ボランティアの皆さんに2回目の応援に来ていただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

平日は、いちご狩り日記をご参考ください

20人近いボランティアの皆さんのご協力で、倒壊したベットの修復が大幅に進みました。

今日は、東京や静岡の皆さんが多いので、仕事の開始時間を10時にしましたが、

ほとんどの皆様が8時に来ていただきました。

今回のボランティアの皆さんは、いちご狩りのお客様や通販のお客様やジャム用イチゴの

通販のお客様と多種多様でした

今日の天候も、予報通り午後には急に寒くなり雹が降りました。

写真1.順路2のA棟の黒の防水シートをベットに敷いています。

140406-1

写真2.曲がって使えなくなった30メーターのパイプを外に運び出し。

沢山の人数だからこそ簡単に出来ました。

140406-2

写真3.10時の休憩には、昨日お見舞いとしていただいた、コーヒーメーカーを

使いました。暖かく、香りも良く本物に近い味は、皆さんに好評でした。

しかし、20杯のコーヒーを作るには、時間がかかりました。

140406-3

 

写真4.一時的にベットから取り出した培地のココ(ヤシ殻)を元の位置のベットの位置に

移動しました。ボランティアの皆さんは、台車を使わず手で運んだ方が早いと、1袋6Kgと

重い袋を一人で2袋から4袋持ち運んでくれました。

140406-4

 

写真5.急に空の雲が黒くなり、寒くなったら雹が降ってきました。

 

黒のシートに雹が積もりました。

140406-6

写真6.E棟北のベットに培地のココ(ヤシ殻)を入れています。中央の通路では、

取り外した部品を、部品の種類ごとに選別をし、再利用できるものに分けました。

140406-7

選別された20種類以上の部品。

140406-10

写真7.ベットに培地のココ(ヤシ殻)を入れて、床にこぼれたココ(ヤシ殻)を、

掃き掃除しました。

140406-11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. かわばた より:

    若い証拠だと思いますが、お尻の筋肉痛になってますw

    両肩も、普段使わない筋肉が大活躍でしたよw

    次回、何でもやるので声を掛けて下さいね。

    サンダーでも高速カッターでも、わははは~♪

    1. 館長 より:

      お疲れ様でした。
      ばたさんが、おまりにも頑張るので館長も心配していました。
      1回に6Kgの袋を4個も手で運んだので、筋肉痛になるのも当たり前でしょう!感謝!感謝!
      イチゴのベットの修復もほぼ終わり、皆さんに運んでいただいたココをベットに戻しています。
      これからは、お役所に解体と再建の費用の申請をします。
      これが、色々な条件や規制があり、ナカナカ難しい。
      作業が遅れるようでしたら、またお願いします。

コメントを残す

*

*