倒壊した順路2のベットの修復も終わり近くなりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

平日は、いちご狩り日記をご参考ください

この所の雨や風の天候は、まことに異常なほど荒れ狂っています。

天井の無いいちご狩りハウスでは、雨や風で作業が変わったり、遅れたりします。

再生出来る部品で、イチゴの培地を入れるベットの修復をして来ましたが、

再生出来る部品が無くなってきたので、新品の部品を使い始めましたが、

やはり、消費税の駆け込みで部品の納期が遅れてきました。

一番心配していた、ハウスの骨材の納期が遅れていることです。

当館のハウスは、4月中旬から4月末に建て始める予定ですが、予定通り行くか心配です。

明日は、ボランティアの皆さんと順路2のベットの修復を完成させる予定です。

写真1.3月31日は、雪害で鶏舎の8割が倒壊した白州郷牧場にボランティアとして

鶏舎の解体に参加してきました。

同じ被災者として、白州郷牧場の皆さんの苦悩が良く理解できました。

白州郷牧場の皆さん、頑張りましょう!

140331-1

 

140331-4

写真2.ほとんど倒壊していた順路2のベットの修復が終わりに近づいて来ました。

明日には、ボランティアの皆さんと完成たせます。

140402-2

写真3.2月末に手配した、発泡スチロールや培地のココ(ヤシ殻)が入荷しました。

140403-1

 

140404-2

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*