今年の自然花芽分化は異常気象で異常に早いため、定植時期が2週間遅れました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

 

 

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。

今年もまた、異常気象による悲しいお知らせをしなければなりません。

館長は、温暖化に備えイチゴの花芽分化が遅れる対策、

すなわち短日夜冷処理を導入して来ました。

その結果、山梨で残暑により花芽分化が遅れる中、当館のみ

毎年12月上旬から収穫出来ました。

しかし、今年は9月1日に自然花芽分化が起き9月末には出蕾が始まっています。

過去こんなに早くイチゴが花芽分化を起こしたのは、初めてです。

今年のイチゴの定植時期は、9月1日に行うべきでした。

当館は、9月15日から定植を開始してきたので、結果的に2週間の

定植遅れとなってしまいました。

この自然花芽分化が早かった理由を推定すると、8月26日の最低夜温が17度と

8月として以上に低かったことと、異常なほどの長雨による日照不足が

微妙にイチゴに働きかけて、イチゴに秋が訪れたと錯覚させたのでしょう。

問題点1.定植後30日前後で出蕾を迎えないとイチゴの株が小さくて

実を成らせるとイチゴの株が大きくならないで、1月以降の収穫量がへってしまいます。

従って10月10日頃までに出蕾した花は、取り除かなければなりません。

問題点2.9月末に出蕾した花は、11月末からの収穫となり、12月末の

クリスマスやお正月のいちご狩りには、早すぎる収穫時期になってしまいます。

このままでは、お客様がいちご狩りが出来るのは、早くて1月10日頃になそうです。

唯一の希望は、2番花が10月末に訪れれば、お正月のいちご狩りは可能になります。

これから10月末に2番花が来ることを毎日祈るしかありません。

また山梨の近くのいちご園では、出蕾したと言う話は聞いていません。

おそらく、7月中旬に苗採りをした当館のみが、異常に早い花芽分化を

迎えているかもしれません。

短日夜冷処理のあかねっ娘(ももいちご)とアイベリーの定植が終わりました。

来週は、半短日夜冷処理の定植を終わらせます。

来週定植した半短日夜冷処理の苗は、定植時期が3種間遅れのため、

1~2週間後に出蕾を迎えるでしょう。

何と空しい定植になるでしょう!!!!!!

病害虫の状況、今年は過去にないほど病害虫が完全に駆除できました。

結論

病害虫の無い大きな苗をつくり過去最高の状態でしたが、自然花芽分化が

異常に早すぎたので、過去最高に遅い1月10日頃のオープンになりそうです。

写真1.過去最高の出来栄えの短日夜冷処理のあかねっ娘(ももいちご)の苗と定植後。

150925-11

定植後のあかねっ娘(ももいちご)。

150925-12

写真2.ルーペや拡大鏡で害虫を調査しましたが、卵も成虫もいませんでした。

150923-3

写真2.3000平米の床の1回目の掃き掃除が完了。

こつぉいも大変でした。

150925-6

写真3.9月2日の無処理の章姫に出蕾。9月3日の紅ほっぺや9月1日のアスカルビーにも

出蕾。9月5日のかおり野にも出蕾。

150925-4

写真4.アスカルビーの出蕾。何時も花芽分化が遅いアスカの出蕾には、驚きました。

150925-3

写真5.例年と同じ時期に出蕾したかおり野。

150925-5

写真6.よもや短日夜冷処理の章姫に出蕾が無いと思っていましたが、

ランナーが2本同時に出たり、花芽の合図の1枚葉が見られます。

短日夜冷処理の苗に出蕾があり、ガッカリしました。

150927-1

写真6.元気に葉露が出ています。

150919-3

写真7.葉の色つやも良くなってきました。

150919-2

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*