雪害で全壊・半壊したイチゴの親株ハウスと育苗ハウスに大型台風11号が近づいています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

平日は、いちご狩り日記をお読みください

土日は、この館長のブログをお読みください。

2月14日と15日の雪害状況

今年の2月に雪害に見舞われたいちご狩りハウス・親株ハウス・育苗ハウスは、

全壊または半壊しました。

いちご狩りハウスは、どこよりも早く7月に再建が完了しました。

しかし奇跡的に半壊の状態で残った親株ハウスは、来シーズンの苗を採り終る10月まで、

破損したビニールを補修しながら、使わざるを得ません。

全壊の育苗ハウスは、親株ハウスの給液装置や電源のコントロールパネルが有るので、

親株ハウスでの苗採りが終わる10月まで解体することが出来ません。

通常は、9月以降に台風が来るので、何とかしのげると思っていました。

しかし、今年は台風の発生が多い上、雨が風の勢力が強い大型台風が日本列島を

遅い大きな被害をもたらしています。

これまで、台風の雨や風で災害にあわれた皆様には、心からお見舞い申し上げます。

館長自身、2月の雪害の被災者となってから、被災者の気持ちが痛いほどわかり、

複雑な気持ちで、テレビに台風情報を見ています。

ブログを書きながら、何事もなく台風11号が通過することを祈っるだけです。

今年1年は、雪害や台風の来襲と自然との闘いになりました。

昨日まで、半壊の親株ハウスの高い屋根に登り、高所恐怖症を克服しながら、

ビニールの補修をしました。

育苗ハウスは、解体をする必要を感じましたが、11月の解体を前倒しをすることは、

他のハウスの解体作業をしている、業者の都合がつかず、現状のまま放置せざるを

得ません。

万一強風で育苗ハウスが飛ばされそうになったら、自分の手でビニールを切り

風が、ハウス中を通り抜けられるようにします。

現在の山梨は、一時的に雨が強く降っています。

親株ハウスの天井がへこんでいるので、溜まった水をビニールに穴を明けてハウスの

中に落とすしかありません。

写真1.台風の強風で飛ばされないこと祈るだけの、育苗ハウス。

DSCN4011

写真2.2月の雪害で半壊してから、ビニールで補修しながら使用している、親株ハウス。

半年間、雨風にさらされて、あちこちのビニールが破損してきました。

大きさも、50Cm*50Cmの大きさになっています。

140808-7

140808-11

写真3.台風の接近に伴い、8日に長さ20m近い個所を、新しいビニールを張り、

雨の侵入を防止しました。

140808-12

写真4.へこんだ天井の水を、ビニールに穴を明け、ハウスの中に落とします。

水を抜かないと、更にビニールが破けたり、最悪はハウスが更に倒壊し全壊に

至る可能性があります。

140810-1

写真5.余りビニールの穴を大きくすると、風で敗れて、ハウスの中に風が入り、

ハウスが風で飛ばされる可能性が出てきます。

雨の量を見ながら、雨が溜まらないようにビニールに穴を追加であけています。

140810-2

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*