芦川ぷらす様主催の「囲炉裏フレンチ」を食べました!今シーズン最後の休日のいちご狩り。芦川ぷら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 今日も28度と暑い一日でした。 
今シーズン最後の休日のいちご狩りは、少ない人数しかご予約をお受けできませんでした。
 ご予約をお断りしたお客様には大変申し訳ありませんでした。

 夕食は、芦川の古民家で「囲炉裏フレンチ」を食べてきました。
これは、芦川ぷらすさんが、開催したイベントです。

 館長は、フレンチがあまり好みではありません。
なぜなら、味が薄味なのと量が少々少ないためです。

 しかし、繊細な味と食材の美しさが魅力で参加しました。

 お料理は、満足のいくものでした。
イベントは、主催者の三姉妹の演出ときめ細かなサービスが素晴らしく、勉強になりました。

 写真1.インドネシアのセブ島から来られた皆さん。
明るくいちご狩りを楽しんでおられました。

 写真2.「囲炉裏フレンチ」の会場になった古民家。

 写真2.私たちは2回の屋根裏でご馳走を頂きました。まだ外の芦川は、寒いのですが囲炉裏が焚いてあるので、暖かかったです。

 写真3.刺身こんにゃくの洋風炙り酢味噌がけ。

 写真4.フォアグラと笛吹産のデラウェアのジュレ。

写真5.炭火で焼いた笛吹産長葱と長葱エチュベを包んだラビオリ入りスープ。

 写真6.イワナと宮川さん山葵の葉のルーロームニエル

 写真7.イノシシ頬肉の野菜出汁煮込み

写真8.牛蒡ムースと本日のデザート

写真9.抹茶

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*