イチゴの挿し木苗の発根状況の調査結果。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。

 今日から、関東甲信越は、梅雨明けです。

予報通り暑くなりました。

16日から18日まで雨や曇りのため、今日からの急激な暑さで挿し木して

まだ根が出ていない苗は、萎れてしまいます。

あまり萎れすぎると、翌日に復活できなくて枯れてしまいます。

どのタイミングで、天井の黒の遮光カーテンを追加するか、事前に検討しておきました。

苗が萎れても、出来るだけ太陽の光を入れないと、光合成が出来ずに根が出てきません。

挿し木後の根の発根状況の調査。

挿し木後の発根は、品種や親株から切り離しした苗の状態で異なります。

一番遅い発根の苗に合わせて、黒の遮光カーテンを除去します。

苗の萎れ具合で、8時過ぎにハウスの黒の天井遮光カーテンを降ろしました。

15日に挿し木した紅ほっぺが12時に萎れていたので、黒の天井遮光カーテンを追加で

閉めました。

写真1.17日に挿し木した紅ほっぺの根が、挿し木後2日目で1~2mm出ていました。

強い光で萎れています。

150719-3

写真2.上段は、14日に挿し木した章姫。挿し木後5日目で根の長さは1~2cmぐらい。

下段は15日に挿し木したかおりの。挿し木後4日目ですが、小苗は1~2cm予想以上に根

が出ていました。逆に大苗は、発根が遅いです。

左2本が小苗。真中2本が中苗。右側2本が大苗。

150719-4

写真3.13日に挿し木した章姫。挿し木後6日目で、根も3~4cm出ており、

もう強い日が当たっても萎れません。

150719-5

写真4.8時頃に15日に挿し木したかおり野が、少し萎れたので天井の黒の遮光カーテンを

7割がた閉めました。

150719-6

150719-22

写真5.西側のハウスは挿し木した日が16日と17日なので、8時に萎れ始めたので

黒の天井遮光カーテンを9割ぐらい閉めました。

150719-8

150719-31

写真6.12時に15日に挿し木した紅ほっぺが、萎れたので天井の遮光カーテンを

9割ぐらい占めました。

150719-11

150719-22

写真7.遮光しない時は、14時頃に萎れるのですが、今日は早めに遮光したので

14時には、どの苗も萎れずに立っていました。元気になったかおり野。

150719-9

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*