イチゴの親株ハウスの外装の解体が始まりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昨日まで、何日もかけて親株ハウスの内部を自力で解体しました。

急遽、解体屋さんから連絡で、本日から解体を開始するとのこと。

実は、解体費用を安くするために、解体屋さんの都合の日程で

解体をお願いしました。

今日1日では、解体が終わらなかったのですが、次は何時解体するか

分かりません。

この親株ハウスは、14年前、館長が退職して一番最初に建てたハウスです。

解体するのを見ていて、昔を思い出し感無量でした。

イチゴ栽培に夢を描いていた14年前は、柱が1本1本立っていくのが嬉しくて

たたまりませんでした。

ビニールをはがすと、雪の重みで無残にも変形したパイプがむき出しになり、

2月の積雪の恐ろしさが思い出されました。

定植から1カ月を過ぎたイチゴの株から出蕾した花は、八重や九重の花弁が

多く出てきました。

前にお話ししたように、花弁の枚数が多いほど、大きな実が収穫出来ます。

写真1.大きな実が期待できる九重の花弁のイチゴの花。

一二月末頃には、大きな実が食べられるでしょう。

141101-5

写真2.急遽解体が始まった親株ハウスの内部。

141101-1

写真3.解体のスタートは、外装のビニールはがしです。

141101-2

写真4.ビニールがはがされて、無残にも雪で押しつぶされたパイプがむき出しになりました。

141101-3

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*