雪に強いパイプハウスと雪に弱いパイプハウスの比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

土日は、この館長のブログをお読みください。

2月14日と15日の雪害状況

山梨県は、2月14日と15日の雪により過去最高の積雪150Cmになりました。

過去最高の積雪は、50Cmとけた外れの積雪量でした。

現在倒壊したいちご狩りハウスの立て直しを行っていますが、何センチまでの

積雪を想定して対策を行うかが課題です。

弱いと言われる当館のパイプハウスも、過去最高の50Cmの雪には倒壊しない構造でした。

今回は、雪に強いパイプハウスの条件として、

今回の積雪150Cmプラスアルファー30~50Cmと考えています。

 雪害が発生してから3月以上たちますが、悲しく残念なことに

国・県・市の農業関係の役所や農協などから、雪害の原因や「雪に強いハウス」の

建て方などについての報告は一切ありませんでした。

このような技術不足状況が、日本の農業の衰退や繁栄を阻害しているのでしょう。

しかたなく、館長はハウス屋さんと相談しながら独自に「雪に強いパイプハウス」を

再建しています。

当館の雪に強いハウスについては、後日ご報告します。

積雪で倒壊した原因としては

1.パイプの強度不足。

2.構造破壊。

3.偏った雪によるゆがみ。

対策としては、下記が知られています。

1.雪が落ちやすい形状。

2.横に広がらない補強。

3.二重パイプ構造。

3.沈下防止パイプ。

山梨で約2割のハウスが150Cmの積雪に持ちこたえました。

タイプ的には、

1.コストの高い角パイプハウス。

2.太い支柱の間隔(2.5M~3M)に太いアーチを組み込んであるパイプハウス。

(二重パイプ構造?)

3.太い支柱の間隔にX型の補強がしてあるパイプハウス。

(沈下防止パイプ?)

この条件にハウス内の温度を高める暖房の能力が関係します。

当館の雪に弱かったパイプハウスの弱点の推定。

アーチ部が雪でパイプが曲がり、その歪でパイプハウスが、徐々に

中心に引っ張られた結果、倒壊に至った。

写真1.当館の雪に弱いハウスパイプハウスの構造。

天井のアーチ部の補強は、アーチの頂点をAの字のように48mmのパイプで

補強してありました。

写真2.しかし、雪により天井のアーチ部が変形してしまいました。

左側のアーチ部は、太い48mmのパイプも一緒に曲がってしまいました。

まだ、右側は太いパイプで持ちこたえています。

写真3.さらなる積雪で、天井のアーチ部が両サイドとも変形。

太いパイプも真中で折れ曲がっています。

ここまで、曲がるとパイプハウスは完全に天井が床に着くまで

倒壊します。

写真4.山梨で150Cmの積雪に倒壊しなかったパイプハウス。

太い支柱の間隔(2.5M~3M)に太いアーチを組み込んであるパイプハウス。

(二重パイプ構造?)

写真6.山梨で150Cmの積雪に倒壊しなかったパイプハウス。

太い支柱の間隔にX型の補強がしてあるパイプハウス。

(沈下防止パイプ?)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*