イチゴの挿し木の苗が、完全に活着しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。

5月のいちご狩りが終わり、苗採りが終わり、気がつけば、8月になりました。

8月末には、短日夜冷処理を開始して、花芽分化が起きる9月中旬に定植を開始します。

 9月中旬に定植する、ポット受けの苗の2回目の葉欠きをしました。

太くてしっかりした、新芽が出てきました。

一方、7月13日~17日に挿し木した苗が、完全に活着して、毎日36~37度の猛暑に

耐えています。

嬉しいことに、今年の挿し木の苗は、過去にないほど活着率が良いです。

品種により異なりますが、不良率は1~3パーセントです。

私達人間は、黒の遮光カーテンの下で、帽子を被り暑さに耐えていますが、

イチゴさん達は、太陽の日差しをもろに受けながら成長しています。

イチゴは、暑さに弱いと言えど、この環境で最長出来る生命力には、感心します。

写真1は、2回目の葉欠きが終わり古い葉もほとんどなくなり、病気や害虫も

少なくなっています。

150729-1

写真2.7月25日に完全に黒の遮光カーテンを除去しました。

150801-2

写真3.夕方に萎れていたかおり野の苗もしおれなくなりました。

150801-1

写真4.8月1日に完全に黒の遮光カーテンを除去しました。

150801-3

写真5.パイナップルの実が大きくなりました。隣は、来年に収穫が出来そうです。

150802-1

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*