いちご狩りハウスの夜冷短日処理の9種類のいちごが蕾を出し始めました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

10月13日から10月20日までのイチゴ栽培の纏め。

10月13日から10月20日の栽培状況 詳細については、「いちご狩り日記」をご参考くだい。

あちこちから、出蕾の便りが聞こえるようになりました

今年は、久しぶりに例年並みに出蕾しているようです。

当館の夜冷短日処理の苗は、例年より5日ぐらい早く出蕾

これも、無処理の出蕾が早いためかもしれません。

当館の10日に定植した無処理の章姫は、まだ出蕾が期待できません

21日に定植した無処理の章姫は、すこし出蕾が見え始めました。

山梨の他のいちご園は、今年も少し遅れているようです。

原因は、苗と定植方法・時期と保温性の高い発泡スチロールのベットの影響かもしれません。

夜冷短日処理の章姫は、一挙に90パーセントが、出蕾。紅ほっぺは、65パーセントの出蕾。

かなみ姫とアスカルビーは、10パーセントの出蕾。

アイベリーとあかねっ娘(ももいちご)は、数パーセントの出蕾。

写真1.夜冷短日処理の章姫は、25パーセント開花しました

131020-12

写真2.順路1の章姫。昨年より株は大きいです。

131020-2

写真3.順路2の紅ほっぺ・かおり野・おふくろさん・アスカルビー・かなみひめ。

今日の曇りには、太陽光に近いLEDが効果を発します。

131020-3

写真4.左がアイベリー、右があかねっ娘(ももいちご)。

131020-4

写真5.半夜冷短日処理のあかねっ娘(ももいちご)。

花芽分化に合わせて定植を遅らせたので、一番苗が小さいです。

131020-5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*