお早めにお願いします。

もうイチゴの株を除去したので、なくなり次第販売を終了します。

写真1.富士山にかかった傘雲。あつくなり、雪も解けてきました。

写真2.冷凍庫に保存されているジャム用イチゴ。

写真3.ジャム屋さんに引き取られるジャム用イチゴ。

写真4.イチゴの株を折って除去します。根が張っているので、仕方なく株を折って除去します。

そのご、根を腐らせてから根を除去します。

近くの農家(歩いて5分の場所)の畑でたい肥になり処分されます。

写真5.イチゴの株が無くなり、殺風景になったいちご狩りハウス。

通販用のジャム用冷凍イチゴの在庫が出来ました!ご注文はお早めに。

5月22日で閉園します。

ジャム用イチゴは、「いちご販売」のページからお申し込みください。

お届け先のご住所を必ず書いてくださいね!

今日は、珍しくいちご狩りのご予約がゼロでした。

心配したり困ったりしていましたが、朝から続々と当日ご予約が入りアッという間に

30人のご予約が入りました。一安心の一日でした。

今日は、美人のグループのお客様が多かったです(笑い)。

土日は、通常の6~7割しかいちご狩りの客さまが来られなかったので、ジャム用イチゴが

沢山出ました。

生で引き取りの近所のお客様が約40Kgご購入。

インターネットの通販のお客様用に冷凍イチゴが約40Kg収穫出来ました。

これで、今週は即納体制が出来てホッとしています。

今日の40Kgは、凍るまで2~3日間かかります。

次は、19日と22日にジャム用イチゴを収穫します。

今週は、通常の半分以下のいちご狩りのお客様の予定なので、2~300Kgの弱用イチゴが出るでしょう。

プロのジャム屋さんが、手ぐすねを引いて館長のイチゴを待っています。

今年は、ジャム用イチゴの在庫を多めに保管しようと考えています。

写真1.当日ご予約でご来館された飯尾様のグループ。

ご予約の時に、「練乳はありますか?」とご質問がありましたので、館長は「練乳はありません」と

軽くご返事しました。これは、キットご購入されるかいちご狩りをキャンセルされるかなと思いました。

しかし、練乳の持ち込みなしでご来館されました。いちご狩りの後に、「練乳なくてOKだったでしょう?」と

お聞きしたら、十分甘くて満足でしたとのことでした。

今日は、美人のグループのお客様が多かったですね!

