イチゴの章姫(短日夜冷処理苗)に花芽分化が起きました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。

今週も忙しい毎日でした。

その分、色々な良い成果があり、嬉しい一週間でした。

この時期は、花芽分化や日照時間の関係で、イチゴ栽培にとって1分1秒を争う

作業が多いです。所謂、「タイム イズ マネー」です。

1.栽培委託を受けている苗の出荷が完了。

今年は、館長が急がせたこともありますが、全体的に皆さん定植が早いです。

19日から、館長は自分の苗に全精力をつぎ込めます。

2.館長が指導している某企業の定植が完了しました。

定植の重要さと、速やかな対応について、指導。

今年は、この企業の皆さんとイチゴの栽培の成果の競争です。

弟子と言えど、皆さん熱心なうえ新鋭機をお持ちなので、油断できません!

今年は、イチゴの栽培を競う相手が出来て、楽しいです。

3.9月18日、短日夜冷処理の章姫に花芽分化を確認しました。

9月14日には、花芽分化を核に出来ませんでしたが、9月18日に確認できました。

例年並みです。新しい夜冷設備で処理した分、苗の個体差が無くなり花芽分化が

平均的に起きることを祈っています。

4.無処理のかおり野や章姫や紅ほっぺやアスカルビーの定植が完了しました。

今年は、昨年同様最低夜温が20度を切るのが早く、無処理苗も花芽分化が

早いと推測されます。10月末~11月上旬に出蕾するでしょう。

収穫は、苗の大きさによりますが、12月中旬から末頃。

現在は、葉露が出たり、葉にツヤが出てきたりして、元気に生育しています。

5.短日夜冷処理の章姫や紅ほっぺやホワイトレディの定植が完了。

花芽分化の予測と最低夜温の見込みから判断して、9月15日から定植して、18日に完了。

早すぎると、花芽分化苗と未分化苗が混在して、収穫時期がバラツキマス。

遅すぎると、花芽分化をしている蕾に栄養が不足して、小さな花しかさかず、大きな実が

収穫出来ません。

6.半短日夜冷処理苗の最後の葉下記をしました。

定植後速やかに出蕾を迎えるので、出来るだけイチゴの苗をを大きくしなければなりません。

そのためには、葉欠きをして苗に生育を促さなければなりません。

写真1.葉欠き前の半短日夜冷処理の章姫。

古い葉が密集していて新芽に光や水や肥料が届きません。

150917-2

写真2.葉欠き後の半短日夜冷処理の章姫。

150917-7

写真3.9月3日に定植した無処理の紅ほっぺ。

新葉に元気に葉露が出ています。古い葉は葉露が出ないので、葉欠きが必要です。

館長には、「真珠の涙」に見えます。

150919-3

元気な苗は、葉がピカピカになります。

人間の肌によく似ています。

150919-2

写真4.花芽分化が起きている章姫。

当館は、実体顕微鏡(100倍)でクラウンの所の出蕾状況を見て判断します。

余りにも小さいので見逃すことが多いです。

150914-3

茎がクネクネ曲がっていることからも判断できます。

今年の短日夜冷処理の章姫や紅ほっぺの苗は、大きな苗でばらつきもなく

過去最高の出来栄えです。

150920-3

写真5.今年も友人から高価な松茸が届きました。

何とも言えない松茸の香りは、秋を感じさせ、イチゴの花芽分化を感じます。

今年の松茸は、みずみずしく香りが良いです。

お腹一杯松茸御飯をたべ、焼き松茸を楽しみました。

150916-0

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*