いちご狩りハウスにイチゴの定植を開始。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。

1か月前から必死に取り組んでいた、培地(ヤシ殻)を入れるベットが約200時間

かかって完成しました。

ベットが完成したので、早速真っ白なマルチを張りました。

これで、何時でもイチゴの苗を定植できる状態になりました。

今年の長い秋雨は、日照不足や低温など植物にとっては様々な障害になります。

従って急遽無処理の章姫や紅ほっぺや購入したアスカルビーの苗を例年より早めに

定植しました。

当館は、どんな天候になろうと、お客様にコンスタントにイチゴをご提供できるように、

3段階に分けて苗を定植します。

短日夜冷処理の苗を9月中旬に定植して12月上旬に収穫。

半短日夜冷処理の苗を9月末に定植して12月末に収穫。

無処理の苗は、9月上旬に定植、天候により1月中旬から1月末に収穫。

ようやく手が空いたので、苗の葉欠きをしました。

真っ白なマルチがベットに張られました。

いよいよ、いちご狩りハウスの今シーズンのイチゴ栽培のスタートです。

150901-1

定植した無処理の章姫の苗。

白いマルチに緑のイチゴの苗が、美しく見えます。

150902-2

翌日には、章姫の苗から元気に葉露が出ていました。

150903-11

葉欠き前の短日夜冷処理の章姫。

150904-0

葉欠き後の短日夜冷処理の章姫。

古い葉が無くなり、新葉がのびのびしています。

葉欠き後は、急激に成長します。

150904-3

葉欠き前の短日夜冷処理の紅ほっぺ。

150904-1

葉欠き後の短日夜冷処理の紅ほっぺ。

150904-4

葉欠き前の短日夜冷処理のあかねっ娘(ももいちご)。

150904-2

葉欠き後の短日夜冷処理のあかねっ娘(ももいちご)。

古い葉を取ったら、貧弱な苗になりました(笑い)。

9月20日の定植頃までには、太くてガッチリした苗にします。

150904-5

田んぼの真ん中に育苗ハウスが来たので、ハウスの中には

平野さんが大好きな、カエルが沢山います(笑い)。

150904-6

今年もあちこちから葡萄を頂きます。

グリーンの葡萄は、シャインマスカットで、皮も食べれます。今売出し中の葡萄です。

館長は、イチゴの次に葡萄が大好きです!

150830-1

150902-1

パイナップルの実が太ってきました。10月には食べられます。

自分で3年かけて作ったパイなプルの甘さが楽しみです。

150903-2

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*