イチゴの株が大きくなり、お顔しか移せませんでした。

真2.収穫したジャム用イチゴは、まず冷蔵庫に入れ劣化を防ぎつつ、次の工程に進みます。

白い箱は、生のジャム用イチゴでお客様が箱ごとお持ち帰りになります。

写真3.冷却後イチゴのヘタ取りが終わった冷凍ジャム用のイチゴ。

イチゴの株がようやく大きくなってきたので、イチゴも大きくなってきました。

ジャム用イチゴは、完熟でないとジャムのコクが出ないので完熟をお届けしています。

写真4.ヘタを取った後、綺麗に水洗いして、2Kg単位のファスナー月のビニール袋に入れます。

写真5.冷凍庫に入ったジャム用イチゴ。40Kgのイチゴが凍るまで

2~3日かかります。いちごアイス用の冷凍庫も、ほぼ弱用イチゴで

満杯になりそうです。

4月のいちご狩りのスタートは、冷たい雨と雪が混じる異常な天気でした。

大変申し訳ありませんが4月23日までと5月4日・5日は、ご予約の定員に達しておりますので、

ご予約をお受けできません。

毎週月曜日に、その週の日曜日までの追加ご予約をお受けいたします。

宜しければメールで再申し込みください。 追加ご予約をお受けできないこともありますので、ご了承ください

3月27日から4月1日までの追加ご予約の受付は終了しました。 

雪の情報にもかかわらず、皆さん元気にいちご狩りに来られました。

天気予報では、積雪量を具体的に言わないのでお客様も心配されます。

館長も朝5時に起きて、甲府の天候や中央道の道路状況や大月の天候を調査してブログに公開しました。

お客様も途中大月付近が雪で驚かれておられました。

写真1.山崎様のグループ。幹事さんと館長は昨日から雪の情報を交換していました。

皆さん甘いイチゴに大満足でした。

写真2.今日は20人前後のグループが2組あり、どちらのグループもマイクロバスで来られました。

雪の中、予定より早くご来館されました。

当館のイチゴ狩りを気に入ってくださいました。

最後のあかねっ娘(ももいちご)も美味しさに感動してくれました。

明るいお二人でした。

今日のいちご狩りもグループの人数が大きかったです。

2月27日から3月3日までの追加ご予約をお受けいたします。

3月4日と5日の追加ご予約は、2月27日におこないます

4月9日までは、ご予約の定員に達しました。

毎週月曜日に、その週の日曜日までの追加ご予約をお受けします。

ご希望のお客様は、メールにてお申し込みください。

ご予約をお受けできないこともありますので、ご了承ください。

21日から26日までの追加ご予約は、終了しました。

本日も沢山のお客様がご来館いただきありがとうございました。

ご入館できなかったお客様には大変申し訳ありませんでした。

朝から、当日ご予約のお申し込みのお電話が鳴りっぱなしでした。

今日は章姫が沢山あるので、安心してお客様をお迎えできました。

来週は、小粒ですがイチゴが確保できそうです。

明日、メールのお客様のみ追加ご予約をお受けいたします。

26日の方が空いております

写真1.東京の社会福祉協会の皆さん80人が、バスでいちご狩りに来られました。

数年に1回来られます。

写真2.タイミングよくいちご狩りのご予約が取れた長谷川様のグループ。

前田さん、前田さんと親しくしていただきました。

写真3.いちご狩りの後にジェラートやいちごアイスを召し上がるお客様。

今日は、章姫が沢山食べられたので、お腹がいっぱいでスイーツを召し上がるお客様が

少なかったです。

びゅう 列車で行く日帰り 「いちご狩り」のお客様が来られました。

21日と22日は、ご予約が取れます。

1月28日・29日や2月4日・5日・11日・17日・18日は、ご予約の定員に達しました。

それぞれ、その週の頭(月曜日)にその週の土曜日と日曜日の追加ご予約をお受けいたします。

例28日と29日の追加受付は、1月23日に行います。

今日も大寒波の影響で、一日中寒かったです。

昼間は15度設定の暖房機が回らなかったので、いちご狩りハウスは寒さを感じませんでした。

しかし今は16時で暖房はガンガン動いています。

今年も「びゅう 列車で行く いちご狩り」が」スタートしました。

当館はパンフレットで一番最後なので、JRのお客さんが少ないです。

今週の人気は、ビックなかおり野と味の濃い紅ほっぺです。

ホワイトレディーは、言うまでもなく大人気!

写真1.大きなかおり野に大満足の原口様のグループ。

170114-1

「びゅう 列車で行く いちご狩り」で来られた関口様。

紅ほっぺがお気に入りでした。

170114-2

通販用のジャム用冷凍イチゴの在庫ができたので、即納が出来ます。

 昨日から、地元の皆さんには生のジャム用イチゴを大量に直売しています。

遠くの皆様には、冷凍のイチゴジャム用を4月末頃から通販をしています。

冷凍ジャム用イチゴの通販のお申し込みは、ホームページの通販からお申し込みください。

1.1Kg800円と割高に思えますが、歩留まり100パーセントで、ヘタ取りと洗浄が

不要なので、お得感があります。

2.冷凍ジャム用イチゴの通販のページ  http://www.gurume-ichigokan.com/hanbai/

3.お申込み及び、お問い合わせ先。    http://www.gurume-ichigokan.com/form/form01.html

写真1.地元の皆さんには、生のいちごをジャム用として直売しております。

4パック入る大きさの箱に入れると約2Kgです。

お客様の中には、1回目は生で食べてしまう方も多いです(笑い)。

写真2.通販用の冷凍ジャム用イチゴは、コンテナに収穫します。

写真3.収穫後全員でヘタを取り、綺麗に洗浄します。

傷んだいちごは、廃棄処分します。

写真4.ようやく冷蔵庫に約60Kgの冷凍ジャム用イチゴが在庫できました。

これで、当分即納体制ができて、一安心です。

解凍すれば、歩留まり100パーセントのジャム用イチゴになります。