いちご狩りハウスのベットの乾燥が、完了。来シーズンのいちご狩り用の苗のポットに培地(ココ:ヤシ殻)入れが完了。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  ようやく、来シーズンのいちご狩り用の苗採り用ポットに培地(ココ:ヤシ殻)入れが終了しました。
 培地(ココ;ヤシ殻)が円安で値段が上がってきているので、苦肉の策として、ポットの培地(ココ;ヤシ殻)を例年より1~2割減らして、経費の節減を図りました。
しかし、培地を減らすと早く乾燥するので、例年より
水遣りの回数を増やしたりして対応しなければなりません。

いちご狩りハウスのベットの乾燥が終了しました。
この乾燥により、連作障害になる菌や病原菌が死滅します
これからは、ベットにに水を入れて高温にすることにより、さらに連作障害になる菌や病原菌を死滅させます。
イチゴの株の根を腐食させて、7月末に根を除去します。

写真1.今日も雨が降りそうでほとんど降りませんでした。
雲の下に雲と言うように異常に低い所に雲が発生しています
左側は、収穫間近の麦。右奥は田植えが終わった田。手前は、田植え前の畑です。

写真2.普通処理苗のポットのココ入れが完了。

写真3.例年より1~2割ほど、ポットの培地(ココ;ヤシ殻)を減らしました。

写真4.乾燥したいちご狩りハウスのベット。

写真5.土橋さんに頂いたさくらんぼう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*