いちご狩りハウスに「日本マルハナバチ」を導入(2箱目)。親株ハウスの親株の消毒。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
  「日本マルハナバチ」を導入しました。
寒さの影響で、巣箱から出てこないミツバチさんは、暖かくなっても出てきません。
 数年前にも、追加で購入したミツバチが暖かくなる5月まで働かなかったのを覚えていたので、「日本マルハナバチ」を追加で購入しました。

 親株ハウスの親株の消毒
今年は、親株の時点で徹底的に害虫駆除を行い、いちご狩りハウスに害虫を持ち込まないようにしたい。
 0.2~0.4mmの防虫ネットのお蔭で、昨年はアブラムシの発生をゼロに抑えることが出来ました。
 今年は、ダニの発生を抑えたい。

 写真1.今年もご来館された宮杜様。毎年、イチゴが一番美味しい時期を見計らってご来館されているそうです。

 写真2.追加で購入した「日本マルハナバチ」。

 写真3.親株ハウスの親株の消毒。まだ苗が小さいので、消毒の時間は短くて済みます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*